仕事は続けなくてはいけないもの、転職はできる限り避けた方が良いものだという思い込みは、時に不幸をもたらしてしまいます。

仕事なんてものは、辞めるつもりで働くのがちょうどいいのです。

そもそも最近は終身雇用制度が崩壊してきていますし、この先40年以上ある社会人生活で何度か転職することがあっても何ら不思議ではないでしょう。

そんなに気張らず、もっと気楽に働いてみてもいいのではないでしょうか。

関連記事

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

仕事は辞めるつもりで働くくらいがちょうどいい

仕事は辛いけど、辞めたらもっと大変な思いをするに決まっている。

そんな風に考えてしまっている方は少なくないでしょう。

しかし、そうやって我慢し続けることで、自分自身を追い込んでしまっても良いことがありません。

仕事は辞めるつもりで働くくらいがちょうど良いのです。

転職回数はある程度なら全く問題ない

転職を避けるべきものだと思っているあなたにまず知ってほしいのが、3回程度の転職であれば気にしない企業がほどんどだということです。

もちろん短期間であまりにも転職を繰り返してしまうのは、企業からの評価が下がってしまうので避けた方が良いですが、それより少ないのであれば全く気にする必要はありません。

言い換えれば、3社目までなら「辞めるつもりで働くことができる」わけです。

転職することで市場価値が下がることを恐れている方も多いですが、実際はそんなことないので安心してください。

転職は難しいというのは思い込み

多くの方が転職は難しいものだと思い込んでいますが、決してそんなことはありません。

もちろん中には100社以上受けても決まらない人、1年以上転職活動を続けていても仕事が見つからない人などもいるでしょう。

しかし、そういう方は転職希望者のごく一部です。

実際は、10社から20社程度受ければ内定を貰える方が大半ですし、転職活動期間も平均2~3ヶ月程度なのです。

転職すると年収などの条件が悪くなるなんていうのも思い込みで、年収アップする方が多いです。

良い求人はあまり表にでていない

内定を貰えるかどうか以前に、そもそも転職してもいいと思える企業の求人がなければ仕事を辞めるなんて思えないのは当然でしょう。

特に現在大手で働いている方であれば、検索しても中々同じような規模や条件の求人が見つからないので、そんな風に考えてしまいがちです。

しかし、実はそれは求人がないのではなく、単に見つけることができていないだけです。

大手の求人、好条件の求人のほとんどは非公開求人となっているので、転職エージェント経由で紹介して貰わないと、そもそも求人があることに気づけないのです。

ですから、まともな求人がないから仕方がないとあきらめないでください

そもそも終身雇用なんて期待できるものではない

そもそも終身雇用制度なんてものは、期待できるものではありません。

会社が調子の良い時に言っているだけで、実際は会社が倒産したり、リストラされてしまったりもよくあることです。

どうせいつかは辞めざるを得なくなるかもしれない仕事であるなら、しがみつくことなんてせずに最初から辞めるつもりで働くくらいがちょうどいいと思いませんか?

仕事には肩の力を抜いて取り組もう

転職が当たり前になってきているこの時代に、仕事のことで追いつめられる必要はありません。

仕事が辛いなら、辞めるつもりで肩の力を抜いて取り組みましょう。

ここでは、気楽に仕事に取り組めている人の考え方を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

適度な目標を設定する

気楽に生きている人は自分の限界を知っているので、必要以上に追い込むことをしません。

今の自分よりも少し上の程良いレベルの目標を設定して頑張るのです。

一気に変わろうとするのではなく、コツコツ積み上げていくイメージですね。

くよくよ考えない

気楽に生きている人は、考えても答えが出ないようなことについては悩みません。

新しいことに挑戦するか迷った時も、「楽しそうかどうか」「自分がやりたいかどうか」というシンプルな物差しで判断しますし、すぐに答えが出なかった場合には、とりあえず動いてみてから決めようとするのです。

人生の選択に「正解」も「不正解」もないんだから、自分の選択を正解にすればいい!という考えで動く人も多いですね。

自分を責めない

自分に至らない点があったとしても、まずは「今の私にはそういうところがあるんだな」と受け入れるのも気楽に生きている人の特徴です。

彼らは、自分を責めるのではなく、どうすれば改善できるのかに重点を置いて考えます

そうすることで、気持ちを早く切り替えることができるようです。

自分が心地良くいられることを重視する

気楽に生きている人は、我慢や無理をし続けません。

ストレスを感じる相手がいれば、近づかないようにしたり仕事のやり方を少し変えたりするなど、自分に負荷がかからないような工夫をしています。

他人を変えようとしない

彼氏や親友など身近にいる人に対しては、気を許している分だけ「もっとこうしてほしいのに」という期待や不満が生まれるものです。

しかし気楽に生きている人は、相手の性格や考え方などを無理やり変えようとはしません。変えようと思っても、上手くいかないことが多いですからね。

期待や不満を抱くよりも、自分が変わることで何事も解決しようとするのです。

辞めるつもりで働くことのメリット

では、辞めるつもりで働くことでどんなメリットがあるのでしょうか

一緒に確認していきましょう。

仕事で追い込まれることが少なくなり、いざという時に逃げ出せる

一番のメリットは、仕事関連で追い込まれることが少なくなることでしょう。

辞めるわけにはいかないと思いながら仕事するのと、いつかは辞めるつもりで仕事をするのでは、気楽さが全く違います。

人間関係でトラブルを抱えたり、上司にかなりきつく叱責されたりした際も、「どうせ辞めるからいいか」と思うだけで、受け止め方が変わってきますよね。

加えて、いざという時に逃げるという選択をとれるのも辞めるつもりで働くことのメリットです。

「身体を壊すくらいなら辞めた方がいい」と周りから言われても、普段から辞めることを選択肢の一つとして持っていないと簡単に決断できるものではありませんからね。

無駄なストレスから解放される

辞めるつもりで働くことには、無駄なストレスやプレッシャーから解放されるというメリットもあるでしょう。

日々の業務や人間関係に対して大きなストレスを抱えている方は、「今後何十年も働き続けるのだから…」と考えるのではなく、「いつかは辞めるし、まあいいや」という考えを持って仕事に励んでみてください。

ある程度の責任感を持って仕事をすることは大切ですが、毎日の仕事でそこまで気張る必要はありません。

肩の力を抜いて、あなたらしく働いてみてください。そうすれば、仕事が楽しく感じるかもしれませんよ。

会社への依存度が減り、自分の能力を中心に考えることができる

終身雇用はあってないようなものであるにも関わらず、会社に依存してしまうのは非常に危険です。

この先何があるか分からないこの時代、会社に身を任せるのではなく、自身の能力を高めることが大切なのです。

何の目的もなしに仕事を続けて、大したスキルも身に付けないまま年を重ねると、いざという時にどうにもならなくなってしまいます。

だからこそ、辞めるつもりで働くことで「自立」を意識し、自分の能力向上を目指せることは大きなメリットといえるでしょう。

辞めるタイミングはいつがいい?

辞めるつもりで働いてみても、耐えられない時もあるでしょう。

終身雇用があってないようなこの時代、転職するのは自由ですが、辞めるタイミングは少し考えた方が良いかもしれません。

ここでは、1ヶ月で辞めた場合と3年耐えてから辞めた場合のメリット・デメリットを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1ヶ月で辞める場合

メリット

メリット

・新卒で入った職場なら「第二新卒」枠が狙える

・無駄な年月を過ごさずに済む

・ストレスや心身の不調から解放される

新卒で試用期間中に辞めた場合、学校を卒業して就職後3年以内に転職を希望する人を指す「第二新卒」として次の転職先・再就職先企業に応募ができます。

「第二新卒」はある程度の社会人スキルが身についていることが期待できる場合が多いので、若手社員が不足している企業からの需要が高いです。

そのため、転職活動がスムーズに進むでしょう。

また、早いうちに退職を決断することによって、いま抱えている精神的ストレスや身体的な苦痛から解放されるうえ、無駄な年月を過ごさずに済みます。

年齢を重ねるほど、新たな仕事や職場環境への抵抗感が強くなる傾向にありますし、転職活動を行うにもエネルギーがいりますので、どうしても無理だと思うなら早いうちの決断がおすすめです。

デメリット

デメリット

・転職や再就職に不利になるリスクがある

・職歴に短期間のものが残り「職歴に傷がつく」

・辞めグセがついてしまう

傷がつくは言い過ぎかも知れませんが、職歴に「何ヵ月」という記録が残るのは、転職活動をする上でメリットになることはないでしょう。

もちろん1年未満で辞めたことを全く気にしない企業もありますが、大半の企業は「また短期間で辞めるのではないか」と疑ってくると覚悟しておいた方が良いと思います。

とはいえ、「早期退職もいたしかたない」と相手を納得させられる退職理由を用意すれば、それほど問題ありませんので安心してくださいね。

また、こちらは可能性の話ではありますが、辞めることに慣れてしまい、次の会社もその次の会社も短期間で辞める、いわゆる「辞めグセ」がついてしまうことがあります。

そうなるとキャリアアップなどは望み辛いでしょう。

3年耐えてから辞める場合

メリット

メリット

・社会人の基礎は身についていると認識される

・大手の人気企業に入社できるチャンスがある

社会人3年目は、社会人として最低限のマナーは身についている層として見られています。

そのため、これまでの経歴だけでなく、今後の伸びしろを含めてアピールしていけば、大手の人気企業に入社できるチャンスも十分にあるでしょう。

第二新卒の採用は多くの企業が行っており、入社のチャンスが多くあります。就職難易度の高い企業も、新卒より第二新卒のほうが受かるのが簡単ということもよくある話ですので、かなり期待できると思いますよ。

新卒生え抜き主義といわれているP&Gでさえ、第二新卒層の採用を比較的多く行っていますし、アクセンチュアやリクルートは言わずもがなです。

デメリット

デメリット

・年収が下がる可能性がある

・スキル面で大きなハンデができる可能性がある

転職先の業界や職種にもよりますが、もし新しい環境に飛び込む目的で転職する場合は、転職先では新卒の扱いで入社することになるので、年収ダウンの可能性が高いです。

また、待遇としては新卒同等に扱われるにもかかわらず、新卒が受ける研修を受けないまま業務が始まってしまうので、スキルに大きなハンデができてしまう可能性もあります。

先に入社した新卒1,2年目が、社歴が長いために自分より給与をもらうこともあり得るので、年収が低いことを余計苦しく感じてしまうかもしれません。

年収に関する覚悟はしっかり持って、転職活動を進めましょう。

辞めるつもりで働くために必要なこと

どうすれば、今の仕事を辞めるつもりで働けるようになるのでしょうか。

簡単に頭を切り替えられる方ならいいかもしれませんが、そうはいかない方がほとんどですよね。

そんな時に試してほしいのが、とりあえずでもいいから転職活動を始めてみることです。

一つの会社にこだわりすぎてしまう原因のほとんどは、転職を具体的にイメージできていないからです。

実際に転職活動を進めてみて、今の自分が持っている選択肢を確認しましょう。そうすることで、自分にはこの会社だけじゃないということが分かり、もっと気楽に仕事に取り組めるようになると思いますよ。

ちなみに、1人で進められるかが不安…という方には転職エージェントの利用をおすすめします。

利用料はかかりませんので、この機会に一度登録してみてはいかがでしょうか。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


転職サイト|転職エージェント

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

関連記事