仕事でのプレッシャーによるストレスは想像以上に大きい、ホワイト企業でも注意が必要

遅れたらまずい、ミスしたらやばい。

そんな仕事でのプレッシャーは時に大きなストレスとなってあなたに襲いかかります。

もしあなたが今現在仕事で大きなプレッシャーを感じてしまい泣いていたり、それをしんどいと感じているなら、どうか甘く考えないでください。

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

仕事のプレッシャーによるストレスはかなり大きい

上司や同僚との人間関係。度を超えた長時間の残業。少ない給料。やりがいの感じない仕事内容。

仕事においてこういったことがストレスになっている人は多く、仕事を辞める理由としても常に上位に挙げられています。

ただ、仕事でのプレッシャーがストレスになって辞めている人も少なくありません。

ミスしてはいけない、計画通り終わらせなければならない、うまくやらなくてはいけない。

仕事内容や立場によっても違いますが、そんなプレッシャーは大きなストレスとなって襲い掛かります。

そしてそのストレスは、決して甘く考えて良いものではありません。

多くの人が、仕事でのプレッシャーが原因でうつ病など精神的な病気になってしまって休職、退職せざるを得なくなっているのです。

すぐに泣いてしまう人は注意

繊細なメンタルを持っていてすぐに泣いてしまう人は、プレッシャーを感じやすい傾向があります。

ストレスがたまりすぎて情緒が不安定になったり、プレッシャーをしんどいと感じるようになってきたら、メンタル的に良くない傾向です。

繊細な人は自分のメンタルの様子を見ながら仕事に取組みましょう。

プレッシャーが高い仕事ってなに?

では実際に、仕事でプレッシャーが高い仕事とはどのようなもなのでしょうか?

それらの仕事の特徴を知っていきましょう。

常に高い目標が課されている仕事

営業などで常に高い目標が課されている場合は、常に数字が付きまとってくるため、プレッシャーが高くなります。

なぜなら、目標が達成できているか否かによって自分の賞与や出世が変わるからです。

また、目標が未達が未達であった場合には上司から激しく叱責されることもあるので、心理的負荷はかなり大きいものになります。

一件当たりの約定金額が高い仕事

一件当たりの約定金額が大きい仕事の場合、自分で決めたことが客先にも多大な影響を与えることになり、会社の命運がかかっているケースもあるためプレッシャーが高い仕事となります。

特に、M&Aアドバイザリーなどの場合、営業におけるミスは契約破談に直結しかねないため、細部にわたって注意し続ける必要があります。

このことからも、一件当たりの約定金額が高い仕事は心理的負担が高く、プレッシャーが高い仕事とわかります。

社会的責任が高い仕事

社会的責任が高い仕事は、自分の置かれている状況に責任を感じる人にとって、この中で最もプレッシャーが高いと感じるかもしれません。

なぜなら、この場合、自分の行った行為が他者に対して甚大な影響を与えるからです。

例えば、医師や看護師などの職業の場合、自分の行った行為が人の命に対して直接的に影響しその采配が人の命に直結します。

そのため、社会的責任が高い仕事の場合責任感が強い人は特に激しいプレッシャーにさらされます。

ホワイト企業でもプレッシャーが原因でうつ病になる人は多い

仕事で泣きたくなったりしんどくなったりするのは、長時間労働やパワハラによるものだけではありません。

実際、仕事のプレッシャーでうつ病になる人は非常に多いです。

私自身、以前ホワイト企業と言われる会社に勤めていましたが、何人もプレッシャーによるうつ病で休職することになってしまった人を見てきました。

ホワイト企業と言えどもパワハラをする上司は少なからずいて、それが原因の人もいましたが、まともな上司の下で働いていた人でも休職する人はいたのです。

責任の重い仕事を一人で抱え込み、ミスして責められるから余計に抱え込み、どんどんプレッシャーに追い詰められてストレスが膨らんでいく。

そうなってしまえば、いくら残業が少なくて休みが多いホワイト企業でも、しんどくて潰れてしまう人だってでてきます。

プレッシャーを感じやすい人の特徴

もし仕事でのプレッシャーに対して、このように対処していたらメンタルに悪影響を及ぼすかもしれません。

今回はそのような考え方の特徴について見ていきましょう。

周りが我慢しているから自分も我慢しなくてはいけない

周りはちゃんとやっている、周りが我慢しているから自分もそうでなくてはいけない。

そんな風に常に周りを基準として考えてしまうと、色々なことを自分ひとりで抱え込み、限界を超えるまで無理をし続けてしまうことになります。

周りの人とあなたは違います。性格、ストレス耐性といったことから、これまでの経験やその仕事で置かれている状況だって違います。

ですから、周りが大丈夫だから自分も大丈夫なんてことはないのです。

自分は大丈夫

自分は大丈夫、自分はうつになんてならない。

そんな考えを持ってしまっているのも危険です。

うつ病は誰もがかかる可能性のある病気です。

自分は大丈夫と思い込んでしまうと、自分の限界に気づくことができずに余計に自分を追い込み、気づいたときには手遅れになってしまいます。

このままだとやばい。これ以上は無理。そう思うことも大切なことなのです。

責任感が強すぎる

責任感が強すぎる人は、仕事はうまくやらなくてはいけない、」ミスをしてはいけない、一人でなんとかしなくてはいけないと思ってしまいがちです。

そんな考えは、仕事でのプレッシャーを増大させる要因になります。

本当はちょっとくらい失敗したってなんとかなることが多いですし、周りを頼ればもっと簡単にできることもあります。

それなのに過剰に物事を重く考え、自分一人で抱え込んでしまうと、自分で自分を追い詰めてしまうことになりかねません。

プレッシャーによるストレスに潰されない為に

では仕事のプレッシャーによるストレスで潰されないようにする為には、どういったことをしていけば良いでしょうか。

リフレッシュをする

休日に仕事のことを考えて憂鬱になるのをやめるとプレッシャーから開放されるかもしれません。

実際、プレッシャーが高い仕事をしている人の多くは、休日に体を動かすことによって、ストレスを軽減しています。

今ストレスに悩んでいる人は、筋トレなど軽い運動から実践してみましょう。

報・連・相を心がける

上司や先輩に対して報告、連絡、相談を適切に行うのは、かなり大切なことです。

仕事でのプレッシャーを軽減する為に仕事を一人で抱え込まないようにしましょう。

報・連・相を適切に行わず、たとえば危うそうなものやミスを隠してしまえば、余計にプレッシャーを抱え悪循環を生むことになってしまいます。

会社の人と密にコミュニケーションをとってみる

会社の人と密にコミュニケーションをとることで、メンタル面は加速度的に改善するかもしれません。

上司や同僚と話すことによって、今ストレスに感じていることが大したことではないと気づくこともあります。

また、仕事面でも相互で信頼関係が深まることで、結束感が生まれてプレッシャーが軽減されることも期待されます。

現状を逐一確認する

自分が置かれている状況や抱えている仕事については、逐一確認するようにしましょう。

あれもやらなくてはいけない、これもやらなくてはいけないと思うようになってくると、全体像が掴めなくなり、余計に不安になってしまいます。

自分がやるべきこと、やらなくてはいけないことをしっかり把握できれば、無駄なプレッシャーを感じずに落ち着いて仕事に取り組むことができるはずです。

ミスした場合の影響を過剰に捉えすぎない

仕事にミスはつきものです。全てを完璧になんてできません。

それにちょっとくらいミスしたって仕事は意外になんとかなるものです。

ですから、ミスした場合のことを過剰に考えないようにしましょう。

まだミスしたわけでもないのに、最悪のことにおびえて自分を追い詰めたっていいことなんてありません。

ただリスクとして認識していることに関して対処法は考えておいた方が良いでしょう。

たとえだめでもこうしておけばよいというものを持っているだけで、仕事でのプレッシャーによるストレスはかなり無くなるはずです。

割り切って考えるようにする

仕事では割り切ることも大切。

無理だったら無理だったで仕方がない。だめでも別にクビになるわけではない。運もあるから仕方ない。

そんな風に思うことができるようになれば、仕事でのプレッシャーがストレスにはならないはずです。

もちろん考え方を変えるのは簡単ではありません。すぐにそんな風に割り切るなんて中々できはしないでしょう。

ただ意識的にそう考えるようにするだけでも、感じるストレスはかなり違ってくると思います。

どうしようもないなら転職も考えよう

ただそうは言っても、どうしようもない場合というのもあるのは事実。

プレッシャーの原因が自分自身にあるならばまだいいんですが、上司から強いプレッシャーをかけられていたり、周囲が追い詰めてくるような状況だと、中々解放はされません。

そんな時は転職も一つの手だということを考えてください。

少なくとも、体を壊すほど限界まで我慢してはいけません。頑張り続けることを正当化したって何もいいことはないんです。

仕事のプレッシャーによるストレスで潰れてしまわないように、自分の身は自分で守っていきましょう。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。