客観的に考えるということ。主観的に考えるということ。

人と関わっていく上で客観的に考えるということは非常に大切です。

ただ、時には主観的に考えるということも大切です。

ではそもそも客観的とはどういうことでしょう。

主観的とはどういうことでしょう。

それぞれの区別を明確にしましょう。

おすすめ記事:論理的思考を鍛えるトレーニング方法。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

主観的と客観的、それぞれの意味

主観的とは何か、客観的とは何か。まずはそれぞれの言葉の意味を理解しましょう。

主観的とは

主観的とはどういった意味でしょうか。

goo辞書によれば、

  1. 表象・判断が、古語の人間や、人間間の心理的性質に依存しているさま。
  2. 自分ひとりのものの見方・感じ方によっているさま。

客観的とは

客観的とはどういう意味でしょうか。

goo辞書によれば、

  1. 主観または主体を離れて独立に存在するさま
  2.  特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。

客観的と主観的

主観的は、自分が考えるままに物事を捉えること。

客観的は、自分の考えに依存せずに、物事を捉えること。

主観的に考えるということは、自分の考えのまま考えること。

客観的に考えるということは、自分以外の考えや事実をもとに考えること。

客観的に考えることと主観的に考えることの大切さ

それぞれに大切さがあります。

客観的に考えることが大事なのは当たり前

仕事でプレゼンテーションをする時を考えてみましょう。

相手に理解してもらう、納得してもらう為には、自分の視点に立っていてはいけません。

誰が見ても正しいデータを使い、誰が見てもわかりやすい資料をつくる必要がある(対象となる相手のレベルにあわせる必要はありますが)。

そして、対象の相手が理解できるように発表する必要があります。

このように、プレゼンデーションでは、自分ではなく対象からの視点で考えなくてはなりません。

すなわち客観的視点が必要であるのです

でもこれは仕事だけの話ではありません。

こういったブログであれ、私生活であれ、常に対象となる相手が存在がします。

相手がいる以上、客観的視点が必要であることは当たり前です。

しかし、これがなかなかできません。

客観的視点にいる間は、主観的視点を捨て去る必要がありますが、これはなかなか難しいのです。

知識、情報、経験の不足をどうしても主観で置き換えてしまう部分があります。

また、感情が先走ってしまう場合も多数見受けられます。

また、気をつけなくてはならないのは主観的な考え方をあたかも、客観的に捉えているように言ってしまいます。

主観と客観は、人に伝える時、明確に区別しなくてはなりません。そして、それがわかるようにしなくてはなりません。

そうでなければ

その物事について知っている相手にはいらつきを与えてしまうし、

知らない相手には、誤解を与えてしまいます。

できない結果、説明が下手だと思われてしまいます。

主観的に考えるということについて

では、主観的に考えるということは全く必要ないのだろうか。それは「NO」だと思います。

そもそもスタートは主観的な考えに基づく。そういうものだと思います。

大事なことは主観と客観を交互に繰り返し、答えを導いていくことだと思います。

そして、いずれ自分の主観については、間違いであることは間違いであるとわかるし、正しいことは客観的なものにすることができるのです。

まとめ

客観的に考えるということは、仕事をする上で非常に必要な能力です。

しかし、主観的に考えるということもまた必要です。

どちらもできるようにすることが、仕事をする上で必要な能力となります。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

おすすめ記事:暗記の仕方にはコツがある!誰でもできる暗記方法

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?