社会人3年目で仕事を辞めたいと人の為の転職を決断する方法や転職活動の進め方

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

社会人3年目で仕事を辞めたいと人の為の転職を決断する方法や転職活動の進め方

社会人になって3年目にもなると、色々と気持ちに変化がでてくる人も多いでしょう。

1年目、2年目では仕事を辞めたいとずっと思っていた人が、職場に慣れ仕事もこなせるようになって徐々に楽しくなってきたという人も少なくはないと思います。

一方で最初は特に思っていなかったけれど今では辞めたくて辞めたくて仕方がないと思っている人という人も多いでしょう。

今回はそんな社会人3年目の人向けに、3年目の転職事情や転職活動の進め方を紹介していきます。

関連記事

 

社会人3年目は転職を考える人もかなり多い。

社会人として2年の経験は決して軽いものではありません。

入社した頃には見えてなかったことが見えてきたり、仕事を経験したからこそ将来について意識するようになったり、同じ会社の同期や他の会社で働いている人と差がつきはじめてみたり。

だからこそ入社前、入社直後と考え方、感じ方が変わるのは当たり前のことであり、それによって転職を考える人も多いです。

また仕事に対して諦めを感じ始めることが多いのもこの年代。

最初はつまらなくても、最初は辛くても、慣れてくれば変わるかもしれない、異動ができるかもしれないと希望を抱いていたのが、結局何も変わることがないという現実に直面し悩んでいる人は少なくないでしょう。

3年目で転職は早すぎるなんて言う人もいます。

とりあえず3年という言葉もありますしね。

ただ実際にそんなことはなく、多くの人が転職を考え、そしてそのうちの何割かは実際に転職に踏み切っているのです。

社会人3年目の転職事情、転職はかなりしやすい年代

とりあえず3年は働くべきだと言う話は多くの人が聞いたことがあると思います。

そしてそれがすぐに転職に踏み切れない原因になっている人もいるでしょう。

転職で不利になる、3年の経験がないと相手にされない、基準に満たず応募することすらできない。

そんなイメージを持っているのではないでしょうか。

ただ実際はそんなことありません。多くの人が間違ったイメージを持ってしまっています。

実は社会人3年目というのは非常に転職にチャレンジしやすい年齢であり、逆に今のタイミングを逃すとむしろ選択肢が狭くなってしまう可能性もあるのです。

3年目最大のメリットは第二新卒として転職することができること

社会人3年目で転職する大きなメリットが「第二新卒」として転職活動を取り組めること。

近年、社会人1年目から3年目の人を対象とした第二新卒転職が非常に活発化しており、大手企業でも多くの企業が新卒枠とは別に第二新卒枠を作って採用活動を行っています。

大手ホワイト企業に転職するチャンスだって十分にあるのです。

もちろん、ブラック企業がすぐ辞める企業が人材補填の為に採用を行っていたり、待遇が悪く人が集まらない企業が採用を行っているという場合も多いです。

ただそれだけではないのです。

大手企業、優良企業の求人の多くは非公開求人となっている為、転職サイトで調べるだけでは中々良い求人が見つからないかもしれませんから、気になる人は一度転職エージェントで非公開求人を紹介して貰うと良い思います。

3年目が第二新卒として転職するメリット

社会人3年目で第二新卒として転職するメリットとしては、以下のものが挙げられます。

  • 未経験職への転職が容易
  • 2年以上仕事を続けてきたことは評価される
  • 入社後も職場に馴染みやすい

未経験職への転職が容易

第二新卒として転職する最大のメリットは未経験職への転職が容易だということ。

新卒採用と比べて中途採用ではその職種での経験が重視されます。

それ故に社会人4年目以降、年齢が高くなればなるほどに未経験職へのキャリアチェンジがかなり難しくなっていきます。

実際、大手企業だとほとんどの会社は第二新卒以外の中途採用で職種での経験があることを必須とし、未経験採用を行ってません。経験で制限かけても人は集まりますからね。

ただ第二新卒の場合は基本的に職種としての経験は重要視されず、新卒同様にポテンシャル採用が取り入れられています。

むしろ若いうちに違う職種の経験があることをその人自身の強みとして考えてくれてる企業すらあります。

ですから未経験職への転職を考えた時、社会人3年目と4年目では選択肢が全然違うのです。

とりあえず3年という言葉の全てが間違っているとは思いません。

3年たって初めて仕事の良さに気づくことができる人だっているでしょうし、その職種で仕事を続けていこうと思ったら3年という期間が評価されます。

しかし場合によっては3年たったことで失ってしまうこともあることは忘れないでください。

2年以上仕事を続けてきたことは評価される

第二新卒として転職する場合、ライバルとなるのは社会人1年目、2年目の人達。

そういったライバルに比べて長く働いた実績というのは武器になります。

企業は第二新卒者に「またすぐ辞めてしまうのではないか」という懸念を持っています。すぐ辞められてしまったら採用した意味がありません。採用活動や採用後の給料を考えると下手したら大赤字です。

ただ前の職場で2年以上働いてきたという実績があれば、その心配は他のライバルに比べて少なくなります。

また社会人としての基礎的なスキルが十分身についているという点も大きなメリット。

たとえ職種が違っても、どんな仕事でも通じる基礎的なことはあり、上手くアピールすればそういった点を高く評価される場合が多いです。

いくらポテンシャル重視と言えども、実績を交えたアピールにかなうものはありません。

入社後も職場に馴染みやすい

3年目という若い年齢で転職した場合のメリットは、転職活動が上手くいきやすいというだけではなく、入社後の会社生活面でも大きいです。

4年目、5年目ともなれば周りが求める能力、仕事ぶりはどうしても高くなるもの。

その会社で新卒で入社した人もすでに一人でばりばり仕事しているでしょうしね。

過度な期待をされず、周りとしても受け入れやすいというのは、転職においてかなり大きなメリットです。

実は経験者枠で採用される可能性もある

社会人3年目で転職する場合、実は第二新卒枠で転職するしかないというわけではありません。

実務経験3年以上などの条件が課されている企業でも実は受かる可能性があるのです。

転職エージェントを利用した際に、同職種での転職を希望すればそういった求人を紹介されるはずです。

もちろん経験者採用である以上はその職種でのスキル、実績などをしっかりアピールして行かなくはなりませんが、一定の経験があるとわかればたとえ3年に満たなくても優秀な若い人材を企業はほうっておきません。

プライベートの面でも身動きがとりやすい

社会人3年目で転職するメリットは、プライベートの面でも身動きがとりやすいということ。

結婚よりも独身の人、子供がいる人よりも子供がまだいない人、子供が大きい人よりも子供が小さい人の方が家族に与える影響は少ないですからね。

家族が理由で転職を諦めてしまう人も実はたくさんいます。

そうなる前に自分の希望を実現するというのはとても大切なことです。

転職にかかる費用について

ただ忘れてはいけないのが転職にかかる費用のこと。

まず転職活動ですが、今住んでいる所の近くに限定して行うのであれば交通費等であまりお金はかかりませんが、もし遠方の会社にも受けに行くとしたらかなりかかってしまうことは覚悟しなくはなりません。

例えば関東から関西まで面接に行くとすれば、新幹線を使うと1往復で2万5千円以上、複数の会社を同時に受ける為に宿泊するならホテル代もかかります。

また面接の回数は2、3回行われる場合が多いので、数回往復しなくてはいけません。

さらに転職先が決まり引っ越しが必要となれば引っ越し代もかかりますし、寮や社宅がなければ敷金や礼金も必要となります(負担してくれる企業もあり)。

社会人3年目だと退職金は制度自体があっても基本的に貰うことができません。

人によって転職にかかる費用は全然違うので、あらかじめ自分のしたい転職と現在の貯金を確認しておく必要があります。

転職すべきかどうかを考える

このように社会人3年目というのは、非常に転職しやすい年齢です。

ただそうは言ってもそう簡単には転職に踏み切れませんよね。

やっぱり転職は不安が大きいし、転職すると後悔してしまうのではないかと怖くもなってしまいます。

はっきり言って、転職した人全てが転職したことに対して満足できているわけではありません。転職しなければ良かったと思っている人も一定数いるのは事実です。

だからこそ、今一度自分は転職すべきかどうかをしっかり考えてみるところから始めてみましょう。

今抱えている不満、理想とのギャップを整理する

まずあなたがやるべきは、今どんなことに不満を抱え、どういった理由から辞めたいと思っているのか、自分の理想とのギャップとどう違っているのかをしっかり整理すること。

転職に失敗した人のうち、これが曖昧なまま転職してしまっている人が非常に多いです。

実はわざわざ転職するまでもなかったことであったり、自分がなりたい姿と違うことに転職してから気づいてしまうのです。

将来を見据える

どんな仕事に就くかを考えた場合、目先のことではなく必ず将来を見据えるようにしてください。

その会社で長く働いていくと将来どうなっていくか、それが自分が将来なりたいと思っている姿と一致しているか。

もしかしたら転職すると一時的には給料が下がってしまうかもしれません。

ただまだ社会人3年目。目先のことより、重視すべきは将来のことです。

目先のことだけを考えて転職しても、将来きっと後悔する日が来ます。

周りの人の言葉に左右されない

転職を考える際、正直周りの人の言葉は参考になりません。

なぜなら周りの人は転職についてろくに知りません。そして転職を良くないものだと考えている場合が多いです。

その為、転職しようかどうか迷っているとなった時、ひどいブラック企業でもなければ反対されるのがオチでしょう。

とりあえず3年は働け、もう少しだけでも続けてみれば、会社はそんなもの、ここでだめならどこへ行っても通用しない、まだ仕事をわかっていない。

何の根拠もなく思い込みで平然とそう言うことを言ってきます。

ですから転職するかどうかは周りの人の意見に左右されずにしっかり自分の頭で考えて答えをだしてください。

安易に公務員を選択しない

不満から転職する人のうち、第二新卒者は特に民間企業への転職ではなく公務員への転職を希望する人がいます。

確かに公務員は公務員試験というわかりやすい試験があるし年齢も問題なし、安定性もあり世間体も良いです。

ただそれでも安易に公務員を選択することはおすすめできません。

公務員はやめておいた方が良いというわけではありません。しっかりとした志望動機があるなら良いでしょう。

ただ公務員は実は残業が多かったり、思ったより給料が低かったり、仕事内容が合わずつまらないと感じてしまう人も多いのです。また一度公務員になると再度の民間企業への転職難易度が上がってしまうという問題もあります。

迷うくらいなら転職活動する

そして必ずやってほしいのが、迷うくらいならさっさと転職活動してみるということ。

転職先も決まっていないどころか、どんな企業に転職できそうなのかどうかもわかっていない状態で転職するかどうかを決めるなんて言うのはそもそも無理なんです。

現時点では転職しないほうが良いのでと思っていても、実際に転職活動を始めてみると良い内定先が見つかり迷いがなくなったという人なんて山ほどいます。

転職はやってみなければわからないことがほどんど。迷っているならまずは初めてみましょう。

社会人3年目の転職を成功させる為の転職活動の進め方

ではここからは社会人3年目の転職を成功させる為の転職活動におけるいくつかのポイントを紹介していきます。

転職エージェントの利用は必須

転職活動を始めるならまず転職エージェントに登録しましょう。

転職活動の流れなど最初はわからないことも多いと思いますが、一からサポートしてくれます。

使った方が転職活動にかかる手間も少なくなるし、転職における成功率が高くなります。

何故か転職エージェントに対して敷居の高さを感じて入社3年たっていないとダメ、未経験職を希望するならだめなんて考えている人もいるようですが、全くそんなことはありません。

むしろ需要が高い存在なので転職エージェントにとってもありがたい存在です。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

退職を告げるのは内定がでてから

現在の会社に退職を告げるのは内定がでてからです。

決まらないうちにさっさと仕事を辞めてしまうのは得策ではありません。

仕事を辞めてからの転職活動はそこに時間を割いて集中できるという反面、金銭的な問題から焦りが生じてしまうというデメリットがあります。

またいざ転職活動をやってみた結果、上手くいかなかった時に後戻りができなくなるというリスクもあります。

内定が出てから入社まではだいたい1ヶ月程度待ってくれるのが普通ですから、仕事を続けながら転職活動を進めることを基本としてください。

転職の目的をはっきりさせておく

なぜ転職するのか。

その点は転職活動を始めてから内定がでるまで忘れることなくいてください。

転職活動を進めていると、いつの間にかその目的を忘れていつのまにか今の仕事を辞めることが最大の目的になってしまう人が少なくありません。

冷静になれば絶対に選ばない企業を受けて内定がでたら入社してしまう人もいますからね。

ただそんな転職をしても失敗は目に見えています。

ですから最後までなぜ転職するのかという目的を忘れず、応募する際はその目的と本当に一致しているかということをしっかり確認するようにしてください。

転職を成功させる為の入社後のポイント

転職において大切なのは、転職活動をどう上手くこなして内定を貰うかだけではありません。

どんな良い企業に内定を貰うことができたとしても、入社後に失敗してしまうとその転職は失敗に終わってしまいます。

ですから入社後のポイントとして以下の三点は必ず抑えておいてください。

未経験だからということに甘えない

入社したからには未経験だから、第二新卒だからと言う点に甘えてはだめ。

第二新卒であろうと、未経験者であろうともう社会人3年目であることに変わりはありません。

本来は他の3年目の人と同様に仕事をこなしていかなくてはならない年齢であり、出遅れているのです。

だからこそそれを取り戻す為にできる限り仕事を覚える努力はしなくてはいけません。

もちろん周りも入ったばかりの人にそこまでは厳しくしないでしょう。できなくて当たり前だと思っています。

ただそれに甘えているとすぐに使えないと思われてしまうので気を付けて下さい。

年下に対しても敬意を払う

入社すると周りには社会人1年目、2年目の自分より年下の人もいると思います。

ただそういう人達に対して年上風を吹かせては絶対にだめ。

たとえ入社間もない新入社員でまだ全く仕事ができない人がいても、職場に馴染むまでは敬語を使うようにしてください。

たった2年程度の差で入社してきたばかりの人が年上面してきたら良い気持ちになんてなりませんし、周りの人も「なんだこいつは」と不快に思います。

最初は何事も誰にでも謙虚にということを忘れないでください。

職場の人とは積極的にコミュニケーションをとる

職場の人からは自分から積極的にコミュニケーションをとるようにしていきましょう。

新入社員に対する扱いと中途採用社員に対する扱いって、いくら第二新卒と言えどもやはり違うんですよね。

あなたが話かけにくいと思っているのと同様、周りも話しかけにくいと思っているものなのです。

にもかかわらずそのまま話かけられるのを待っていると、暗い人だと思われてそれを取り返すのに長い時間かかってしまうことになります。

席が隣の人、年齢が近い人、仕事で直接かかわる人など、まずは自分にとって話しかけやすい人に積極的に行きましょう。

最初さえ頑張れば、あとは自然と色々な繋がりができて職場に馴染んでいくことができます。

最後に

転職するまではもちろん悩むことも多いでしょう。

会社を辞めたいと思っているからと言って、すぐに辞める決心なんてそうそうつくものでもありません。

ただせっかくの転職に有利なタイミング。

ぜひ少し前向きに考えてみて下さい。

関連記事

 



このページの先頭へ