頭が悪いと思われてしまう人の特徴や話し方。当てはまっているならすぐ直そう。

あなたは、周りの人に対して「この人ちょっと頭悪いなぁ。」と思ったことがありませんか?

もしあるとしたら、なぜ頭が悪いと思ったのか、その理由まで考えたことはあるでしょうか?

おそらく頭が悪いと思った原因は、その人の学歴などではなく、特徴や話し方にあります。

例えば、「この人の話には主語がないから、会話が円滑に進まないんだよなぁ。」「学歴は高いのに、どうしてこんなに話が通じないんだろう。」といった感じですね。

今回は、頭が悪いと思われやすい人の特徴や話し方の例を紹介します。

もし当てはまるものがあったら、あなたも周囲に「頭が悪い」と思われているかもしれません。ぜひ改善していきましょう。

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

頭が悪いと思われることのデメリット

頭が悪いと思われることのデメリット

本当に頭が悪いのかどうかは関係なく、周囲から「頭が悪い」と思われてしまうことにはデメリットが多いです。

例を挙げればキリがありませんが、その中でも説明や会話が下手だと思われてしまい、周囲からの信頼を得られないのは大きなデメリットといえるでしょう。

というのも、周囲から信頼されていないから、責任ある仕事を任されない。責任ある仕事を任されず実績を残せないから、出世できない…といったように、出世の可否にまで繋がってきてしまうのです。

他にも、周囲から冷ややかな目で見られてしまったり、後輩から舐めた態度を取られてしまったり…なんてこともあるかと思います。

頭が悪いと思われるだけで周囲からこれだけの仕打ちを受けるなんて、そんなに悔しいことはないですよね。

もちろん頭が悪いと思われていることを上手く使えば、「愛嬌がある」「ちょっと抜けてて親しみやすい」などの好印象に繋がることもあります。

しかし、それができるのは本当に頭の良いしたたかな方だけ。そうでないのであれば、頭が悪いと思われないようにした方が、何倍も得です。

説明や話が下手な人は頭が悪いと思われる?頭が悪いと思われてしまう人の特徴や話し方

説明や話が下手な人は頭が悪いと思われる?頭が悪いと思われてしまう人の特徴や話し方

ここでは、頭が悪いと思われる人の特徴や話し方を紹介します。

自分に当てはまっていないか、ぜひチェックしてみてください。

頭が悪いと思われてしまう人の特徴

まずは、頭が悪いと思われる人の特徴から確認していきましょう。

①自分で調べず、すぐ人に聞く

調べても分からなかった時や、分からなさそうなものについては、自分ひとりで悩み続けるのではなく、早めに先輩社員に質問することが大切です。そのまま一人で悩んでいても解決しませんからね。

しかしそれは、あくまでも「調べても答えが出なかったか、出なそうな時」だけ。

調べればすぐに分かることなのに、何でもかんでも人に聞いているようでは、頭が悪いと思われてしまっても仕方ありません。

聞かれた側は時間を使って質問に答えるわけですから、とにかくまずは自分で調べる努力をしましょう。

そして、自分なりの答えを持ったうえで質問することを徹底していけば、頭が悪いという印象も払拭できると思います。

②何度も同じことを聞く

同じことを聞いても許されるのは、二度まで。

三度も四度も同じことを聞いているようでは、頭が悪いと思われてしまうのも当然でしょう。

ちなみに、何度も聞く原因としては以下のようなものが挙げられます。

  • 聞くことに集中できていない
  • 説明された内容を理解できないまま終わっている
  • メモを取っていない、メモの取り方が悪い

これらに心当たりがある方は、話の途中で勝手に結論を出さずに最後まで集中して聞くこと、理解できないところがあったらその場ですぐに質問すること、そして常にメモを適切に取ることを徹底してくださいね。

そうすれば、何度も聞く必要はなくなると思います。

また、先ほど挙げたように「自分で調べて、自分なりの答えを持ったうえで聞く」ことも効果的でしょう。

自分で調べることで、ある程度の周辺情報を理解できますので、教えてもらった時の理解度はグッと上がると思います。

③会話の流れを掴めない

会議などの場面で、話の流れや本題と関係ない話をするのは、頭が悪いことを露呈しているようなものです。

関係ない話を挟みすぎて本題が全く進まず、会議の時間を長引かせてしまった…そんな経験がある方は、相手の時間を奪っていることを自覚しましょう。

会話の流れを掴めない原因は「主題を勘違いしているから」か「自分の知識を話したくて仕方ないから」であるかと思います。

思い当たる節のある方は、会話の内容を理解することに集中し、発言をする際には今話す必要のある事柄かしっかり考えることが大切です。

④すぐ感情的になる

部下や後輩がミスをした時、ついつい感情的になってはいませんか?また、感情的に叱ったせいで、彼らを委縮させてしまったことはありませんか?

もしこれらに心当たりがある方は、周囲から頭が悪いと思われているかもしれません。

社会人生活を送る中で、感情的になっても良いことはほとんどありません。ですから、常に理性を持って冷静でいることを心がけましょう。

部下や後輩がミスをした際にも、怒り任せではなく、冷静に何がいけなかったのかを伝えてください。「今回がここがいけなかったから、次からはこうしよう。」と彼らのタメになる時間としましょう。

⑤優先順位を考えずに行動する

仕事であれ、何であれ、物事には優先して行うべきものとそうではないものがあります。

限られた時間でこなせる量は大体決まっているので、状況を踏まえて、優先順位を付けて行動することはとても大切なのです。

それなのに、とりあえず手あたり次第手を付けたり、自分がやりやすいものから手を付けていたりする人は、頭が悪いと思われても仕方ありません。

納期に間に合わせる、ノルマを達成する。そのためには、優先順位を考えて行動することが必要不可欠です。

⑥すぐ人のせいにする

何かあるとすぐに、誰かがそう言ったから、人に言われた通りにやっただけと人のせいにするのも頭が悪いと思われる人に多い特徴です。

すぐ人のせいにするのは、「自分では何も考えずに、仕事をしている」と言っているようなものです。

いくら指示されたことをこなしただけであっても、それを良しとして実行したのはあなた自身。それを肝に銘じて、その指示が正しいのかどうかを常に考えて仕事をするようにしましょう。

頭が悪いと思われてしまう人の話し方

続いては、頭が悪いと思われてしまう人の話し方を確認していきましょう。

①とにかく早口で話す

とにかく早口で話す人は、頭が悪いと思われてしまいがちです。というのも、どれだけ良いことを言っていても、相手に伝わらなければ全く意味がないからです。

学生時代に受けていた授業を思い出してみてください。

早口すぎて何を言っているのかが分からない…そんな先生はいませんでしたか?そして、そんな先生を周りはどう評価していたでしょうか?

きっと、聞き取れない授業を展開する先生は良い評価を受けていなかったことでしょう。そしてこれは、どんな職業に就いている方にも共通しています。

あなたがどれだけ時間をかけて準備をしても、商談相手が聞き取れない速度で話しているようでは意味がないのです。

早口で話しすぎてしまうだけで、相手に効果的に伝わる方法を分かっていない頭の悪い人だと評価されてしまうかもしれません。

また、どうしたら相手に効果的に伝わるのか、それを常に意識して話すようにしてください。主語がない、専門的な言葉を多用している、といったことのないようにしましょう。

②「あのー」や「えっと」が多く、口下手

頭が悪いと思われがちな人の話し方として、言葉の最初に「あのー」や「えっと」が多いことが挙げられます。

これは、考えがまとまっていないうちに話し始めてしまうことが原因です。話しながら考えていると、「あのー」や「えっと」という言葉を使って時間を稼ぎたくなりますからね。

もし、考えながら話すことに慣れていないのであれば、考えをまとめてから話すことを意識しましょう。

とはいえ、考えながら話さなくてはならない場面も多くあります。そのため、頭の回転を早くする訓練、考えながら話すための訓練も必要です。

③自身の知識をひけらかしがち

会話の中で、しきりに自身の知識をひけらかしてしまうのも、周囲から頭が悪いと思われる人に多い話し方です。

会話の内容に関係ない無駄な知識までひけらかすことは、相手に不快感を与えるだけなのでやめましょう。相手が聞きたいのは、話の本題です。

また、過去の栄光や自慢話もNGです。相手の時間を頂いて話を聞いてもらっているということを忘れないでくださいね。

④聞かれたことに答えるまでに時間がかかる

質問されたことに答えるまでに時間がかかるというのも、頭が悪いと思われがちな話し方です。

質問者が欲しいのは、質問に対する簡潔な回答だけ。

それなのにやたらと前提を話し出したりして、なかなか答えを言わないのは相手を困らせてしまうだけなのでやめましょう。

また、すぐに答えが出せないようなら、正直にその旨を伝えてOKです。少し時間を貰って、明確な回答を用意してくださいね。

ちなみに、伝えたいこと全てを一回で伝える必要はないということも覚えておいてください。自分の回答に対する相手の反応を見て、足りないところを補足していけばいいのです。

⑤相手のレベルに合わせたコミュニケーションがとれない

特に仕事の場面では、相手のレベルに合わせてコミュニケーションをとることが求められます。

背景を知っている人に、再び背景から話をすると煩わしいですし、逆に背景を知らない人にいきなり本題から話しても理解されませんからね。

それができないと、頭が悪いと思われることも増えてしまいます。

ですから、相手がどの程度理解しているのかを把握してから話し始めることは徹底しましょう。

頭が悪いと思われる原因はコミュニケーション能力の低さ

周囲から「頭が悪い」という印象を抱かれることは、基本的に避けるべきです。頭が悪いと思われることのデメリットはかなり大きいですからね。

そこで重要になってくるのが、コミュニケーション能力です。

俗にいう「頭が良い人」は、学歴が良いとか勉強ができるといったことで判断されているわけでありません。コミュニケーション能力が高く、相手と円滑なコミュニケーションが取れることを評価されているだけなのです。

つまり、「頭が悪い」と思われないようにするには、コミュニケーション能力が高く、適切なコミュニケーションが取れる人だと周囲に評価されるようにすれば良いということです。

「頭が悪い」というイメージを払拭するためのコツ

「頭が悪い」というイメージを払拭するためのコツ

「頭が悪い」と思われないようにするためには、コミュニケーション能力を高めることが重要です。

そこで、ここではコミュニケーション能力を高めるためのポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

①相手の話の要点を押さえる

人の話を聞く際、ただ何となく聞いているだけでは内容が頭に入ってこないのも当然です。業務に関することなど、少し難しい内容であれば特にでしょう。

そこで心がけてほしいのが、相手の話の要点を抑えようと意識しながら聞くことです。

「この人は結局何が言いたいんだろう?」「この話で押さえておくべき内容はどこだろう?」と考えながら聞くだけで、集中力はグッと高まります。

集中して話を聞くだけで理解度も上がりますので、頭が悪い人の特徴として挙げられていた「何度も同じことを聞く」「会話の流れが掴めない」といったことは格段に少なくなるでしょう。

②相手を尊重する気持ちを忘れない

円滑なコミュニケーションをとるためには、相手が話しやすいように適切な相槌を打つ、話の途中で口を挟まず最後まで聞くといった配慮が必要不可欠です。

相手もせっかく時間を割いて話してくれているわけですから、相手を尊重する気持ちを忘れないようにしましょう。

③客観的な目線を意識する

相手の話を聞いたり、こちらの考えを話したりする際に客観的な視点を意識してみるのも、頭が悪いというイメージを払拭するのに有効です。

自分と自分を見つめる誰かという両方を意識することで、相手の話を聞く姿勢や自分の話し方を見つめ直すことができます。その中で見えてきた反省点を改善していけば、確実に頭が悪いと思われることは減っていくでしょう。

④感情的にならないようにする

自分の心に正直なのは悪いことではありませんが、相手の話に対して感情的になってしまうのはやめましょう。

感情的になってしまっても、相手を委縮させてしまうだけです。

ですから、どんな話だろうと相手が望む返答を出せるよう、冷静でいるのが大切です。

⑤要点をまとめて話す

意見を発信する際は、要点をまとめて話すことを徹底しましょう。

というのも、必要以上に長く話してしまうと、この人は説明下手だな、口下手だなという印象を与えてしまう可能性が高いのです。そういったイメージは「頭が悪い」というイメージに直結するものですので、気をつけてくださいね。

とにかく主語と述語を明確にし、「誰が何をした」における「何をした」の部分に重点を置くようにしましょう。

頭が悪いと思われてしまうのは、今の仕事や職場があなたに合っていないからかも

頭が悪いと思われてしまうのは、今の仕事や職場があなたに合っていないからかも

頭が悪い人の特徴や話し方はを紹介しましたが、当てはまるものはありましたか?

もしあった方は、今日からでも紹介したコツを実践してみてください。

「頭が悪い」というイメージは、訓練次第でいくらでも改善できますので安心してくださいね。

また、職場の誰と話をしても「頭が悪い」と思われてしまうのであれば、職場や仕事内容が合っていない可能性があります。

心当たりがある方は、今の自分の性格などを改めて分析し、今の仕事は自分に合っているのか、今の職場の人と自分の相性が良いのかなどを改めて考えてみると良いでしょう。

そして、もし今の職場や仕事内容が自分に合っていないと感じた人は、早いうちに転職することをおすすめします。

自分に合った企業への転職には転職エージェントの利用がおすすめ

ちなみに、自分に合った企業に転職するためにおすすめしたいのが、転職エージェントを利用して転職活動を進めることです。

転職エージェントは、あなたの特性を生かして活躍できそうな企業かをしっかり考慮して、あなたに合いそうな企業をピックアップして紹介してくれます

エージェント側も「紹介した企業に長く勤めてほしい」という気持ちがかなり強いので、彼らを信頼してあなたの今の気持ちを正直に伝えてください。

また、彼らは多くの転職者を支援してきた経験から企業側の採用条件を熟知しています。そのため、あなたの希望条件を叶えられる企業を紹介してくれるでしょう。

転職エージェントを利用することで、自分一人で転職活動をするよりも格段に効率よく優良企業に転職できると思いますので、ぜひ積極的に利用してみてください。

ちなみに利用料はかかりませんので、「一度使ってみようかな…?」くらいの気持ちで、ぜひ気軽に登録してみてくださいね。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)