仕事が辛いことは当たり前?行きたくないと思ったら逃げることも大切。

仕事が辛い、会社に行きたくない。

毎日そんなことを考えながら、それでも辛いことは当たり前、仕方がないことだと思い込み、かなり無理して過ごしていませんか?

確かに仕事は楽しいことばかりではありません。

対価としてお金を貰う以上、大変なことにも対応する必要がありますから、ある程度我慢することもでてくるでしょう。

ただ毎日のように辛いと嘆き、わざわざネットで検索するくらいまで強く思っているならば、それはさすがに異常。

「当たり前」、「仕方ない」と割り切ってしまうのではなく、今後どうすべきかを考えて行かなくてはなりません。

関連記事

 

仕事が辛いと思ってしまう理由

仕事が辛いと思ってしまうよくある理由としてざっと挙げただけでも以下のものが考えられます。

  • 残業が多すぎる
  • 仕事が多すぎて終わらない
  • 上司や同僚との人間関係が悪い
  • 仕事が上手くいかない
  • 上司や顧客から怒られてばかり
  • 仕事内容が合わない、面白くない
  • 適切に評価して貰えない

 

ただ同じような状況で辛いと感じるかどうかは人それぞれ。

残業が多すぎると言っても辛いと感じる時間は全然違うし、人間関係を気にする人もいればしない人もいます。

仕事が多すぎることが辛いと感じる人もいれば、少なすぎて辛いと感じる人もいるし、仕事内容に対して不満を感じるかどうかも人それぞれ。

パワハラがひどかったり、休みなく毎日深夜までサービス残業があったりと、万人が仕事を辞めたくなるくらいのひどい状況というのもありますが、たとえそうでなかったとしてもあなたが辛いと思っている以上、それは甘えだと済またり、我慢すべきことだと決めつけて良いものではありません。

たとえ周りにあなた自身の辛さを理解して貰えなかったとしても、まずは自分が感じることを第一に考えなくてはなりません。

仕事が辛いことは当たり前?

ただおそらく多くの人は仕事が辛いことは当たり前のことだと考えていると思います。

お金を貰うんだから甘くはない、嫌なことだってあって当然、苦労するからこそ成長する。

何かと理由をつけて当たり前だと決めつけ、ただ我慢することになったり人に強要する人もいます。

ただ本当に当たり前なのか、本当に仕方がないことなのか、今一度良く考えてみてください。

仕事が辛いことは当たり前?

確かに仕事は楽しいことばかりではありません。嫌なこともあるししんどい時だってあります。

つまらない雑用業務に追われたり、ミスをして上司や関係者から怒られたり、予定通りに進まず悩んだりするというのは、仕事の内容にもよりますが避けられないことが多いです。

ですから、仕事が辛いことが当たり前かというとそれ自体は間違いではないでしょう。

仕事に一切のストレスを人ははたしてどれくらいいるでしょうか。おそらくかなり少数派です。

ただ大切なのはその度合い。

確かに誰だって仕事に対して辛いと感じることはあるかもしれませんが、時々辛いと感じたり、悩んだりする人と毎日辛い、行きたくないと感じる人では状況が全然違います。

しかし多くの人はそれをひとくくりで考えすぎ。

人によって原因も度合いも違うし、たとえ同じことがあったとしても感じ方は人それぞれです。

にも関わらず、全てを「そんなのは当たり前」、「周りだって苦労してるんだから」と決めつけてしまうなんていうのはおかしな話。

たとえ周りからは理解されなかったとしても、毎日のように辛いと思い、休みの日ですら満足に楽しむことができなくなっているようならそれはやはり重たく考えなければなりません。

まずはあなた自身が自分の置かれている環境、そしてそれに対して自分が感じていることをしっかり把握し、人のものさしではなく自分のものさしではかった上でどうするのか、どうすべきなのかを考える必要があります。

なぜ辛いことが当たり前と思ってしまうのか

そもそもなぜ仕事は辛くて当たり前だと思ってしまうのでしょうか。

その原因について少し考えてみましょう。

 周囲の影響

何より大きいのは周囲の影響でしょう。

周りも同じことに我慢しているから。辛くて当たり前だと皆言っているから。

そんな風に周りに影響されて仕事が辛いことは当たり前だと受け入れている人は多いでしょう。

それどころか、仕事では苦労しなくてはだめと決めつけ、楽してお金を稼ぐことに対して批判的なことを言う人もいます。

 成功者の声が大きい

特に上司や年配でそれなりの役職についている人ほど、仕事が辛いことに対して肯定的な意見を言う人が多いです。

そういった人達は多かれ少なかれ辛いことを乗り越えてきたのでしょう。

そして辛いことを乗り越えたからこそ成長したという自負があるんだと思います。

それ故に辛いことはあるのは当たり前だけど、乗り越えるべきだし、乗り越えなくては成長できないと考えています。

ただそれはあくまで乗り越えられた人の話ですし、辛いと言っても実はたいしたことがない場合もあれば、過去のことを大げさに捉えてしまっている場合もあります。

そして忘れてはいけないのが、それに潰されてしまった人がいるという現実です。

休まざるをえなくなってしまった人、退職せざるをえなくなった人というのは山ほどいますが、そういった人の声は残念ながらあまり表にはでてきません。

転職に対するイメージの悪さ

そもそも転職に対するイメージが悪いことも原因の一つでしょう。

転職は悪いこと、転職に逃げることは良くないことというイメージもあるし、転職しても条件が良くなることはない、むしろ悪くなる場合がほとんどというイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

それ故に辛い仕事を辞めるという選択肢がなくなってしまい、今の仕事を続けるしかなくなってしまい、それが辛いことは我慢するしかないという気持ちを持つことに至ってしまっているのではないでしょうか。

仕事が辛いことにこのまま我慢し続けるとどうなる?

では、もしも仕事が辛いのは当たり前だ、仕方ないと決めつけ、自分の気持ちをごまかしながら我慢し続けたらどうなると思いますか?

精神的、身体的に不調になる

限界を超えて受け続けたストレスはいつか爆発し、精神的、身体的な悪影響を引き起こすことになります。

実際、そんな人がたくさんいるのです。日本では働く人のうつ病発症率が10%あるとも言われているのです、

それを他人ごとだと思ってはいけません。

周りも我慢しているから、もっと辛い仕事に耐えている人もいる、自分なんてまだましな方だと、周りを基準に考えてもいけません。

人によって感じ方は違うし、ストレスに対する耐性も違うわけですから、誰かが大丈夫だから自分も大丈夫、自分も我慢すべきと言うのは間違っています。

過剰なストレスは人を成長させない

辛いことを乗り越えたからこそ、辛いことを我慢したからこそ成長できるというのはよく言われている話ですし、それは事実でしょう。

忍耐力がついたり、うまくいかないことに対して解決策を自分の頭で考えることに繋がったり、乗り越えた時には自分の自信にもなります。

ただそれはあくまで適度な場合のみ。

もしストレスが過剰になってしまっている場合、それは成長するどころではなくなってしまいます。

また辛さの原因次第では、成長なんて関係ないことだってあります。

辛いことは乗り越えるべきなんてことは、常に当てはまることではないのです。

将来後悔することになる

仕事を辞めてしまった、辛いことから逃げてしまったことに対して、もう少し続ければ良かったと後悔する人は確かにいます。

ただなぜあの時にさっさと転職しなかったんだろう、なぜこんな仕事をいつまで続けてしまったんだろうと後悔する人も少なくありません。

せっかくの人生を辛いことだけに費やしてしまったことに後悔してしまうのは当たり前のことだと言えるでしょう。

プライベートもうまくいかなくいなる

仕事が辛いことによる影響はプライベートにまで悪影響を及ぼす可能性があります。

仕事が辛いせいでせっかくの休みも仕事のことばかり考えることになってしまい楽しめない、何もできないという人は多いのではないでしょうか。

常にイライラした状態で家族との関係も悪くなってしまうこともありえます。

一度くらい仕事を辞めることを真剣に考えてみては?

改めて考えてみて下さい。

あなたが今仕事に対して辛いと思っていることは、当たり前と割り切るしかないことでしょうか。どうしようもないことでしょうか。

もちろん簡単に辞めてしまうことは避けるべきことではありますが、逆に簡単に続けてしまうことも避けなくてはいけないこと。

まずは一度、仕事を辞めることについて真剣に考えてみましょう。

仕事を辞めることが辛いことから抜け出す一番の解決策

今の辛い仕事から抜け出す為の確実な解決策はやっぱり仕事を辞めることです。

なんとかしたいと思っていても、最初から仕事を続ける前提で辞めるという選択肢を外してしまっている人も多いと思います。

ただまずは選択肢として入れること。

どうせ転職できない、どうせ条件が悪くなると最初から決めつけないでください。

逃げることを否定してはいけない

仕事が辛いから転職するということに対して、それは逃げることだと言う人もいます。

そして逃げることは悪いことだと決めつける人もいます。

ただそれはおかしな話。

自分にとって耐えきれないような環境を離れて違う環境に身をおくことは当然のことです。

ですから逃げることを否定しないでください。周りにとやかく言われても気にしないでください。

できるかできないかは、真剣に考えてから答えをだすべき

もちろん仕事を辞めることは勇気のいることですし、安易に決めていいようなことではありません。

ただとにかく一度真剣に考えてみましょう、

実際に辞めるかどうか答えを出すのは、真剣に考えた後です。

仕事を辞めることによるプラス部分とマイナス部分は何か、仕事を辞めることで解決できるのかできないのか、希望の転職をすることができるのかどうなのか。

こういったことを何もやらずに決めつけてしまうなんてもっての他。

とりあえず具体的に転職活動を始めてみてからではないとわからないことも多いと思います。

ただまずはやるだけやってみてください。

補足:おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連記事