自分の仕事に誇りが持てない。誇りを持つためにはどうすればいい?

あなたは今の自分の仕事に誇りを持っていますか?

毎日、仕事がつまらないと思いながらお金の為だけに仕事をするのは、やはり面白くありません。

できることなら自分の仕事を誇りに思いながら働きたいものです。

では、どうすれば自分の仕事に誇りを持つことができるのでしょうか。

求人が増加する今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

公式

doda
【転職者満足度No,1】
・IT・営業・企画系求人に強い

公式

 

仕事に誇りを持つことは必要?

仕事に誇りを持つことは必要?

人と仕事について話をしていると、仕事がつまらない、仕事を辞めたいと愚痴ばかりこぼす人もいれば、こんな仕事をしてるんだと仕事の内容を話してくれる人もいます。

おそらく、前者は仕事に誇りを持つことができておらず、後者は仕事に誇りを持っているのでしょう。

どちらが幸せに見えるか考えてみると、後者の方が仕事を楽しんでいる様子を感じられ幸せそうに映ります。

このように、仕事に誇りを持てるか、持てないかによって仕事に前向きに取り組むことができるか、嫌々仕事をするかが大きく変わってきます。

誇りを持っている人ほど仕事を楽しく感じモチベーションが高く、成果も出しやすいほか仕事から得られる満足度も高い傾向があります。

一方、仕事に誇りを持てず毎日嫌々仕事をしている場合は、モチベーションが低下して成果につながりにくく、仕事に対する満足度も得にくいでしょう。

もちろん、中には仕事に誇りを持っていなくても成果を出している人はいます。そういった意味では仕事に対する誇りは絶対に必要だというものではありません。

とは言え、満足度にフォーカスした場合は、誇りを持っている方がやりがいや高い達成感を得られるといえます。

仕事に誇りを持つことができない理由

仕事に誇りを持つことができない理由

就職したときはうれしさとやる気に満ちていたのに、今は与えられた仕事をこなすだけで1日が終わる方は、仕事に誇りを持てていないのかもしれません。

就職時の情熱がいつの間にか消えてしまったと感じる方もいることでしょう。

ここでは、なぜ仕事に誇りを持つことができないのか、まずは理由から考えてみましょう。

誰でもできる仕事だから

誰でもできる簡単な仕事ばかりしていると、誇りを感じることは難しいです。

この仕事は自分以外に替えのきかない仕事だとか、自分ならではの仕事上のクオリティーの高さなどがあれば、次第に任される仕事が増えて誇りを持って働けるようになります。

周囲と比べることがないような誰でもできる仕事を続けている場合、ほかの人も同じ作業ができるし、自分がいなくても仕事が成り立つ感覚が芽生え仕事がつまらなくなっていきます。

また、仕事をするからには給料もできるだけ多くもらいたいものです。

そのためには周囲と同じ仕事や誰でもできる仕事ではなく、スキルアップやキャリアアップも考えていかなければなりません。

こうしたことからも、誰でもできる仕事に誇りを持つことはなかなか難しいでしょう。

劣等感を抱いているから

周囲の人に対して、あの人は仕事が速いな、あの人は難しい仕事もスムーズにこなせているな、などと羨ましい感情を抱いた経験がある人もいることでしょう。

はじめは尊敬の念でも、自信とのレベルの差を目の当たりにしたとき、劣等感を持つことは珍しくありません。

自分の仕事のレベルを低く感じ劣等感を抱いている場合、その人は仕事に誇りを持てていない可能性が高いです。

劣等感は多かれ少なかれ誰でも感じるものですが、周囲と比べてばかりではいつまでも仕事に誇りを持てるようになりません。

そうならないためにも、過去の自分と今の自分を比べて努力することが必要でしょう

興味関心がないから

誰もが自分のやりたい仕事に就けるわけではなく、希望とは異なる仕事に就くこともあります。

希望通りではなくても関連ある仕事に就けば、良い意味で割り切りながらも前向きに働くことはできるでしょう。

しかし、希望した仕事と全く関連がない仕事に就き興味関心を持てない場合は、仕事がつまらないためモチベーションも上がらないことが多いです。

この状態では仕事に対する誇りを持つことは期待できず、むしろこの仕事はだめだ、自分には合わないなどと辞める理由を探すようになります。

人によってはお金のために働き続けるケースもありますが、仕事に対して適当に取り組んでいれば誇りを感じることはできません。

仕事に誇りを持つためには?

仕事に誇りを持つためには?

誇りを持って仕事に取り組むためには、どんなことが必要でしょうか。

ここでは、仕事に誇りを持つために今後やるべきことをお伝えしていきます。

仕事の意味や目的を明確にする

仕事をする意味や目的は、自分の中で明確にしておくことが大切です。

上司に言われるがままマニュアル通りに仕事をするのではなく、意味や目的を理解することで自分の仕事が誰かの役に立っていることを実感できるようになります。

また、これらを理解することで今の仕事の改善点が見えてきたり、より良いアイディアが浮かんだりします。

やらされ感を持たない

仕事はやらされるものと捉えずに、自主的に行うものという意識を持つことが重要です。

社内では上司からの指示で動いたり、決められたタスクを行っていくことがほとんどですが、そんな中でも一つ一つのタスクに責任を持つことでクオリティの高い仕事ができます。

加えて、作業効率を上げるための工夫をしたり逆の視点で考えたり、相手やお客さまの立場になって自発的に行動すれば、周囲からの評価も高まり、仕事に誇りを持てるようになるでしょう。

全力で仕事に取り組む

仕事を最初から嫌なものだと決めつけ、適当にやり過ごすだけでは誇りはおろかやりがいなども感じることはありません。

どのような仕事であったとしても担当するからには全力で取り組むことで、仕事をする意味を自主的に考えて行動できるようになります。

たとえ、今の仕事が自分が望んでいたものと違ったとしても、現状を受け入れてまずはやってみることで自分の成長やスキルアップにつながります。

自分に自信を持つ

人間誰でも自分と他人を比較することがあり、時には他人の方が魅力的に映ることがあります。

ただ、他人の魅力を羨んでばかりでは自分の至らない部分を責めたり劣等感を抱いたりするだけで、自分にとってプラスにはなりません。

他人を羨ましく思ってもすごい人だなと思うだけに留めておき、それよりも自分の仕事と向き合って努力する方に意識をシフトしていきましょう。

日本人の多くは自分に自信を持てない人が多いですが、自信を持てるように取り組むことも大切です。

少しのことでも一つひとつ成功体験を積み、自分で自分を認めて成長させていきましょう。また、仕事上で他人に負けないスキルや知識を身に着けるのも良い方法です。

誇りの持てる仕事に転職する

今、自分の仕事に誇りを持てず毎日の仕事がつまらない人は、誇りを持てる仕事を探してみてください。

どんな業界・業種なら自分の能力を発揮できるか、他人と比較せずに前向きに取り組めるかを考え、その方法をピックアップしていきましょう。

自分の好きなことや興味関心のあることに関われる仕事でもいですし、未経験でもチャレンジできる仕事に転職するのも良い方法です。

次は、誇りを持って取り組めそうな業界・業種への転職について詳しく紹介するのでぜひ目を通してください。

誇りを持てる仕事に転職したいなら転職エージェントの利用を

誇りを持てる仕事に転職したいなら転職エージェントの利用を

仕事に誇りを持てないのは、仕事に対する考えや働き方などいくつか理由があります。

ですが、誇りを持てない仕事をずっと続けても毎日に張り合いがなくつまらない日々が続きます。

将来的に誇りを持てる仕事をしたいなら、転職することを考えてみてください。

その際、1人で転職活動をするのは時間や労力がかかるため、さまざまなサポートを受けられる転職エージェントに相談しながら進めることをおすすめします。

転職エージェントは転職のプロであり、あなたの希望を考慮して誇りを持って働ける企業を紹介してくれます。

転職のことなら何でも相談できるほか、転職後のミスマッチの可能性を下げることにも貢献してくれるとともに、手厚いサポートを受けられることが特徴です。

転職エージェントは、転職活動には欠かせない書類作成の代行や面接の練習・スケジュール管理や企業との給与交渉など、転職活動全般をサポートしてくれます。

働くなら誇りを持てる仕事をする方が毎日を充実させることができますし、転職エージェントを利用すればそのような企業で働ける可能性を高めることができます。

また、転職エージェントの利用料は一切無料なので、まずは試しに相談だけでもしてみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)