管理職とは。管理職の定義や役割、特徴について解説。

管理職とはどういった存在なのでしょうか。

出世していつの間にか管理職になっている人もいるかと思いますが、名ばかりという人も少なくないはず。

そこで今回は管理職とは何なのか、定義や役割を紹介していきます。

関連記事

 

管理職とは

管理職とは

会社という組織において欠かすことのできないポジションである管理職ですが、いったい管理職とはどのようなものなのでしょうか。

管理職の定義

管理職の定義はなんでしょうか。

実は法律上、決まってはいません。

ただ、一般的に部長や課長などといったある一定の役職以上の人のことを言います

また、労働組合に加入しない人のことを管理職という場合もありますね。

労働組合法で、加入できないとされているのが以下のとおり。

  1. 「役員」(取締役、監査役、理事、監事など)
  2. 「雇入・解雇・昇進又は異動に関して直接の権限を持つ監督的地位にある労働者」(人事権をもつ上級管理者)
  3. 「使用者の労働関係についての計画と方針とに関する機密の事項に接し、そのためにその職務上の義務と責任とが当該労働組合の組合員としての誠意と責任とに直接てい触する監督的地位にある労働者」(労務、人事部課の管理者など)

役職と上記の条件が一致していればいいのですが、ずれているものも多々ありますね。

管理職の役割

管理職の役割にはどのようなことが求められているでしょう。

管理職に昇格した場合、チームのリーダーになり、部下を持つことになります。

それゆえに、働き方は平社員の時と大きく変わります

部下の管理と育成

管理職として人の上に立った時に大事になるのが、部下を管理しつつ育成していくということ

まず、部下の精神状態や健康状態を把握しながら、負担がかかりすぎないようにケアーを心がけなければなりません。

また、モチベーションを感じさせながら時には褒め、時には叱る必要もあります。

加えて、部下のスキルアップを目的とした育成も管理職としての当然の役割です。

目の前の仕事だけではなく将来を見据えた仕事を与えながら、成長させていかなくてはなりません。

チーム全体の把握と管理

チーム全体の仕事を把握したうえで管理し、遅れが生じないように、ミスが起きないように部下の仕事内容に目を光らせるのも管理職の重要な役割です。

負荷が集中している、仕事が遅れているといった時には人員配置等の手を打つ必要もでてきます。

部下は遅れていても怒られることが怖いと感じ、仕事の遅れやミスを隠す方向に行ってしまうことも多い為、伝え方や接し方には注意を払うことが大切です。

会社全体を把握

管理職は会社全体の状況を把握し、利益を考えながら働かなくてはなりません

平社員の頃に比べると、会社に提言できる機会も増えてきます。

自分の持っているチームだけでなく、自分より上も気にしなくてはならないのも管理職の役目です。

管理職にきつさはつきもの

管理職にきつさはつきもの

上述したように、管理職は自身の業務に加えて、部下の業務や会社全体の状況に対しても頭を働かせなければなりません

そのため、平社員のころと比べると責任や仕事量はかなり増すということを自覚しておく必要があります。

もちろん管理職になればその分会社からの評価は高まるため、給料が大幅に増える可能性が高いのも事実です

ただ、管理職になると残業代が出なくなるので、人によっては残業で稼げていた頃の方が給料が良かったなんて人もいるでしょう。

仕事量が増えて残業をしなくては終わらないのに残業代は出ない

そんな状況に不満を覚える人も少なくないのが実情です

関連記事

管理職は大変だがやりがいは大きい

管理職は大変だがやりがいは大きい

管理職は、精神的にも身体的にもかなり負担がかかるポジションです。

しっかりとした労働条件や待遇であれば頑張れるかもしれませんが、実際はそうでもない状況下で働いている人も沢山います

あなた、もしくはあなたの上司はどちらでしょうか。

平社員からみると管理職は憧れの存在

それなりに良い待遇でないと出世したいという感情も減り、モチベーションダウンにつながってしまいます。

そういった会社に勤めているのであれば転職することも視野に入れておいたほうがいいでしょう。

待遇の良い会社に転職したいなら転職エージェントの利用を

管理職に限った話ではなく、どの立場の従業員に対しても良い条件と環境で働かせてくれる会社が理想ですよね。

というより、本来会社というものはそれが普通であるべきで、実際そんな会社は沢山あります。

ただ、いざ転職を心に決めてそのような会社を探してみると案外自分一人で見つけるのは難しいでしょう。

そんな時に利用してほしいのが転職エージェントです。

彼らは転職のプロなので、あなたの希望を考慮した上でベストな企業を紹介してくれます

また、書類の添削や面接練習なども行ってくれるので、転職の質にもこだわることができます。

また、企業との給与交渉も行ってくれるので、前職よりも良い条件で働ける可能性も高まります。

これだけのメリットがあるにもかかわらず、登録&利用に料金は一切かからないのでぜひ利用してみることをおすすめします。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。