仕事を辞めたい、違う仕事に就きたい。

そう思いながらも、いざ転職を考えると不安の気持ちが大きくて中々踏み出せないという人は多いです。

そして結局、今のまま我慢し続けることを選んでしまってはいませんか?

今回は転職に対する不安について、その解消法と一緒にご紹介していきます。

転職に不安を感じるのは当然

転職に不安を感じるのは当然のこと。

転職先を探すことから始まり、採用されるかもわからない、転職できた後には仕事内容・環境・人間関係がごそっと変わるのですから、誰でも生活や精神が不安定になりがちです。

でも、考えてみてください。転職はいわば、引っ越しと似たようなものなのです。

引っ越しも不安要素は多いけれど、なにか理由や目的があって、あの面倒な手続きやら準備やらをしますよね。

いい物件が見つかるかわからない、誰かに部屋を取られないか、審査に通るかわからない。無事に引っ越しできたとしても、実は隣人がうるさかったりネット環境がひどかったりと、その場所に入ってみないと明確な良し悪しはわかりません。

それでもある程度の妥協をつけて住み続ける人も多いでしょう。

転職も一緒で、完璧を求めすぎてしまうと不安はどこまでも膨らんでいきます。

そこで、できるだけ不安を和らげて転職を進めるには「完璧を求めすぎないこと」が重要になってくるのです。

よくある5つの不安

まずは転職に抱きがちな不安について、具体的に挙げていきましょう。

まずはあなたの不安の原因を明確にする必要があります。

希望に適う求人に出会えるか

残業を減らしたい、給料を上げたい、嫌いな上司から離れたい。あるいは未経験の職種に挑戦したいなど、キャリアを考えた転職をする人もいるはずです。

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、共通するのは現状より良くしたいという思いです。

ある程度の妥協も必要とは述べたものの、せっかく気力も時間も割いて転職をするわけですから、できるだけ理想を実現したいと思うもの。

しかし恋人がほしい時に素敵な出会いをするのが難しいように、「実現できそうにないかも」という不安に引きずられてしまいがちです。

選考・面接に通るか

選考に落ちるのはたとえ第1志望の企業でなくてもショックですよね。

一歩外に出てみれば、からきしスキルが通用しなかったり、選考に落ち続けて自分を否定された気分になったり。

特に面接自体が苦手という方は何度も面接を繰り返すうちに心が折れて、中途半端に転職先を決めてしまうリスクも出てきます。

転職活動が長引かないか

基本的に転職活動は3か月が目安といわれています。

しかし応募先の事情や選考の通過率によっては半年、あるいは1年かかってしまう可能性もゼロではありません。

既に離職状態であれば宙に浮きながら待ち続けているようなもの、在職中であっても転職のことが気がかりで本業に集中できなくもなります。

転職中は嫌でも精神が不安定になりやすいですから、誰もができるだけ早く終わらせたいと思うはずです。

新しい環境に馴染めるか

少なくとも1日の3分の1を会社で過ごすわけですから、自分に合わない環境であれば苦しくなるのも当然です。

筆者も転職とは少し違いますが、入社したてはきれいな高層オフィスビルだったのに、途中から分社化して古めかしい小さなビルに引越ししなければならないという経験をしました。

最初は「もどりたい…」と思っていたけれど、人間は意外にも慣れてしまう生き物で結局は馴染んでしまえることが多いです。

もっとも、体調不良を引き起こすほど合わない場合は別ですが、オフィスが代わることもあれば人も入れ替わるので、ある意味では「新しい環境」はいつでも訪れると捉えることもできます。

転職を後悔するかもしれない

いくら不満を解消するために辞めたとしても、いざ転職してみれば解消するどころか悪化してしまうケースもあります。

転職することで年収が下がるかもしれない、人間関係が上手くいかないかもしれない、実はサービス残業が多いかもしれない。

事前の確認でわかることもありますが、実際に働かなければわからないこともたくさんあるというのが正直なところです。

不安の解消法

原因について理解を深めたところで、いよいよ実際の解消法についてお伝えしていきます。

冒頭に述べましたが、「完璧を求めすぎない」ことを心に留めながら読み進めてみてください。

「なぜ転職したいか」を明確に

転職中は精神が不安定になりやすいからこそ、迷走してしまったり行き詰まったりして正常な判断ができなくなってしまうことがあります。

そのことを見越して「なぜ転職したいか」を事前に明確にしておき、その軸だけはブレないよう心に留めておきましょう。

転職そのものが目的にすり替わってしまっては、結果的に不満の残る転職になり兼ねません。

とにかく転職活動を始めてみること

悩めば悩むだけ余計に不安が募るので、思い切って現実に身をさらしましょう。

思いを寄せる人に告白してみないと結果がわからないように、「上手くいくかな。でもな…」を繰り返していてはいつまで経っても変わりません。

変わらないどころかネガティブな感情がどんどん湧いてきて、考えれば考えるほど身動きが取れなくなってしまうものです。

実際に選考を受けてみてスキル不足だと気づいたとしても、今の会社でもっと経験を積めばいい、という答えを出せることもあります。

内定をもらってから決める

本当に転職するか決めるのは、内定をもらってからで構いません。

最初のイメージと選考を受け始めて感じるイメージにギャップ生まれるのはよくある話ですし、実は募集要項と条件が違ったなんてこともあり得ます。

加えて選考の際には、不安要素や気になる点をできるだけ質問しておいてください。

内容によっては勇気が必要なこともありますが、入社して後悔するより思い切った方が後腐れがないはずです。

それに内定をもらう頃には、少なくとも今より不安は取り除かれ、冷静な判断もしやすくなります。

ある程度の失敗はご愛嬌

さきほど転職は引っ越しと似たようなもの、と述べました。

「新築で駅近だし、最高!」と思っていたのに後々駅までの徒歩時間が明らかに噓だと気づいたり、細かいことだと新築なのにエアコンだけ古いものだったり。

「事前に調査していればわかったのに…」と思うこともありますが、そんな重箱の隅をつつくほど神経をつかっていては体にもよくありません。

ある程度の失敗は経験の1つ、ご愛嬌と思っていれば転職へのハードルも下がっていくはずです。

不安は消すのではなく、更新していく

転職への不安や悩みは誰にでもあるもの、あなただけが苦しんでいるわけではありません。

それに無情にも、1つ不安が解消したことろで、一歩進めばまた次の不安が出てきてしまうというのが世の常です。

それでも先に進めば状況は変わり、新しい考えに出会えるはず。それで十分、不安と向き合いながらゆっくり前に進んでいきましょう。

 

 
リクルートエージェント

マイナビエージェント

doda
サービスの種類転職エージェント転職エージェント転職エージェント/転職サイト
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話・Webで可能対面・電話・Webで可能対面・電話・Webで可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
その他の時間は要相談
平日:~20時30分
土曜日:9時30分~17時30分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~18時30分
 

※1 2020年12月

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

doda

対象の年代25歳~34歳
どんな人に向いている?

・特に技術職、営業職を希望の方
・転職エージェントから履歴書の書き方から年収交渉まで、サポートをしっかりと受けたい方
・転職エージェントを利用せずに転職活動を進めたい方
・現在の年収が300万円を超えている方

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。