頭が悪い人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

あなたは周りの人に対し、「学歴はいいのにこの人ちょっと頭悪いなぁ」と思ったことはありませんか?

もし思ったならば、なぜ頭が悪いと思ったかを考えたことはあるでしょうか。

おそらく、頭が悪いと思った原因はその人の特徴や話し方によるものだと思います。

では逆に、あなた自身は「頭が悪くない」と自信を持って言えますか?

今回は、頭が悪い人の特徴や話し方の例を紹介します。

もし当てはまるものがあったら、あなたは周囲に「頭が悪い」と思われているかもしれません。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

頭が悪いとどんなデメリットがあるか

頭が悪いよりは、良いと思われたいものです。

頭が悪いと思われてしまうと(それが本当にそうであってもそうでなくても)、仕事ではなかなか信頼されず、責任ある仕事もなかなか任されないし、出世もできないなんてことも起きます。

頭が悪いと思われるあまり、周囲から冷ややかな目で見られてしまうかもしれません。

ただ悪いことばかりではなく、上手く使うと頭が悪い人ということが、愛嬌があるなんてつながったりすることもあります。

その為、本当に頭の良いしたたかな方は使い分けたりもします。

ただ、そこは意図的に使う必要があります。単に頭が悪いだけだと、損してしまうことのほうが圧倒的に多いです。

頭が悪い人の特徴や話し方

頭が悪い人の特徴や話し方の紹介していきましょう。

頭が悪い人の特徴①:すぐに聞く

自分で調べるということをせずに、なんでもかんでも聞く人がいます。

調べる努力をしません。

もちろん、調べてみてもわからない場合や調べる前から、絶対に調べてもわからないとわかっているものについては、時間の効率化を考えても早めに聞く決断をすることが大事です。

しかし、頭の悪い人は、すぐにわかることでもなんでも聞きます。

聞かれた側は、調べればすぐにわかるのに…… と思ってしまいます。

こういった方は、とにかくまず自分で調べる努力をしなければなりません。

頭が悪い人の特徴②:何度も同じことを聞く

二度までなら許せます。しかし、なかには三度も四度も同じこと聞くという方がいます。

これでは頭が悪いと思われてもしょうがありません。

何度も聞く原因として、

  • 聞くときに集中できていない
  • 自分ごととしてとらえていない
  • メモをとっていない、取り方が悪い
  • 説明された内容を理解できないまま終わっている

といったことが考えられます。

聞いた時には、話の途中で勝手に結論をださず最後まで聞くこと、理解することに集中し、自分ごととして捉え、情報量が多くなる場合は特にメモを適切にとるようにしましょう

また、頭が悪い人の特徴①であげた「すぐ聞く」ということをしている場合も、何度も聞くことが多いです。

自分で調べるという行為は、たとえ答えまでたどり着けなくても周辺情報の知識を理解することができ、教えてもらったときに理解しやすく、自分のものにしやすいからです。

頭が悪い人の特徴③:会話の流れが読めない

会議などの場面で、話の流れや本題と関係ない話をする人がいます。

これは、頭が悪いことを露呈するだけではなく、会議の時間を長引かせ、相手の時間を奪うという行為につながってしまいます。

この原因は以下のことが考えられます。

  • 自分の知識を話したい
  • 話している内容を理解できていない、勘違いしている

会話をしている時はできるだけ理解するようにつとめ、また話す必要の有無をしっかり理解した上で話しましょう。

頭が悪い人の特徴④:すぐ感情的になる

すぐ感情的になり、いらいらを全面に押し出す方は頭が悪いと周囲に思われてしまいます。

場面にもよりますが会社生活の多くの場合、感情的に怒りを表してもいいことはありません。

叱るということも時には必要ですが、その時も頭は冷静でいなくてはなりません。

部下や後輩がミスをしたとき、あなたはついつい感情的になってはいませんか?

頭が悪い人の特徴⑤:優先順位を考えない

仕事であれ、何であれ、物事には優先して行うべきものとそうではないものがあります。

頭が良い人は状況を考え、優先順位を考えますが、頭が悪い人は優先順位を考えずに、とりあえず手あたり次第やったり、自分がやりやすいものからやっていく傾向があります。

これでは、仕事も上手くまわせません。

頭が悪い人の特徴⑥:人のせいにする

何かあると、誰かがそう言ったから、人に言われた通りにやっただけ、というように人のせいにばかりする方がいます。

ただ、それは自ら、自分では何も考えていませんと言っているようなもので、いくら指示されたからと言っても、常に自分で考える癖はつけなくてはなりません。

頭の悪い人の話し方①:「あのー」や「えーっと」が多い

頭が悪い人の話し方として言葉の最初に「あのー」や「えっとー」が多いことがあげられます。

考えがまとまっていないうちに話していることが原因で、話しながら考えているためです。

頭の回転が早く、考えながら話すことに慣れている方であればいいのですが、慣れていないのであれば考えをまとめてから話しましょう。

しかし、考えながら話さなくてはならない場面は多くあります。

その為、頭の回転を早くする訓練、考えながら話すための訓練は必要です。

頭の悪い人の話し方②:必要のない知識まで話す

会話の中で、わざわざ言う必要のない知識まで話す方がいます。

知識があることを示したいと考えているためです。

無駄な知識までひけらかすことは相手に不快感を与えますのでやめましょう。

また、過去の栄光や自慢もNGです。

頭の悪い人の話し方③:聞かれたことを答えるまでに時間がかかる

質問されたことに対し、やたらと前提を話し出したりして、なかなか答えを言わない方がいます。

自分の中では、色々と考えているかもしれませんが、質問した方にとっては煩わしい場合が多いです。

まずは質問に対して回答をし、補足があるならその後で、相手の反応を見ながら話をしなくてはなりません。

頭の悪い人の話し方④:相手のレベルに合わせて話ができない

特に仕事の場面では、相手のレベルに合わせて会話することが求められます。

前提を知っている人であれば、前提を話すと煩わしいし、逆に前提を知らない人にいきなり深い話をしても理解されません。

マイナスの印象はコミュニケーション能力が原因

「頭が悪い」印象があるというのは、多くの場合が悪印象と同じ意味を持っています。

人との付き合いをスムーズなものにするには、「頭が悪い」という印象を与えないようにするのが大事ということです。

そのためにはコミュニケーション能力が重要な役割を果たします。

人と話をして相手を賢いと思うかどうかというのは、どのようにして相手に意思を伝えるかがものを言います。「頭が悪い」というワードから受け取るような知識の多さと少なさは重要ではありません。

つまり、「頭が悪い」と思われないようにするには、「話がわかる」と周囲に評価されるようにするのが大切です。

「話がわかる」と評価されるコツ

それでは、話をしている相手に「この人は話がわかる」と評価されるにはどのようにするべきかというと、いくつかのコツを覚えることです。

「話がわかる」と評価されるコツ①:相手の話の要点を意識する

人と人とが会話をしている際、ただなんとなく聞くのではあまり効果がありません。

特に真剣に話を聞いていないというのは伝わってしまうものですし、それに対する言葉も適当ではないものになってしまいます。

そのため、相手が話をしている間は、とにかく話のメインが何なのかを注意して聞くようにしましょう。

「話がわかる」と評価されるコツ②:相手を尊重する

要点を意識するには、相手の考えと背景を理解しておく必要があります。

それには誰が何を大事にして、何を伝えたいのかを理解するこができるように、相手のことを尊重しなければなりません。

また、相手の話に口を挟まずに最後まで聞くというのも重要ですので、意識するようにしましょう。

「話がわかる」と評価されるコツ③:客観的な目線を意識する

話をする場合、常に自分の考えを話すようにするものですが、同じくらいに大切なのが客観的な視点です。

相手の話を聞き、こちらの考えを話す場合にも、聞いた話と話す内容が外からはどう見えるのかというのを意識しましょう。

自分と自分を見つめる誰かの存在の両方を意識するのが大切です。

「話がわかる」と評価されるコツ④:感情的にならないようにする

自分の心に正直になるというのは重要なことですが、それを隠すことなく表に出し続けているというのは、必要以上にわかりやすくて下に見られる結果につながります。

また、相手の話に感情的になって話をしてしまうと、相手よりも自分の都合と感情を優先すると思われてしまいます。

そのため、どんな話だろうと基本は感情的にならないようにして、相手が望む返答を出せるように冷静でいるのが大切です。

「話がわかる」と評価されるコツ⑤:要点を話す

自分を良く見せようとするとやりがちなミスですが、話を不必要に長くしてしまうと相手にこちらの意思・意見が伝わりにくくなってしまいます。

話をまとめられないというのは話下手に受け取られてしまいますし、「話がわからない」と見られて悪印象につながる危険もあります。

相手と話をする際には、主語と述語を意識して短くするように心がけ、とくに「誰が何をした」における「何をした」の部分に重点を置くようにしましょう。

「頭が悪い」は訓練で治る

頭が悪い人の特徴や話し方はを紹介しましたが、あてはまるものはありませんでしたか?

もちろん、紹介した内容を実施することに対する容易さは、人の能力、経験によって変わってくることは事実です。

しかし、訓練次第で改善することは可能ですし、日々の意識によって変わります。

ゆえに、まずは自分の「頭が悪い」という要素をしっかり、自覚することが大事となります。

また、自分を客観的な視点で見ること大事なことです。

上手く仕事が進まないのは今の仕事や職場が自分に合っていない可能性も

仕事をしていて相手と上手く話ができず、相手に「頭が悪い」と受け取られてしまうと、「何をやっても上手くいかない。自分は頭が悪いのかもしれない」と考えてしまうかもしれません。

しかし、相手に悪印象を与えてしまうのは、必ずしも自分だけの責任というわけではありません。

話が通じる通じはないは相性というものも、どうしても重要になってしまいます。

職場の誰と話をしても、「頭が悪い」と思われてしまうのであれば、職場や仕事内容が合っていない可能性があります。

職場・仕事というのは一種の生き物なため、自分の性格などを分析し、自分に合っている仕事はこれでいいのか、何が合っている仕事なのかというのを考えることも非常に重要です。

もし、仕事に不満がある人は早いうちに転職をすることをおすすめします。

最近は転職支援サービスも充実していますので、ぜひ積極的に活用しましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


転職サイト|転職エージェント

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。