転職しようと求人情報を見て応募したはいいものの、書類選考で不採用となってしまった。

この場合、ほとんどの人は能力不足だった、アピール不足だった、条件が一致していなかったという理由を想像すると思います。

でも中にはそんな理由ではなく、実はそもそもそ空(カラ)求人で、応募するだけ無駄だった可能性があるかもしれません。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

空求人とは何なのか?

応募してもまず受かることはない空求人、そんな求人があることをご存知でしょうか?

空(カラ)求人とは、採用する気が全くないのに出している求人のことです。

企業側に採用する気がないので、応募したところでまず受かることはない、求職者にとっては時間も労力も奪われる厄介な存在です。

ひどい会社は採用する気も無いのに形式上の面接を行うこともあり、転職活動の長期化にもつながって、求職者のストレスになります。

空求人を出す目的

そもそも求人は人材が欲しい企業が出すものなのに、採用する気がない会社がわざわざ手間をかけてだすのはおかしな話。

ではなぜ、カラ求人というものが存在してしまっているのでしょう。

会社の宣伝のため

1つ目は、会社名を認知させるための広告代わりです。

特に認知度の低い中小企業・ベンチャー企業は、求人広告を出し続けることで人の目に触れる機会を増やそうとします。

特にハローワークは求人掲載料が無料なので「無料で広告を出せるならラッキー!」と言わんばかりに出し続けていることが多いです。

とりあえず出している

基本的には採用する気は無くても、「もし優秀な人材からの応募があれば採用したい」という理由で求人を掲載していることもあります。

こういった企業は、急ぎで人を欲しているわけではないので、応募しても不採用となったり結果がなかなか来なかったりする場合がほとんどです。

単なる取り下げ忘れ

その他にも、最初は採用する目的で求人を掲載していたものの、掲載期間内に採用が終わってしまった、採用枠が埋まったのに掲載の取り下げ手続きを忘れしまった、という求人も少なくありません。

そういった求人に応募しても採用につながることはごくわずか。応募したところで履歴書の中身さえ見てもらえない可能性もあります。

国の助成金目当て(ハローワーク)

ハローワークへの求人掲載は、企業にとってメリットばかりです。

前述した通り掲載は無料、さらにハローワークから採用すると国から助成金が貰える制度があります。

掲載期間に対して採用者数が明らかに少ない企業(1年間掲載で1人採用など)は、採用意欲が低いカラ求人だといえます。

とにかく登録者を集めるため(派遣会社)

派遣会社にもカラ求人は多い傾向にあります。ハローワークとはまた違って、派遣会社はとにかく登録者を増やすことを目的としています。

人気が集まりそうなカラ求人を広告やTOPページに掲載し、まずは登録のために来社してくれる人数をできるだけ増やすのです。

このパターンは筆者も経験したことがあり、「それはもう採用枠が満員になってしまいまして…代わりにこちらはどうでしょう?」と全く関係のない求人を紹介されたことがあります。

空求人を見抜くための4つの方法

では空求人を見分け、採用に積極的な企業に応募するためにはどうしたら良いのでしょうか。

4つの対策方法をお伝えしていきます。

1.転職サイトを利用する

求人を探す場合に利用したいのが求人掲載が有料の転職サイト。

転職サイトはハローワークと違って掲載に高い費用がかかり、大手求人サイトなら4週間掲載で20万程度、目立つように掲載したら100万を超えてしまいます。

採用する気がないのに、わざわざそれほどのお金を出して掲載し続ける企業はなかなか無いでしょう。

2.転職エージェントの非公開求人を利用する

そして転職エージェントが紹介する非公開求人にも、空求人はほとんどありません。非公開求人について、簡単に説明しておきましょう。

非公開求人とは?

転職サイトやWebには載っていない、転職エージェントだけが保有する独自の求人

転職サイトに掲載すると応募者が殺到してしまうような大手企業・人気企業、認知度の低い中小企業が効率的に応募者を集めるために出している。

上記の通り、非公開求人はあまり人の目に触れない性質を持ちます。

また転職エージェントの仕組みとして、採用につなげることで初めて「仲介手数料」という利益が発生するので、空求人を紹介するメリット自体がないのです。

転職サイトと転職エージェントを比較するなら?

転職サイトは掲載に費用がかかるので、ハローワークに比べて空求人は少ないとは思います。でも中には「とりあえず掲載しておくか」というテンションの企業も紛れてはいるでしょう。

その一方、転職エージェントは採用が決まって初めて報酬に繋がるため、転職エージェントが空求人を紹介するということはありえないといえます。

つまり、転職サイトと転職エージェントで比較しても、転職エージェントの方が「積極的に採用したい」という求人しか載っていない可能性が高いのです。

おすすめの転職エージェントはこちら➡

3.求人内容におかしな点がないか確認する

ハローワーク・転職サイトを利用して応募する場合は、求人票をしっかりチェックしましょう。

社員数に対して採用人数が多すぎたり、内容に矛盾点があったり、記載内容が曖昧であまりに省略されているなど、おかしな点がある場合は応募を控えるべきです。

採用活動に対して意欲的な企業は、業務内容から福利厚生までしっかりと記載しています。

また未経験者可なのに、同業他社に対してやたら年収が高い場合も「釣り」の可能性が高いです。

掲載頻度にも要注意

その他に、求人の掲載頻度が高すぎる求人も注意が必要です。

普通の企業なら1年中掲載していたり、何度も何度も掲載するなんてことはありません。

全く採用する気がない空求人か、常に人材不足のブラック企業の可能性もあるので避けるようにしましょう。

4.ハローワーク・派遣会社には空求人があることを念頭に置く

ハローワーク経由で就業したい方、派遣として働きたい方ももちろんいるはずです。この2つを利用する場合は、事前に求人状態を確認することで空求人を見抜くことができます。

ハローワークなら「直近の採用実績はどうですか?」と採用活動が積極的に行われているかをチェックします。

派遣会社なら「この求人の採用枠はまだ残っていますか?」と来社する前に電話で確認してください。

ただでさえ大変な転職活動を長引かせないためにも、こちらが先手を打って回避してしまいましょう。

空求人は面接にも特徴がある

カラ求人に応募して、もしも企業の面接練習台になってしまった場合、面接の特徴を知っていれば選考の途中で見極めることができます。

以下の4点に当てはまったら高確率でカラ求人です。

・業務内容をきちんと説明してくれない

・会社と関係のない話をし始める

・質問しても曖昧な答えしか返ってこない

・面接結果の連絡が遅い(2週間以上)

この4点はあくまで目安ですが、仮にカラ求人ではなかったとしても、上記のような面接をする企業はそもそも社員を大切にしていないといえます。

なので、このような扱いを受けても「自分は無能な人材なんだ」と変に落ち込まないこと。

むしろ「事前に変な会社を回避できてよかった!」と前向きに捉えるようにしましょう。

空求人は違法じゃないの?

これまで述べてきた通り、求職者にとっては迷惑でしかない空求人。

「違法じゃないの!?」と言いたいところですが、今のところはグレーゾーンとしか言えません。

というのも、被害者が訴えれば詐欺罪になるかもしれませんが、もし採用側が「欲しい人材が来れば採用する気だった」と言ってしまえば立証が難しいのです。

では、空求人を掴まされてしまったときはどう対処したらいいのでしょう?

空求人の被害に合ったときの対応について

空求人に申込みをして時間を浪費してしまった場合、通報はどこに、苦情はどこに伝えるべきなのか。

通報に関しては、各都道府県にある労働監督署総合労働相談コーナーへ、電話か直接足を運んで相談にいきましょう。

苦情に関しては、該当の求人を掲載しているところへ直接連絡します。

ただ、苦情で揉めてしまうと自分のストレスにもなってしまうので、感情的にならず冷静に伝えるようにしてください。

空求人は転職エージェントの利用で回避できる

転職サイト(特に大手サイト)などのお金のかかるサービスに空求人は載りにくいこと、求人内容に不審な点がないかチェックしておくことは、知識として知っておきましょう。

そして最も確実に空求人を回避できるのは、転職エージェントを利用することです。

前述した通り、転職エージェントは企業に人材を紹介することで利益を得ているため、利益にならない空求人を扱う必要性がありません。

自分の時間と労力を無駄にしないためにも、積極的に転職エージェントを活用してみてください。

おすすめの転職エージェント


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに第二新卒・既卒に特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、適正を知ってから転職を進められます。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)