転職しないリスクとは?転職しなかったことで後悔している人はたくさんいる。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職しないリスクとは?転職しなかったことで後悔している人はたくさんいる。

転職のリスクはゼロではありません。

職場を変えた結果、新しい環境に馴染むことができなかったり、新しい人間関係がうまくいかない可能性は少なからずあるものですから、転職するならそれなりの覚悟は必要となります。

ただリスクをとりたくないから転職しないという考え方は間違い。

転職しないことにもリスクはあり、人によっては今転職しないという決断をしたことが近い将来に後悔を招く原因になりうるのです。

関連記事

 

転職しないことがリスクのあることに気づいていますか?

年収が下がる可能性がある、人間関係がうまくいかない可能性があるなど、転職はリスクがあることだと言うことは多くの人がわかっているでしょう。

ただ転職しないことにもリスクがあるということに気づいている人は少ないのではないでしょうか。

確かに転職した時のように、今あるものを手放す必要がなく、今の状況が悪化することもありません。

ただ同時に今までと変わらない生活を送るということ、会社に対して、仕事に対して感じている不満を我慢して働き続けるということです。

転職によって得られるはずだったものが手に入れられないというのは失ったと同じこと。

たとえば転職して年収が100万円下がってしまうことのリスクと、転職すれば年収100万円上がるはずなのにやらないリスクは、結局同じところです。

多くの人はつい転職するリスクにばかり目を向けてしまいがちですが、転職しないことにもリスクはあるということにそろそろ気づくべきです。

転職しなかったことで後悔している人は想像以上に大きい

転職したことで後悔している人は確かにいます。

ただ逆に、転職しなかったことで後悔している人も本当に多いです。

たとえばアイリサーチが調査した「20代のうちにやっておけばよかったこと」では、転職が7位にランクインしているくらいです。

年齢が上がるほど転職でのハードルは上がります。

転職時に求められる能力は高くなっていくし、選択肢も少なくなっていきますし、チャレンジもしにくくなっていきます。

その為、30代の人は20代のうちに、40代の人は30代のうちに転職しておけばよかったと後悔することになってしまっているのです。

確かに転職することよりも、転職しないことの方がその瞬間で考えると楽なこと。

転職しないということはあえて何かするのではなく、今と変わらない毎日を過ごせばよいだけですからね。

ただその一瞬の楽さに甘えてしまうと、取り返しのつかない後悔をしてしまうことになりかねないということは知っておいてください。

勘違いされている転職の成功率

転職の成功率が勘違いされてしまっている点もまた、転職するリスクばかりに目がいって、転職しないリスクに気づくことができていない原因となっているかもしれません。

多くの人が転職にネガティブなイメージを持ち、転職すると条件が悪くなるのが当たり前、後悔する人の方が多いなんて思っているのではないでしょうか。

ただ実際はそんなことありません。

厚生労働省の「職業生涯を通じたキャリア形成」という資料によれば、自己都合の退職をした人の中で転職に満足している人の割合は約8割という結果になっています。

転職に不満を感じている人の割合はたったの2割。

転職って実はイメージと違って成功率が非常に高いものなんです。

この結果を見ると転職するリスクって実は少なくて、むしろ転職せずに我慢する方がよっぽど損していることだと気づく人も多いのではないでしょうか。

参考:転職した方が幸せになれる可能性は高いかも。転職をネガティブに考えるのはもうやめよう。

自分にとってどちらがリスクが高いかあらためて考えてみよう

もちろん人によって転職すべきなのかすべきではないのか、転職するリスクと転職しないリスクのどちらが高いのかというのは違います。

ですから、あらためて自分の場合だとどちらのリスクが高いのかを考えてみてください。

そしてもし転職しないことに大きなリスクを感じるのであれば、転職活動を始めてみるべきです。

確かに転職活動は億劫ですし、面倒くさいかもしれません。

ただそれに負けて何もしなければ何も変わらず、近い将来後悔することになるだけです。

今だからできること、今ではなきゃできないことというのはあるのです。

参考:転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?

まずは転職活動してみては?

もし転職するか悩むのであれば、とりあえず転職活動をやってみるというのは一つの手。

転職活動を進めていく中で決めていけばいいんです。

今は転職することの消極的であったとしても、いざ転職活動してみると転職したいと思える企業が見つかる可能性だってありますからね。

もちろん手間はかかります。ただ何もやらずに機会を逃す可能性があることを考えたらよっぽどやってみる価値はあると思います。

今は転職活動を進める為の転職支援サービスも充実していますので、ぜひ使ってみて下さい。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ