大企業、中小企業と聞くとどんな違いを思い浮かべますか?

大企業の方が安定性や待遇面に優れているというイメージを思い浮かべやすいですが、実際の定義について詳しく説明できるでしょうか。

今回は大企業と中小企業の具体的な違い、また大手企業・上場企業の定義などもあわせて解説していきます。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

大企業・中小企業の定義

まずは大企業と中小企業の定義について、それぞれ確認していきましょう。

大企業か中小企業かは、中小企業基本法第二条において判断されます。

下記のうち「いずれかを満たす」ことが条件で、これに当てはまるものが中小企業、それ以外が大企業になります。

また、業界によって定義に差が出てくることにも注意しましょう。

製造業・その他
  • 資本の額または出資の総額が3億円以下の会社
  • 常時使用する従業員の数が300人以下の会社、個人
卸売業
  • 資本の額または出資の総額が1億円以下の会社
  • 常時使用する従業員の数が100人以下の会社、個人
小売業
  • 資本の額または出資の総額が5,000万円以下の会社
  • 常時使用する従業員の数が50人以下の会社、個人
サービス業
  • 資本の額または出資の総額が3億円以下の会社
  • 常時使用する従業員の数が100人以下の会社、個人

たとえばサービス業であれば、資本金が1億円でも従業員が500人以上であれば必ず大企業の括りに入ることになります。

上記の4業種だとかなり大まかな括りになるので、より詳細な分類を知りたい方は下記を参考にしてみてください。

製造業・その他下記以外の全て
卸売業
  • 各種商品卸売業
  • 繊維・衣服など卸売業
  • 飲食料品卸売業
  • 建築材料、鉱物・金属材料など卸売業
  • 機械器具卸売業
  • その他の卸売業
小売業
  • 各種商品小売業
  • 織物・衣服・身の回り品卸売業
  • 飲食料品小売業
  • 機械器具小売業
  • 無店舗小売卸業
  • 飲食店
  • 持ち帰り・配達飲食サービス業
サービス業
  • 放送業
  • 情報サービス業
  • 映像情報制作・配給業
  • 音声情報制作業
  • 広告制作業
  • 映像・音声・文字情報制作に付帯するサービス業
  • 駐車場業
  • 物品賃貸業
  • 学術研究、専門・技術サービス業
  • 宿泊業
  • 生活関連サービス業、娯楽業(旅行業は除く)
  • 教育、学習支援業
  • 医療、福祉
  • 複合サービス事業
  • その他サービス業

大企業といえばトヨタやSONYなどの名立たる企業を想像すると思いますが、実は大企業の範囲はわりと広いのです。

とはいえ日本企業の99.7%が中小企業、0.3%が大企業となっているため、企業数で考えればやはり中小企業が圧倒的に多いといえます。

関連記事

大手企業・上場企業とは

大企業・中小企業の説明はしてきましたが、ここからさらに大手企業・上場企業と細かく分類することができます。

就活や転職するときに知っておくと役に立つので、こちらも一緒に学んでおきましょう。

大手企業とは

大企業は、大企業の中でも特に規模が大きく有名な企業 のことを指します。「大企業」「大手企業」を適当に使ってしまっている人も多いでしょう。

(例)伊藤忠商事、三菱不動産、SONYなど

上場企業とは

上場企業は株式市場において、特定の基準を超えた活発な取引が行われている企業を指します。

なので働く社員にとっては、上場企業=社会的信用や知名度の向上、経営管理の充実などが見込めるというメリットがあります。

また上場企業は、主に大企業・中堅企業*・ベンチャー企業の3部門によって定義が変わってくるので、こちらも解説していきましょう。

*中小企業から成長を続けている、大企業と小企業の中間的な規模の優良企業

一部大企業が上場する市場。審査基準が非常に厳しい。
二部中堅企業が上場する市場。一部に比べると基準は厳しくない。
マザーズベンチャー企業が上場する市場。最も市場の動きが激しい。

上場企業には優秀な人材も集まりやすく、バリバリ仕事をしたい人にとっては絶好の場であるといえます。

「上場」の表記は求人票や企業のホームページに載っているので、スキルアップや福利厚生の充実を図りたい人などは、ぜひ転職の指標にしてみてください。

大企業と中小企業の働き方・待遇面の違い

大企業と中小企業の定義を理解したところで、ここからはそれぞれの特徴についても簡単に述べていきます。

7つの大きな違い

両者の差を一つ一つ挙げていくとキリが無くなってしまうので、大まかに7つの特徴をおさえておきましょう。

1.平均年収の高さ

20代前半の時点では大きく差がありませんが、年功序列型の大企業の方が年齢を重ねるにつれて確実に年収が上がりすいです。

2.任される仕事の広さ

大企業ほど部署ごとに業務が細分化されるので、任される仕事の幅が狭まってしまいます。その点、中小企業では若手でも裁量権を持ちやすいメリットがあります。

3.福利厚生の充実度

大企業のほうが充実度が高く、家賃補助・退職金などから社内食堂の完備など、プライベートでも助かる場面が多いです。

4.年間休日数の多さ

世間への知名度の高さから大企業は法令遵守をする傾向が高いこと、また中小企業に比べて人数が多いことから有給・育休の取りやすい環境にあるといえます。

5.出世競争

大企業の人数の多さは、出世争いを激しくさせる要素にもなります。だからこそ上司への好感度で将来が左右されやすいことも事実です。

6.会社の雰囲気(人間関係、風通しの良さ)

大企業はトラブルが発生したときに、どの部署の責任か追及しなければならないので緊迫した状況になりやすく、同様に部署内の個人でも似た状況が起こりやすくなります。

一方、規模が小さく風通しが良い中小企業は、このような面倒が少ない傾向にあります。

7.教育・研修制度の充実度

大企業では研修制度が確立しており、初めから現場に放り出すようなことはしません。また目的や研修期間もしっかりとしているので、新卒でも安心して業務に励みやすいといえます。

関連記事

社会人として知っておこう

大企業、中小企業の違いは、わかっているようで詳しくわかっていない人が多かったのではないでしょうか。

社会人の常識として、明確な定義は知っておきたいところ。 今後の転職やキャリアプランを立てる際にも、知識として役立てていきましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)