就職後すぐに退職して社会人から大学院に行く場合の注意点。厳密には新卒ではない

大学を卒業して一度就職したものの、その会社を退職して転職するのではなく大学院に進学するという人は意外に多くいます。

特に大学院進学が一般的な理系の人に多いのですが、文系の人にも少なからずいて、2年から3年を再び学生として過ごた後に再び就職活動をして社会人として働くことになります。

ただ、この選択には注意しなくてはいけない点もあります。

そこで今回は仕事を辞めて社会人から大学院に進学する際の注意点を紹介します。これから大学院に進学しようか悩んでいる人は参考にしてみてください。

関連:たった7ヶ月の新卒が会社を辞めた私が今の会社に転職を決めた理由。1年未満だってチャンスはある。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

大学院進学は退職後の一つの選択肢

新卒で就職した後にすぐに会社を辞めることになってしまった場合、転職することだけが選択肢ではありません。

大卒者であれば大学院修士課程に、修士課程卒であれば博士課程に進学するという選択肢もあります。

大学院の試験は学校によっても様々ですが、一般的に夏、冬どちらも行っている場合が多いので、退職のタイミング問わずチャレンジすることが可能となっています。

大学院進学のメリットはそれなりに大きいものがあるのは事実です。大学院卒という肩書を手に入れることができる、より高度な専門知識を身につけることができるといったものや、大学の難易度に比べて大学院の難易度はそれほど高くない為、より上位の大学を卒業したという肩書も手に入れることができるかもしれません。

ただ、大学院進学の目的が新卒での就職に失敗したから、再度新卒として就職活動を行いたいからといったことであれば注意しなくてはいけないことがあります。

卒業後は新卒採用枠で就職できるのか

仕事を辞めて大学院に進学する目的が、再度新卒として就職したいからという理由の人も多いかと思います。

ただ勘違いしてはいけないのが新卒というのは一度も社会人を経験したことがない人のことであり、一度就職している以上は大学院に進学しても厳密には新卒ではありません。基本的には第二新卒として転職活動を進めることになります。

要するに大学院に進学しようが進学せずに転職しようが同じ舞台で転職活動を行うことになるんです。それがすぐなのか数年先なのかという話です。

最近は社会人経験3年未満の人は新卒採用枠で応募できる企業も増えてきていますが、応募はすることができても新卒同様に見られるかというとまた話は変わってきます。結局は中途採用者目線で選考が行われる場合もありますし、書類選考の段階で有無を言わさず不採用になるなんてこともあるのです。

ですから、完全に新卒同様の就職活動ができるなんてことは思わないほうがいいです。

ただ企業によっては第二新卒者は受け付けていないけれど、会社を辞めて大学院卒業したら新卒として普通に採用される可能性があるなんてこともあるので難しいところです。実際、第二新卒者の募集は行っていない大手企業に就職できたという人もいるにはいるんです。

転職目的ならばまずは第二新卒として転職活動してみるべき

まあもし大学院進学の目的が転職にあるならば、やっぱりまずは第二新卒として転職活動を行ってみることをおすすめします。

大学院に進学したところで結局第二新卒として就職活動を行うくらいなら、わざわざ高いお金をかけて進学するメリットはあまりありません。むしろ大学院進学したことによって年齢が高くなってしまうことや、社会人を経験してからの期間が長くなってしまうことで敬遠されることにもなりかねません。

新卒として就職できる可能性もあるというのは確かですが、また新卒として就職してしまうと給料を低く抑えられてしまうということもデメリットとして挙げられます。

今は第二新卒者の需要がかなり増えていて転職しやすい状況にもなっています。そのチャンスをやってみる前から捨ててしまうというのはあまり得策とは言えません。

まずはできる限りやってみて、だめだったら大学院進学も考えるというくらいでまずはやってみましょう。転職サイト、転職エージェントを利用してみてください。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連:第二新卒の転職が成功しやすくなった理由。需要増のはこんな背景が