空求人とは?空求人を出す目的や採用する気がない求人の見分け方

転職しようと求人情報を見て応募して見たが、書類選考で不採用となってしまった。

その場合、ほとんどの人は能力不足だった、アピール不足だった、条件が一致していなかったという理由を想像すると思います。

ただ実は中にはそんな理由ではなく、そもそもその求人が空求人で応募するだけ無駄だったという可能性があるかもしれません。

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

関連:ハローワークを利用した転職活動の進め方。ブラック企業を見極めることが最重要

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式

色々な転職サービス情報はこちら

空求人とは

応募してもまず受かることはない空求人。

そんな求人があることをご存知ですか?

空求人とは

空求人とは、人員は十分足りている企業が人を採用する気が全くないのに出している求人のことを言います。

企業側に採用する気がないので応募したところでまず受かることはありません。

なぜ空求人を出すのか

そもそも求人は人を採用したい企業が出すものであり、採用する気がない会社がわざわざ手間をかけてだすのはおかしな話。

ではなぜ空求人が存在してしまっているのでしょう。

一つ目は求人を会社名を認知させる宣伝に使っている為。多くの人が見る求人広告で名前を売ることが目的となっている場合があります。

他にも採用活動の練習等を目的に行う企業もあるようです。

空求人に近いものも多数

完全な空求人ではないものの、それに近い状態のものも多数存在します。

基本的には採用する気はないが、期待できないような優秀な人材から応募があるかもしれないからという理由で求人を掲載している場合などです。

その応募に対して採用人数が決まってなく、そもそも採用しなくても良しと考えているので応募しても不採用となる場合がほとんどとなってしまいます。

すでに採用している人が決まっている場合も

求人の中には最初は採用する目的で求人を掲載していたものの、掲載期間中にすでに採用が終わった結果、空求人となってしまっている求人もあります。

求人は必要なくなった場合に掲載を取りやめることが可能ですが、その手続きをせずに掲載され続けている求人が少なくありません。

そういった求人は応募しても採用につながる可能性はごくわずか。応募しても履歴書の中身を見て貰えることなく不採用とされてしまいます。

空求人に応募してしまうことによるデメリット

では空求人に応募してしまうことには、転職希望者にとってどういったデメリットがあるでしょうか。

時間の無駄、労力の無駄

何より大きなデメリットが時間の無駄、労力の無駄になってしまうということ。

応募する為には履歴書や職務経歴書を書くことになるわけですが、書き上げるにはそれ相応の時間がかかります。

ただでさえ時間が少ない転職活動ですから、こんな無駄なことに時間は使いたくありませんよね。

またひどい会社は空求人であるにも関わらず形式上の面接を行う場合もあります。

不採用になると決まっているにも関わらず平日に有給休暇を使って休み、交通費をかけて行くことになってしまうのです。

転職活動の長期化

無駄なことに時間を費やすことになった結果、それが転職活動の長期化につながってしまう場合もあります。

仕事をしながら転職活動をしている人にとって、履歴書を書いて応募するのも一苦労。

短期間で何社も何社も受けることができるわけではありませんからね。

転職活動に対するストレスの増加

頑張って履歴書を書き自信があったのに不採用とされてしまう。そして転職活動は長期化してしまう。

そうなれば転職活動によって受けるストレスは徐々に大きくなってしまうでしょう。

転職活動が辛くて転職を諦めてしまう人もいます。

空求人を見分け採用に積極的な求人を見抜くには

では空求人を見分け、採用に積極的で受かる見込みのある企業に応募する為にはどうすれば良いのでしょうか。

転職サイトなど求人募集に高い費用がかかるものを利用

求人を探す場合に利用したいのが求人掲載にそれなりに高い費用がかかる転職サイト。

最大手のリクナビNEXTでは最も小さい形でも20万円程度、目立つように掲載しようと思ったら100万円も超えます。

採用する気がないのにわざわざそれほどの高いお金を出して求人を掲載する企業はなかなかありません。

スカウト機能を利用する

転職サイトのスカウト機能を利用してオファーが来た求人を中心に応募する企業を行うのも一つの有効的な方法。

採用する気がない、積極的に人材を募集していない企業がわざわざターゲット層に近い人材にお金を払ってオファーメールを送るなんてことはありませんからね。

ちなみにリクナビNEXTの場合はオープンオファー、興味通知オファー、プライベートオファーの3種類があります。

最も採用期待値が高いのはプライベートオファーで、興味通知オファーとオープンオファーはレジュメの内容よりも希望職種などが一致している、企業が希望する条件と職歴やスキル一致しているだけで送られてくるものです。

プライベートオファーは当然ですが、興味通知オファーもオープンオファーも採用難易度は高くなるものの空求人である可能性はほとんどないでしょう。

転職エージェントの非公開求人を利用する

転職エージェントで扱っている非公開求人も有効的。

非公開となっていて多くの人の目に留まることがない為、空求人を出すメリットがまずありません。

また転職エージェント側も採用が決まって初めて報酬に繋がる為、採用に消極的な企業を転職希望者に対してあまり紹介しません。

求人内容におかしな点がないか

ハローワークを利用して応募する場合は求人票をしっかりチェックしましょう。

社員数に対して採用人数が多すぎたり、求人票の中で矛盾している項目があったり、記載内容があまりに省略されているなど、おかしな点がある場合は応募を避けた方が良いです。

採用活動に対して意欲的な企業はしっかり記載しています。

また未経験者可なのに同業他社に対してやたら年収が高い場合も注意です。

求人の掲載頻度

求人の掲載頻度が高い場合も注意が必要。

普通の企業なら1年中掲載していたり、何度も何度も掲載するなんてことはありません。

そんなことをするのは全く採用する気がない空求人か、すぐに人が辞めて常に人材不足となっているブラック企業か、あまりに条件が低くて人が集まらない企業。

応募するほどの企業ではありません。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. ミイダス

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがミイダス

オファーを待つタイプの、dodaを運営しているパーソルキャリアから分社化した会社が運営している転職サイトです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:ミイダス

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

なお、登録後はサポート開始の為にまず電話がきます。残業等で就業中の場合は出ずに会社を離れてから折り返すようにしましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT