仕事がつまらないのが当たり前と思い込んでしまうことの危険性

長い会社生活の中で仕事がつまらないなーと感じる瞬間はおそらく誰にでもあること。

そして、仕事なんてつまらないのが当たり前、そもそも楽しさを求めてる時点で甘えている、とにかく与えられたことを文句を言わずにやるべきだなんて考えを押し付けてくる人というのは実際に少なくありません。

ただそんな時にそれは当たり前だし仕方がないことだと早々に割り切ってしまい、つまらないことに対して諦めてしまうことは避けた方が良いです。

そこで諦めてしまうと、あなたにとっての仕事は今後もずっとつまらないもの以外の何物でもなくなってしまうからです。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

「仕事がつまらなくて当たり前」というのは大きな間違い

仕事がつまらなくて当たり前。そんな風に割り切ってしまうことは非常に簡単です。しかしそれは自分の置かれている状況から目を背け、改善することから逃げているにすぎません。

仕事はつまらないもの。実際は決してそんなことはないのです。

仕事を楽しんでいる人はたくさんいる

世の中には仕事が楽しいと感じている人も大勢います。あなたの周りでもそういった人はいるのではないでしょうか。

仕事は楽しむことができるものである。それが事実です。誰がどう行おうがつまらないというものではないという結果があります。

楽しめる人は一部の例外なんて考え方をすべきではありません。例外というには数が多いのですから。

今あなたが「仕事がつまらない」と思っているのであればそれはあなたの問題。それを社会全体のせいにしてはいけません。

つまらなかったという結果に諦めてしまった人の発言にすぎない

つまらないのは当たり前だ。仕事なんてそんなものだ。そういった発言をする人も少なからずいるのは事実です。

ただそんなことを言うのは、これまで仕事をしてきてつまらなかったという結果があり、それに対して何かすることを諦めてしまった人が言っていることにすぎません。

現時点で仕事を楽しんでいる人はそんなことを言いません。

そんな人の意見を間に受け、そういうもんだと思い込んでしまえばあなたもそうなってしまいます。

つまらないかどうかは人次第で今後変えることもできる

仕事がつまらないかどうか。それは結局人次第です。

仕事を楽しめる人もいれば、どんな仕事に就こうともつまらないと決めつけ、楽しむことはできず文句ばっかり言っている人もいます。

あなたはどちらになりたいですか?

楽しいと思えるか、それともつまらないと思ってしまうかは、仕事内容や環境、そして何より仕事に対する向き合い方が非常に大切です。

そしてこれらは今からでも変えることが十分可能なこと。あなたが感じている仕事のつまらなさは、十分解消することができることなのです。

確かにつまらないことがあるのは事実、でもそれで全ては決まらない

もちろん仕事である以上、楽しいことばかりではないのも事実です。仕事は楽しいことばかりだなんてことは、ほとんどの人いとってありえません。

仕事をする上でつまらないと感じさせる要素

では仕事をする上でつまらないと感じさせる要素にはどういったことがあるでしょうか。

色々な人との人間関係がある

会社という中で仕事をする以上、人との関わりを無くすことはできませんし、相手を選ぶこともできません。

学生時代のように気の合う仲間だけと付き合って楽しく過ごすなんてことはできません。

たとえ気の合わない同僚でも、理不尽な上司でも、面倒くさい取引先の相手でも付き合っていかなくてはいけないのが仕事です。

しかも、それを毎日繰り返すことになるわけですから当然ストレスもたまります。

好きな仕事ばかりなんてできない

本当にやりたかった仕事ではなかったなんて人も多いでしょう。

またたとえやりたいと思っていた仕事に就くことができたとしても、実際にやってみると大半はつまらなかったり面倒な雑務や事務仕事ばかりなんてことも多いですよね。

自分が好きなことばかりを選んでやるなんてことはできません。嫌なことだってやりたくないことだってやらなくてはいけないのが仕事です。

会社の言いなり、自由度は低い

会社員として働く以上、基本的には会社の言いなり。

やるべきことを決められ、それができなければ怒られます。全く見当違いのことはもちろん、それがたとえ業務に関係してしかもプラスになるということであっても認められなければ進めることはできません。

自由度が低い。これもまた仕事がつまらないと感じてしまう一つの要因になってしまっているのではないでしょうか。

しかしそれは仕事の全ての楽しさを決めることではない

このように仕事の中ではつまらないと思ってしまうことは確かにたくさんあります。

しかしこれらは仕事の全てを決めつけることではありません。

「仕事が楽しい」と思っている人のほとんども、先ほど紹介したことでつまらないと感じる瞬間はたくさんあります。あって当たり前です。

ただそういったことがあっても、結局感じるのは楽しいという気持ちなのです。

結果を出したこと、仕事をやり切ったことによる達成感や、自分自身で成長できたと感じることができたという実感、誰かに必要とされていると感じることができたという実感が、そういった仕事をする上でどうしても逃れられないネガティブなことを吹き飛ばしてくれるのです。

おそらくそれは仕事に限ったことではないはず。たとえばスポーツだって地道な練習や苦しい筋トレがあります。しかし目標を達成する「瞬間」の喜びがあるから結局は楽しい、やってて良かったと思えるし、次のモチベーションにも繋がるのです。

仕事がつまらないを当たり前にしない為にあなたがすべきこと

ではあなたにとっての仕事が、「つまらなくて当たり前」というものにしない為にはどういったことをすれば良いでしょうか。

仕事はつまらなくて当たり前だという思い込みをやめる

まず何より大切なのは「つまらなくて当たり前」だという思い込みをやめること。

仕事はお金を得る為のもので、楽しむ為のものではないという考え方はもうやめ、どうすれば楽しむことができるのか、今の仕事は何がつまらないのかを考えるようにして下さい。

つまらないと決めつけてしまってはそれで終わりです。そこから良くなることはありません。

結果を見定め、具体的にイメージする

目の前の仕事に対しても、仕事全体に対してもどういう結果にたどり着くのかはしっかりイメージしておかなくてはなりません。

それが目標となり、目指すべきところになります。

仕事でやりがいを感じる上では成果を上げ、達成感を感じるというところが外せません。

これがあるからこそ、次のモチベーションにもなるし、仕事の面白さにも繋がっていきます。

しかしもし結果が見えていない中でやっていては、いざ終わった時にも「達成した」という実感は得られにくくなるし、何より過程で行う仕事もただこなすだけのものになってしまい、次のステップに進んだという実感も得られません。

  • ○○を達成する為に必要だから行う雑務
  • ただ言われたからやる行う雑務

もし同じ雑務だとしても、前者の方が仕事が終わった後の喜びは大きくなるはずです。

仕事に対して真剣に取り組み、自分自身で成長することを目指す

誰かが与えてくれるという周囲に依存した考えはあまり持つべきではありません。周りに依存すれば依存するほど、期待と失望が大きくなります。

それよりも自分自身でコントロールできるように仕事に取り組むようにしてみましょう。

まず大切なのは仕事に対して真剣に取り組むこと。だらだらやったところで達成感なんて感じることはできません。

そしてそれを通して自分自身で成長するように考え仕事をこなしていくこと。自分の成長の姿を明確にし、それに向けて取り組むほうが成長を実感できるまでのスピードも、そしてその大きさも大きくなります。

常に先を見据えておく

自分自身の長期目線でのキャリアについても考えましょう。

今の会社で今の仕事を続けた時の立ち位置や成長性。今の時代は一つの会社にこだわる必要性なんてありませんから、転職してキャリアアップするという道もあります。

今の仕事がそのあなたの目指すべきキャリアの一環を担っているということを自覚できれば、仕事がつまらないなんて思いも少なくなるはずです。

仕事内容に問題があるなら思い切って仕事を変えたっていい

そもそも根本的に仕事が自分に合っていないという場合ももちろんあるでしょう。

特に他にやりたいことがあると決まっているなら、仕事を変えることも視野にいれるようにしてください。

「本当はあれがやりたかった」「この仕事は自分がやりたい仕事ではない」

こういった思いがある中で仕事をつまらないものから楽しいものに切り替えていくのは、中々難しいです。

今の転職市場はかなりの売り手市場。自分の将来の為に早い段階で頭を切り替えることも大切です。