なんとなく悪いイメージがある「転職」。

昔に比べれば一般的なものになってきたとは言え、まだまだ「転職することは逃げ」、「転職すると損」、「転職すると年収は下がる」なんて考える人は多いです。

そんな固定観念があるせいで、最初から転職という選択肢を取り除いて会社生活を送っている人は少なくないでしょう。

ただ、はたして本当にそうでしょうか。

実はその考え方によって、損しないつもりなのにすでに損をしてしまっているかもしれません。

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

転職しないってそんなにいいこと?

そもそも転職しないことってそんなにいいことなんでしょうか。

会社にとってみれば、ころころと転職されないのはありがたいことです。

その会社での仕事に慣れている人が辞めることは損害ですし、採用活動をすることになったらそれなりにお金もかかります。また簡単に転職しないとわかっているからこそ、それほど賃金を上げる必要もありません。

では雇われて働いている側の人にとってはどうでしょうか。

長く働いているぶん人間関係ができていて仕事がやりやすいこともありますが、一番大きいのは「今より悪化することがない」ことだと思います。

年収が下がってしまうことがない、人間関係も変わらない、休日が少なくなったり残業が多くなったりすることもないなど、転職しなければ良くも悪くも現状を保てます。

実際に、転職に失敗して後悔する人がいるのは事実ですから、失敗するくらいなら今のままでいいと考えてしまうのも仕方がないことかもしれません。

ただここで一つ知ってほしいのが、転職で失敗する人なんて実はかなり少数派であるということ。

実は成功している人、満足している人の方が圧倒的に多いのです。

マイナビが調査した「転職後の満足度」によると、計81.6%の人が転職に「満足」と回答しています。

そもそも本当に転職するかは内定を貰ってから決められるわけですから、情報収集を怠るなど、よっぽどのことがない限り失敗するものではないんですよね。

そう考えると、一度も転職しないことが「いい」なんて、必ずしも言えないのではないでしょうか。

損しているかもしれないこと

やりがいを持ち、満足して働くことができているならば、わざわざ転職する必要を感じないかもしれません。

ただ一度も転職したことがない人は、様々な点で損をしてい可能性があります。

キャリアアップのチャンスを逃している

転職を意識していれば、これまでにキャリアアップのチャンスがたくさんあったかもしれません。

同じ場所で働き続けるからこそ得られるものもありますが、逆に転職しなければ得られないものもあります。

特に年収アップや様々な経験を目指すには、転職は有効的な手段となり得ます。

転職したことのない人は、これまでそのチャンスに気づくことなく時間を過ごしてきてしまったといえます。

会社への依存度が高まる

これまで転職したことがなくこの先も転職を考えていない人は、会社への依存度が高くなりがち。

いざとなれば会社は簡単に社員を切り捨てられるのに、いつまでも守ってくれると勘違いしてしまっている人もいます。

定年まで会社が続く保証はどこにもないのに、そんな風に考えてしまうのは危険です。

ストレスを感じながら働き続けたっていいことはない

いろいろな不満がある場合、ストレスに耐えながら働き続けたっていいことはありません。

転職で解決できないようなことや社会人として我慢しなくてはならないこともありますが、もし転職で解決できるのであれば、動かないのはもったいない。

これまで転職してこなかったことで、本当は解消できるはずの不満に、無駄に耐えてしまっているかもしれません。

転職のハードルは年齢とともに上がっていく

年齢が上がるにつれて、採用基準における「経験」の重要度はどんどん高まっていきます。

20代までは若さとそれなりの経験があれば転職しやすい時期、30代前半は未経験業界に挑戦するラストチャンスになります。

まだくすぶっている夢があるならば、採用ニーズが高いうちに年齢という武器をフルに使うべきでしょう。

そもそも1社目で満足いく会社に巡り合うのは難しい

そもそも新卒で最初に入社した1社目で、満足できる会社に巡り合うことはかなり難しいことです。

まだ社会人としての経験がなく、自分のこともよくわからないないままに会社を選ぶのだから、それは当然のことでしょう。

実際に働いてみてやっと、どんな仕事が性に合うか、残業や休日がどれだけあるかが大切であることに気づいた人はかなり多いと思います。

「たまたま最初に入った会社だから」という理由でいつまでも居続けてしまうのは、自分がもっと輝いて働ける場所をみすみす逃してしまっているともいえます。

転職にはこんな得があるかも

まだ転職の時期じゃないと自分では思っていても、視点を変えるだけで「手に入れられる得」が目の前にあると気づくかもしれません。

転職がもたらすポジティブな変化についても見ていきましょう。

マンネリ化の解消

いまの会社に、やりがいや楽しさを感じていますか? 尊敬できる上司や先輩がいますか?

これから何年も同じ職場にいると考えたとき、自分の将来が想像できずにモヤモヤした場合は要注意です。

マンネリ化という「停滞」は、仕事への意識や感覚をどんどん鈍らせていきます。

あえて転職という「変化」を入れることで自分に刺激を与え、心機一転してモチベーションの高い状態で仕事に取り組むことができます。

それが結果として仕事だけでなく、生活そのものに潤いを与えることになるでしょう。

視野が広がる

1社で経験できることは限られています。他社の仕事や環境を経験することで視野は広がり、社会人としての成長にもつながります。

また転職活動は今の会社を客観視するきっかけにもなるため、逆にいまの職場が最適だと気づくこともあるでしょう。

自分の価値が高まる

変化の目まぐるしい現代では、会社が個人に求めるものが次々と変化していきます。

これからの時代に対応していくには、どこへ行っても通用する価値のあるスキルを身につけているかどうかが重要になります。

複数社を経験することは、新たなスキルを得るとともに、自分の可能性を試せる大きなチャンスとだといえるのです。

転職の選択肢は持っておくべき

一度も転職したことがないことを否定するわけではなく、この先転職しないことが悪だといっているわけでもありません。

ただここで伝えたいのは転職という選択肢は持っておいた方がいいということです。

それを持っているか持っていないかだけで、あなたの会社生活は大きく変わるはずです。

さらに前述した通り、転職のしやすさには期限があります。

今この瞬間が最も若いとき。ひとつでも変えたいことがあるならば、転職という選択肢をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

まずは相談してみよう

少しでも転職するか迷っていたり、とりあえず転職の情報だけでも知りたいというなら転職エージェントに相談してみてください。

キャリアに関するカウンセリングを受けることができたり、どういった求人があるのかがわかったりと、答えを出すきっかけにはなるはずです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

関連記事