なるべく人と関わらない仕事20。一人で独立して仕事をする良さと注意点

仕事環境が良好かどうかの最大の決め手は人間関係です。これこそがすべてです!

人間関係が良好なら、どんな仕事でも苦痛を感じる心配は少ないでしょう。

反対に、人間関係が悪いと好きな仕事でも苦痛やストレスを抱えてしまいがちに。

人間関係を上手くやっていける自信がないという人は、人と関わらない仕事に就けばストレス軽減になりますが、いくらリモートワークなどが一般化している現代とはいえ、人と関わらない仕事の職業・職種は限定です。

では、どのような職業が人と関わらない仕事になるのでしょうか?

本記事では、人と関わらない仕事について解説します。また、人と関わらない仕事の良さだけでなく注意点についてもお話するので、人間関係で悩みを抱えている方は参考にしてみてください。

人と関わらない仕事をしたい人は意外に多い

人と関わらない仕事をしたい人は意外に多い

仕事をしている方の中には、社会や人との繋がりが重要とする方がいます。

その一方で人との関わりが苦痛で、人と関わらない仕事をしたいと考える方が多いのも実情です。

では、どのような理由で人と関わらない仕事に就きたいと思うのでしょうか?

人と関わる仕事で苦痛に感じることを見ていきましょう。

顧客対応

1つ目の苦痛は顧客対応です。

顧客対応は、取引が上手くいくかの重要な分かれ目なので、気を遣う方が多くなっています。

ただ話を盛り上げるだけではダメで、しっかり取引が成立するように話を進める必要があります。

だからと言って取引成立ばかり考えていると、それが相手に伝わって失敗します。

絶妙なバランスで関係を築く必要があるため、苦手と感じる方が多いようです。

苦手な上司や同僚との関わり

2つ目の苦痛は苦手な上司や同僚との関わりです。

上司や同僚と円滑な関係を築けなければ、日々の仕事をスムーズに進められません。

そのためには、苦手な上司や同僚とも上手く付き合っていく必要があります。

しかし、相性が悪い上司や同僚との付き合いは苦痛なものです。

中には、毎日憂鬱な気持ちで働いている方もいるでしょう。

しなくて良い雑談への付き合い

3つ目の苦痛はしなくても良い雑談への付き合いです。

仕事での人間関係は、何も業務上の付き合いだけではありません。

休憩中や仕事終わりの雑談もしなければ、良好な人間関係は築けません。

また、雑談とは言っても仕事関係の人です。やはり気を遣いながら話をする必要があるため、面倒と感じる方が多いようです。

ランチや飲み会などへの参加

4つ目の苦痛はランチや飲み会などへの参加です。

ランチや飲み会への参加も社会人として大切な仕事と考える方が多く、なかなか断るのは難しくなっています。

苦手な上司や同僚がいる場合は、さらに飲み会などへの参加が苦痛になるので、ストレスを抱えている方は多くなっています。

報告・相談・質問

5つ目の苦痛は報告・相談・質問です。

仕事は1人でするものではないため、確かに情報共有は大切でしょう。

しかし、そのせいで無駄な作業が増えているのも事実です。

「報告や相談が必要ないのにしなければならない」という状況に対して、面倒と感じる方が多くなっています。

人と関わらない理想的な仕事

人と関わらない理想的な仕事

人と関わらない仕事と言っても100%人間関係を断ち切るのは不可能です。

では、どのような環境なら人と関わらない仕事と言えるのでしょうか?

ここでは、人と関わらない理想的な仕事について解説します。

お客さんと関わらない仕事

1つ目の理想的な環境はお客さんと関わらない仕事です。

人との関りが最も多いのは接客業なので、お客さんと関わらない仕事に就くだけで人と接する機会は大幅に少なくなります。

また、接客業でなくても取引先とやり取りがある仕事も人と接する機会が増えるので、クライアントや取引先と直接やり取りしない仕事は人と関わらない仕事になります。

ただし、お客さんと関りがないからと言って、人との関りがゼロになるわけではありません。

接客業やクライアントに会わない仕事でも、会社の上司や同僚と接する機会がある仕事はたくさんあります。

お客さんと接する必要がない仕事は、あくまで人との関りが減るだけだと理解しておきましょう。

社内で人との関りが少ない仕事

2つ目の理想的な環境は社内で人との関りが少ない仕事です。

社内で上司や同僚と接する機会が多い仕事と、関わりが少ない仕事があります。

1人で黙々と作業を進めるような仕事なら、上司や同僚と話す機会が少ないので、人と関わらず仕事ができます。

ただし、この環境でも人と接する機会がゼロになるわけではないので、報告・相談・質問といった基本的な関りがある点は理解しておきましょう。

在宅でできる仕事

3つ目の理想的な環境は在宅でできる仕事です。

新型コロナウイルスによって、リモートワークや在宅勤務が主流になりました。

自宅など好きな場所で仕事ができる環境なら、直接職場の人と会って話をする機会は少なくなります。

先に紹介した2つの環境より人と関わる機会が少ないので、人と接する機会を限りなくゼロにしたい方におすすめの働き方です。

ただし、メールや電話などで連絡を取り合う必要があるので、間接的に人と接する機会がある点は理解しておいてください。

人と関わらない職業・職種

人と関わらない職業・職種

続いては、人とかかわる必要がない具体的な職業・職種を紹介します。

正社員として関わる機会が少ない職業と在宅でできる仕事があるので、それぞれ見ていきましょう。

正社員として働ける職業・職種

まずは、正社員として働ける仕事としては次の職業・職種があります。

  • 社内SE
    社内で使用しているシステムの構築・運用・保守などを担当します。システムの操作がメイン業務なので人と接する機会は非常に少なくて済むでしょう。
  • 事務職
    データ入力や書類の整理といった仕事を担当します。電話対応や来客対応といった人と接する機会があるものの、長時間にわたり人と接するわけではないので人と関わらない仕事と言えるでしょう。
  • 経理
    会社のお金に関する業務を担当します。従業員の給与計算や経費・交通費の清算などがメイン業務なので、人と接する機会が非常に少なくなっています。
  • 警備員
    会社やマンションなどで不審者がいないか確認するなど、建物を出入りする人の安全を管理する仕事です。不審者がいたり困っている人がいたりすれば人と接する必要があるものの、大抵の時間は人とかかわる必要がありません。
  • 新聞配達
    バイクや自転車で新聞を各自宅に届ける仕事です。1人で配達するので、メイン業務中は人と接する機会がありません。
  • 清掃員
    ビルなどを掃除する仕事です。1人で黙々と掃除するため、人と関わる必要はほとんどありません。
  • ドライバー各種
    バスやトラックなどを運転する仕事は、メイン業務が車の運転なので人と接する機会は非常に少なくなっています。中でも、トラックのドライバーはバスやタクシーのようにお客さんを乗せるわけではないため、基本的に1人の時間が長くなっています。
  • 自販機のドリンク補充スタッフ
    自動販売機にドリンクを補充する仕事です。慣れてしまえば1人で各自動販売機を回ってドリンクを補充していくため、人と接する機会は非常に少なくなっています。
  • 電気やガスの検針
    電気やガスの検針は、基本的に1人で集合住宅やオフィスなどに足を運んで作業するため、人と接する機会は少なくて済みます。

これらの仕事は正社員として働ける中でも、特に人と接する機会が少ない職業・職種です。

ただし、仕事を教えてもらう時に上司や先輩と接する必要があります。また、仕事に慣れた後は後輩への指導を担当する可能性があるので、その際はコミュニケーションが必要とされるでしょう。

在宅でもできる職業・職種

在宅でもできる職業・職種

在宅でできる仕事としては次の職業・職種があります。

  • プログラマー
    コンピュータープログラムを作成する仕事です。1日中パソコンと向き合って仕事するため人と接する機会は非常に少なくなっています。また、パソコンなどがあれば場所を選ばず仕事ができるため、在宅で作業する方が非常に多い職業・職種です。
  • WEBデザイナー
    WEBサイトのデザインを考えて、プログラムなどを駆使して作り上げる仕事です。パソコンなどの機材が揃っていれば仕事ができるため、在宅で勤務している方が多くなっています。フリーランスとして活躍しているのが多い仕事でもあります。
  • 校正・校閲
    作成された文章に誤字や日本語的な間違いがないかなどをチェックする仕事です。文章を読んで修正する作業のため、パソコンなどがあれば場所を選ばずできます。
  • データ入力
    様々なデータを特定の書式に入力する仕事です。ひたすらデータを入力していく作業なので、自宅にて1人で進められます。誰でもできる仕事とあって、在宅ワークの定番となっています。
  • WEBライター
    WEBに掲載するコラムなどを作成する仕事です。パソコンとインターネットがあればどこでもできるため、在宅ワークの定番となっています。特別なスキルも不要なので、誰でも取り組みやすいでしょう。
  • 翻訳家
    外国語を日本語に翻訳する仕事です。英語や中国語などの外国語を正しく理解できるスキルが必要なため、誰でも簡単にできる仕事ではありません。その分、できる人にとっては報酬が高いのでおすすめです。
  • 音源・動画制作
    音楽や動画を制作する仕事です。パソコンと専用ソフトがあれば、場所を選ばずできるため、在宅ワークとして人気を集めています。また、近年は制作した音楽や動画をYouTubeなどで発表できるので、事務所などに所属していない個人でもできる魅力があります。
  • ハンドメイド作家
    アクセサリーや雑貨などを手作りして、それをメルカリなどのフリマアプリで販売したり、自分でサイトを作って販売したりする仕事です。主婦の方や女性の副業として人気を集めています。
  • 小説家
    小説を書く仕事です。神の書籍として発売するのはもちろん、近年では電子書籍が一般化しているため、一昔前よりも作った小説を読んでもらえる機会が増えています。
  • デイトレーダー
    株式投資やFX取引などを短期で売買して利益を得る仕事です。パソコンでできるのはもちろん、近年はスマホツールも進化しているため、外出先でスマホを使ってトレードする方も増えています。
  • アフィリエイター
    ブログやホームページなどのWEBサイトを自分で立ち上げて、そこに広告を載せて利益を得る仕事です。広告をクリックしてもらうだけで報酬ができるものと、商品やサービスを利用してもらって報酬が出るものの2種類があります。

これらの仕事は、基本的にパソコンやインターネットなどの環境があれば場所を選ばず作業ができます。

当然、会社に足を運んで作業する必要もないため、人と関わる機会は非常に少ないのが特徴です。

ただし、取引先やクライアントは存在する仕事が多いため、メールや電話でのやり取りは必要となります。

完全に人と関わらない仕事としては、デイトレーダー・アフィリエイト・音源・動画制作くらいでしょう。

また、これらの仕事は独立して仕事するものが多いため、良さだけで大変さもあります。

人と関わらない仕事の良さと注意点

人と関わらない仕事の良さと注意点

人と関わらない仕事は、メリットだけでなく注意点もあります。

では、どのような良さと注意点があるのか見ていきましょう。

1人で独立して仕事をする良さ

まず、1人で仕事する良さとしては次の2つが挙げられます。

  • マイペースで取り組める
  • 人間関係が気楽、煩わしくない

まず、独立して1人で仕事する場合、出勤時間や退社時間などの縛りがありません。

何時に起きて仕事を始めて良いですし、何時まで仕事していても大丈夫です。

当然、休憩時間も決まりがないので、疲れたら休んでも問題ありません。

昼寝をするのも自由なので、自分のペースで仕事が進められます。

また、人付き合いがほとんどないため、人間関係で悩んだり煩わしく感じたりする心配がありません。

1人で独立して仕事をする注意点

1人で仕事する注意点は意外に多くあります。

  • 人間関係が薄くなる
  • フィードバックを受ける機会や成長する機会が少ない可能性がある
  • スキルが身に付きにくい可能性
  • 収入が不安定になることもある
  • 中には将来性がない仕事もある

人と関わらない仕事は、人間関係がなくなるという意味でもあります。

誰かと関わることでストレス発散できたり、新しい学びが得られたりするときがあるので、それがない環境を苦痛と感じる方もいるでしょう。

また、誰かから指導してもらう機会が少ないため、仕事のスキルアップが難しい傾向にあります。

スキルも身に付きにくいので、手に職を付けるのが難しいと言えるでしょう。

加えて、会社に雇用されているわけではないため、仕事がなくなるケースが多く収入が不安定になりやすいデメリットがあります。

データ入力のように、将来なくなる可能性がある職業が含まれているなど、将来への不安が尽きないのが独立して1人で仕事するという環境です。

人と関わらない仕事をする場合は孤独感に気をつけよう!

人と関わらない仕事をする場合は孤独感に気をつけよう!

人と関わらない仕事は、人間関係でのトラブルが少なかったり、好きなスケジュールで作業に取り組めたりするなどのメリットがあります。

その一方で人や社会との繋がりが薄くなり、中には孤独感を感じる方もいるでしょう。

場合によっては、孤立感が高まりうつ病など深刻な事態に陥る方も存在します。

人と関わらない仕事は確かに魅力的に感じるでしょう。

しかし、多くのデメリットがあるという点も理解しておかないと失敗する恐れがあります

人と関わらない仕事を選ぶ際は、メリットだけでなくデメリットにも目を向けて始めるようにしてください。