転職で成功する人がいる一方で、ようやくできた転職も失敗に終わってしまう人も少なくありません。

以前に比べて待遇も環境もずっと良くなって長く働くことができる会社を見つけることができたという人もいれば、思わぬところの落とし穴があって、結局すぐに辞めてまた違う会社に転職をする人もいます。

ただ最初の3ヶ月はもし会社を辞めたいと思っても、その勢いに任せて辞めるのではなく、一呼吸置いてみる必要があります。

関連:仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

関連:就職後すぐに退職して社会人から大学院に行く場合の注意点。厳密には新卒ではない

転職活動は求人が増える秋に!

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に利用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
 
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/未経験向け

利用者の転職成功率81.1%
入社後定着率91.5%

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
転職者満足度No,1

公式

 

転職3ヶ月の壁。最初はついていくのが大変なのが普通

転職後の3ヶ月は、おそらく新しい転職先で仕事をする期間においてトップクラスに大変な時期だと思います。

しんどい、辛いと思うのは当然のことなんです。

新卒のように同期もいない状態で周りは知らない人ばかり。会社全体システムもわからなければ、仕事内容も慣れていないことばかりです。

入社初日から1週間くらいは環境に慣れるのに精いっぱいで、何をすればよいか、どう動けばいいかわからない。それに人間関係を築くには時間がかかるのは当然。

それでいて、入社してから時間が経てば経つほどに、仕事に対するプレッシャーも受けて早く慣れなくてはと焦るようになってくることも珍しくありません。

こんな風に最初の3カ月はずっと気を張った状態で過ごすことになるのがむしろ普通のことです。

また、多かれ少なかれ入社前にイメージしていたこととギャップは感じますし、周りが忙しくてなかなか仕事を教えてもらえないなんてこともあるでしょう。

経験者であったのに仕事がなかなかできるように悩むこともあるかもしれませんが、人間関係も変わり、システムも変わればすぐに仕事ができるようになんてならないし、慣れるまで時間がかかるのは仕方がないことです。

ただ、そのことを上司なり同僚なりが理解していないと、経験者だからすぐ仕事ができるようになると決めつけてたいして仕事を教えることなく、たった1ヶ月、2ヶ月でプレッシャーをかけてくることもあります。

転職した会社に3ヶ月以内に慣れることができるなんて人はそんなにいないと思います。半年、1年くらいは必要になるのはなんらおかしなことではないのです。

入社してから3ヶ月経っても慣れない。向いていないのでは?

入社してから3ヶ月経過しても壁を乗り越えられない。もしかして自分は今の会社・仕事に向いていないのでは?と悩むこともあります。

あくまでも3ヶ月というのは目安となるので、仕事内容やその人の性格などによって3ヶ月以上時間が必要なケースもあります。

そのため「3ヶ月経ったけど気持ちが楽にならない。もう辞める」とすぐに行動に移すのは控えましょう。

会社を辞める前に確認すべきこと

3ヶ月で退職となると、いわゆる早期退職にあたります。

デメリットもありますのでしっかり検討をする必要があります。

せっかく頑張って転職活動をして入った会社をたった3ヶ月で辞めて後悔しないように、以下のことを考えてみてください。

本当に会社を辞める覚悟はあるか

入社して3ヶ月で会社を辞めたという職歴、そして転職回数の増加は今後の転職活動において不利になる要素になります。

またすぐに辞めた経験によって、今後もちょっとしたことですぐ辞めてしまう人間になってしまうということもありえないことです。

そういったことを踏まえて、短期離職する覚悟はありますか?

もしかしたら次の転職活動では今のレベルの会社から内定を貰うことは不可能かもしれません。

自分にも否はなかったのか確認する

3ヶ月で辞めることになったということは、少なからず自分にも多少の否がある可能性があります。

人間関係にしろ、仕事内容にしろ、待遇にしろ、職場環境にしろ、全ての責任が会社にあるのではなく、自分自身が原因となっているかもしれません。

なにより、その会社に入ることにしたのは自分自身ですからね。

自分ではどうにもできなかったことと、自分にも否があった部分を理解してから次の転職先を探さないと、次も同じことをする可能性が高まります。

直視したくない部分もあるかもしれませんが、改めて自分を見つめ直すのが大事です。

一時的なものではない自信があるか

上述したように、最初の3ヶ月というのはまだ会社に慣れることができていない段階であり、今後も働き続けることで解消されていくということは非常に多いです。

人間関係が徐々にできてきて仕事がしやすくなる。仕事の進め方に慣れてきてそれまでの経験を活かせるようになる。会社の雰囲気に慣れてきて過ごしやすくなるなど、時間の経過が多くの悩みを解決してくれます。

もしも、あなたが会社を辞めたいと思っている理由が、まだ3ヶ月しか働いていないからだというものであるならば、続けるという選択もありではないでしょうか。

転職先が見つけてからではだめなのか

上述したように、短期離職によって次の転職先は見つかりにくくなってしまう可能性が高くなります。

ですから、できることならば会社を辞めてから転職活動を始めるのではなく、すぐに転職活動を始めて転職先が決まってから転職することをおすすめします。

すぐに辞めることを考えるのではなく、転職先が見つかってからではだめなのかということを考えてみてください。

入社3ヶ月で退職をする理由をしっかり面接で説明できるか

入社3ヶ月で退職をしたとなると、必ず転職活動中に理由を聞かれます。

おそらく聞いてこない面接はないでしょう。

本当に辞めるなら、辞めるに至った経緯やその後もその会社で続けていくのがどうしても辛かった・できない理由について、他の人が納得いくような内容にしないと厳しいです。

例えば会社があまりにもブラックで客観的に見て「その会社は流石にきついね」と同情してくれるような状況ならましですが、単純に「仕事を覚えるのが大変だった」「人間関係が上手く構築できなかった」という内容だと納得してもらうのは難しいかもしれません。

仮にそうだったとしても「何故その状況を改善できなかったのか」「状況の改善は自分の力ではどうしようもなかった」など補足説明を入れてみましょう。

転職して3ヶ月後に辞めてもすぐに再就職できるの?

結論から言えば再就職は可能です。

ただし、これまで説明をしたように状況は他の転職希望者と比べて不利な状態であることが予想されるので、しっかりと戦略を練ったり、自己分析の内容を深めていかないといけません。

年齢が若ければ転職はしやすい

年齢が20代前半であれば3か月以内に辞める人はある意味珍しくないです。

どの層においても一定数の人は1年以内に辞める方が多いという事実もあります。

引用元:厚生労働省:新規学卒就職者の離職状況を公表します

それでも完全失業率が先進国の中でも低い数値にと留まっている日本はまだ転職のしやすい環境にあると言えます。

引用元:独立行政法人 労働政策研究所・研修機構 国際比較統計 完全失業率

また、日本は少子化の影響もあり、どの業界も人材不足です。

若い人材についてはスキルが無くてもポテンシャルや会社とのマッチ度重視で採用をするところが増えています。

自分だけで転職活動を進めない

辞める前に「何故自分はこの会社・仕事に合わなかったのか」を考える必要があると説明をしましたが、人によってはなかなか深掘りができないで頭を悩ませてしまうこともあります。

そのため 、一人だけで転職活動を進めないで、家族や友人、恋人など身近な人へ積極的に相談をしましょう。

もしプロの意見も参考にしたい場合は転職エージェントの利用がおすすめです。

無理はダメだけど、ある程度我慢は必要

3ヶ月だからと言って会社を辞めるに値する理由はあり、辞めるかどうかを決めるのは自分自身です。

パワハラがあったり、あまりにも多くのサービス残業を強いられたり、内定時に聞いていた条件、仕事内容と全然違うなど、入社後に気付いたことで許しがたいもの、耐えがたいものもあるでしょう。

そんな時は決して無理する必要はありません。思い切ってまた転職したっていいと思います。

ただ、多少なりとも我慢は必要です。全てが自分の思い通りに動くことはまずありませんし、転職するからには自分から慣れる努力も必要なことです。

転職エージェントにアドバイスしてもらうのもあり

場合によっては、転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

短期離職という不利な条件がある中で、どういった転職が可能なのかを判断できますし、キャリアの相談にものってもらえます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能ですので、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:在職中の転職活動はリスクを下げる為に当然。気にするのはバレることだけ。