厳しい上司にあたってしまったら、上司が何の為にしているか考えてみる

上司が厳しい。

そんな悩みを抱えて働いている人も多いのではないでしょうか。

できることなら、優しい上司がいいですよね。

しかしながら、上司はなかなか選べないもの。

そこで、今回は厳しい上司にあたってしまった時の対処法を紹介します。

関連:上司に嫌われたらどうすればいい?嫌われる原因や対策方法。

関連:上司と合わないから仕事を辞めたい。どう対策する?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

厳しい上司にあたったら運が悪い?

厳しい上司にあたってしまった。

最悪だ。ついていない。

そんな風に考えてしまう人も少なくはないでしょう。

しかし、厳しい上司にあたることは悪いことだけではありません。

厳しい上司にあたるメリット

将来振り返った時に、あの上司のおかげで、といった風に思うことができることもあります。

上司が厳しいことによって、一つ一つの仕事に対して、確実に行うようになり、自分自身を成長させることにつながります。

周囲が甘いと、どうしても仕事にも甘さがあり、成果もあまりだせず成長もしないということになってしまいます。

上司が部下に対して厳しく接する理由には、部下を成長させるためであるということが、もっとも多く挙げられます。

厳しい上司にあたるデメリット

とはいえ、厳しすぎる上司にあたってしまうことが嫌だという人も多いでしょう。

実際、厳しい上司にあたったことで精神的に辛く、それが原因で会社を休むことにつながる場合もあります。

また、長時間労働につながる原因にもなります。

一つ一つの仕事に手をぬけなくなってしまい、全ての仕事を完璧にこなす必要がでて、結果的に残業が多くなってしまうという形になります。

なぜ上司が厳しくするのか考えてみよう

では、そもそも上司はなぜ厳しく接するのでしょうか。

そこにはいくつかの理由があります。

部下の成長のため

上記でも述べたように、厳しくする理由の一つに部下を成長させるためというものがあります。

周囲が甘い状態だと、自分に対しても甘くなってしまい、仕事の能力を向上させることはできない人もいます。

もちろん、周囲関係なくできる人もいますが、それは人によって違います。

その部下の将来を考えて、あえて行っている場合もあるのです。

本来の能力を発揮させる為

本当はできる能力を持っているにも関わらず、それを発揮しない部下に対して、発揮するよう厳しく接する場合もあります。

会社としては、同じ給料を支払うのであれば、100%の能力を使ってほしいと思うのは当然のことです。

しかし、労働者にとっては、時間がたてば給料を貰うことができると考えてしまう場合もあり、それを厳しくすることで是正する場合もあります。

感情をぶつけているだけ

上司が厳しい理由に、その上司の個人的な感情をぶつけている場合も多々あります。

仕事がうまくいかないと自分の評価が下がる、見ているだけでイライラする、自分の思い通りに動かない。

そんな個人的な理由から、イライラし、怒りをぶつける場合があります。

自分がそうされてきたから

昔はもっと厳しかった。

厳しい上司の中で、そんなことを言う人がいませんか?

昔はそれが当たり前で、自分もそうやって成長してきたから当然のこと。

そう考える上司も多いのではないでしょうか。

あなたの上司はどれにあてはまる?

さて、あなたの上司は上記で述べたどの理由にあてはまるでしょうか。

厳しくしている上司自身は、実は感情をぶつけているだけにも関わらず、それが部下のためであると、自分の中でも勘違いしている場合があります。

しかし、やはり成長を考えて行っている場合と、感情をぶつけている場合では、全然違います。

感情をぶつけている場合だと、それが本人も気づかずにパワハラになっていることが多々あります。

自分の上司がなぜ厳しく接してくるのか、一度考えてみましょう。

厳しい上司にあたったら?

では、具体的に厳しい上司にあてはまった時にどうすればいいでしょうか。

厳しくしてくる理由が、自分の成長の為であると知ることができれば、上司の目的、自分のだめな点が浮き彫りになってきます。

そうすることで、成長のスピードは加速されていきます。

そう考えることがベストでしょう。

しかし、そう思えないことのほうが多いのではないでしょうか。

そもそも、成長の為といっても上司は人を育てるプロではないし、それぞれの人に応じて適切に指導方法を変えることができる人は少ないです。

また、なかに部下の成長の為といいつつ、自分のことを考えてることも多々あります。

しかし、そのように理不尽に厳しくされたとしても、結局は自分の成長につながることは多いです。

ですから、耐えるということは多少は必要になるでしょう。

多くの人は、自分や上司の上司が部署異動などによって変わる人も多いでしょう。

どうせ短期間だと割り切ってしまうことも時には必要です。

しかし、その厳しさも度が過ぎて、パワハラまで発展していたり、あからさまに特定の個人に対して行ってくるのであれば、耐えるのではなく、直接上司に訴えたり、周囲に相談する必要があります。

自分がだめだからと、自分を責める必要はありません。

先ほども述べたように、上司は人材育成のプロではありませんし、理不尽な人も多いですから。

転職するなら

あまりにおかしな会社、理不尽な上司ばかりがいるなんて会社は、転職してしまったほうがいいことも多いです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は約10万件、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただし難点なのが利用地域が限られる点。徐々に広がっていますが関東・関西・中部・九州以外だと利用できません。

なお、登録後はフリーダイヤル(0120-979-185)から電話が来ます。せっかく登録しても電話にでないまま放置しておくとサポートが始まりませんので、もしでれなければ折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?