社会人2年目で仕事が辛い。慣れない、仕事ができない、上手く行かない焦りはそのうち解消される?

就職してから1年がたった社会人2年目。

1年前に比べると仕事にも慣れてきたし、人間関係も上手く行くようになってきて、仕事自体が楽しくなってきたという人もいるでしょう。

ただそんな人ばかりではありませんよね。

毎日仕事が辛くて辛くてたまらないだけ、仕事は全然楽しくなっていない。そんな人も多いと思います。

関連:新卒で入社した会社をたった一年半で退職。転職後に感じた私なりの感想。

 

若手におすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
第二新卒は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく
、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・専門コンサルタントによるフルサポート
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビジョブ20's
・20代の転職を専門サポート
・20代対象求人2,000件以上
転職定着率93.6%

公式

JAIC(ジェイック)
第二新卒の就活支援に特化
支援実績23,000名以上
・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

社会人2年目、毎日仕事が辛い

初めて社会人になり、右も左もわからない状態で働かなくてはならない1年目の新入社員は仕事に対して辛いと感じる人が非常に多く、程度の差はあれど6割以上の人がそんな風に感じています。

社会人経験が長くなった人でも、最初の1年目が最も辛かったという人が多いです。

ただ1年たつと多少は楽になるのが一般的。

仕事を覚え、多少なりとも自分でできるようになり、人間関係も徐々に築け、職場でも過ごしやすくなるので、ストレスは減っていくはずです。

ただ実際は2年目になっても1年目と変わらず辛いと感じている人は非常に多く、それどころかもっと辛くなったと答えている人が多いのが実情。

1年目では感じていなかった人も2年目になって仕事が辛いようになる人も少なくありません。

そしてそれが毎日のように続き、会社に行きたくない、仕事を辞めたいと感じてしまっているのです。

社会人2年目で感じる仕事で辛いこと

では社会人2年目で感じる仕事で辛いことにはどういったことがあるのでしょうか。

全然仕事に慣れない、仕事ができない

1年目はまだ初めたばかりだから仕事はできなくて当たり前。慣れないのも当たり前。

ただ2年目ともなるとそうもいきません。

本来できるはずになっていけないレベルになることができず、仕事にも慣れないと、1年目の時のように許されなくなり、怒られることも多くなります。

自分自身でもこの仕事は向いていない、自分は能力が低いと責めてしまうことも増えてしまうでしょう。

また2年目になったが故に上司や先輩にわからないことが利きにくくなるのも辛い点。

2年目なのにこんなことを質問して良いものなのか悩み、それがさらなり悪循環に陥る原因にもなってしまいます。

周りからのプレッシャーが強くなる

1年目に比べると周りからのプレッシャーが強くなるのが2年目。

仕事に対する責任も増すし、多少難しい仕事でも一人でできて当たり前、新入社員だからという言い訳をすることもできなくなります。

そのプレッシャーが仕事が辛いと感じる大きな原因になっている人は多いでしょう。

人間関係が上手く行かない

上司と上手く行かない、先輩と上手くいかない、同僚に嫌われている。そんな風に人間関係に悩んでいる人も多いと思います。

1年目は中々馴染めなくても時間が経てば、2年目になれば多少良くなると思っていたのに、結局何も変わらないまま。それどころかもっと悪化。そんな人もいるでしょう。

人間関係が上手く行っていない状態で働くのは本当に辛いこと。しかも2年目のように会社の中ではもっとも下にいる人にとってみたら、そのまま働き続けるのは苦痛で苦痛でたまらなくなってしまいます。

増える労働時間

2年目になって仕事の難易度は上がり、仕事量も増え、一気に残業が増えたという人も多いのではないでしょうか。

人によっては1年目は月10時間未満だった残業が2年目になって一気に50時間以上することになったなんて人もいます。

ただでさえ仕事に対するプレッシャーは強いのに、それに加えて残業も増えたとなれば仕事が辛い、しんどいと思ってしまうのも当然ですよね。

しかもそれがサービス残業となっている人も少なくありません。

仕事を終わらせないとというプレッシャーから仕事を持ち帰ってでもやらなくてはならなかったり、上司がサービス残業することを強制される場合すらあるのが現実です。

環境の変化

2年目になって環境が変わったことが辛い原因になっている人もいるでしょう。

1年目の時に仕事を教えてくれた上司や先輩が異動してしまい頼れる人がいなくなってしまったり、自分が異動する場合もあるでしょう。

まだまだ成長段階である2年目で大きな変化があると、感じるストレスは他の年次に比べてかなり大きくなってしまいます。

人と比べられることが多くなる

1年目は周りとそれほど差もついていませんから、比べることがそう多くはありません。

しかし2年目ともなると同期でも差がついてきはじめ、周囲と比べられるようになっていきます。

人によっては、「あの人はできているのに」「周りから出遅れている」とはっきり言ってくる人もいますよね。

そして2年目後半になると後輩である1年目とも比べられてしまうようになります。

追いつかれる、もう追いつかれた、そんなことを言われてストレスを感じた人も多いのではないでしょうか。

その焦り、不安はいつか解消されるのか

仕事ができない、人間関係が上手く行かない、プレッシャーに耐えることができない。

そんな悩みを抱えることが多い2年目。

そして感じるのは焦りや不安。この先働き続けた時になんとかなるのか、ましになるのか。そんなことばかり頭に浮かんでしまうと思います。

ではそんな思いは時間が解決してくれるのでしょうか。

その可能性は決して低いものではなく、働き続けたことで自然と解消に至った人は多いです。

1年間では中々できるようにならなかった仕事も3年目、4年目になるにつれてできるようになってくる場合が多いし、仕事ができるようになって難しい仕事に対して感じるプレッシャーも少なくなってくる。

2年目の段階で同期より仕事面で出遅れていても、実際は自分が思っている以上の差なんて開いていない場合が多く、仕事に恵まれて1年後にはあっさり逆転している場合だって実際に多々あります。

また人間関係も異動等で解決することもあるでしょう。

2年目で転職という選択肢はあり?

5年以上働いている場合だと色々な部分がある程度固まってしまうので、時間の経過で解決してくれることが少なくなってしまいますが、2年目であれば期待することはできます。

ただ物事によっては解決することができないものもあるし、時間に身をゆだねることができるほど余裕がない場合だってあります。

そんな時に考えるのは転職。転職することによって解決することは多いですからね。

2年目での転職は十分にありだと思います。

もちろん安易に判断するのではなく、しっかり考えた末に判断する必要はありますが、2年目だからという理由で転職に躊躇する必要はありません。

現在は入社3年以内の第二新卒者を対象とした採用活動が非常に活発化し大手企業も行うようになっていますからとりあえず3年なんて待つ必要はないし、実際に転職して良かったと感じている人も多いですからね。

今の仕事が辛すぎて無理ならば一つの選択肢として考えてみるといいでしょう。

まずは転職サイトに登録して色々情報収集したり、転職エージェントに話を聞きにいったりしてみてはいかがでしょうか。

それによって現在考えていることがすっきりし、どうすべきなのか決断することもできると思います。

 

若手におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、第二新卒の転職支援に特化したサービスです。

第二新卒の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)