やりたくない仕事、面倒な仕事、苦手な仕事は先延ばしせずにさっさと終わらせるべき理由

やりたくない仕事や面倒な仕事、そして苦手な仕事があると、ついずるずると先延ばししてしまっているという人も少なくないでしょう。

しかし、それは極力すべきではありません。

やりたくない仕事、面倒だと思う仕事ほどとにかくさっさと終わらせてしまう。

もしもっと仕事を楽にしたい、楽しくやりたいと考えているなら絶対にそうするべきです。

関連記事

 

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

楽しい仕事ばかりではないのは当たり前、やりたくない仕事、面倒な仕事、苦手な仕事は誰にでも振ってくる

たとえ自分の希望通りの仕事に就いたとしても、その仕事をしている中でやりたくない仕事や面倒な仕事が振ってくることは誰にでもあることです。

たとえば役員や上司への報告、時間がかかるつまらない雑務、気難しい人に対してのアポどりや説明、周囲の人への依頼。

人によって好き嫌いは異なりますが、どんな仕事であっても楽しくできる、仕事の中にやりたくないこと、面倒だと思うことが全くないという人はほとんどいないでしょう。

仕事をする以上、そういった仕事に向き合ってこなしていくことは、絶対に必要なことなのです。

やりたくない仕事、面倒な仕事、苦手な仕事が振ってきたらとにかくさっさと終わらせることが重要

あなたにもしやりたくない仕事や面倒な仕事、苦手な仕事が振ってきたとしたら、どうこなしますか?

やらなきゃいけないと思いつつも、ついつい先延ばしし、ぎりぎりになってから重たい腰を上げてやることになっている人が多いのではないでしょうか。

しかしこんなやり方をしていると、仕事はどんどん嫌なものになっていってしまいます。

仕事ではやりたくないこと、面倒なことはとにかくさっさと終わらせることが重要。それがあなたにとって大きなメリットになります。

どうせやらなきゃいけない、先延ばししたところでいつかはやらなきゃいけない

まず考えてほしいのが、どんなやりたくない仕事であっても、どれだけ面倒な仕事であっても、いつかやらなきゃいけないということには変わりありません。

たとえ先延ばししてもいつかはやらなきゃいけないのです。

結局かける労力は同じ。ぎりぎりまで待ってからやっても楽になるわけではありません。

その仕事が残っているだけで精神的なストレスを感じる

やりたくない仕事があった時、さっさと終わらせるのと1ヶ月たってから終わらせるのではどっちが楽ですか?

さっさと終わらせてしまえば、残りの1ヶ月はその仕事について苦しむことはなくなります。

しかしもし1ヶ月後まで先延ばししてからやることになると、終わるまで1ヶ月ずっと「あの仕事がある」「あの仕事をやらなきゃ」ということに捉われ悩み続けることになります。

結局やることは一緒なのに、やるタイミングが後になるだけで精神的なストレスは圧倒的に多くなるのです。

もっと楽に仕事ができるのに、自分で自分を苦しませることになってしまっていませんか?

やってみると意外にたいしたことがないことも多い

嫌だなー、面倒だなーとやる前には思っていても、実際やってみると実はたいしたことがなかったということが思いのほか多いです。

ただそんなことでも、やらずにいると気づかないままです。

実は全く大したことがないことに、無駄に悩む苦しむことになってしまうのです。

さっさと終わらせていればそんなこともありません。

時間がたつほど、やる意欲よりもやりたくない気持ちが強くなる

時間がたてばいつかやる気が起きるとか、無駄な期待をしていませんか?

はっきり言って、やりたくないからと先延ばししている仕事は、いつまでたってもやりたくないままです。良くなることはありません。

それどころかむしろより一層やりたくない気持ちが強くなります。時間がたてばたつほど、どんどんやりたくなくなっていき、その仕事のせいで感じるストレスも強くなっていく一方です。

重要度が高い場合が多い

やりたくない、面倒だと感じる仕事は、抱えている仕事の中で重要度が高い場合が多々あります。

仕事の優先順位的にも高く、さっさと済ませておいた方が良いのです。もしやりたくないからと先延ばししてしまうと、余計に苦労することになりかねません。

苦手意識がいつまで経っても消えない

もしやりたくない仕事から逃げ、常に追い込まれた場合にしかそういった仕事をしていないと、いつまでたっても苦手意識は消えないし、この先もずっと同じことで悩み苦労することになります。

やりたくないことを自分の意思でやると決めてやってみるからこそ苦手意識の克服に繋がるのです。

やらずにいるよりやってしまった方がよっぽど楽、もっと自分が楽できるように仕事に取り組もう

自分にとってやりたくない仕事は、中々手をだそうという気が起きないものですが、結局やらなきゃいけないことであればさっさとやってしまった方が長い目でみるよよっぽど楽です。

わざわざ自分で苦しむ状況を作るのではなく、ぜひ自分が楽に仕事ができるように取り組んでいきましょう。