仕事から逃げることは悪いことではない、時には必要なこと

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

仕事から逃げることは悪いことではない、時には必要なこと

仕事から逃げる。

その言葉を聞いて、どういったことを思いますか?

あまり良い印象を持たないという人が多いのではないでしょうか。。

どんなことでも逃げるということ自体、あまり良いとされず、むしろ敵わない敵にも立ち向かっていくということに対して好意をもたれる傾向があります。

そういった逃げるというマイナスのイメージがあることによって、仕事でにおいても同様に感じられます。

その結果、周囲からも、自分自身からも、逃げることをとどまらせてしまうことになります。

しかし、本当に仕事から逃げることは悪いことでしょうか。

関連:もう働きたくない。そう思った時の対策。

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事から逃げるということ

逃げるということはどういう意味でしょうか。

そもそも逃げるとはどういうことか

goo辞書によれば、

  1. 捕まらないように、追って来るもののちからの及ばない所に身を置く。
  2. 危険から抜け出して去る。
  3. 面倒なこと、嫌なことから積極的に遠ざかろうとする。

といった意味があります。

仕事から逃げるというと3番に該当すると思っているのではないでしょうか。

仕事だと面倒なこと、嫌なことなんてやまほどありますから、3番の逃げるを実行したくなることはよくあるかと思います。

確かに、仕事において、面倒なことや嫌なことから逃げてばかりいると、何も仕事は進みません。

仕事で面倒なこと、嫌なことなんてやまほどあるわけですから、逃げずにやらなくてはいけないこともあります。

しかし、全てを3番の逃げるで片付けるのは間違っていないでしょうか。

逃げるには危険から抜け出すという意味もある

上記で述べている通り、逃げるには2番の危険から抜け出して去るという意味をもっています。

草食動物だって、肉食動物にであってしまえば、その危険に立ち向かうのではなく逃げる道を選びます。

こういったことは仕事でもあります。

極端な話でいうと過労死に繋がるほどの長時間労働であったり、うつ病にも繋がるパワハラであったり。

こういったものは下手したら命を落とすことにもつながるわけですから、逃げることは危険から抜け出すという意味で必要なことではないでしょうか。

ただ難しいことは、仕事において逃げるという行為が面倒なことや嫌なことから遠ざかるということなのか、危険から抜け出すということなのかの線引きが難しいということ。

あることに対しても人によっては2番になることも、3番になることもあります。

逃げたいと思うことに対して、どのようにどの程度感じるかは人それぞれですから。

スポンサーリンク

逃げるに値することから逃げていい

仕事から逃げるという行為に対し、どうしてもマイナスイメージがありますから、

あまりにひどいことがあっても、それを危険から抜け出すということではなく、面倒なことや嫌なことから遠ざかるという意味であると決めつけてしまう傾向がありますね。

それは自分自身でもそうですし、周囲からもそう思われてしまいます。

しかし、危険なことは危険なことであり、仕事から逃げることは悪いことではありません。

あなたにとって、本当に逃げるに値することであれば、限界まで我慢することなく逃げる道を選びましょう。

とはいえ、自分のハードルを下げて、なんでもかんでも逃げていては何もできません。

しっかり自分のことを考え、危険を見極めましょう。

逃げるは悪いことではない

逃げるにしても色々なやり方がありますが、一番わかりやすいのは会社を辞め、転職するということ。

人間関係が上手くいかないことだとか、仕事が辛いだとかで仕事から辞めて転職することは、逃げることであり悪いことだというイメージがあります。

しかし、決して悪いことではありません。

仕事から逃げることを我慢しても働き続けるより、一旦、仕事から逃げて自分がもっと幸せに、豊かに過ごせる環境を手にいれることのほうがずっと良いことです。

転職しても幸せになれるとは思えないという人も中にはいるかもしれませんが、やってみなくてはわかりません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

最後に

逃げるということを単にネガティブなことであると思い込まずに、仕事であれ、そうでなくても、本当に必要な時は逃げるという選択肢を使えるようにしましょう。

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ