職場に自分の居場所がない。

職場に自分の居場所がない。

そう思い悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そんな状態では、仕事も上手く行かないし、毎日がつまらないです。

そして、会社に行きたくない、会社に行くのが辛いと感じるようになっていきます。

では、なぜ職場に居場所がないと感じてしまうのでしょうか。

今回は、職場に居場所がないと感じてしまう原因を紹介します。

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

関連:上司に嫌われたらどうすればいい?嫌われる原因や対策方法。

スポンサーリンク

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

職場に居場所がないと感じる原因

職場に居場所がないと感じる原因は様々です。

周囲の環境であったり、自分自身の考え方であったりします。

いくつかその例を紹介しましょう。

仲良い同僚がいない

居場所がないと感じる原因の一つに、仲の良い同僚がいないことが挙げられます。

昼休みに一緒にお食事を食べたり、飲みに行って愚痴を言い合ったり。

もし仲の良い同僚がいないと、昼は一人、相談したい内容があっても誰にも相談できないという状況に陥ってしまいます。

その結果、職場に居場所がないと感じてしまいます。

特に周囲が仲の良い関係を築いている中にいると、余計にそう思ってしまうでしょう。

仲の良い同僚は作ろうと思っても、そう簡単にできるものではありません。

気の合う人がたまたま同期にいたり、運よく打ち明けるきっかけがあったりしないと、仕事のみで付き合っていても、そうできません。

上司や同僚に嫌われている

仕事でミスをしてしまったり、ミスを隠したりすることで、上司や同僚から信用を失い、

それが原因で嫌われてしまうと、職場に非常に居づらく、居場所がないと感じるようになってしまいます。

無視、嫌がらせ、悪口といったことを行ってくる人も中にはいるでしょう。

嫌われているのが、特定の一人であればいいですが、その一人が強い影響力を持っていると、

周囲にも影響を及ぼし、結果的に孤立してしまいます。

仕事にやりがいがない

職場に居場所がないと感じるのは、人間関係だけが原因なわけではありません。

仕事に対する自分自身の感情によっても、そう感じてしまうこともあります。

例えば、今の仕事がやりたいと思っている仕事ではなく、やりがいを感じることができていないと、

いくら周囲の人間と上手くやれていて、仕事もそれなりにできていても、

仕事自体に不満がある結果、自分のいるべき場所ではないと感じてしまうことがあります。

仕事を任せてもらえない

もっと仕事ができるのに、仕事を任せてもらえないことによって居場所がないと感じる人も多いです。

仕事を任せて貰えない原因は能力が低いといったことだけではなく、

そもそもあまり仕事がなかったり、上司が能力を低く見積もってしまっていることが原因であることが多いです。

もっとやれるのに、やらせてもらえないという状態は、評価されていないのではないかといった不安を煽ることにもつながります。

仕事が上手くできない

自分自身が、仕事が上手くできないと感じることによって、居場所がないと感じることもあります。

実際に仕事ができる、できないは関係なく、自己評価が低い人はそのように感じてしまう傾向が強いです。

周囲にくらべて仕事ができないと感じてしまうと、ここは自分の居場所ではないと感じてしまいます。

スポンサーリンク

居場所がないと感じたら?

では、居場所がないと感じたら、どうすればいいでしょうか。

まずは、なぜ居場所がないと感じてしまっているのかを、自分自身で認識することが大切です。

原因を知ることで、どう対処していけばいいかが決まっていきます。

もちろん、その方法の一つとして転職があげられます。

現在の人間関係、仕事に対する不満、自身の力をもっと生かす、といったことを解決できる可能性は高いです。

居場所がないという今の状況をいったんリセットして、新たな環境にとびこむというのは大切であり、有効な方法です。

しかし、自分で原因をつかまないままに転職を決めてしまうと、結局同じ問題に悩むことになってしまいます。

転職し、環境をリセットするならば、特にしっかり考える必要があります。

まずは転職するという道を選ぶ前に、原因がどこにあるかを理解し、今の環境下で解消する為の方法を考えてみましょう。

転職という方法

もちろん、転職は良い方法です。

まずは転職サイトを見て、自分がどうありたいかを考えてみるのもいいでしょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:仕事のミスマッチで会社を辞めたい。どうすれば防げる?

関連:仕事でミスばかり!ミスを連発する前にやるべき7つのこと。