会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

仕事を辞めたいけれど、なかなか退職できない。

その理由が、会社を退職すると後悔することになってしまうかもと不安になっている為である人もいるでしょう。

事実、会社を退職して後悔してしまったという人は少なくはありません。

では、どうすれば退職に後悔せず、退職してよかったと思うことができるのでしょうか。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職サイト
求人数※1

200,244件以上

33,338件

50,000件以上
対象年代20代~30代20代~30代30代~40代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウト企業・ヘッドハンターからスカウト
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
適正年収診断
オファーの可能性診断
書類選考免除
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円300万円~700万円
 

※1 2020年9月

なぜ退職して後悔する?

会社を退職して後悔する人は、なぜ後悔してしまうのでしょうか。

その理由は人それぞれですが、以下のようなものがあります。

  • 違う会社で働きだしてはじめて前の会社の良さがわかった
  • 人間関係が嫌で辞めたが、次の会社でも同じだった
  • 仕事を辞めた途端に、将来が不安でしょうがなくなった
  • 給料が安いから退職して忙しいけど高給の会社に入ったら、忙しいことのほうが辛かった
  • 上司が嫌で退職したら、その直後に上司が異動した。

会社を退職する理由は、その会社に対して何らかの不満を抱えている為であることが多いです。

しかし、結局退職して違う会社に入ってもその不満を解消されなければ、それは後悔につながってしまいます。

また、たとえ抱えていた不満を解消できたとしても、新たに違う不満が生まれ、そしてその新たな不満がこれまで以上のものであることによってまた後悔につながってしまうなんて場合も多いです。

退職で後悔してしまう人の特徴

では、どのような人が退職で後悔しやすいのでしょうか。

退職で後悔してしまう人の特徴を紹介します。

客観的に見ることができていない

どうしても隣の芝生は青く見えるものであり、違う会社のほうがいいのではないだろうかと思うのも仕方のないことです。

そして、今の会社が嫌になってきます。

しかし、その時に客観的に見ること大切なこと。

今いる会社のだめな点、他の会社の優れている点を客観的に判断した上でどうするかを決める必要があります。

退職して後悔する人の特徴として、客観的に見ることができずに思い込んでしまっているという特徴があります。

今抱えている不満にばかり目がいっている

仕事に対して何か不満を感じていると、どうしてもそれにばかり目がいきがち。

退職して後悔する人の特徴として、その不満を解消することばかり考えてしまっているという特徴があります。

結果的に違う不満が発生し、むしろ前のほうがよかったと後悔してしまうのです。

過去を美化しすぎる

過去の経験は、なぜか良く見えるものです。

その時には辛いことであっても、時間がたつとなぜか良く見えてしまうから不思議なものです。

しかし、これがあまりに顕著で、退職後に前の会社と比べると、前のほうが良かったと感じ後悔してしまうことになります。

自分をよく理解していない

自分のことをよく理解し、自分がどういったことを重要視しているのか、どういったことは気にしないのかを理解しないまま退職してしまうと、結果的に退職後に後悔することに繋がります。

不満を解消しようと考えた時、自分のことはしっかりと理解しておかなければなりません。

なんとなくで転職先を決めてしまう

深く考えずに転職をしてしまったり、転職活動が段々と面倒になり、なんとなくで次の職場を決めてしまった場合、いざ入社するとギャップが生まれることがあります。

転職先の環境や仕事内容に理解が無いまま転職してしまっても、新しい職場で長く働くことは難しいです。

自分がどういった仕事をしたいのか、どんな目標を持って転職したいのか、考えておくべきです。

年収だけを理由に退職してしまう

今勤めている会社よりも年収が高いから、という理由で転職をすることは一見大丈夫なようにも見えますが、思わぬ落とし穴があります。

年収が高くなったとしても、職場環境が悪かったり、その分労働時間が長ければまたすぐに転職をしたくなってしまうでしょう。

目先に囚われないよう、年収以外の項目もしっかり確認しなければいけません。

勢いで退職してしまっている

上司が嫌い、人間関係が上手くいっていないといった不満から勢いで退職してしまう人もいます。

ただ、少しの期間だけ我慢すればよかったりすることも多いです。

その時には辛くて我慢できずに退職してしまったけれど、後から振り返ると少しだけ我慢して辞めなければよかったと後悔してしまうことはよくあることです。

また、勢いで辞めてしまっている場合には転職先が決まっていない状態がほとんど。

転職活動後に、今の会社と比較して転職するか転職しないかを選ぶことはできません。

その結果、より後悔することに繋がっていってしまうのです。

前の会社の方が良かったと後悔しないためにすべきこと

退職してよかったと思うには具体的にどうすればいいでしょうか。

これはもちろん、自分の納得できる転職先を見つけ、そして過去を振り返らないという点です。

自分が何を望んでいるか、今の会社の不満な点は何で他社に比べるとどうなのかということをしっかり捉え、それらを解決できる転職先を見つけることです。

その他にも転職して後悔をしないために、意識すべきことはたくさんあります。

本当に転職してしまう前に、転職した後の自分が理想としている自分になるために、今何をすべきかを考えましょう。

何のために転職をするのか

自分は何のために転職しようとしているのか、目的と手段が逆になってしまってはいないかと曖昧になってしまっては、転職後に後悔してしまう可能性は高いです。

どんな手段を使って目的を達成するのか、常に念頭に置いて行動すれば自然と良い方向へ進めるはずです。

次の職場に求めることを明確に決めてから行動する

主に何のために転職するのか、目的をしっかり自分の中で設定しておくことです。

年収はどれくらいなのか、職場の立地は不便が無いか、環境・仕事内容はどうするのか、明確に決めておくことで自分の理想を叶えることにも一歩近づけるでしょう。

自分だけで考えないで客観的な意見も取り入れる

自分のみの意見では未経験のことや、これから起こりうる状況に対処することは難しいです。

自分自身で情報を集めることもとても重要なことですが、客観的に他者の意見も取り入れつつ行動することでより良い結果になることも。

具体的には転職したことがある人に話を聞いてみたり、転職エージェントを利用してみるなど様々な方法があげられます。

自分の今の年収から極端に落ちないように交渉する

今の会社に勤めている年収よりも転職先の年収が低い場合、たとえ仕事環境が良くてもモチベーションが下がってしまいますよね。

転職時の交渉で希望年収を聞かれた際、あえて希望年収を低く答えてしまうことはむしろ自己評価が低いと懸念材料になってしまうこともあることから、デメリットが多くを占めてしまいがちなので注意が必要です。

このこと希望年収は今勤めている会社と同額か、あるいは高い金額にすることで自分の今の年収より極端に落ちることを防ぐことができます。

転職後のモチベーションを上げれるよう、面接時から意識しましょう。

面接時に質問をするなどして不明点はしっかり解消させる

会社の規則やその他にも気になった点など、疑問を持ったことについては面接時に質問する等の早めな解決がおすすめです。

後からそういうことだったのか、と後悔しても遅いですし、もし自分にとってデメリットが大きいのなら切り替えて違う職場を探すことにもつながるので時間のロスにもなりません

あやふやな部分を無くし、すっきりとした状態で入社できるよう心がけましょう。

転職の踏ん切りがつかない時にもう一度考えること

いざ転職するぞ!と考えても本当にしてもいいのか、後から後悔しないかと考えてしまう方は多くいると思います。

どんな方だって新しい環境に対して少なからず不安はあるでしょう。そんなときは無理をせずに、一度立ち止まってもう一度しっかり考えてみて下さい。

転職をしたら明らかに改善するところがあるか確認する

転職は基本的に今の会社に何かしらの不満があり、それを解消するために新しい職場を探します。

いざ転職先が決まったらその会社は今の会社よりどんなところが良いのか、転職してどう生活が変わるのかを考えて確認してみましょう。

転職をして明らかに改善されるところが多いのならば心配はありません。

それに対して、大幅に改善されるかわからない、あるいはあまり現状と変わらないかもしれないと感じたら注意が必要です。

これはあらかじめ、自分の中で譲れないものを決めておくことが重要です。

自分の譲れないものが快方に向かっているのか、そういった指標を設けておきましょう。

チャレンジできる時にしないとリスクが高くなっていくことを理解する

プレッシャーになってしまうかもしれませんが、挑戦したい時に挑戦しなければますますリスクが上がってしまい、むしろ挑戦しなかったことに後悔してしまう可能性もあります。

なぜなら、年齢を重ねるにつれて未経験の職業への転職はますます難しくなるからです。

これからの自分にどんなリスクが発生してしまうのか、将来にも目を向けて考えましょう。

一度辞めたいと思った会社にはそもそも長く居続けるのは厳しい

現実的に考えると、一度辞めたいと考えてしまった職場に長く居続けることは厳しいことが現状です。

転職することを先延ばしにするよりかは積極的に転職活動をして、改善できる部分を探したほうが今後のためになるかもしれません。

まずは自分が何で今の会社を辞めたいと思ってしまったのか、原点を振り返ってみましょう。

転職活動することを決めたら

今よりよい会社に転職することができたのに後悔する人はなかなかいないでしょう。

とは言え、転職活動を頑張っても自分が満足行く転職先を見つけることができるとは限りません。

なので在職中に転職活動を行い、内定した会社が今いる会社よりも良いならば転職するという形をとったほうがより後悔することは減らすことができます。

何はともあれ、退職を考えているのであればまずは転職活動を始めましょう。

ですが、いざ転職活動を始めると決めても不安は大きいですよね。

そんな時は転職エージェントを利用してみましょう。

自分でコツコツ転職サイトから転職先を探す努力をすることももちろんですが、どうすればいいか迷った時、転職のプロに相談することもあなたの転職を有利に進めることができるかもしれません。

人気転職サービス4社の対象属性比較
 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

ミイダス

マイナビジョブ20s
向いている年代20代~30代20代~30代20代~40代20代
中卒の方向け

求人少・サポート△

求人少・サポート△

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
高卒の方向け

求人多・サポート◎

求人並・サポート〇

求人並・サポート〇

求人多・サポート◎
専門・短大卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人並・サポート〇
大卒・大学院卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎求人多・サポート◎
第二新卒の方向け求人多・サポート◎求人多・サポート◎

求人少・サポート△
求人多・サポート◎
既卒の方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人多・サポート◎
フリーターの方向け求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
社会人経験なし求人並・サポート〇求人並・サポート〇

求人少・サポート△
求人並・サポート〇
ハイクラス向け求人多・サポート◎求人並・サポート〇求人多・サポート◎求人を紹介できない
 

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。