大企業を辞めて後悔しないために大切なこと

給料が高い、労働条件がいい、福利厚生がいい、安定しているなど労働者にとってたくさんのメリットがある大企業。

就職市場で人気があり競争率が高く、大企業の中でも特に有名な一流企業ともなれば、そう簡単に入社することはできません。

入りたくても入れなかった人もたくさんいます。

ただ、そのせっかく入れた会社を誤った判断で退職に踏み切ってしまい、後悔する人は少なくないのが現状です。

今回は、そんな大企業を辞めて後悔しないために大切なことを解説していきます。

関連記事

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

大企業に勤めることのメリットは大きい

大企業に勤めることのメリットは大きい大卒の入社3年以内の離職率はおよそ3割。

10人に3人というかなり高い割合の人が3年たたずに新卒で入った会社を辞めています。

大企業に勤めるということは、給料や賞与に加え福利厚生が充実するなど目に見える以外の部分でもメリットが大きいものです。

それでも離職する人が一定数いることは事実で、人間関係や業務内容が自分に合わないなどさまざまな理由で退職しています。

ホワイト企業でも数%の人は退職する

特に、一部上場しているような一流企業だと、3年以内の離職率がたったの数パーセントしかない会社も珍しくはないのですが、現実的には早期退職者が1人もいないわけではありません。

それこそ給料も高いホワイト企業で有名な企業であったとしても3~5%程度は辞めている会社もあります。そんな珍しいことでもないのです。

実際、大企業出身で今は全然違う仕事をしている人はたくさんいますし、大企業からベンチャー企業に転職した人、大企業からさらに大手の会社に転職した人、独立した人などいろいろな人がいます。

大企業を辞める人の理由

大企業を辞める人の理由大企業を辞めた人の中には、自らの意思で退職したにもかかわらず退職してから後悔する人、退職して良かった・退職という決断が間違っていなかったと感じる人もいます。

人により退職する理由はさまざまだったとしても、その多くは大企業の中での自分の存在感や大企業の在り方、仕事の進め方などに不満を抱く傾向があります。

ここでは、大企業を辞める人の理由を深堀して、具体的にどんな退職理由があるのかチェックしていきましょう。

会社での自分の存在価値が小さく感じたため

大企業で働くことは、企業の中の1つの歯車として与えられた業務をこなすことが中心となります。

管理職ともなればある程度の裁量が与えられたり、歯車としての影響も大きくなるとしても一般社員として働くだけでは自分の存在価値を見出せないこともあります。

例えば、チームを組んで働く上で指示されたことだけをこなす、自分の意見はほとんど採用されないままで業務が進むなどのように、会社内での大勢の中の一人として、自身の存在価値が小さく感じられることが挙げられます。

働き蜂のように周囲の一般社員と同じように過ごすことに満足できない、もっと自分の力を発揮したいという方にとっては社内での自分の存在価値が小さく感じることは退職の理由として十分なものとなるでしょう。

先の人生をこの会社でこのまま過ごして良いのか? と考えたとき、裁量がないことや必要とされないことは物足りなさや不満を日々蓄積する原因になるのです。

古い文化に嫌気がさしたため

近年はさまざまな働き方を取り入れる企業が増えて、社会としてもワークライフバランスや個を重視する傾向が浸透してきています。

しかしながら、大企業は長年の歴史あるところがほとんどで、近年の社会の新しい流れを取り入れられていないところも多く存在します。

社会の新しい流れを取り入れられない傾向はもはや大企業の文化といっても過言ではなく、従来の働き方を守り続けることこそが社員の誇りのように考えている古い考えが根付いているのも事実です。

大企業で働く人の中には、今どきの働き方ができる人をうらやましく感じたり、大企業だからこそ新しい流れをどんどん取り入れて時代を先取りしたり、リードしなければならないのでは? と考える人も少なくありません。

こうした大企業の古い文化に嫌気がさして、時代に遅れない働き方について考えられる柔軟性のある会社を希望する人は、例え苦労して入社した大企業であったとしても退職して自分の考えを貫く傾向があります。

大企業を辞めて後悔する人にありがちなこと

大企業を辞めて後悔する人にありがちなこと自分の意思で大企業を退職したのに、なぜ後悔する人がいるのでしょうか。

確かに、退職がすべて正しい選択とは限りませんが、大企業を退職することは人生において一大決心といっても良いほどの思い切りが必要です。

ここでは、大企業を辞めて後悔する人に良くあるケースを紹介していきます。

デメリットばかりに目がいってしまう

大企業で働いている間はさまざまな面で恵まれています。

給料の良さ、労働条件の良さ、福利厚生の充実などが挙げられますが、他にも労働管理がしっかりしていること、スムーズに仕事が進められる体制が整っていること、優秀な人材が揃っているなども働く上で恵まれた条件です。

大企業の環境を当たり前だと思っていた人は、大企業を辞めてから転職先の職場環境や人間関係に直面して、前に勤めていた大企業がどれほど恵まれていたということを実感し始めるケースが少なくありません。

前職の大企業の良さを退職してから気づいても、辞めてしまっては再就職することはなかなか厳しいものがあります。

そのため、大企業に勤めていたときがどれほど恵まれていたかを実感するほど、現職のデメリットばかりに目が行ってしまうでしょう。

給料や労働条件の大切さが分かっていない

働く上での給料や労働条件の良さはいくつかの職場を経験しないとわからない人もいます。

新卒で大企業に入った人は、数値的な給料の良さは実感できたとしても、その価値や仕事のやりがいまで含めて考えるとこれくらいもらって当たり前のように感じる人もいるでしょう。

ですが、給料の高さはそれだけ大きなお金が動く仕事をしていたり、企業の利益に直結する仕事をしている証拠ともいえます。

なぜ他社より高い給料がもらえるのか、それが正しく理解できていない人は辞めたあとに気づいて後悔の念を抱くようになります。

労働条件についても同じように、同じ社内に優秀な人材がどれだけいるかや、上層部の労働管理の徹底ぶりなど、転職先企業と比較すればするほど大企業の偉大さを実感することとなるでしょう。

自分の実力を過信している

大企業に就職できた実績から自分に自信を持ち実力を信じている人もいます。

確かに、国内でも指折りの有名企業や上場企業で働いているならそういった思いを持っていてもおかしくありません。

しかし、大企業にいると自分が成長できない、もっと活躍できるなど、自分自身に過剰な期待の気持ちを抱いてしまってはこの先の人生はさほど大した結果を残すことはできないでしょう。

確かに自分の実力を実績などから受け入れて認めることは必要なことです。

ただ、どの会社でも実力が認められるかというとそれは会社によりスタンスが異なるため一概にまかり通ることではありません。

働く会社が違えば大企業で働いていたときと同じようにいかないのは当たり前です。

職場の雰囲気、人材、上層部の考え方によっては、前職が大企業だったことをねたまれることもあるでしょう。

転職したなら、その会社の平社員からリスタートするつもりでいなければ、本当の実力を発揮するステップすら与えてもらえないのが現状です。

どんなに自分の実力を信じていても、発揮するためのステージを間違えないよう見極めることが必要です。

考えたつもりになっている

数年後には大企業にいたときと同じように活躍できるなどと根拠のない考えの方は、本当に大企業を辞めることや転職について真剣に考えているわけではありません。

大企業を辞めることも転職先を選ぶことも、明確な理由や実績を証明できる経験などがあって具現化できるものです。

漠然と転職してから何年かでなんとかなる、という考えは考えたつもりというのが相応しいでしょう。

転職してみて思っていた会社と違う、自分が考えていた会社じゃなかった、という感覚に陥るのは事前のリサーチ不足や考えたつもりで行動した結果です。

考えたつもりで大企業を辞めた人の中には、大企業でも転職先でも結局不満しか出てこない社会人生活を送る傾向があります。

退職して後悔しない為に

退職して後悔しない為に大企業を退職すること自体は社会人として問題があるわけでは決してありません。

どれだけ周囲から見て恵まれた環境だったとしても、さまざまな理由や本人の考えにより退職した方が良い場合もあります。

問題なのは、大企業を退職したことを後悔したときです。

せっかく誰もがうらやむ大企業に入り、自分の意思で退職するのだから後悔しないよう行動しなければなりません。

ここでは、大企業を退職して後悔しないためのポイントを紹介していきます。

働く上で自分が一番重視したいことを明確にする

大企業で働いていても、自分が一番重視したいことが今の会社では難しいと判断したなら辞めて転職を考えるタイミングです。

これは、ちょっと気に入らないことがあったらというような軽い意味合いではなく、人の役に立つ仕事がしたいなどのように入社時から働く上で重視してきたことが実現できないときの判断を意味します。

大企業で働いていてもお茶くみとコピーばかりで人の役に立つ仕事になってない、そう思うならその思いを武器に転職する際の志望動機を立てることができるでしょう。

働く上で重視したい軸が明確であるほど良く、多少リスクがあったとしてもチャレンジする価値があります。

自分の将来をイメージしてみる

自分の将来をイメージしたときに、今のまま働き続けて理想のイメージにたどり着くことができるか、今の職場で満足している自分を想像できるかどうかは今後の行動を左右する指標になります。

例え、今すぐ大企業を辞めたいと思っていても、長期的に見れば今のままの方が理想の将来に近づく可能性があるなら、辞めたい気持ちをもう少し我慢することもできるでしょう。

現状に不満が大きくて耐えられないというならまだしも、自分の理想的な将来がイメージできるなら今の大企業で出来ることを探したり、取るべき行動を考えて実行していくことが大切です。

転職活動では転職エージェントを利用した方が断然良い

転職活動では転職エージェントを利用した方が断然良い大企業であるからといって退職することに躊躇する必要はありませんが、より一層の慎重さを持つことは必要です。

自分が働く上で重視するものが見つからない方や重視したいことがわかっていても実現できる企業が見つからない方は、自分1人で退職や転職に向けて行動せずに転職エージェントを利用するのも1つの方法です。

転職エージェントは転職のプロであり、転職希望の求職者を1人ひとり客観的に分析した上でマッチする企業を紹介してくれます。

また、転職エージェントの利用は無料、担当者が親身になって丁寧にヒアリングを行いそれをもとに転職先企業を探してくれるサービスです。

気になる企業が見つかったなら転職先との待遇や面接日程の交渉なども行ってくれます。

何より、現状よりも希望に合う高待遇の転職をサポートしてくれるので、やりたい仕事がある方や仕事上で重視したいことがある方にはうってつけなのです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)