嫌な仕事、辛い仕事を我慢して続けるメリットや続けるコツ。でも時には辞める判断も必要。

仕事が嫌だ、仕事が辛くてたまらないなど、今の仕事に対してネガティブな思いを抱えながら働いている方もいることでしょう。

入社した当初から仕事内容や職場環境が合わないと感じていた人、途中で上司が変わった、自分が異動になった、仕事量が増えたなど理由はさまざまなものがあると予想できます。

とはいえ仕事である以上、辛いからすぐに辞めるわけにもいかず、かといって我慢して働き続けるのも迷うものがあります。

辞めて後悔する可能性があることや、仕事は続けたいけど続ける意味があるのかわからないといった思いが混合して、悩む方もいるのではないでしょうか。

今回は、嫌な仕事でも続けるメリットやコツ、転職を検討する際のポイントを紹介していきます。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

嫌な仕事、辛い仕事は辞めるべき?我慢して続けるべき?

今の仕事が辛くて毎日嫌な思いを抱えて働いている場合、辞めるか我慢して続けるかは深刻な問題になっていきます。

一度きりの人生、嫌な仕事に時間を費やすのはもったいないという見方や、嫌な仕事でも続けることで得られるものがあるという見方もでき、一長一短ではあるもののどちらも選択肢として間違っていないと解釈できます。

仕事を辞めて転職することによるメリット、仕事を続けることによるメリットがあることを考えると、最終的にはあなたにとってメリットが大きい方を選択するのが良いと言えるでしょう。

辛い仕事を辞めるか我慢して続けるか悩む人の多くは、双方のメリットを比較していないことが多く、仕事を辞めるリスクの方が気になる状態に陥りやすいです。

特に、仕事を辞めるリスクに意識が向いてしまうと、納得できる結論を出せなくなってしまいます。

次は、嫌で辛い仕事を我慢して続けるメリットを紹介するので、仕事を辞めるか続けるか悩んでいる方は目を通してみてください。

嫌な仕事、辛い仕事を続ける意味。我慢することで得られるものもある。

嫌な仕事・辛い仕事を辞めるか続けるかは、それぞれのメリットを考えることが必要です。

ただ、もし辞めるメリットを感じながらも転職するか悩んでいるなら、次に考えるのは今の嫌な仕事、辛い仕事を我慢して続けるメリットです。

はじめに、今の嫌な仕事を続けるメリットについて見ていきましょう。

様々な経験を経て、良くも悪くも多くのことに気付ける

まず一つ目は、長く会社にいて同じ仕事を続けることにより、経験を得られることです。

長く続けることで周囲からの信用を得て、その上で新しい仕事を任されるなどさらなる経験を積むことができます。

同じ会社で働き続けると担当する仕事以外の経験ができないのでは? と思うこともありますが、異動により部署が変われば全く異なるステージに立つ可能性もあるでしょう。

また、ある程度年齢が高くなると、役職に就き給与が上がったり裁量が大きくなったりと社内でのポジションが高くなることもあります。

昇進すれば仕事内容もこれまでとは異なり、部下へのマネジメント業務や上層部とのやり取りが増えるなど、新たな経験を積むことができるでしょう。

仕事の知識や人脈が蓄えられる

仕事の知識、業界の知識は一つの会社で長く働き続けることで蓄えられていくものです。

業界によっては専門知識を深めることもでき、長く同じ仕事を続けてきた賜物とも言えるでしょう。

また、取引先や他部署の社員など幅広く人脈を持てることもメリットで、誰がその場のキーマンか把握できるようになり打ち合わせなどの際にも調整しやすくなります。

加えて、仕事関係の知り合いが増えるほど仕事上で何かあったときに動きやすくなることもあります。

知り合いが他部署に一人でもいれば仕事を進める際にも初対面ではない分進めやすくなり、人間関係が構築されていれば急な仕事にも対応してもらえる可能性が出てくるでしょう。

辛い仕事を乗り越えられたことが自信につながる

今、毎日の仕事が辛くても我慢しながら働き続けることで、周囲との信頼関係が構築され社内の状況を把握でき、仕事上の経験や知識を活かせるようになっていきます。

入社して1~2年の頃に比べると、新しい仕事に取り組むときも長年の周囲との繋がりと経験値を活かしてすぐに仕事に取り組めるようになり、パフォーマンスも高くなっていることでしょう。

長年勤めるうちに部下ができて環境が変わり、徐々に頼られることが増えてくると、あれほど辛かった仕事も少しずつやりがいを感じられるように変化します。

そしてやりがいを感じられるようになったとき、これまで積み重ねてきた経験や人間関係、知識などがあなたの自信となり、ポジティブに働けるようになっているでしょう。

今の仕事が辛いために転職をするのも選択肢の1つですが、今の会社で与えられた仕事を一つひとつ積み重ねて結果を出し、環境の変化を感じられることも今の会社で働き続けるメリットです。

有給日数が増える、退職金に有利

今の会社で我慢して働き続けることで、給与は昇給により徐々に上がり、有給休暇の付与日数が増えていきます。

勤続年数が長いほど給与と有給休暇は多くなり、特に有給休暇は6.5年以上勤務すると最低20日労働基準法第39条で決められています。

また、退職金は辞めずに続けた方がトータルで貰える金額は多くなる場合が多いです。

途中で辞めて自己都合の退職になってしまうと、最終的に受け取る金額としては転職後の会社に新卒で入社した人よりも勤続年数が短いため少なくなります。

嫌な仕事、辛い仕事でも続けるコツ

嫌で辛い仕事でも、あなたにとって我慢して働き続けるメリットの方が大きいなら続けることをおすすめします。

ただ、今と変わらず働き続けるのは大変なので、ここでは嫌な仕事、辛い仕事でも続けていくためのコツを紹介していきます。

長期目線で自分の姿をイメージする

まずは長期的な目線で自分の将来をイメージしてみましょう。

目の前の大変なことだけを意識せず、3年先、5年先の自分や仕事について考えてみてください。

今の仕事を乗り越えた先にあることを目標とするか、○年後までにこうなりたいという目標を作ることで、そのために今できることが見えてきます。

目線を今の辛さから切り離して未来に向けることが、辛い仕事でも働き続けるコツと言えるでしょう。

人に頼ることを覚える

仕事では人に頼ることも大切なスキルであり、仕事量や納期の関係によっては周囲の人に頼ることもOKです。

全てを自分で抱え込んでしまうと辛いばかりか、本来なら上手くいくものも上手くいかない恐れも出てきます。

悩みや迷いがあるときは、上司でも先輩でも同僚でも周囲の人に悩みを相談してみましょう。

悩んでいるときは視野が狭くなりやすいので、周囲に相談することで意外とあっさり解決することもあります。

この会社に一生身を置くと思わない

今の会社で一生働き続けるなどと決めてしまうと、上手くやろうとしたりミスなく仕事を進めようとしたりします。

ですが、こうした思考が自分を思い込む原因になるため、この会社に一生を捧げるような考え方ではなく少し柔軟に「いつかは辞めるかもしれない」「この会社で終わらせるつもりはない」「何かあったら別の会社に転職しよう」といった考えを持つことが大切です。

会社に対する思いを柔軟にすることで、仕事に対するプレッシャーを軽減し気楽に仕事を進めることができるようになります。

また、今の会社に一生身を置くつもりでいても倒産してしまえば元も子もないですし、あらかじめ柔軟にほかの会社に転職する選択肢を持っておけば、何かあったときにも行動を起こしやすくなるでしょう。

次は、転職を視野に入れたときにおすすめの転職エージェントについて紹介していきます。

嫌な仕事、辛い仕事なら我慢し続けなくても良い、転職も前向きに検討しよう

今の仕事が嫌で辛い状況では、我慢して働くか転職するかで悩む人もいることでしょう。

仕事が嫌になった理由・辛い理由はひとそれぞれでも、毎日の仕事に対するストレスは日に日に大きくなってしまいます。

今の会社で働き続けること・転職することはどちらにもメリットがあり、あなたにとってメリットが大きい方が最良の選択肢といえます。

仕事が嫌で辛いときは今の会社にこだわらず、転職も視野に入れておくことが大切です。

転職する際は、情報収集など一人で転職活動をするのは大変な作業です。

そのため、相談しながら転職活動を進められる転職エージェントの利用をおすすめします。

あなたに合った企業への転職なら転職エージェントの利用がおすすめ!

転職はそれほどリスクが高いものではなく、在職中に行うことでそのリスクを下げることができます。

ただ、在職中に一人で転職活動をする場合、企業情報を集めたり履歴書などの書類作成をしたりとなかなかやることが多いのがネックです。

また、次の転職先企業では仕事が嫌で辛くならないよう、転職先企業についてのリサーチはしっかりしておきたいところでしょう。

このような転職活動をする際は、転職のプロである転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、一人ひとりにキャリアカウンセリングを行い、あなたの希望やスキルなど詳しくヒアリングを行い、その上であなたに合う転職先を探してくれます。

仕事が嫌で辛かったことも考慮してくれることや、履歴書などの書類作成代行、面接の練習や待遇面の交渉などもしてくれるのもおすすめポイントです。

さらに、サイトには載っていない非公開求人を豊富に保有しており、一人で転職活動をするよりも良い条件の企業に転職できる可能性が高いでしょう。

加えて、さまざまな転職検討先の条件を詳しく把握しているので、本当にあなたに合った企業への転職が期待できます。

転職エージェントはこれらのサービスを無料で利用できるのもおすすめする理由の一つです。

今の仕事を我慢して続けていくことにメリットを感じていないならぜひ登録してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)