転職、退職を妨害するのは違法。もしされたらどう対処すれば良い?

転職するならトラブルなくできるだけスムーズに済ませたいもの。

ただ自分ではそう思っていても、会社、そして上司がそれをよしとせずに転職、退職に関して妨害行為を行ってくる場合もゼロではありません。

会社にとって有益な人材であればあるほど、その人が辞めることによる影響は会社にとってかなり大きなもののなってしまうというのがその一つの理由です。

その結果、なんとか会社に残ってもらおう、なんとか退職を引き止めようと、本来やってはいけないことをしてくるような場合もあります。

 

おすすめの転職サービス

12月以降から転職を始めるとボーナスをもらってから退職をする経験者が転職市場に増えてきます。
年内に採用を完了させたい企業も多くいるため、
10月~11月から転職活動を始めることで優良企業に出会える確率が上がります。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

関連記事

 

転職、退職の妨害行為の事例

退職する1ヶ月程度前には上司に申し出る、退職が決まってからも仕事に手を抜かず引継ぎも行う。転職先について自慢したり、今の職場に対する悪口を言わない。

こういった退職、転職時に守るべきことをきっちり守っていれば、退職、転職を妨害されてしまうことというのはそれほどありません。

職場に数人は文句や嫌味を言ってくる人はいるかもしれませんが、たいていは円満退職することができます。

ただいくらこちらが手順を守っていても関係なく、あからさまな妨害行為を行ってくる上司がいます。

その事例としてよくあるのが以下のパターンです。

会社、上司が辞めさせてくれない

転職先も決まって後は辞めるだけだと上司に退職を申し出たところ、退職を認めてくれなかったというのが最もよくあるパターンでしょう。

退職届を受け取ってくれなかったり、個室で退職を取り消すまで長時間説教をさせられたり、ひどい場合だと損害賠償や違約金を請求すると脅しをかけてくる場合もあります。

せっかく内定を貰うことができたのに入社予定日までに退職することができず断らざるを得なかったという人も少なくはないはずです。

転職先へ悪評を流し内定を取り消しに

さらにひどい会社だと、内定している転職先にその人自身の悪評を流して内定取り消しを狙おうとするような場合もあります。

またこれは上司が退職を取り消してもらうことを目的に行う場合だけではなく、恨みや妬みから同僚が匿名で行うという場合もありえます。

ほとんどの会社では基本的にそんな話がきても気にしないし、それで内定を取り消しされることなんてありません。

しかしそれが意味ないとわかっていても感情任せに嫌がらせ行為に走る人って少なからずいるんですよね。

転職活動自体をさせない

転職の妨害行為として、転職活動自体をさせないというパターンもあります。

転職活動をしていると感づかれたら最後。

有給休暇を認めて貰えずに面接にも行けない、仕事の負荷が大きくなり残業が多くなり転職活動に割く時間を無くすといったことで、転職をできなくさせるわけです。

中途採用で行われる面接は基本的に平日。面接が決まっている日に休むことができなければ面接に行くことはできず、当然内定は貰えません。

精神的プレッシャーをかける

意外に多いのが精神的なプレッシャーをかける行為。

「転職したって通用しない」「転職したらもっと苦労する」などその人の能力を否定するようなことを言ったり、「無責任だ」「他の人に迷惑をかけて何も思わないのか」など転職することが悪だと思わせるような発言をしたり、「辞められたら仕事が回らない」など同情を誘うことを言ったり。

なんとか辞めさせまいと、言葉で防ごうとしてくる上司も少なくありません。

転職、退職の妨害は違法?

決して頻繁にとは言いませんが、このような形で行われる転職、退職に対する妨害行為。

ではこういった行為は問題がないことなのでしょうか。

基本的には「職業選択の自由」

基本的に労働者が退職すること、そして転職することは自由。それを妨害するような行為は許されていません。

憲法では職業選択の自由が保障されていますし、様々な法律でそれが保障されています。

例えば労働基準法第5条

使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

身体的にはもちろん、精神的に圧力をかけて退職をさせずに働かせることはこの法律にい違反しています。

そして民法627条1項。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

契約社員などで雇用期間に定めがある場合を除き、労働者側が退職を申し出れば最短2週間で辞めることが可能。

会社に退職を妨害することなんて許されてなく、労働者側から申し出があればいつでもそれを受けなければなりません。

退職によって会社に損害が生じるからそれを支払えなんていうのは、まずありえない行為です。

そして損害賠償や違約金に関しては労働基準法第16条で禁止されています。

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

例えば3年以内に退職する場合は違約金が○○円なんて行為は禁止されており、もしそういったことを行っているならそれは違法行為ということになるわけです。

このように、会社や上司が一個人に対して転職、退職を妨害する行為は違法となる為、やってはいけない行為です。

転職活動させない行為は?

では転職活動している人に対してそれをさせないようにするのはどうでしょう、

36協定の範囲内で残業や休日出勤を命じる行為は許されている為、それだけで問題とはなりません。

ただ特定の個人に対して極端に長時間の残業を行わせているような場合はパワハラとなる場合があります。

また有給休暇を利用して会社を休むことは労働者の権利として法律で認められており、会社側が拒否することはできません。

休む理由に正当性のあり理由なんて必要はなく、面接なんて理由で許さないなんてこともしてはいけません。

一応会社側には有給休暇を取る日を変更できる時季変更権があります(労働基準法第39条4項)

使用者は、前3項の規定による有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

労働者が有給休暇を使いたいと言ってきても、その日にちを変更することは可能なのです。

ただこの権利はいつでも使えるわけではなく、例えば何人も休暇が重なってしまったり、突発的に業務が忙しくなったりすることによって事業の運営が妨げられる場合があるのみ。

特になにもないのに時季を変更することは許されていません。

すなわち、転職活動ができないように仕向けるという行為もできない行為です。

ただ実際はこれらに対抗するのが難しいのが現実。

違法だなんだと言い無理にでも休みを取るなんて、転職先が決まってない状態では中々言えるものではありません。

だからこそ転職活動はばれないようにこっそり行い、気づかれて妨害されないように気を付けなくてはなりません。

同業他社への転職は競業避止義務に注意が必要

基本的には転職活動をすることも、実際に退職、転職することも個人の自由です。

ただ一部の転職に関しては正当に制限される場合があるので注意してください。

それが「同業他社への転職」。

同業他社への転職は、機密情報やノウハウの流出を防ぐ為に禁止することが一部の条件のもとで認められています。

競業避止義務というものであり、もし違反すると退職金の減額や損害賠償請求、競業行為の差し止め請求が行われる可能性があります。

会社の就業規則に書かれていたり、入社時に誓約書を書いた場合は注意するようにしましょう。

ただこの競業避止義務は同業他社への転職時に必ず有効となるわけではなく、期間や地域、役職、職種などの様々な観点から有効かどうかを判断されます。

例えば管理職ではない一般社員が生涯同業他社への転職を認められないかというとそんなことはありません。

ほとんどの人は同業他社へ転職したって問題はありません。

ただ下手なトラブルに合わない為にももし就業規則等に書いてあるなら転職先を明らかにしない、転職後に前の会社の機密管理情報は話さないといったことには気を付けましょう。

退職、転職妨害にあわない為に注意すべき点や妨害された場合の対処法

では最後に退職、転職妨害に合わない為に注意すべき点や、もしも妨害された場合の対処法について紹介します。

転職活動をしていることは絶対にばれないように

在職中に転職活動を行い内定を貰ってから退職しようと思っている人は、転職活動をしていることを会社の人に絶対にばれないようにしてください。

もし退職の妨害まではされないとしても、嫌味を言われたり嫌がらせを受けたり、ボーナスの査定を下げられるなんてことまでありえます。

たとえ仲が良い人でも言わないことはもちろん、社内で転職サイトを見るといった行為も危険。

かなり慎重に過ごすようにしましょう。

退職は適切に行う

退職は適切に行い、無駄にトラブルを起こさないように気を付けましょう。

  • 1ヶ月前には退職を申し出る
  • 最初は必ず直属の上司に
  • 退職理由は嘘でも良いから角を立たせない
  • 会社の悪口と捉えられることは言わない
  • 転職先の自慢はしない
  • 退職が決まってからも仕事に手はぬかず、引継ぎも計画的に行う

最低でも上記のことには気を付けてください。

いざとなったら法律を武器に

もちろんこちらがどれだけ真摯に退職を申し出たとしても妨害される時は妨害されます。

そんな時は法律を武器に強硬突破です。

先ほど述べているように、退職、転職は労働者の自由であり会社が拒否することはできません。

14日前に退職を申しでれば、有無を言わさずに辞めることができるのです。

どうしても辞めさせてくれないとなったら退職届を内容証明郵便で送付するという方法もあります。

残りの在籍期間を有給休暇を使って休めば、会社に行く必要だってありません。

脅し、プレッシャーは気にしない

損害倍業や違約金などでの脅しは有効性はなく、そんな脅しなんて気にする必要はありません。

また転職しても通用しないといったプレッシャーや、裏切りだなんだと言ったことも全く気にする必要なんてありません。

転職後に通用するかどうかなんて上司がわかるわけもないし、内定を得た時点で転職先からはそれなりに評価して貰えているということです。

転職が裏切りなんて考えはそもそも間違いだし、そもそも会社はいざと言う時に何も守ってくれませんから、自分も人勢を犠牲にしてまで会社に尽くす必要なんてありません。

転職に関しては嫌な言葉を投げかけてくる人は少なからずいます。

ただそんな言葉に惑わされず、自分が良いと思った決断を信じてください。

最後に

もしあなたが退職したい、転職したいと思っているならば、決して会社がしてくる行為に負けないでください。

間違ったやり方をしてくる会社に騙されて、転職のチャンスを逃してしまうというのは絶対に避けましょう。

正当性はあなたにあるのですから。

あなたの転職活動が上手くいくことを心から願っています。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

※12月以降だと経験者と勝負する事になるので、彼らが動き出す前の今がチャンスです。年内目標採用人数を達成できてない企業は今採用に関する熱量が高いため、未経験の転職は10~11月が狙い目!

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)