前の会社に戻りたい?出戻りできる可能性や、出戻り後の現実

転職に失敗したから、離れることで前の会社の良さが見えてきたからなど、理由は色々とありますが、

あれだけ仕事を辞めたくて転職したにも関わらず、実際に転職した後に前の会社に戻りたいと考える人も少なくありません。

今回はそんな出戻り転職の実態について紹介します。

関連:転職で失敗したらどうなる?実際に転職で失敗した後の体験談

関連:公務員に転職して失敗した人は意外に多い。後悔しない為にもよく考えておこう。

転職後の出戻りは可能?不可能?

一度辞めた会社に戻りたい。

本人はそう希望していても、会社が受け入れてくれなければ、まず不可能です。

そもそも出戻り転職が可能なのでしょうか、不可能なのでしょうか。

基本的にできないことが多い

出戻り転職は、基本的にできないと考えておいたほうがいいのが実際のところ。

会社にとってみれば、一度は辞めた人間を再度雇うなんてことは、特別な理由がない限りはしませんね。

特に大手企業だとその傾向は強くなります。募集をかければたくさんの応募者が来る大手企業にとってみれば、わざわざ1度辞めた人間を雇いません。

会社にとって、一度その会社で経験した人材は再度教育する必要もないし、入社後すぐに活躍してくれるといった点を考えればメリットのある採用なはずです。

しかし、出戻り転職の実例を作ってしまうと、転職に失敗してもまた戻れるということを現在の社員に思わせることになってしまい、優秀な社員が流出してしまう危険性があるので避ける傾向にあるのです。

できる場合はどんな時?

ただ、出戻り転職は絶対に不可能だというわけではなく、中には実現することができたという場合もあるのは事実です。

出戻り転職できた人は、以下の特徴があります。

影響力の強い元上司と関係が強い

出戻りする際に、内部の人間から人事への口利きはかなり重要。

人事に一度辞めたという事実がある人を再度雇うことを決める上で、そこそこの影響力の強い人からの提言があるかないかでは全然違います。

それどこか、そういうのがなければ応募したところで履歴書を見て即落とされるなんてことも多いです。

業界自体が出戻り転職を許容している

業界によっては出戻り転職自体が一般的に行われているなんて場合もあります。

また、外資系企業ではよくあることなので、出戻り転職できる可能性は高くなります。

自分が戻ろうとしている会社で働いていた時、周りに出戻りした人がいれば、自分も戻れる可能性は決してゼロではありません。

特別に優秀

なんだかんだ、特別に優秀な人って出戻り転職することが許されることも多いです。

一度辞めた人であっても、再度雇う価値がある人材だと認められれば採用される可能性は高くなります。

そう思われるかどうかは、在職中の評価がかなり重要となります。

顕著な人手不足

求人を出しても、希望している人材が全然集まらずに顕著な人手不足に陥っている企業も出戻り転職を受け入れる要因になりますね。

そうなると一度辞めたとか言ってられませんからね。

現在はそんな会社も増えています。およそ7割の企業は人手不足に陥っているそうです。

出戻り転職ができたとしても・・・

出戻り転職は、できたからと言って元の状態に戻ることができないということは覚悟しておいたほうがいいです。

転職して失敗し、出戻りしたけどそれも失敗なんてことは絶対に避けたいことですから、本当に出戻りするかどうかは、よく考えてからにしましょう。

社内での居心地はこれまで通りといかない

一度辞めたという事実を、職場の人全てが受け入れられるわけではありません。

辞めた時の状況がどうだったかにもよりますが、忙しい時期、プロジェクトが中途半端な時期に辞めていれば、そのことによって多少なりとも迷惑をかけたことになっていて恨みを買っている可能性もあります。

以前は居心地が良かった職場も、一度辞めて戻ってきた頃には変わっているものだと考えたほうがいいですし、それ以上に不利な状況に追い込まれてしまう場合もありえるのです。

給与面、出世面では不利になる場合が多い

給料が同年代から比較して少ないだとかは当たり前、それどころかその会社で以前働いていた頃よりも減ってしまったなんて人も数多くいます。

出世に関しても、期待はできません。

そうなった時に、同期が次々に転職するのを見て、あの時転職なんてしなければという思いを強く抱くことになるでしょう。

出戻り転職か、それとも普通の転職か

私個人的な意見としては、極力出戻り転職するのではなく、普通の転職をすることをおすすめします。

誰でも過去は美化して考えてしまうもの。

出戻り転職しても比較対象はその美化されたものになってしまう為、ギャップを感じて後悔することになる可能性が高くなります。

まずは今の現状の不満、そして自分がどうなりたいのかをしっかり整理した上でどうするのか考えてみましょう。

今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:転職先が決まったけど不安で迷いが生じているならどうすればいいか

関連:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。