転職するか仕事を続けるか迷い決断できずにいる人に知って貰いたいこと

転職するか、それとも今の仕事を続けるか。何度も迷い続けながら、結局答えがでずに身動きをとれずにいるという人は少なくないと思います。

ただその迷いはいつかは捨て、転職するなら転職する、仕事を続けるなら仕事を続けると決断しなくてはいけないもの。

迷ったまま仕事を続け、気が付いたら年齢が高く転職することができなくなってしまったということは避けなくてはなりません。

関連:あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

転職するか仕事を続けるか迷い続けていませんか?

転職は良くも悪くも人生の大きな転機になりうるもの。

そして一度行ってしまえば、たとえその転職が失敗に終わったとしても元の職場でに戻ることはほとんどできません。

だからこそ転職するという決断は簡単にできるようなものではなく、迷い続けてしまうのも当然のこと。

仕事があまりに辛く精神的にかなり追い込まれるようなことがない限りは中々踏み切ることができず、結局今の仕事を続けることになってしまっている人が多いかと思います。

迷い続け決断できずにいる人に知って貰いたいこと

ただ転職するか今の仕事を続けるかを迷い、いつまでたっても答えを出すことができない人は、それがこの先どういった影響を及ぼすことになるのかということを知っておかなくてはなりません。

迷って決断しないということ

転職するか仕事を続けるか迷い続けるということは、結局今の仕事を続けるということ。

ただ自分の意思で転職はしないと決めて仕事を続けることと、転職することが決めきれないから仕事を続けることとではわけが全く違います。

前者は自分で答えを出している分、仕事に多少なりとも前向きに取り組むことができるものの、後者は答えがでていない為、いつまでも仕事に不満を感じながら嫌々働くだけ。

当然面白くもないし、辛いし、ストレスも溜まるだけになってしまいます。

転職するリスクと転職しないリスク

転職することはリスクがあることだというのは間違いありません。

転職したものの、その転職が失敗に終わり、転職したことを後悔し、前の会社に戻りたいと思うようになってしまったり、すぐに再転職することになってしまう人だっています。

では転職せず今の仕事を続ければリスクはないのでしょうか?いや、そんなことはありません。

転職しないということは、この先いつまでも今の嫌な仕事を続けるということ。

転職を成功させることによって得られるはずだった年収アップ、スキルアップ、ストレスからの解放といったことが全く得られないということ。

これだって大きなリスクです。

何も変化することがなければリスクはない、失敗はないと考える人も多いのですが、そんなことはないのです、

そしてそのリスクの大きさで言うと、転職しないリスクの方が大きいかもしれません。

実際に転職したのうち、転職に不満を感じているのはたったの1割程度。

ほとんどの人は転職して良かったと考えており、仕事を続けるより転職した方が今の状況が良い方向に導く確率が高いのです。

転職しておけば良かったと感じる人も多い

転職するか仕事を続けるか迷い続けていれば気が付くと年齢は高くなります。

そして年齢が高くなればなるほど、対象の求人が少なくなり、求められるスキルも高くなり、転職先を見つけることが難しくなります。

その為、年齢が高くなってから若いうちに転職しておけば良かったと思う人は少なくありません。

いつかは答えがでるはず。そんなことを考えて先延ばししていればすぐに年齢は高くない、いずれ後悔することになるのです。

あなたが転職するか仕事を続けるか迷い続けている原因

ではあなたが転職するか仕事を続けるか迷い続け、いつまでたっても答えをだすことができない原因はなんでしょうか。

転職活動すら始めず、比較材料がない状態で考えている

転職するか仕事を続けようかを決めようかを決めようと思ったら、ある程度具体的に転職先についてわかっていることが必要。

それがわからないうちから年収が下がるかもしれない、休みが少なくなるかもしれないと考えても無駄です。

まずは転職活動を始めてみて、ある程度自分ならどういった会社に転職できそうか、どういった条件で働くことができそうか、自分の価値を見極めることが必要です。

転職しないリスクを軽く考えている

先ほども述べているように転職することだけではなく、転職しないことにだってリスクはあります。

ただ多くの人は転職するリスクばかりを大きく考え、逆に転職しないリスクを軽く考えすぎています。

確かに自ら変化を起こすことは勇気のいること。逆に何も変えないのはその瞬間だけ見ればとても楽。

しかし長期的に見た時、転職しないリスクは決して軽くなく、大きな後悔をもたらす可能性のあることは忘れてはいけません。

ネガティブな情報ばかりに注目してしまっている

転職するとなれば、必ずしも良いことばかりではないのは確か。

例えば簡単な例では年収はアップしたけど残業が増えた、休みは増えたけど年収がダウンしたなど。

今の仕事と比較して良くなる部分もあれば、悪化する部分もあるでしょう。

そういった中でネガティブな情報ばかりに注目してしまえば、転職に中々踏み切れなくなってしまうのも当たり前のこと。

転職についてはもっと客観的に、そして自分の希望に照らし合わせて総合的に考えなければなりません。

人間関係の心配

転職するか今の仕事を続けるか悩み続ける原因の一つが人間関係に対する心配。

新しい会社、新しい職場で人間関係が上手くいくだろうかというのは、やはり不安なことであり、それが転職に踏み切れない原因となっている人は多いでしょう。

ただ人間関係ばかりは転職前にいくら考えても答えはでないこと。この先、いつまでたっても悩み続けても仕方ありません。

もし人間関係が上手くいかないからという理由だけで転職を躊躇しているのであれば、思い切ってやってみるべき。

実際に転職した人のうち転職後の人間関係に不満を感じている人はたったの1割程度しかありませんから。

結局もっと良い仕事が見つかるなら転職したいという気持ちが強い

悩み続けても答えがでないというのであれば、もういっそのこと転職することはスパッと諦めて今の仕事を続けてみてはいかがでしょうか。

でも多くの人はそんな簡単に割り切ることはできないはず。

なぜなら心の中では結局今より良い会社があるならば転職したいという気持ちが強いからです。

ですからあなたが今の悩みから脱するには、今より良い会社に転職するか、今より良い会社への転職が無理だとわかり諦めるかのどちらか。

頭で考えるだけでは答えはいつまででません。

あなたがまずすべきなのは転職活動を始めてみること

結局のところ、今の迷いから脱する為には頭で考えるだけではなく、具体的に行動を起こさなくてはなりません。

ですからとりあえず転職活動を始めてみましょう。

転職活動することによって、今まで知らなかったことに気づいたり、自分の頭が整理することができたり、もし内定を貰えれば今の会社とより詳しく比較することも可能です。

迷い続け、気が付けば時間が経ち手遅れにというのは絶対に避けなくてはなりません。

おすすめ転職サイト

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。