【第二新卒必見】ホワイト企業に転職するためのハウツー。狙い目は隠れ優良企業

ホワイト企業とは、労働者にとって働きやすい環境が整っており、一度入社すると定年以外で辞める人が少なく離職率が低い会社のことを言います。

一方で労働環境、労働条件が悪く、労働者を守る為にある労働基準法を平気で違反するような会社はブラック企業と言います。

ホワイト企業とブラック企業、実際に働いてみると両者にはあまりにも違いがあります。

転職活動において、ホワイト企業に転職できるかどうかは、今後の人生を左右する大きなポイントになると言えます。

この記事ではホワイト企業・ブラック企業の見分け方や、第二新卒がホワイト企業に転職するためのハウツーを紹介します。

 

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

日本におけるホワイト企業の定義

日本におけるホワイト企業の定義

どんな仕事に就くとしても実際に働きだすと多かれ少なかれ大変なものです。

仕事内容はさほど難しくなかったとしても、体力勝負だったり、デスクワークでも細かい作業が多かったりと、楽な仕事はほぼないといっても過言ではありません。

ただ、あまりにも自分の仕事量が多く職場環境が悪いとブラック企業なのではないか、と不安や不満を抱く人もいることでしょう。

ここではホワイト企業の定義について説明していきます。

ホワイトマーク認定された企業

ホワイト企業の定義として、厚生労働省が認定する安全衛生優良企業認定ホワイトマークが挙げられます。

通称ホワイトマークは、厚生労働省から安全衛生優良企業として認定された企業を公表する制度で、労働安全衛生法に沿って労働者の安全や健康を確保する対策に積極的に取り組み、高い安全衛生基準を維持・改善している企業のことをいいます。

安全衛生基準には、過去3年間、労働安全衛生関連の重大な法律違反がないことや、労働者の健康保持増進・メンタルヘルス、過重労働防止への対策などがあり、そのほかにも幅広い取り組みを実施していることが必要です。

このような安全衛生基準は約80種類もあり、これらのすべてをクリアすることでホワイトマーク認定されます。

ホワイトマーク認定を受けると認定マークが付与され、自社のホームページや製品、求人広告などに使えるようになり、国から働きやすい職場づくりを企業全体で実現し続けているというお墨付きを与えられると考えても良いでしょう。

そのため、ホワイトマーク認定を受けることは、ホワイト企業としての公的な証明といっても過言ではありません。

ただ、ホワイトマーク認定がされていなくてもホワイトである会社もたくさんあります。

あなたの会社はブラック?

あなたの会社はブラック?

今あなたが働いている会社を振り返ってみてください。仕事量や職場環境は適切な状態でしょうか。

ここでは、あなたの会社がブラック企業かどうかを確認する方法を紹介していきます。

今すぐできるブラック企業かどうかの確認方法

離職率等の各データを確認

離職率・平均年収・勤続年数・有給休暇取得率などのデータを確認してみてください。

離職率は新卒を含む20代・30代・40代など年代別でわかるとベストですが、わからない場合でも年間の離職者が多い場合はブラックの可能性があるでしょう。

平均年収や勤続年数は、その会社の職場環境の良さや働きやすさを計ることができます。

ある程度納得できる給与がもらえて、長く勤められる環境があればどちらも良好な結果が付いてきます。

給与に不満が多く居心地の悪い職場ならどちらも低い結果となるでしょう。

また、四季報や会社の口コミなど、会社に対する評価がわかるものも参考にするとリアルな情報を得られるので、チェックしてみることをおすすめします。

休みが多いか(年間休日120日以上)

ホワイト企業は休みが多く、仕事によって溜まる疲れやストレスを解消できる環境が整っています。

ホワイト企業の休日数の目安は120日以上、土日祝日しっかり休むことができる日数です。

一方ブラック企業の場合は法律上で許されるギリギリの休日数であるケースが多く、1日の労働時間が8時間の場合は年間休日105日、7時間半の場合は87日最大で33日も休日数が少ない状態もあります。

また、休日出勤をしたとしても手当が出ない・一部しか出ないケースもあります。

こうしたことから年間休日数が120日未満の会社ならブラック企業の可能性があるといえるでしょう。

残業時間が制限されているか

ホワイト企業でも残業はあるものの、残業時間には上限が設定されている場合がほとんどです。

36協定では上限が月45時間、年間360時間と決められていますので、この範囲の残業が基本的です。

ただし、36協定を結ぶ際に特別条項を付けると臨時的にこの上限を超えることが可能なため、場合によってはホワイト企業でも月45時間を超えることもありますが、過労死ラインである80時間を超えるような会社はほぼありません。

一方、ブラック企業は過労死ラインである残業80時間を越えることが良くあり、サービス残業で残業代も出ないという悲惨な状況になっているケースが見られます。

サービス残業も含めて計算してみると、最低賃金を下回る人も少なくはないでしょう。

残業が多い方は一度、残業時間を計算してみてください。

休憩時間に仕事をしていないか

休憩時間は労働基準法によって定められおり、休憩時間に働くことは基本的にNGです。

食事や休憩をとりながら、電話番を兼ねているような状態も違法となります。

ホワイト企業では休憩時間は仕事から離れることが基本です。もし、休憩時間に仕事をした場合、怒られてしまうこともあるくらいです。

その点、ブラック企業では休憩時間など関係なしに仕事をしなければ終わらない状況だったり、休憩時間に仕事をしても何も言われなかったりします。

周りの人も仕事をしていることが多く、昼ごはんも仕事をしながら食べざるを得ない状態の人も少なくありません。

また、本来なら1日1時間の休憩時間を取るところ、やむを得ず仕事をしている場合、時給1500円として計算すると年間約39万円もタダ働きしていることになります。

このような状況の方はブラック企業であることを認識して、転職も視野に入れて考えた方が良いかもしれません。

第二新卒での転職。狙い目は隠れ優良企業

第二新卒での転職。狙い目は隠れ優良企業

今、あなたが勤めている会社がブラック企業だった、もしくは給与や職場環境に不満がありブラック企業の疑いがある場合、転職を検討することをおすすめします。

転職する際には同じようなブラック企業を避けることはもちろん、隠れ優良企業を探しだすことがおすすめです。

隠れ優良企業とは公的にはホワイトマークを取得していなくても、労働者の安全や健康の確保に取り組んでいる企業のことで、休日や残業・休憩などの管理体制が整っている状態を指します。

隠れ優良企業を探し出すには1人ではなかなか大変な作業になるので、転職エージェントに相談しながら探すと良いでしょう。

特に、第二新卒での転職なら転職エージェントを利用した隠れ優良企業への転職が狙い目と覚えておいてください。

はじめに、隠れ優良企業について深堀していきます。

隠れ優良企業とは

隠れ優良企業は、一般にあまり知名度が高くはない企業や、非公開求人を出す企業に多い傾向があります。

非公開求人は一般的な求人サイトでも保有していますが、隠れ優良企業に狙いを定めるなら転職エージェントの方が相談しながら進められるためおすすめです。

また、大手企業よりも中小企業に多い傾向があり、離職率が低い良好な職場環境を維持・継続している会社が存在しています。

優良企業認定を受けた中小企業も確認

厚生労働省では、若者雇用促進法に基づいて中小企業を中心に職場情報を提供しています。

特に、優良な中小企業と認定するユースエール認定は、認定の種類がありそれぞれの目的や希望に合わせた企業とのマッチングにも役立っています。

ユースエール認定は、若者の採用や育成に積極的で若者の雇用管理が優良な中小企業を認定するものです。

そのほかでは、子育てサポート企業のくるみん認定、女性活躍推進に関する取り組みが優良な企業を認定するえるぼし認定、障害者の雇用に積極的な優良企業としてもにす認定などがあり、いずれも厚生労働省が一定の基準以上と認めた中小企業を紹介しています。

ホワイトマークを取得していなくても、別の条件で優良企業と認定された企業が多いほか、若者雇用促進サイトでは企業検索も可能です。

企業検索では、採用・定着率・残業時間・有給取得状況・人材育成情報が確認できるので、第二新卒で隠れ優良企業を探すことにも貢献するでしょう。

簡単に隠れ優良企業の求人に出会えるわけではない

隠れ優良企業を探すには、国のマッチング支援サイトを使ったり、転職エージェントを利用したりといくつか方法はありますが、隠れ優良企業は知名度が低く個人で探し出すことが困難な傾向があります。

また、場合によっては人づてに紹介されることもあり、ツテがない人はなかなか隠れ優良企業が見つからない可能性もあるでしょう。

今の時点で勤める会社がブラック企業で、隠れ優良企業に転職したくてもツテがない人は、転職のプロである転職エージェントの利用が転職成功のカギになります。

転職エージェントは転職希望者の希望や目的に合わせた求人を紹介してくれるほか、転職成功まで手厚いサポートを受けることができます。

次は、隠れ優良企業に転職するために利用したい転職エージェントについて紹介するので、転職を検討している方はぜひ目を通してください。

賢い転職の鍵はエージェント利用にある

賢い転職の鍵はエージェント利用にある

どんな仕事でも大変な部分はありますが、できれば給与体制や勤務体制が整っているホワイト企業で働きたいものです。

今働いている会社に対し不満や不安がある人、明らかにブラック企業だと気付いている人は、早めに見切りをつけて転職することをおすすめします。

特に、あなたが第二新卒でホワイト企業に転職したいなら、隠れ優良企業がねらい目です。

隠れ優良企業は非公開求人に多い傾向があり、個人で探すには労力や時間を費やすでしょう。

周囲にツテもアテもない方は、個人で探す手間を省き効率良く転職活動ができる転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット

今の会社で働きながら転職活動をする場合、1人ですべてを準備するのは大変なことです。

在職中だからこそ転職エージェントの利用がおすすめで、転職活動にかかる労力や時間を軽減できるほかさまざまなメリットがあります。

転職エージェントは多くの非公開求人を保有しているので、隠れ優良企業との出会いが期待できます。

ホワイトマーク認定企業を自分で探すことはできますが、自分の希望にマッチするかどうかまでは調べることができません。

その点、転職エージェントは、転職希望者の希望やスキルにマッチする求人を紹介してくれるほか、面接準備や履歴書を含む書類作成代行などのサポートが充実しており、登録・利用料金はすべて無料なことが特徴です。

何よりホワイト企業探しの手間が省けるので、在職中の転職活動のストレスを軽減することに貢献するでしょう。

賢くホワイト企業に転職するには、転職エージェントの利用が非常に有力であることを覚えておいてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)