仕事を家に持ち帰ってはいけない3つの理由

やらなくては行けない仕事が終わらない。そんな時、家に仕事を持って帰った経験はありませんか?

特に週末。やりきれなった仕事を休日になんとかしようとついつい持ち帰ってしまう。

本来であれば、仕事は会社でするものであり、プライベートとはっきり分けるべきです。

しかし、なかなか上手くいかないもの。

ただ、仕事を家に持って帰るということに慣れてしまうのは絶対にNGです。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:中間管理職は残業が出ないのが当たり前?名ばかり管理職に要注意!!

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

家では仕事効率が落ちる

家で仕事をしようと思っていても、自宅には誘惑がたくさんあります。

テレビやゲーム、パソコンなどなど。

仕事をやろうと思ってもついつい手がのびてしまう。

特に自宅では、上司や同僚といった他人の目も無い為、だらけ放題です。

その結果、テレビを見ながらなどだらだら仕事をしてしまう。

本来であれば1時間程度で終わるような仕事であっても、テレビを見ながら行っていると2倍も3倍も時間はかかってしまいます。

しかし、仕事を終えるとどうでしょう。

「3時間もかかった・・・」という多大な疲労が残ってしまいます。

会社での仕事効率が落ちる

仕事を家に持ち帰ることに慣れてしまうと、

「まあ家でやればいっか」という考えを持ってしまいます。

時間の制限がなくなってしまうのです。

時間はいくらでもあると勘違いし、ダラダラと仕事をしてしまうという結果につながってしまいます。

本来なら就業時間で終わらせることができる仕事でさえも、終わりません。

また、休日など休むべき時にしっかり休めていない為、疲労は常に残りっぱなし。

これでは集中力がもちません。

仕事効率は格段に落ちるでしょう。

機密情報流出の恐れが大きい

家に仕事を持ち帰るということは、機密情報を会社から持ち出すということです。

持ち出すということはリスクが増えます。

かばんの紛失等での機密情報の流出はたまにテレビでニュースになっていますね。(特に個人情報)

また、自宅のパソコンを使用する場合、ウイルスが絶対に入っていないと断言できますか?

会社のパソコンに比べ、個人が所有しているパソコンというのはリスクが断然大きいのです。

法律違反

そもそも家に持ち帰って仕事するということはサービス残業です。

それは労働基準法違反。

最近はブラック企業が多く、守っていない会社も多いですが、守らなくてはなりません。

労働者側としても守る意識が必要です。

労働基準法を守らない会社は、早期に抜け出すべきです。

最後に

家に仕事を持ち帰る必要性があるのは、それぞれ色々な事情があるとは思います。

もちろん、それが仕方ない場合もあると思います。

ただ、できるだけ少なくすることは必要です。

仕事を持ち帰ることでだらだら仕事をして時間をかけるくらいなら、

さっさと終わらせて、あとは好きなことに時間を費やしたほうが絶対いいですよね。

まずは持ち帰らないという意識を持って仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連:仕事でミスばかり。ミスを連発する前にやるべき7つのこと。

関連:仕事を辞めたい、会社に行きたくないと思ったらまずチェック。理由と対処法。

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月


転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。