仕事が面白くない…

そんな感情を抱えながら、我慢して働き続けている方は多いと思います。

中には、面白くないことをし続ける毎日に嫌気がさして、転職を考えている方もいるでしょう。

もしあなたがそうであれば、今後どうしていく予定ですか?

我慢して働き続けますか?それとももっと面白い仕事を求めて転職しますか?

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

仕事が面白くないのは仕方ないこと?

仕事を面白いと感じることができていない人の中には、仕事はお金を貰う為に行っているものであり、面白くないのは仕方がないことであると考えている人もいるかと思います。

面白くないと思う理由は山ほどある

たしかに、仕事には面白くないと思う理由が山ほどあります。

面白くないと思う理由

  • 人間関係が悪くやりがいを感じられない
  • 正当に評価してもらえない
  • 誰かに感謝されることがない 
  • 業務がルーティン化している
  • 業務が簡単過ぎる 

どれも自分の努力だけでは解決できないことだらけですし、面白くないと感じるのも仕方のないことでしょう。

「労働の対価としてお金を貰っている以上は我慢すべき!」といった考えも正しいとは思いますが、我慢しきれない部分もありますよね。

それでも面白いと感じている人がいるのも事実

ただ、これだけ沢山の理由があっても、仕事を面白いと感じながら働いている方がいるのもまた事実です。

そういった方がいる以上、「仕事なんて面白くないのが当たり前」と諦めてしまうのはもったいないでしょう。

もちろん仕事を面白いと感じている人も、不満が全くないわけではありません。仕事の大半は面白くないでしょうし、やりたくもない仕事を我慢してやる時だってあるでしょう。

しかし、それらのことをひっくり返すことができるくらいに面白いと思える瞬間があるのです。

仕事が面白くないときの対処法は4つ!一人で抱え込むのはやめよう

仕事を面白くないと感じるのは決して悪いことではありません。

仕事に対する価値観を変えたり、新しい仕事にチャレンジしたりするなど、選択肢は沢山ありますので、まずは以下の4つの対処法を試してみてください。

①同僚に相談する

仕事が面白くないと感じた時、まずは会社の同僚に相談することをおすすめします。

同僚はあなたと会社内の立場が一番近い存在ですので、きっと親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

もしあなたが新卒入社であるなら、同期会で少しだけでも愚痴ってみるのも良いと思います。立場が同じであるからこその共感やアドバイスを貰えるはずですよ。

ただし、同期が全員辞めたい、しんどいなどといっていたら要注意です。引きずられて勢いで退職することのないようにしましょう。

②上司に相談する

なかなか言い出しにくいかも知れませんが、素直に上司に相談することも一つの手です。

愚痴を言うのではなく、「仕事でこういった悩みがあるのですが、どうすれば乗り越えられるのですか。」など前向きな形で相談をすればきっと力になってもらえると思います。

「上司に相談する勇気なんて出ない…」という方の気持ちもすごくよく分かりますが、新しい役割を貰えたり、後述する配置換えをしてもらえたりと上司だからこその方法で対応してくれることもあると思います。

③友人や親に相談する

友人や親に仕事が楽しくないと素直に相談してみるのも良いでしょう。

あまり心配をかけたくない…という方もいるかと思いますが、話すだけで楽になることもあります。ですから、あまり思いつめずに一度話してみてください。

⑤仕事以外に楽しみを見つける

仕事以外に楽しみを見つけるのもおすすめです。

夢中になれる楽しみを見つけることで、プライベートと仕事にメリハリがつき、明るく元気に仕事ができるようになるでしょう。

もしかしたら、趣味を通して同僚とのコミュニケーションが弾み、仕事への感情が変わってくることもあるかもしれません。 旅行やランニング、ゴルフに映画鑑賞など、1人で熱中できるものから仲間で楽しめるものまで、趣味を見つけて思いっきり楽しんでみましょう。

仕事が面白くなくてどうしても辞めたいなら、転職するのもアリ

先述の対処法を試しても、今の仕事を面白いとは感じられないし、この状況を改善できそうにないと感じた場合は、転職して仕事を変えるのも一つの選択肢です。

我慢するには時間が長すぎる

仕事が面白くないからという理由で転職することに対し、「そんなネガティブな理由で転職するのは甘えだ」「忍耐力がない」などの意見もあるでしょう。

たしかに学生時代のアルバイトのように限られた時間であれば、多少面白くなくたって我慢することも大切かもしれません。

しかし、それが仕事となれば話は別です。我慢するには費やす時間が長すぎます。

1日8時間以上を週5日、そしてそれを数十年…。それほど人生の大半の時間を費やすものを、「面白くなくても我慢するべきだ!」というのはかなり酷な話でしょう。

ですから、十分に転職する理由に値すると思います。

仕事が面白くないから転職する人も多い

実際、仕事が面白くないからという理由で転職する方は結構多いです。

厚生労働省の令和2年雇用動向調査によれば、転職した方の約5%の方が前職を辞めた理由として「仕事の内容に興味を持てなかったこと」を挙げています。

5%と聞くと少ないと感じるかもしれませんが、令和2年に転職した方は約710万人ですので、その5%となると35万人の方が仕事が面白くないという理由で仕事を辞めていることになります。

それほど多くの方が仕事内容への不満を退職理由に挙げていることを踏まえれば、仕事が面白くないのも立派な理由といえるでしょう。

転職後の満足度

「転職しても現状は改善されないのでは?」と考える方も多いと思いますが、転職後の仕事の満足度は意外に高いです。

厚生労働省の令和2年転職者実態調査によれば、転職後の仕事で仕事内容に満足している人の割合は以下のとおりとなっています。

  • 満足:30.7%
  • やや満足:38.6%
  • どちらでもない:21.3%
  • やや不満:6.9%
  • 不満:1.7%

およそ7割の方が「満足」「やや満足」と回答しているのに対し、「不満」と回答した方は1割にも満たないことから、転職によって仕事の面白さは大きく改善されるとわかりますね。

転職して変わる人、転職して変わらない人の違いは?

仕事が面白くないという悩みを転職によって解決できた方が多いのが事実である一方、転職をしたのに状況が全く改善されない方がいるのも事実です。

転職をしても悩みを解決できない方にはどういった特徴があるのでしょうか。一緒に確認していきましょう。

仕事が面白くない原因を全て環境のせいにしている

仕事が面白いと感じられるか否かは、業務内容や職場の雰囲気などの外部環境に影響される部分が大きいですが、必ずしもそれだけだとは限りません。

多くの場合、仕事をしている本人にも多かれ少なかれ原因がありますので、転職する前に自分の反省点についても考えてみる必要があるのです。

実際、転職に満足している方の多くは、自身の仕事に対する向き合い方はどうだったか、何か目的を持って意欲的に働いてきたかなど、一度きちんと自分のことを振り返っています。

自主的に行動してみる努力をしていない

仕事は与えられるものだと決めつけ、やらされている意識で毎日働いていれば、仕事が面白くないと感じるのは当然です。

どんな職場にいても、「仕事を面白いものにしよう」「自分が面白いと思える仕事を行おう」という努力は必要なのです。

もちろん、仕事によってはそれが許されず、言われたことのみを行わざるを得ない場合もあります。

しかしそうでないのであれば、自ら何の努力もしていないままで面白くないと決めつけてしまうのは少し早いと思います。ぜひ一度自主的に行動してみてはいかがでしょうか。

先入観で決めつけすぎている

最初から面白くないと決めつけていては、仕事が面白くないと感じるのも仕方がないことです。

転職したところでどうせ面白くないだろうと思っていれば、当然仕事を面白いものなんて感じることはできずに、結局仕事が苦痛以外の何ものでもなくなります。

確かに仕事というのは面白くないことが多いですが、そんな中でも面白いものはあるはずだという前向きな気持ちを持つことも大切です。

まだ成功体験をしていない

仕事が面白いと感じることができる一番のタイミングは、何か成功を体験してみることです。

苦労して準備したプロジェクトが問題なく終わった、先輩と一緒にしていた仕事が一人でできるようになったなどの成功体験は、普段の仕事が面白くない、辛いという気持ちを覆してくれる可能性があります。

まだ何もしていないうちから、面白くないと決めつけるのは少し早すぎるかもしれません。

何が面白くないのか、どうありたいのかをわかっている

自分にとって今の仕事の何が面白くないのか、そして転職したらどうありたいのかというのは転職前に明確にしておく必要があります。

なんとなく「面白くないから仕事を変えたい…」といった意識では、転職したところで何も変わりません。

結局他のことを重視してしまう

転職活動を始めると、当初転職したいと思っていた転職の理由がブレていってしまうという方も少なくありません。

仕事が面白くないから転職しようと思ったはずなのに、給料が良さそうな求人を見つけてそちらに飛びついてしまう…なんてことになっては転職後の満足度も上がりにくいです。

もちろん、当初考えていたよりも良い条件があったのであれば、そちらを検討するのも良いと思いますが、そんな中でも自分が本当に大事にしたいものはなにか、忘れないようにすることが大切です。

転職すれば仕事が面白くなる可能性は十分にある

きちんと考えを持ったうえで、転職に向けてやるべきことをやっていけば、これまで面白くないと考えていた仕事を面白いものに変えていくことは十分可能です。

安易に考えていれば失敗する可能性は大きくなってしまいます。

そのため、ぜひ一度、自分は今の仕事のどんなところが面白くないと感じるんだろう、それはなぜなんだろう、といった形で、ご自身のことを振り返ってみると良いでしょう。

もし、自分だけで進めるのは不安…という方は、転職エージェントなどの転職支援サービスを利用することをおすすめします。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)