毎年、就活生の中で高い人気を誇るのは、大手企業や外資系企業です。この記事を読んでくださっている皆さんのなかには「大手を目指すから最初から中小企業を選択肢から外している」という方もいらっしゃるかもしれません。

それ自体が悪いことではありませんが、就活では中小企業で働くメリット・デメリットを知り、大手企業と比較・検討した上で、本当に自分に合った企業を選ぶことが大切なのです。中小企業について何も知らないままでそのような選択をしてしまうと、後々後悔する可能性があります。

そこで、ここでは『大企業と中小企業の待遇の違いはどの程度あるのか』『中小企業ならではのメリットや苦労することは何か』『中小企業のメリットを受けやすい人はどんな人物か』など就活生なら押さえておきたい情報をまとめて紹介していきます。皆さんの就活の一助となれれば幸いです。

そもそも中小企業とは?

日本の企業のほとんどが中小企業であることを知っていても、中小企業の定義を聞かれて明確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

中小企業は「中小企業基本法」において、業種別に「資本金の額又は出資の総額」と「常時使用する従業員の数」によって定義されています。

業種分類中小企業基本法の定義(原則)
製造業その他資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は 常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

上記の表が中小企業の定義であり、一般的にこの表に当てはまらない会社が大企業であると言われています。

大企業と中小企業の待遇の違いはどの程度あるの?

中小企業を就職の選択肢に入れている方は、やはり待遇の違いが気になりますよね。

ここでは年収と福利厚生の二つの観点から待遇の違いをみていきます。

年収

平均年収は、国税庁の企業規模別の平均給与調査結果によると以下の通りです。

  • 資本金2,000万円未満の中小企業:425万円(男子517万円、女子258万円)
  • 資本金10億円以上の大企業:635万円(男子732万円、女子334万円)

このデータを見ると、「大企業の方が年収が高いから中小企業よりも優れている!」と考える方も多いと思います。しかし、これはあくまでも平均ですし、簡単に優劣の比較をすることはできません。

また、厚生労働省の労働統計要覧を見ると、30代に入ると年収の差は40万近くまで広がりますが、20代前半では20万程度にとどまっていることがわかります。そのため、新卒~社会人3~4年目位までは大手に入ったとしても給料が高いとは限らないということは頭においておきましょう。

福利厚生

仕事の満足度や働きやすさを決める上で、福利厚生は見逃せない指標です。仕事内容や給料、休日数が全く同じでも、福利厚生の充実度の違いで労働環境は大きく変わります。

労働政策研究・研修機構(JILPT)が2020年7月に発表した福利厚生の実態調査によると、会社の規模が大きくなるほど福利厚生の種類・内容が充実しているという傾向が見られます。

大企業には、年金や保険制度などの社会保険のほかに、社宅・食事補助・資格取得サポート・結婚お祝い金・リラクゼーション優待など、プライベート面にも福利厚生を実施する企業が多いです。もちろん、企業によって種類・内容はさまざまですが、働く上で経済面・プライベート面2つの手厚いサポートは大きなメリットになるでしょう。

しかし、大企業の福利厚生ばかりが充実しているわけではありません。中小企業でも大企業並み、あるいはそれ以上の好待遇を用意している企業はあります。場合によっては、大企業以上に豊富な内容(利用施設割引、法定外の健康診断の補助、特別休暇制度など)で福利厚生を設定していることもあるため、隠れた優良企業もチェックすることが重要です。

待遇の差は確かにあるが、大切なのは何を重視するか

年収と福利厚生の2つの観点で比べてみると、やはり大手企業の方が待遇が良いといえます。

しかし、20代前半までは中小企業と大手企業の平均年収に大きな差は見られませんし、最近では福利厚生の充実に力を入れている中小企業が増えてきているのも事実です。

また、いくら充実した福利厚生でも利用しない人にとっては関係のないサービスになってしまうことがあります。

例えば、社宅の提供や食事支援があった場合でも、あなたが実家暮らしで食事にも困らない生活を送っているなら、サービスがあっても無くても変わりません。

このように「充実した福利厚生」ということばよりも、大切なのは「自分が働くうえで企業に求めるものは何か」なのです。

大企業と中小企業の待遇の差は気になるところだとは思いますが、自分が重視するものを明確にしたうえで企業研究を続けていくことが重要です。

中小企業ならではのメリットや苦労することは?

大企業に比べると、従業員数が少なく事業規模も小さい中小企業ですが、働く上ではどんなメリット・苦労することがあるのでしょうか。

メリット

日本企業の99%以上を占める中小企業は、数も多く企業の個性がさまざまです。

大企業と比べると、ネームバリューや規模が小さいと言われる中小企業ですが、大企業にはないメリットもたくさんあります。ここでは中小企業で働くメリットを具体的に紹介していきます。

幅広い仕事を経験できる

幅広い仕事に携われる上に未経験の仕事にもチャレンジしやすいという点は中小企業の大きなメリットです。

中小企業は人数が少ないため、職種・部署によっては業務を兼任して行うことも多いとされます。そのため、会社全体の業務を俯瞰して把握することができ、ジェネラリストになれるチャンスがあると言えるでしょう。

また、自分の希望する仕事や意見を通しやすく与えられる裁量権も大きいので、大企業と比べて仕事にやりがいや手ごたえを感じやすい傾向にあります。

意思決定までのスピードが速い

中小企業は、大企業と比べ決済・承認を得る社員スタッフ・役職員の人数が少ないため、決定・実行をスピーディーに行えます

意思決定が早いと新たな事業にいち早く進出できるので、先行者利益を得て会社に大きな売上をもたらしたり、「売上が立たない」と判断した際にはすぐに撤退し、リスクを最小限に抑えたりできます。

また、大企業や他社競合より早くPDCAサイクルを回せるという利点もあるでしょう。

アットホームな雰囲気になりやすい

中小企業は規模が小さいため、従業員同士や経営陣との距離が近く、アットホームな雰囲気になりやすいです。そのため、悩みごと・相談などのコミュニケーションを上司と取りやすいというメリットがあります。

また、会社全体の人数も少ないことから、他の部署や担当であってもコミュニケーションがとりやすく会社全体を把握しやすいという利点もあります。

出世・昇給が速い

中小企業は大企業と比べ出世・昇給が早い傾向にあります。

大企業は、社員数が多いうえに、未だに年功序列制度を取り入れている企業が多いです。そのため、いくら業績を上げても企業全体に与える影響力が小さくなってしまったり、上には上の役職がいたりと、出世しにくいケースが珍しくありません。

一方中小企業は、社員スタッフの人数・企業規模が小さいため、自分の功績や実績が与える影響力も大きいと言えますその影響力が大きいほど企業の売上に貢献できるので、事業拡大・役職が生まれ、出世・昇給が速くなる傾向にあるのです。

異動や転勤が少ない

中小企業は大企業に比べ、異動や転勤が少ないというのもメリットの一つです。

大企業は、全国に営業所・支店が多数ある上に、ジョブローテーション制度を導入している企業も多いです。そのため、教育・昇進を目的とした転勤や異動を定期的に命じられる可能性が高いと言えるでしょう。

反対に中小企業の場合には、支店や営業所があっても、大企業と比べれば圧倒的に数が少ないのが現状です。また、支店や営業所のない会社も多いため、異動や転勤が少ない傾向にあるのです。

苦労すること

中小企業には「幅広い業務を経験出来る」「出世や昇給が速い」など多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。

業務における責任や個人の仕事量が増えやすい

中小企業は、与えられる個人の裁量権が大きいので仕事に手ごたえややりがいを感じやすい一方、限られた人員で業務を回す必要があり、業務における責任や個人の仕事量が増える傾向にあります。です。そのため、どうしても社員一人ひとりへの負担が大きくなってしまいがちというのも、デメリットとして挙げられます。

人員を増やすことでそういった負担を軽減しようと採用活動を行っても、知名度の低さによって応募を獲得するのが難しく、人手不足に陥りがちというのが現実なのです。

給与・福利厚生が大企業と比べ少ない傾向にある

中小企業の給与・福利厚生は大企業と比べ少ない傾向にあります。

前述した通り国税庁の企業規模別の平均給与調査結果を見ると、企業や業界によってその金額は大きく異なるとはいえ、企業規模による給与格差約200万にものぼることが分かります。

また福利厚生についても、大企業の方が充実している傾向が強いです。

そのため、中小企業は待遇面において大企業に劣る傾向にあるといえます。

しかし、中小企業でも大企業並み、あるいはそれ以上の好待遇を用意している企業はありますので、中小企業を就職先として選ぶ際には、そういった隠れた優良企業をきちんとチェックすることが重要です。

大規模案件を経験することが難しい

中小企業では早くから裁量権の大きい仕事を任せてもらいやすい反面、どうしても大型案件に携われる可能性は低くなってしまいます。

例えば「広告代理店」について考えてみましょう。携われることの多い案件を企業の規模別に示すと以下の通りです。

  • 中小企業:企業のYou Tube用PR動画作成
  • 大手:大手メーカーのCM、都内の大規模イベントの運営

もちろん、どちらの仕事も立派な広告業界の仕事であり、優劣をつけることは決してできません。しかし、もしあなたに「多くの人を動かすような大型案件にチャレンジしたい」という気持ちがあるならば、中小企業だとなかなか機会に恵まれずに苦労する可能性が高いということは頭に入れておく必要があるでしょう。

研修・教育制度が不十分

大企業は、採用・教育に充てるコストが十分にあるため、新卒採用システムを導入する企業が多いです。そのため、研修・教育制度のノウハウが体系的に整っているといえます。

一方、中小企業は採用・教育コストに充分な資金を充てられないため、即戦力重視の中途採用を取り入れる企業が多いというのが現状です。ですから、大企業と比べ研修・教育制度が不十分である中小企業も珍しくありません。

しかし、研修や教育が「制度」として整っていないだけで、決して「何も教えてもらえない」というわけではありません。受け身ではなく自ら積極的に学びにいく意識を持ち、日々成長し続けられる人材であれば何も問題はありませんので安心してください。

中小企業のメリットを受けやすい人は?

中小企業で働くメリットを受けやすい人はどのような人なのでしょうか。

ここではその特徴を紹介します。

裁量権をもって働きたい人

指示された仕事だけをこなすのではなく、幅広い仕事に携わる中で裁量権をもって働きたいという人は、中小企業で働く方が向いているといえます。

大企業では業務が細分化されているため、仕事の幅が狭く指示されている業務だけをこなすことが珍しくありません。

一方で、中小企業は社員一人が携わる仕事の範囲が広く、裁量権も大きいことが多いので、仕事にやりがいや手ごたえを感じやすい傾向にあります。

また、業務に対する社員の意見などを積極的に受け入れてもらいやすいので、自ら問題意識をもって提案、改善を行っていきたいという人にとって中小企業は働きやすい環境であるといえるでしょう。

人よりも早く成長し、出世したいという思いが強い人

社会人として、人よりも早く成長し、出世したいという思いが強い人も中小企業に向いているといえます。

なぜなら、中小企業は「成長の機会」が多く与えられる環境であるとともに、能力やスキルに応じて出世が決まりやすいという特徴があるからです。

中小企業では、新入社員のうちから幅広い仕事に携われるうえ、与えられる裁量権も大きいことが多いです。そのため、中小企業で働くと、必然的に多くの「成長の機会」が得られることになるのです。

また仕事で成果を上げると、それ相応のポジションに就けることが多く、若くして課長や部長に抜擢される社員も少なくありません。ですから、「早いうちに出世して、高いポジションで多くの給料をもらいたい」という気持ちの強い人は、中小企業に向いているといえるでしょう。

異動や転勤を避けたい人

できる限り異動や転勤を避けたいという人も中小企業に向いているといえます。

地方に支店の少ない中小企業は基本的に異動や転勤が少なく、単身赴任の可能性も低いです。そのため、「将来的にはマイホームを購入して家族と住みたい」「働く環境を大きく変えられたくない」という気持ちの強い人には、中小企業で働くことをお勧めします。

新卒で中小企業に入ってから後悔をしないためのポイント

日本では「新卒」というのは一種の「ブランド」であり、そんな「ブランド」を使って就職活動ができるのは人生で一度きりです。

「大手に就職できたら勝ち組、中小企業に就職するのは負け組」などという考えは勘違いであり、就活に「正解」は存在しないということは理解して頂けたかと思います。しかしせっかくその「ブランド」を使って就職活動をするなら、悔いの残る結果にはしたくないですよね。

最後に、新卒で中小企業に入ってから後悔をしないためのポイントをお伝えしていきます。

自分が大手向きなのか中小向きなのかをきちんと見極めること

入社後に後悔しないためには、中小企業で働くことと大企業で働くことのメリットとデメリットをきちんと理解したうえで、自己分析を徹底的に行い、自分がどちらに向いているのかをきちんと見極めることが重要です。

「中小企業=負け組」という時代はとうの昔に終わっていますし、世間体を気にするのではなく、自らの性格や将来のビジョンと合う方を自分の意志で選択すべきです

自分の将来に関わる非常に重要な選択なのですから、くれぐれも「大手企業は採用が厳しそうだから中小企業でいいや。」などという「妥協」で、中小企業を志望することのないようにしましょう。

自分に合った社風の優良企業を探すこと

自分には中小企業が向いていると判断したのであれば、今度は自分に合った社風の優良な企業探しに力を入れましょう。

現在、日本に419万社もある中小企業には、俗にいうブラック企業ももちろん存在しますが、福利厚生の充実に力を入れ、社員が働きやすい環境を整えている優良ホワイト企業も多く存在します。

自分が働くうえで重視するものは何か、自分が理想とする働き方はどのようなものか、など「就活の軸」を決め、その軸に合った優良な企業を選ぶようにしましょう。

自分に合った優良企業の選び方としては以下の三つが挙げられます。

  1. 就活情報サイトで調べる
  2. 四季報を見る
  3. 逆求人サイトをみる

1.就活情報サイトで調べる

就活情報サイトとして有名なのは、リクナビマイナビです。就活生である皆さんならば、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

これらのサイトには、たくさんの中小企業の求人が掲載されているうえ、条件を選択して検索することもできるので、自分の理想に合った企業を見つけやすいはずです。

2.四季報をみる

四季報をみるという方法は、企業の細かな業務内容や離職率なども加味して企業研究を進めていきたい就活生にお勧めです。

そもそも四季報とは、東洋経済新聞社が発行している2481社もの大量なデータがまとまっている冊子のことです。

四季報をみることで、その企業の業務内容や福利厚生、入社3年後離職率、有休取得年平均、平均年収などを知ることができます。企業が出したい情報だけでなく、客観的なデータが掲載されているので企業研究を行うためにかなり役に立つのではないでしょうか。

3.逆求人サイトを利用する

逆求人サイトを利用するという方法も優良企業探しに有効であるといえます。

そもそも逆採用とは、企業が求人募集をかけて、その求人に対して学生が応募する従来型の就活スタイルとは異なり、学生が逆求人サイトに自分の強みや経験といったプロフィールを載せて、それを見た企業から学生にアプローチを行うというスタイルのことです。

この逆採用サイトとして、有名なものとしてはOfferBox(オファーボックス)が挙げられます。

逆求人サイトには、優良中小企業が登録していることも多いので、「優良中小企業から逆求人をもらいたい」という就活生は一度使ってみてはいかがでしょうか。

就活に「正解」は存在しませんので、自分に合った方法で徹底的に企業研究を行い、納得のいく企業を見つけましょう。

妥協せず、悔いの残らない就活を!

日本では一種のブランドである「新卒」カードを使って就職活動ができるのは、人生で一度きりです。

悔いのない結果で終わるために重要なのは、徹底的に自己分析を行い、これから働くにあたって「これだけは絶対に譲れない」という自分なりの価値観や判断基準、つまり就活の軸をもった上で就職先を検討することです。

周りからの評価を気にするのではなく、この「軸」をぶらさないことを中心に業界研究や企業研究を進めていけば、おのずと自分に合った企業に出会えます。

「名前を聞いたことがあるから」「就活が楽そうだから」などという理由ではなく、徹底的に考え抜いて自分の意志で決めた就職先ならば、会社の規模などを気にする必要は一切ないのです。

今回紹介した中小企業への就職に関する情報も参考にしつつ、自分なりの方法で自分の性格や人生設計に合った企業を探していきましょう。