中間管理職は残業が出ないのが当たり前?名ばかり管理職に要注意!!

中間管理職になって、労働時間はかなり増えたけど、残業代はでない為、時給で考えるとかなり低いなんて人もいるのではないのでしょうか。

一般的に、管理職は残業代がでないのが当然であると思いがちですが実はそれは大間違い。

中間管理職になっても残業代を貰う権利はあります。

名ばかり管理職に要注意です。

関連記事

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

残業代がでないのは管理職ではなく管理監督者

労働基準法では、管理監督者は法律上の労働時間等の制限を受けないとされています。

すなわち管理監督者には残業代がでません。

しかし、管理職=管理監督者であるといった間違った認識がありますがそうではありません。

管理職という肩書きだけで、労働時間の制限を受けずに残業代がでないということではないのです。

管理監督者は以下で記述することにあてはまる場合のみです。

参考:管理監督者の範囲の適正化

経営者と一体的な立場

経営者と一体的な立場というために、重要な責任や権限を委ねられている必要があります。

たいした権限を委ねられず、上司の指示に従うだけの立場では管理監督者と認められません。

労働時間の規制がない

管理監督者には、労働時間の制限をすることはできません。

ですので、遅刻や早退により給料や賞与を減らされてしまっているなら、それは管理監督者とは言えません。

ふさわしい待遇である

重要な責任、権限をもっている管理監督者に対し、給与、賞与などにおいて、ふさわしい待遇にしなければなりません。

管理職にあがったけど給料は増えないなんて場合は、管理監督者として認められません。

残業代がもらえずに給料が低すぎるなんてあってはいけないのです。

管理職なのに給料が低いと感じるのであれば、リクナビネクストで転職市場価値を知っておくといいでしょう。

あなたの会社がどんなものなのかがわかります。

中間管理職の実態。残業代が出ないだけの名ばかり管理職が多すぎる。

中間管理職の人達で、上記で記した条件を満たしていないにも関わらず、残業代をもらっていない人は多いのではないでしょうか。

私が知っている人でも、仕事は中間管理職にあがる前と変わらないにも関わらず、

中間管理職にあがり、労働時間がただ増えている人を何人も知っています。もちろん残業代はでません。

いわゆる名ばかり管理職です。

多くの人が管理職=残業代が出ないのが当たり前というご認識を持ってしまっています。

近年、若者の中で出世したくないという人が増えていますが、

上の人たちのこういう姿を見ていると、そう思ってしまうのも当然のことではないでしょうか。

そして、向上心がなくなり、モチベーションがさがる。

こうなってしまっては、会社側にとっても不利益をもたらしてしまいます。

最後に

労働者の立場として、まずは管理者=残業代がでないという誤った認識を正しましょう。

会社をやめる時にその実態を武器に残業代請求をすることも可能です。

はっきり言って、労働基準法を守っていない会社はやまほどあります。

法律だから守って当然だとか、うちの会社は大丈夫だとかいう認識を持ってはいけません。

むしろ、守っていない会社のほうが多いのですから。そういう会社で働いているならば、辞めるしかないというのが現状です。

関連記事
理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)