あなたの周りに、やたら仕事のできる人はいませんでしょうか。

その人がたまたま天職に巡り合っただけと片付けてしまえば簡単ですが、もしかしたらあなたも彼らに近づけるチャンスがあるかもしれません。

仕事ができないと悩んでいるなら、まずは仕事ができる人とできない人の違いを理解することから始める必要があります。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

行き当たりばったりで仕事をしていませんか?

仕事ができないと悩んでいるあなたへ、行き当たりばったりで仕事をしていませんか?

何事も行き当たりばったりでは軸も方向も定まらず、いつまでも同じことをくり返したり逆戻りしてしまったりすることになります。

仕事に限らず、目標や計画を立てるのはとても大切なこと

たとえば「3㎏ダイエットする」という目標を決めたとしましょう。そうすれば筋肉を鍛える、脂っこいものや甘いもの控えるなどの計画が自然と立ちますよね。

仕事も同じで、やみくもに目前の進めていては伸びしろがあっても自らその機会を逃しているといえます。

仕事ができる人・できない人の4つの違い

できる人とできない人の違いを事細かに挙げるとキリがないので、大まかに4つの項目へまとめました。

1.同じミスを繰り返さないか

1つ目は、成功した点・失敗した点を振り返って分析できるかどうかです。

成功を「経験」として自分の辞書に収めれば今後の仕事へも活かせますし、失敗は繰り返さないよう工夫すれば克服ができます。

特に重要なのが失敗の分析頭を下げて謝ることだけなら誰にでもできますが、それを糧にして次のステップに進むには努力が必要です。

仕事のできる人は、たとえば注意されたことをメモしておく、それを常に目につく場所に置いておくなど、同じことを繰り返さない工夫をすることができます。

2.仕事を飛ばせるか

ここでの「飛ばす」という意味は、いま何が必要で何を省くべきかを判断できる力を指します。

たとえば優先順位を立てて納期に間に合うよう進めたり、煮詰まったときに他の仕事に切り替えて、自分の機嫌を取りながらモチベーションを保てるかといったところです。

その他にも、必要のない仕事を断ることも含まれます。

また、できる人は完璧にこだわり過ぎず、ある程度のところで割り切って全体のバランスを取ることも上手です。

3.自分事だと思えるか

他人の失敗を笑うか、それとも今回はたまたま自分ではなかっただけで他人事には思えないと捉えられるか、ここでも大きな差が生まれます。

自分の失敗ではなくとも同じ会社の失敗であることに変わりはなく、状況が少し違えば自分事になっていたかもしれません。

また、できる人は自然と上司や成功している人から知恵を得ていることも多いです。

4.仕事を持ち帰らないか

持ち帰りを前提に働いている人は、いつまでも効率が上がらずダラダラと仕事を進めがちです。

それに仕事を家に持ち帰ることは、自らプライベートの時間を削るということ。プライベートの時間が少なくなれば睡眠時間も短くなり、おまけにストレスも蓄積するので何一つ良いことがありません。

もちろん、できる人でも納期の近い仕事やトラブルがあれば持ち帰ることがあるかもしれませんが、大抵は重要なことを最初に終わらせておき、支障の出ないように業務のやり繰りをします。

今すぐ取り入れたい「できる人」の習慣

では、仕事ができない人はどのように工夫すれば「できる人」に近づけるのでしょうか。今すぐに取り入れられる6つの習慣を学んでいきましょう。

1.見た目を清潔にする

何事も第一印象は大事です。髪がぐちゃぐちゃになっていないか、汚れた靴を履いていないか、スーツを着用するならシャツに皺が無いかなど、目につきやすい部分に気を遣うだけでも周囲への好感度はアップします。

不快感を感じるような見た目は、あなたへの距離も、良い仕事への距離も遠ざけてしまうのです。

2.デスク周り・デスクトップを整理整頓する

デスクに書類が散らばっていたり、デスクトップに無駄なアイコンがずらっと並んでいるあなた。必要なものを「探す」作業だけで時間が取られていませんか?

「探す」という行動は仕事に取り掛かるまでの時間を遅くさせるだけでなく、大事な書類やデータを紛失するリスクもあります。

また、デスク周りが整っていると1つ目に挙げた「見た目」にも直結するので、こまめな整理整頓は一石二鳥だといえます。

3.返事・返信はできるだけ早くする

プライベートでも、LINEや電話の応答が遅いと嫌な気分になりますよね。友人や恋人同士ならケンカ程度で済みますが、仕事になるとそうはいきません。

大事なメールや電話を後回しにしたことで会社全体の問題やクレームになってしまうなど、他人を巻き込んだり自分の価値を下げたりすることにつながります。

レスポンスの速さは信頼度の高さといっても過言ではありません。もちろん早ければ良いとはいえ、確認もせず適当な返事をしてはダメですよ。

4.睡眠時間はしっかり取る

単純だけれどなかなかできないのが、良く寝ることです。日本人は忙しいほど睡眠時間を削ろうとする傾向が強く、2021年の「世界睡眠調査」では「睡眠に満足している」と回答した日本人が29%と13ヵ国の中で最下位でした。

睡眠時間が減ると仕事のパフォーマンスも落ち、体調管理も難しくなります。流行りのASMR(心地のいい、癒しの音声)などを聞きながら、7~9時間の十分な睡眠を取るように心がけましょう。

5.最低限のコミュニケーションを怠らない

感謝や挨拶を忘れない、わからないことは質問するなどの最低限のコミュニケーションは「言葉の身だしなみ」ともいえます。

いくら個人に仕事が割り振られているとはいえ、やはり会社は組織です。人間関係の良し悪しは仕事のクオリティに関係します。

また、話しかけられたときや会議の時など、人の目につく時だけも笑顔でいてみましょう。

笑顔にはとてつもない効果があり、脳が活性化して記憶力や思考力が上がったり、話す相手にも笑顔が広がったりするメリットがあります。

6.優先順位をつけて行動する

前述した「仕事を持ち帰らないか」でも触れたように、行き当たりばったりで仕事をしていてはいつまでも成長に結びつきません。

まずは納期や緊急性を意識しながら、今日中に必ず終わらせるものとそうでないものを仕分けて、1日のスケジュールを立てていきましょう。

ただし、初めからみっちり組んでしまうと未達成ばかりになり兼ねないので、最初は余裕をもって計画し、徐々にその隙間を埋めるようにしていくことをおすすめします。

できすぎることが良いとは限らない?

ここまで「できる人」を手本として違いや真似をしたい習慣を述べてきましたが、ここからは少し視点を変えてみましょう。

もし、どんな仕事でも完璧にこなしてくれる人が身近にいたらどうなるでしょうか。

できる人にはみんな頼ろうとして、あれもこれもと仕事が殺到するでしょう。

難しい仕事、責任感のある仕事ほど任されるようになり、誰よりも緊張感や疲労を感じて仕事をしなければいけないかもしれません。急にトラブルに駆り出されることもあれば、常に期待に応えることを要求される可能性もあります。

つまり、できる人が必ずしも得をするとはいえないのです。

機械でさえ、酷使すれば壊れてしまうもの。できる人に近づきたいからと言って、常に100%がんばり続けることはおすすめできません。それよりも、60~70%のパワーを維持し続けることの方が、自分のためになるといえます。

成果を評価されない職場では要注意

上記のような状態でも、正当な評価や報酬が貰えていれば文句は無いという人もいるでしょう。

しかし、これが人をモノのように扱う職場だと、さらに損をしてしまうリスクがあります。

たとえばクレームが来たらとりあえずできる人のところに回される、個人の仕事量がまったく把握されておらず山積みになっていくといった状況です。

このような会社では、仕事ができる=自分を苦しめることにつながり、せっかく頑張ろうと思っている自分を台無しにしてしまうことになります。

もし職場環境に不公平さを感じているならば、転職をして相応な待遇が受けられる職場へ移動すべきです。

今からでも「できる人」は目指せる

今日、あなたができる人とできない人の違いを知ったことは間違いなく大きな一歩です。

でも、さらに「知る」と「やる」ではもっと大きな違いが生まれます。

いきなり全てをやろうとするのは大変なので、まずはこれならできそうだと思うことから少しずつ実践してみてください。

もちろん、元々の性格が仕事の出来に直結することもあるので、あまり人と比べすぎて思い詰める必要はありません。

あなたはあなたらしいスタイルで、自分の目指せる「できる人」を実現してきましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)