大企業を退職して後悔する人にありがちなこと。なぜ選択を失敗してしまうのか。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

大企業を退職して後悔する人にありがちなこと。なぜ選択を失敗してしまうのか。

給料が高い、労働条件がいい、福利厚生がいい、安定しているなど労働者にとってたくさんのメリットがある大企業。

就職市場で人気があり競争率の高く、大企業の中でも特に有名な一流企業ともなれば、そう簡単に入社することはできません。

入りたくても入れなかった人もたくさんいます。

ただそのせっかく入れた会社を、誤った判断で退職に踏み切ってしまいって後悔する人は少なくありません。

関連記事

 

大企業を退職する人は少なくはない

大卒の入社3年以内の離職率はおよそ3割。

10人に3人というかなり高い割合の人が3年たたずに新卒で入った会社を辞めています。

ただ大企業に絞った場合だと離職率はこれほど高くはありません。

ホワイト企業でも数%の人は退職する

特に一部上場しているような一流企業だと、3年以内の離職率がたったの数パーセント程度しかないと会社もとても多いです。

ただ0%ではありません。

それこそ給料も高くてホワイト企業だと有名な企業であっても3~5%程度は辞めている会社もあり、そんな珍しいことでもないのです。

それに入社3年たってから退職する人だっていますから、大企業を退職した経験がある人というのは実はかなり多いです。

実際、私の知り合いにも大企業出身で今は全然違う仕事をしている人はたくさんいます。

大企業からベンチャー企業に転職した人、大企業からさらに大手の会社に転職した人、独立した人など色々な人がいます。

なぜせっかく入った大企業を退職してしまうのか

大企業を退職した人の中には、やむを得ず退職することになってしまった人もいます。

たとえば健康上の理由、家庭の事情などです。

ただそういった人は少数派であり、たいていは誰に言われるでもなく自分の意思で退職しています。

たとえばこんな理由によってです。

  • キャリアアップを求めて
  • やりたい仕事ではなかったから
  • 仕事がつまらないから
  • 転勤が多いから

確かに平均からみると給料は良くても上を見たらさらに上がいて満足できない人もいます。

給料や労働条件よりも仕事のやりがいを重視する人もいます。

大企業特有の転勤の多さに耐えられない人もいます。

大企業で働いているからと言って、皆が皆満足して働いているわけではないんですよね。

せっかく入った大企業、退職して後悔する人は少なくない

ただ自らの意思で退職したにもかかわらず、退職してから後悔する人は少なくありません。

もちろん大企業から退職した人みんなが後悔するわけではありません。むしろ退職して良かった、退職という決断が間違っていなかったという人の方が圧倒的に多いです。

ですから大企業にせっかく入れたなら退職すべきではないとは思いませんし、それどころかただ大企業だというだけで退職や転職という選択を一切捨て去ってしまっている人が多いことにもったいないとすら思っています。

ただ後悔している人がいるというのは間違いなく、目をつぶってはいけない事実です。

一度退職してしまえば出戻りできる人はごくわずかであり、ほとんどの人はいくら後悔しようがもう戻ることはできませんからね。

大企業を退職して後悔する理由

ではなぜ自分の意思で退職したのに後悔することになってしまうのでしょうか。

退職してから気づくことが多いから

大企業は様々な面で恵まれています。

給料の良さ、労働条件の良さ、福利厚生の充実度などわかりやすいものばかりではありません。

たとえば労働管理がしっかりしていること、仕事をスムーズに行える体制ができていること、周りの人も優秀なことなど、中で働いているわかりにくいことも多いです。

その為、転職してからそれまで当たり前だと思っていたことが当たり前でないことに気づき、前いた会社が恵まれていたということを知ります。

そうなった時、それまで不満に感じていた会社が良い会社だったと思うようになってしまうのです。

もう以前の恵まれていた状態を取り戻せないから

たとえ失敗しても、数年後にまた以前と同じような状態を取り戻せるのであればそれほど後悔はないはず。

ただ前にいた会社が恵まれていればいるほど、取り戻すことは難しくなってしまいます。

大企業から退職することは簡単です。ただ大企業に転職することは難しいのです。

一度手放すともう取り返すことはできないとなった時、もし手放したことが失敗だったとしったら、その後悔はとてつもなく大きなものになってしまって当然です。

大企業を退職して後悔する人にありがちなミス

たびたびになりますが、大企業を退職すること自体に問題があるわけではありません。

どれだけ周りから見たら恵まれていたとしても、退職した方がいい人もいます。

問題なのは後悔してしまうような選択をしてしまったことです。

ではなぜそうしてしまうのでしょうか。その原因として以下のものが挙げられます。

デメリットばかりに目がいってしまう

あれが嫌だ、これが不満だとデメリットの部分ばかりに目がいき、その会社で働くことのメリットに気づかない。

恵まれていることを知ろうともせずに当たり前だと決めつける。

得ることばかりを考え、同時に失ってしまうものを考えない。

まずこれが大企業を退職して後悔することになる原因の一つです。

給料や労働条件の大切さが分かっていない

高い給料を貰えること。休みが多いこと。残業に制限があり長時間残業にならないこと。

こういったことは働く上で非常に大切なことです。

ただ仕事の内容ややりがいなどを重視するあまりに、そういった点を軽視しすぎてしまう人は少なくありません。

もちろんそれでも満足できる人もたくさんいます。給料は減ったけどやりたい仕事ができるようになったから幸せだと感じることができる人もたくさんいます。

ただ皆が皆、そういうわけではないんですよね。

実際に働いてみると給料の少なさから不満しか感じることができなくなったり、長時間労働に耐えることができなくなってしまう人もたくさんいるのです。

自分の実力を過信している

大企業だと成長できない、自分はもっと活躍できる。

そんな風に何の根拠もなく自分の実力を過信し、あまりに無謀すぎるチャレンジに踏み切ってしまうと後悔することになる可能性は大きいです。

たとえば年功序列は嫌だ、成果主義の会社がいいと外資系企業やベンチャーに転職したが全然活躍できなかったなんて人はしばしば見かけます。

考えたつもりになっている

大企業を退職するというのはそれ相応の勇気が必要であり、ほとんどの人は悩みますし、じっくり考えるでしょう。

ただしっかり考えたつもりが、実は考えたつもりになっているだけになってしまっていたというミスはよくあります。

結局は退職することに持っていこうと、退職を正当化するだけのことばかりを考えて退職を否定するようなことは極力考えないようにしまうというのがよくあるパターン。

考えたつもりになって退職してしまうと、退職後に少しづつボロがでてきてしまいます。

後悔しない退職をする為に

大企業であるからといって退職することに躊躇する必要はありませんが、より一層の慎重さを持つことは必要です。

改めて考えてみてください。

自分がなぜ退職することを望んでいるのか。当たり前だと思っていることが本当は恵まれているのではないのか。自分にとって本当に大事なことは何か。現実を直視できているか。

しっかりと考えた末にだした答えなら、たとえ大企業からの退職でも決して後悔することはないはずです。

転職活動では転職エージェントの利用が必須

転職活動では、必ず転職エージェントを利用するようにしてください。

好条件の求人は基本的に表にでていません。

転職エージェントを使わなければ、いつまでたっても希望に合う仕事が見つからなかったり、無駄な時間を費やすことになってしまいます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. JAC Recruitment

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。

転職活動始めるならまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

JAC Recruitmentは業界3位の年収600万円以上のミドル層、ハイクラス層を退職にした転職支援サービス。

大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、他に比べて高年収なものが多数揃っているのが特徴。

求人の質はもちろん、コンサルタントの質が高いと評判ですからキャリアアップを希望している人は合わせて使ってみるといいでしょう。

■公式サイト:JAC Recruitment

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

ちなみにとりあえず情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXTがいいです。

国内No.1の転職サイトで掲載されている求人量、スカウトメール機能、診断テストなどが充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ