転職で失敗、すぐ辞めることになって後悔しない為には?

転職をしてみたけれど、いざ転職してみると大失敗、前の会社のほうがよかったと後悔してしまうということが、実際に転職した人の中でもいます。

結果的に、すぐ辞めることになってしまい、再度転職活動をすることになってしまったなんてこともあるでしょう。

転職する目的は、今の会社に不満があって、その状況を良くする為であったり、キャリアアップの為ですから、

転職することでさらに状況を悪化させるような状況に陥ってしまい、後悔してしまうなんてことはあって欲しくないことです。

ましてや、すぐ辞めるなんてことはもっての他です。

では、転職で失敗しない為にはどうすればいいのでしょうか。

今回は失敗しない、後悔しない転職の方法を紹介します。

関連記事

 

求人が増加する今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

公式

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

公式

doda
【転職者満足度No,1】
・IT・営業・企画系求人に強い

公式

 

転職して後悔、どんな失敗がある?

転職で後悔してしまった人はどのような失敗をしているのでしょうか?

転職での失敗例として以下のようなものがあります。

  • 業績が思わしくなく、入社後にさらに悪化してしまった。
  • 残業時間が少ないと思っていたら、サービス残業ばかりであった。
  • 面接時にできもしないことをできると言ってしまい、単独で仕事を任されることに。
  • やってみたいと思っていた仕事が、実際にやってみると全くおもしろくなかった。
  • 年収アップしたと喜んでいたが、仕事は想像以上にきつかった。
  • なかなか転職先が決まらず、妥協で決まってしまったら予想通り・・・。

こういった失敗によって後悔してしまい、すぐ辞めることに繋がっていきます。

すぐ辞めるということはリスクがあることです。

転職回数だけで言えば2回程度であれば、次の転職活動で不利になることは少ないです。

しかし、それはあくまで転職までの期間がある程度長い場合です。

数ヶ月程度のスパンで転職を繰り返すことは不利に働くことが多いです。

人を採用する為には転職サイトに求人をだしたり、実際に面接したり、入社後に教育したりと、お金がかかることです。

すぐに辞められてしまうと、そういった費用が無駄になってしまう為、すぐに辞められては困るのです。

短期間で辞めた人はまたすぐ辞めるかもしれないと思われる為、採用に不利になると言われています。

もし、短いスパンで辞めてしまうのなら、面接でしっかり説得できる理由を準備しておく必要があります。

失敗したくないから転職しないことを選んでも後悔する

転職で失敗してしまい、後悔したくないから転職することを辞めてしまう。

それは正しいのでしょうか。

転職したいと考えている時点で、会社や仕事に対して不満があったり、もっとキャリアアップしたかったりという思いがあるはずです。

失敗したくないからと転職しないことを選んでしまうと、この感情はずっと心の中でくすぶってしまい、結局後悔してしまうことになるでしょう。

ですから、後悔しない為の方法は失敗しない転職をするということになります。

後悔のない転職をする為に

では、どうすれば後悔しない転職をできるのでしょうか。

スピードは必要、焦りは厳禁

転職活動を行う上で、ある程度のスピード感は必要です。

求人は、日々変わって行きますし、だらだら続けてしまうといつまでたっても決まらないなんてことに繋がっていきます。

ただ、焦りは厳禁です。

どうしても、今の会社を早く辞めたいと思い、すぐに転職先を見つけようと焦ってしまうことがあります。

しかし、この焦りによって自分が本当に望んでいる会社ではなく、妥協した会社に入ってしまい後悔することにつながります。

また、会社を辞めてから転職活動を行う場合には要注意です。

収入が入らなくなる為、どうしても焦りが生じてしまいます。

できることなら、ある程度の貯金、自己都合での退職の場合には失業保険がでるまでに3か月かかるので、その分の生活費は確保してやめるようにしましょう。

企業選びは徹底的に

どうしても、年収だとか、数値でわかるものに目が行きがちですが、それだけではなく実際の労働環境や企業の雰囲気も確認しましょう。

今は、インターネットでクチコミなども見ることができます。

もし、できるなら実際にその企業の近くに行き、実際に働いている人の表情などを見るのもありです。

残業が少ないにも関わらず、夜遅くになっても電気が点いている場合なんかはサービス残業をしているのかもしれません。

考えつくありとあらゆる方法を使って、その企業の情報を集めましょう。

転職で何を望むのかを明確に

転職するきっかけは何であり、どういった不満を解消したいから転職したいかということを明確にし、

そのことを叶える為に転職活動をしているということを忘れないようにしましょう。

どうしても、時間がたつとあれもこれもとなって、いつの間にか本来の目的からずれてしまうことになります。

ずれたまま転職すると、結局新しい会社に入った後に不満を感じ、後悔し、すぐ辞めるということにつながっていってしまいます。

転職で何を妥協するかを明確に

望むことがあれば、妥協しなくてはいけないこともあります。

全てを手に入れることは、かなり困難なことです。

例えば、勤務地など、妥協してもいい点も明確にしておきましょう。

自己分析はしっかり実施

自己分析をおろそかにする人がよくいますが、自己分析はしっかり実施しましょう。

自分の強みが何か、何がやりたいのかなど、あらためて自分の中で明確にしなければ、

転職後に、仕事がおもしろくないと思い、後悔してしまうことにつながってしまいます。

自分でしっかり考えることも大事ですが、客観的に診断もしてみましょう。

リクナビネクストではグッドポイント診断というものができますので、やってみると自分にどのような強みがあるかが客観的にわかります。

大事なことは、自分で自分のことをとことん考えることと、客観的に自分を見ることです。

内定後に労働条件を確認する

転職して実際に働き出すと、仕事の内容や休日日数、給料などが聞いていた話と違うなんてこともあるみたいです。

内定後には、必ず労働条件書を確認しましょう。

もし貰えていないのであれば、人事に言って貰いましょう。

労働条件書によって、労働条件を明確にすることは雇用者側の義務となっていますから、申し入れればすぐ貰えるはずですし、

出すのを渋るような会社であれば、それだけでかなり危険な会社であると言えます。

確認しないまま、会社を退職してしまい、転職先で働き出してしまってから発覚すると手遅れとなってしまい、後悔してしまうことになります。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

転職者満足度No.1サービス

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)