円満退職が難しい、無理だとしてもそれは仕方ない。悩むなんて無駄だから割り切ろう。

退職するならトラブルなく、できる限り円満退職をしたいものです。

そのためには正しい手順をふみ、穏便に退職手続きを進めなければなりません。

ただ、状況によっては辞めたくても円満退職が難しいこともあります。

そこで、今回は円満退職したいけど難しい・無理な場合にどうしたら良いかを考えていきます。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

円満退職が難しくて悩む人は多い

会社を辞めるなら円満退職をしたい、そう思う人がほとんどだと思います。

ただ、状況によりどうしても無理なこともあります。

強引な引き止めや、周囲から無視や嫌味を言われる状況に陥ることは誰にでも起こりうるのです。

どんなに誠意をもって正しい手順を踏んでもできない時はできない

円満退職を目指すため誠意を持って正しい手順を踏んだとしても退職できないときはあります。

例えば、数ヶ月前に退職の意志を伝えたのに流されたままで一向に話が進まない状態などが挙げられます。

そのほか、上司から引き留められて辞められない、退職に向けて有給休暇消化をしたいのに有給を取らせてもらえないといったケースもあるでしょう。

このような状況になると円満退社を目指すことは難しくなり、退職を主張することもできなくなってしまいます。

どんなに誠意を持って正しい手順を踏んでもなかなか辞められず悩む人は多いのです。

円満退職ができない人の特徴

退職する際に正しい手順を踏み手続きを進めれば、多少の引き留めがあったとしても円満退職は可能です。

それでも円満退職できないなら会社自体に問題がありますが、円満退職できない人にも共通する特徴があります。

例えば、周囲に気を使うあまり自分を大切にできていない人は円満退職しづらい傾向があります。

また、退職することは会社に対する裏切りのように思っていたり、正直で嘘がつけないなども共通する特徴です。

円満退職を目指すなら、こうしたことを考えずにある程度割り切ることも必要です。

無理に円満退職をしなくていい

退職する際は多くの人が円満退職を考えますが、無理に円満退職を目指す必要はありません。

退職は個人が決めるものであり、その自由は法律でも定められているからです。

自分が退職した後のことが心配でも、職場の人間関係や業務は辞めてしまえば過去のものとなります。

退職するにあたりさまざまな思いがあるとしても、円満退職だけが方法ではないのです。

退職の自由は法律で定められている

民法では退職について、退職は会社に申告してから最短2週間でできることを明記しています。

法律で定められているだけに、会社の就業規則で退職に関する別条件の記載があったとしても法律の方が優先されます。

そのため、「辞めるなら損害賠償を払え」「今日で首」などのような脅しを受けても法的効力はありません。

このような脅しとも受け取れる要求に応じてしまうと自分が不利になるので、どんなことを言われても毅然とした態度で対応することが必要です。

第627条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用:厚生労働省:労働政策審議会労働条件分科会 第49回資料

職場の人間関係は、その場限りなもの

退職の意志を伝えたことで職場の人間関係が悪化することはあります。

会社に残る人の中には退職することがポジティブに受け取れない人もいるでしょう。

ですが、何か言われることを恐れて無理にその会社に居続ける必要はありません。

また、職場の人間関係はその場限りのものです。個人的な付き合いがない限り、退職すればそこで関係性はなくなるので悩まずに退職日を待ちましょう。

もしも嫌味を言われることに耐えられないなら、退職日まで有給休暇を取り出社日数を減らす方法も検討してみてください。

辞めることはあなたの責任ではない

自分が退職することで職場には多少の迷惑はかかります。退職後の仕事の割り振りや配置換えなどが行われることもあるでしょう。

ですが、一人が退職して上手く回らない状態は、あなたの責任ではなく会社の責任です。

人手不足なら人材を採用すべきであり、日頃から社員教育に力を入れていれば一人抜けても残りの社員で回していけるでしょう。

また、退職理由が会社にある場合、職場環境の改善にも取り組み離職者を減らす努力も必要です。

退職に対し自分の責任のように感じている方は、自分を責めず堂々と退職して全く問題ありません。

円満退職ができないことのデメリットとは

ここでは、円満退職できないことのデメリットについて把握だけでもしておきましょう。

ただ、現状の辛さと円満退職出来ないことのデメリットを比べて、今の方が辛いと思うなら円満退職にこだわる必要はありません。

転職先で悪影響を及ぼす可能性がある

同業他社の場合、同じ業種だと前の会社の評判が転職先に伝わる可能性があります。

場合によっては前の職場の人と会うことも考えられるでしょう。

転職先が全く異なる業界ならこうした心配はほぼありませんが、前職での評判や人間関係に触れる機会がある場合は業務に支障が出る可能性があることも考えておかなければなりません。

ただ、万が一前職の評判や人間関係に触れる機会があったとしても、毅然とした対応を取り業務をこなすことが重要です。

退職前に有休消化が拒否される場合がある

退職前に有給消化をしたい場合、拒否される可能性があります。

有給休暇は労働者の権利であり、会社が拒否できないと労働基準法で定められています。

ですが、業務の引き継ぎや退職日まで日数がない場合は、残りの有給を消化できない場合もあるでしょう。

こうした事態を避けるために余裕を持って退職の意志を会社に伝えることが大事です。

引き継ぎにかかる日数や時間と有給消化を含めたスケジュールを立てておきましょう。

余裕を持ってスケジュールを立てているのに、有給を取得出来ないケースは法に抵触している状態です。

その際は我慢せずにさらに上の立場の人や人事部に相談して対処してもらいましょう。

これらのデメリットを踏まえ、次は円満退職を実現させるためのポイントを紹介していきます。

円満退職を実現させるためのポイント

円満退職を実現させるためには、いくつかポイントを押さえた取り組みが必要です。

円満退職を目指したい方はぜひ目を通してください。

退職理由をポジティブに伝える

退職理由を伝える際に会社側を嫌な気持ちにさせてしまうと、円満退職につながらない要因となる場合があります。

本当の退職理由が会社に対するネガティブなものだったとしても、ポジティブに伝えることがポイントになります。

例えば、「スキルアップをしたい」などのようなポジティブな内容や、「親の介護で地元に戻らなければならない」「家業を継ぐ」などの会社が立ち入れない個人的な理由を述べるのも有効な手段です。

引き延ばされないように、最低限の周囲への配慮を

退職するときは、自分の業務を引き継ぐ人に引き継ぎ書を作成します。

退職の意志を会社に伝えてからでも作成できますが、なるべく早い段階で作成しておき引き留めなどに合う前に上司に確認してもらうなど、事前に準備しておきましょう。

また、会社側はあなたが辞めたあとに引き継ぐ人材を探したり場合によっては採用しなければなりません。

人材探しには時間がかかることもあるので、退職するタイミングは繁忙期を避ける方が良いでしょう。

こうした周囲への配慮をすることで、引き留めなどの交渉を避けることにつながるほか、結果として自分が辞めやすくなります。

プロと相談して、転職時を見定める

退職したいと思っても社内の人には相談しづらいものです。次の職選びや退職までの過ごし方などで悩む人も多いです。

一人で考えてもわからず悩むなら転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職のプロに相談することで、次の職選びや今の職場の辞め方を相談でき、円満退職を目指すあなたの悩みも解決できます。

転職エージェントなら退職も転職もサポートしてくれる

退職するならできる限り円満退職を目指したい、多くの人がそう感じながらも思うようにいかず悩んでいます。

周囲に気を配りながらの生活は自身にもストレスがかかり、転職活動まで気が回らなくなってしまう人もいるでしょう。

こうした事態を避けるためには、転職のプロである転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、退職時の人間関係や転職時期の決定などの悩みを相談することができます。

転職エージェントは、面談を行い転職に向けた自己分析のサポートや、転職に関する日程調整を丸投げすることも可能です。

在職中でもストレスなく転職できることに加え、面接準備・履歴書作成のサポートが受けられます。

転職エージェントの使用料は無料、円満退職を目指したい方はもちろん退職を検討している方もこの機会に登録して相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。