職場で嫌われることによるデメリットや気にしない方法

仕事をしていく中で人間関係を避けることはできません。

上手くいっていればいいのですが、中々そうも行かずに悩み苦しんでいる人もたくさんいることでしょう。

多様な性格の人と時には利害関係も交わりながら付き合って行かなくてはいかないわけですから大変なのも当然です。嫌いになることもあれば嫌われてしまうこともあります。

ただ1人、2人ならまだしも職場の多くの人に嫌われても仕事を続けていくのはとても辛く大変なこと。そんな時、あなたならどう対処していきますか?

 

おすすめの転職サービス

【Point】転職サービスは2~3つの複数の利用が効果的です!

主要転職サービス公式

リクルートエージェント
・業界最大手で求人数No.1
・リクナビNEXTと連携可

公式

マイナビジョブ20′s
・若手向けマイナビの中でも第二新卒・既卒に特化
・独自の適性診断がありマッチ度が高い

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/大学中退/第二新卒/既卒向け
・利用者の転職成功率は81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

職場で嫌われるとどうなる?

本来は仕事をする中で嫌いなんて感情は持ち込むべきではありません。ただみんながみんな精神的な大人ではなく、そのことを前面に出し仕事に悪影響をもたらしてしまう場合も少なくありません。

仕事がスムーズに進まなくなる

まず一つ目の大きな影響は仕事を進める上で様々な障害が生まれてしまうこと。

質問しても答えてくれない、そもそも質問を受け付けてくれない、周囲が気づいた仕事上のミスを教えてくれずに事が大きくなってしまう、仕事の共有ができずにミスを連発してしまうなど、人間関係が良好であれば起きない問題がたびたび引き起こされてしまう可能性が非常に高いです。

会社という組織にとって、個人の好き嫌いを仕事にまで持ち込んでしまい悪影響を及ぼすというのは決して歓迎できることではありません。

にも関わらず管理職という立場の人ですらそんなふるまいをして一個人を追い込むことを優先してしまいます。

ちょっとしたことで上司や先輩に怒られる

他の人なら怒られない、笑いながら注意されるようなことであっても自分の場合だけは異常なまでに怒ってくるなんてことも起こるでしょう。

人に怒られるというのはそれだけで大きなストレス。しかもそれが周囲と比べて自分の場合だけにされる場合や、怒られる理由が理不尽なものであるほどに感じるストレスは大きくなってしまうでしょう。

面倒な仕事ばかりを押し付けられる

仕事を配分する上司もしくはチームリーダーなどから嫌われてしまった場合には、面倒な仕事ばかりを押し付けられてしまうということも起こります。

本来は個人の能力や今後の成長のこと、負荷の分散などを考えながら配分されるべきですが、単なる嫌がらせとして精神的な負担が大きい仕事ばかりを押し付けられんどい思いをしてしまうことになるのです。

そこにあるのは単なる嫌がらせという目的でしかありません。

頼み事ができなくなる

人に頼み事をすることができなくなるというのも大きなデメリットですね。

ちょっと仕事の負荷が大きいから手伝ってもらう、どうしても仕事を休む必要があるのでその日の仕事をお願いするなど、会社生活をしていれば誰かに何かを頼まなくてはならない場面は絶対にでてきます。

にも関わらず小さなことでも頼んだらとても嫌な顔をされる、忙しいから無理と断られるなんてことが続いてしまい、結局全てを自分一人で抱え込んでしまうなんてことになってしまいます。

会社に行きたくなくなる

当然こんなことばかりが続いてしまえば会社に行きたくなくなるのも当然のこと。

ただでさえ周りが楽しそうに話している中で孤立した状態というのは辛いのに、直接仕事にだって影響してくればストレスはとても大きく、会社で過ごすことが苦痛以外の何物でもなくなってしまうのも仕方がないこと。

そんな中で無理して会社に行き続けていれば、いつか限界がきて体を壊してしまうことにもなりかねません。

気にしない方法はある?

職場で嫌われてしまうとこんなにも色々と大変なことが起こってしまいます。ただ会社の中には周りに嫌われることなんて気にせずに我が道を行く人もいます。

そういった人がみんな仕事ができないかというとそういうわけではなく、周りからは良い目で見られていないものの仕事では非常に高い成果を上げることができている人もいます。

人間関係は仕事をする上で重要であることは間違いありません。ただ良好な人間関係を築くことが仕事をこなす絶対条件ではないのです。

それなら面倒な人間関係で悩むのではなく、いっそのこと嫌われようが気にしないというのが大きなストレスから解放される一つの手段になります。

気にしないというのは単に自分自身が気楽になるというだけではなく、周囲の人間にも、嫌がらせをしても意味はないと気づかせたり、自分のやってることのくだらなさを気づかせることにも繋がって行くことです。

ひたすら仕事を真面目に行う

まずはとにかく自分の仕事に集中し、仕事をこなしていきましょう。余計なことを考えずに仕事を終わらせるという目的に特化してみてください。

もちろん仕事をしていく中で周囲と関わる必要がある場面がでてくるかもしれませんが、それは必要なことであると毅然とした態度でいてください。

周りが下らないことで時間を無駄にしている間にどんどん自分の仕事を進めて差をつけていきましょう。

何か得意なものを見つける

この仕事、この知識だけは誰にも負けないというものを一つ持っているとそれは大きな武器となり、会社を過ごしやすくすることに有効です。

そうなれば周囲は頼らなくてはいけなくなってしまいますし、あなた自身も多少嫌われたところで僻みややっかみだろうなんて言う風に気にもとめなくなることができます。

心の中で上から目線になる

はっきり言って会社に好き嫌いを持ち込んでああだこうだと嫌がらせをしてくるなんてことはくだらないことだし、そんなことをしてくる人はレベルが低い人間です。

もちろんそんなことを表立って直接言ってしまえば余計に火を注ぐことになりかねませんが、心の中ではくだらないと上から目線でいるようにしてみましょう。

そんなくだらない人に付き合って悩む必要なんてありません。

会社以外の楽しい居場所をつくる

仕事をしている時間、会社にいる時間というのはとても長いわけですから、人生において重要な位置にいることは間違いありません。

しかし仕事が人生の全てではありません。仕事以外にも色々なことができるはずです。

ですから仕事は仕事と割り切り、それ以外に自分にとって楽しい居場所を作ってみるというのも一つの有効な手段です。

家族でもいいし、旧友でもいいし、サークルなんかに入ってみるのもいいでしょう。

いつでも辞めていいと思っておく

あなたは退職、そして転職という権利を持っています。多くの人がこの部分を忘れ、この仕事を続けなくてはならないと自分で自分を追い込んでしまっています。

しかし実際は転職をしようと思えばでき、今の会社しかないなんてことは全くないんです。

特に今は転職市場が活発化しており、とても転職しやすい状態。いつ辞めたってなんとかなります。

いつでも辞めていいと思うことができたなら、多少嫌なことがあってもどっしり構えることがあるし、多少嫌われたってそれほど気にもならなくなります。

自分にとっての逃げ道を作っておくというのはとても大切なことです。

おすすめの転職サービスはこちら➡

気にしない以外の対応策は?

嫌われた時に気にしないというのは非常に有効です。ただ気にしないにしても限界があったり、どうしてもそれができない人もいるでしょう。

またいくら気にしないとしてもその状況を良い方向にもっていく取り組みはしていったほうがいいことには間違いありません。

自分なりに嫌われないようにする

そもそもなぜ嫌われるのか、その理由は様々。ただもしかしたら何かしら自分にも問題があったのかもしれません。

もちろんそうだとしても周囲がその感情をあらわにして行動に移すなんてことが正しいわけがありません。しかし自分として改善できることがあるならばすべきです。

嫌われる人の特徴として、自慢話をする、人を小馬鹿にした態度をとる、自分のことばかり話す、ミスしても謝らない、すぐ人のせいにする、態度がでかいといったことがありあす。

これまでの自分の行動を振り返ってみてそういった部分があるなら直していきましょう。

でないともし異動なり転職なりでその職場から離れることができたとしても、また同様に嫌われてしまう可能性があります。

気にしているそぶりは見せない

嫌われていることに対し、気にしている素振りを見せてしまうと、相手は喜んで嫌がらせなどを止めないどころか余計にひどいことをしてくる可能性があります。

基本的には気にしている素振りは見せず、相手がしていることは何の意味もないと思わせることが大切。

さすがにいい大人ですし会社という環境にいるわけですから気にしていないからといってさらにひどいことをしてくるなんてことは少ないと思います。

とは言えあまりにひどいことをされるようならばその事実を上司なり、人事なりに相談するということも必要です。

時には強い態度にでることも必要

職場の中で嫌われ、嫌がらせなどの標的になりやすいのは気が弱そうな人。

逆に気が強そうな人に対してはたとえ心の中で嫌いであってもその気持ちを表にだすようなことはしない人が多いです。

なぜなら気が強そうな人に対して何かすると反抗されてしまうから。逆に気が弱い人ほど向かってこないので攻撃のターゲットになりやすくなってしまいます。

ですから時には強い態度を示すことも必要。一言強く言うだけで一気に状況が改善されたという事例は少なくありません。

人間関係は大きなストレス。限界まで我慢はNG

もし職場で嫌われてしまったと感じているなら、自分自身で変えることができる部分は変えていきながら、気にしないようにしていくことが基本的な対策となります。

しかしそれでもどうしようも場合というのも残念ながらあるのも事実。そうなってしまったら職場から逃げるという手段をとることも考えてみたほうがいいでしょう。

人間関係が上手くいかないことは本当に大きなストレス。それでも限界を超えて我慢し続けた結果、体を壊してしまった人も大勢います。

そうならない為にも限界を超える前に自ら逃げるという判断をすることがとても大切になります。

人間関係で転職するのは逃げでも何でもありませんし、転職はそれほどハードルの高いものでもありません。

 

転職サービスの選び方

  • STEP1
    転職サービスの種類を知る
    大きく分けて転職サイト・転職エージェントの2種類がある。

    転職サイトとは?

    求人を載せるための掲示板。

    転職者が自分のペースで応募・選考を進められる。サービスによっては、企業側からオファーを貰えることも。

    転職エージェントとは?

    応募から採用まで、アドバイザーのサポートを受けられる。

    履歴書の添削や面接対策をしてくれたり、転職サイトには載っていない大手や人気企業の非公開求人を紹介して貰えたりする。

  • STEP2
    自分の特徴をあぶり出す
    あなたの年齢は?経験は?希望する業界は?といった自分の特徴・転職目的を明らかにする。

    (例)20代前半・職歴に自信が無い・未経験の職種に挑戦したい。

  • STEP3
    特徴に当てはまるサービスを2~3種類選ぶ

    ➡各転職サービスの特徴・強みはこちら

    少なくとも、転職サイト・転職エージェント各1つずつは選ぶようにしよう。

    サイトは中小企業の求人が多かったり、エージェントは大手の非公開求人を持っていたりと、扱う情報に差が出てくるので、一方だけでは偏った情報しか手に入らない可能性も。

  • STEP4
    実際にサービスを利用する
    特に転職エージェントは、面談や電話でのやりとりで相性をチェックする。

    良い求人に巡り合うには、求人を紹介してもらう際に、おすすめする理由をしっかり説明してもらえるかを確認しておこう。

    (担当者との相性が悪い場合、変えてもらうことも可能)

  • STEP5
    各サービスから広く情報を集め、比較しながら選考を進めていく

    始めはまんべんなく2~3種類のサービスを併用し、最終的にはあなたが1番利用しやすいサービスに絞っていく。もちろん、そのまま併用し続けてもOK。

    転職エージェントの履歴書の添削・面接対策は、転職サイトから応募した企業の選考にも活かせる!

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

幅広く情報を得るためにも、リクルートエージェントは登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、たくさんの選択肢からピッタリの求人を見つけられるはずです。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)