新卒入社の新入社員はとりあえず転職サイトに登録しておこう

転職サイトに登録するのは転職しようと思ってから。そう考えている人がほとんどだと思います。

ただそう考えている人も、ぜひとりあえず転職サイトに登録してみてください。

特に新卒入社したばかりの新入社員にとって、それによって得られるものは少なくありません。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

新卒入社の新入社員はとりあえず転職サイトに登録しておいた方が良い

新入社員が転職するしないに関わらず転職サイトに登録しておくことは、以下のメリットが挙げられます。

選択肢を持てるので心に余裕ができる

辛いことも多い会社生活。

多少は我慢することももちろん必要ですが、中には辞めることもできずに無理しすぎた結果、うつ病などになってしまう人も実は少なくありません。

そしてそうなってしまう理由の一つが、選択肢を持てていないこと。

入社したばかりだから転職先なんて見つからない、仕事を続けるしかない。そんな風に自分を追い込んでしまっている人が多いです。

だからこそあらかじめ転職サイトに登録しておき、入社したての自分にどういった転職先があるのか、もし希望の転職をしようと思ったら後どれくらい働いた方が良いのかを知って心に余裕を持たせておかなくてはなりません。

今は第二新卒としての転職需要が高まり社会人1年目の人であっても転職できる土壌はできています。

いずれは転職する人が大半。傾向を掴んでおくことが役に立つ

今は転職するつもりがなくても、実際はいずれ転職する人が大半。

3年以内に転職する人の割合は大卒でも3割以上だし、4年目以降も含めると半数以上は20代のうちに転職することになります。

あなただって今転職する気がなくても、何かに不満を抱くようになってしまったり、キャリアアップを目指したくなって転職する気になるかもしれません。

私自身、入社して3年目までは転職なんて一切意識することがありませんでしたが26歳で転職していますしね。

だからこそさっさと登録しておき、傾向を掴んでおくことが役に立ちます。

転職サイトのスカウト機能に登録してどういった時期にどういった業界の求人からオファーがくるか見ておくだけでもだいぶ違います。

視野が広がり勤めている会社と比較もできる

新卒で入社した会社で働き続けていると、その会社しか知ることができずに視野が狭くなってしまいがち。

中々他の会社のことなんて知る機会がないので、それは仕方がないかもしれません。

ただそのまま働き続けていると、おかしいことがおかしいと気づくことができなくなったり、もっと良い条件で働くことができることにいつまでたっても気づくことができなくなってしまいます。

とりあえずどんな会社があるかというのはアンテナを立てておき、自分の会社を客観的に判断できるようにしておいた方が絶対に良いです。

診断テストが役立つことも

リクナビNEXTならグッドポイント診断、dodaならキャリアタイプ診断など、登録するとできる様々な診断テストがあります。

かなり濃密な診断テストであり、転職に役立つだけではなく、転職せずに今の仕事を行っていく上でも役立つ部分もありますからぜひやってみましょう。

意外に自分のことってわかっていないので、やってみる価値は高いと思います。

いい転職があればさっさと転職したって良い

求人を見たり転職エージェントから紹介された求人に良いものがあれば応募してみて受かればさっさと転職してしまうのだってもちろんあり。

1年目で転職するなんて早いという人もいますが、もし今勤めている会社よりも自分の希望に近い会社に行けるのであれば行くべきです。

新入社員の中にはとりあえず就職したものの就職先に満足していないという人は多いでしょう。

そういった人にとって、とりあえず軽くでいいから情報をチェックして、いい求人があれば応募だけでもしてみるということを繰り返していれば、それだけチャンスが広がることになり転職成功につながる可能性が高くなります。

転職サイト登録でのデメリットは特になし

一方で転職サイトに登録するデメリットは特にありません。

まずどの転職サイト、カウンセリングまでしてくれる転職エージェントだって完全無料でお金は一切かかりません。

また転職サイトに登録して利用しているからと言ってバレる心配だって全く無用。

会社の人の前で堂々と転職サイトを見ない限り、バレるわけがありません。

無料でリスクもなく、登録は数分程度で終わるわけですから、やらない理由がありませんよね。

おすすめ転職サイト

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。