転職は1ヶ月で決められる!短期間で内定を獲得する効率の良い進め方を紹介

転職先が決まっていないまま会社を辞めてしまった人や、今の会社をできるだけ早く転職したいと思っている人にとって、転職期間が長引いてしまうは事態は何とか避けたいものですよね。

それこそ「できるなら1ヶ月以内で終わらせたい」と考えている人も少なくないと思います。

今回は、一般的な転職期間や1ヶ月で決めるための効率的な進め方などを紹介します。皆さんの転職活動の一助となれば幸いです。

関連記事

 

今転職を考えていなくても転職エージェントには登録した方が良い

たとえ今転職する気がなくても、自身のキャリアプランなどについて転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。
相談することで自身の正しい市場価値が分かり、今後のキャリアについても考えやすくなるでしょう。
また、転職意欲の低い段階から情報を集めておくことで、いざという時にスムーズに転職活動を行えます。

キャリアプランの相談
マッチ度の高い求人紹介
履歴書作成や面接対策のサポート
スケジュール管理
転職先企業との給与交渉
おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

一般的な転職活動期間は?

一般的な転職活動期間は?

一般的に転職活動にかかる期間はどのくらいなのでしょうか。

実際のデータを見ながら確認していきましょう。

平均は2~3ヶ月

エン・ジャパンの転職活動期間に関する調査によると、求職者全体の75%が転職活動開始から「3ヶ月以内」に次の転職先を決められています。

58%もの方が「3ヶ月以内」と回答していることから、一般的な転職活動期間は2~3ヶ月であるとわかります。

しかし、この数字は年代別にみるとかなり異なります。

「3ヶ月以内」に転職活動を終わらせられている割合が20代では9割、30代では8割を超えているのに対し、40代では6割、50代では3割にとどまっているのです。

年代が上がるにつれて転職期間が長期化する傾向にあるとよくわかると思います。

この要因としては、求人の数自体が少ないことや年代が上がるにつれて「企業から求められる能力や経験」、「求職者が必要とするポジションや年収のレベル」などが上がってしまうことが挙げられます。

つまり、求職者の年代が上がるにつれて、「転職」に対するハードルも高くなっていくのです。

ただ、以前より年齢だけで合否を判断する企業は減っているのは確かですし、40代であれば半数以上、50代であっても3割の方が「3ヶ月以内」に転職活動を終えているのも事実です。

また「1ヶ月半以内」に注目すると、平均2~3ヶ月といわれる転職活動の中で、20代であれば1ヶ月半以内で終わる可能性が約50%もあるのです。

2人に1人が「1ヶ月以内」に終えられるわけですから、あなたもきっとできるはずです。

1ヶ月で転職を終わらせることはできる?

1ヶ月で転職を終わらせることはできる?

転職期間の平均は2~3ヶ月でしたが、1ヶ月で転職活動を終わらせることはできるのでしょうか。

結論から言うと可能です。

ただ、平均の半分以下の期間で進めなければならないので、その分負担が増えることは覚悟しておくべきでしょう。

転職活動では、選考過程において書類選考に加えて1~3回の面接が想定されます。

選考過程(一般的な期間)
  1. 応募
  2. 書類選考結果連絡(1週間)
  3. 1次面接日程決定~面接(1週間)
  4. 1次面接合否連絡(1週間)
  5. 最終面接日程決定~面接(1週間)
  6. 内定連絡(1週間)

選考過程がこれだけありますので、時間がかかってしまうのは仕方がありません。

書類選考も面接もすぐに結果が分かるものではありませんので、応募から内定までで最低でも5週間くらいはかかってしまいます。

それに加え、応募前に企業研究や自己分析をする時間も必要となりますので、一般的な転職活動期間は2~3ヶ月になっているのです。

また、在職中に転職活動をしている場合だと、面接日程調整に手間取ってしまうケースが多く、1社の選考に2ヶ月以上かかることも少なくはありません。

しかし、面接が一度で済む場合や、それぞれの過程が短く済む場合もありますので、1ヶ月以内に終わらせることは決して不可能ではありません。

また、効率的に進められれば、その分期間も短くできますので、1ヶ月で終わらせることをあきらめないでくださいね。

転職を1ヶ月で決めるための3つのポイント

転職を1ヶ月で決めるための3つのポイント

平均2~3ヶ月かかる転職活動を1ヶ月で決めるには、効率的に進めることが大切です。

ここでは、そのポイントを3つ紹介します。

自己分析をしっかり行う

転職活動をスムーズに進めるために、まず大切なのが自己分析をきちんと行うことです。

「⾃分がこれまでにどんな経験をしてきて、その過程でどんなスキルが身についたのか」、「志望する会社では持っているスキルのどれを活かせるのか」など、しっかり⾃分と向き合ってスキルと経験の棚卸しをしましょう。

このプロセスを⾶ばして書類作成に取りかかると、「⾃分の強みを⾔葉にする」「最もアピール⼒のある経験を抽出する」というところでつまづいたり、説得⼒のない書類ができ上がったりして、結果的に時間をロスしてしまいます。

書類選考の通過率を上げるためにも、自己分析で力を抜いてはいけません。

また、応募する求人をスムーズに選ぶために、自分が企業に希望する条件を整理しておくことも大切です。

年収や勤務地、業務内容などをできるだけ具体的に考えておきましょう。

希望条件の例
  1. 年収UP、最低でも現状の400万円をキープしたい
  2. テレワークができる
  3. 経営企画職を希望
  4. 確実に休みが取れる、研修が多いなどスキルアップのための時間が多い

企業研究をしてミスマッチを防ぐ

早く転職を終わらせたいと焦る気持ちから、企業研究をおろそかにしてしまうケースは多いでしょう。

実際、企業研究に手を抜いても採用選考に応募できますし、場合によっては内定を貰えてしまう可能性だってあります。

とはいえ、やはり企業研究のおろそかにすると面接で適切な受け答えができず不採用が続き、転職に時間がかかってしまいます。

また、万が一内定がもらえても、働き始めてから「思っていた会社と違う」となって後悔する羽目になるでしょう。

上記2つの失敗をしないためにも、以下の点については徹底的にリサーチするようにしてください。

  • 福利厚生
  • 有給消化率
  • 会社理念
  • 事業内容

また、企業に関する情報を頭に入れたら、その情報をあなたの持つスキルを照らし合わせるようにしてみてください。

そうすればミスマッチが防げるうえに、転職活動も早く終わらせられるでしょう。

面接の日程調整を上手く立てよう

転職では、多くの方が働きながら活動を進めます。

あまり転職活動にばかり時間を割くことは、今の職場に迷惑をかけてしまうのでできないでしょう。

だからといって、仕事を優先するあまり転職活動がおろそかになるのも、なかなか内定がもらえず長期化する原因の一つです。

そのため、大変ではありますが、面接の日程調整は上手に行うようにしてください。

また、複数の採用選考を同時に受ける場合、さらにスケジュール調整は難しくなるので、有給休暇を使って円滑に管理するようにしましょう。

短期間で転職活動を終わらせるポイント

短期間で転職活動を終わらせるポイント

企業研究や自己分析をおろそかにして、転職活動を短期間で終わらせることは可能です。

しかし、それではミスマッチが起きたり、長期化したりする恐れがあるので絶対に止めた方が良いでしょう。

では、そのようなリスクを避けながら短期間で終わらせるにはどうすれば良いのでしょうか?

この項目では、短期間で転職活動を終わらせるポイントについて解説します。

転職希望時期から逆算して行動しよう

転職活動を効率よく進めるには、スケジュール管理が最も大切と言っても過言ではありません。

そのため、まずは転職希望時期を決めてください。

そこから逆算して転職活動をスタートさせて、書類選考や面接の時期などを大まかに考えておきましょう。

例えば、3か月で転職活動を終えたいなら、次のようなスケジュールが立てられます。

工程 所要期間 やること
事前準備 2週間 自己分析、キャリアの棚卸、希望条件の洗い出しなど
情報収集~応募 2週間 企業研究、履歴書・ES作成など
選考~内定 1か月 書類選考、面接など
退職準備 2週間 辞表の提出、退職手続きなど
入社準備 2週間 身分証明書、印鑑、銀行口座の用意など

この中で、さらに「次の休日に履歴書を作ろう」といった形でスケジュールを組むと良いでしょう。

また、もし選考が長引くようなときは、その都度スケジュールの調整をするようにしてください。

引き継ぎ書作成は早めに

転職活動にばかり気を取られていると、現職での作業がおろそかになってしまいます。

すると、スケジュールが狂って転職期間が延びる恐れがありますので、引き継ぎ書類の作成は早めに済ませるようにしてください。

一般的に、引き継ぎ書類の作成には2週間~1か月程度かかるとされています。

また、転職が決まれば退職準備などで忙しく、有給を使えない場合もあるでしょう。

仕事や転職活動の隙間時間を使って少しずつ作成するようにしてください。

ちなみに、引き継ぎ書に記載する内容は次の通りです。

  • 業務の概要と目的
  • 業務スケジュール
  • 注意点やイレギュラーへの対処法
  • 資料の保管場所
  • 連絡先など

インターネットで「引き継ぎ書類 作成」と調べれば、テンプレートや作成ツールなども見つかるので、それらを活用して作成してみても良いでしょう。

転職エージェントのサポートを受ける

転職活動を短期間で終わらせるには、以下の工程をスムーズに進める必要があります。

  • 自己分析&企業研究
  • 求人探し
  • 履歴書作成
  • スケジュール管理

しかし、今の職場で働きながらこれらの作業を進めるのは大変でしょう。

そこで役立つのが「転職エージェント」です。

転職エージェントとは、転職に関するあらゆる面からサポートしてくれる支援サービスになります。

スムーズな転職活動に必要なサポート内容が全て揃っているので、短期間で終わらせたいなら転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントを活用して1ヶ月で内定を獲得しよう

転職エージェントを活用して1ヶ月で内定を獲得しよう

今回は、転職活動を短期間で終わらせるためにポイントについて解説しました。

その結果、自己分析や企業研究、スケジュール管理などが重要だと理解できたでしょう。

しかし、働きながらだと時間を上手に使うのが難しく、わかっていてもおろそかにしてしまうものです。

そこで役立つのが転職エージェントで、次のようなサポートをしてくれます。

  • 自己分析や企業研究のサポート
  • あなたに最適な求人紹介
  • 履歴書作成の指導と添削
  • 面接対策と模擬面接
  • スケジュール調整
  • 条件交渉
  • 退職・入社手続きのサポート

このように、転職エージェントでは活動に必要なあらゆる部分をサポートしてくれるので、自分一人で進めるより格段に効率よく作業できます。

しかも、これだけのサポート体制が整っていながら登録や利用は無料です。

もし、あなたが短期間で転職活動を終わらせたいなら、転職エージェントを利用してみてください。

おすすめの転職エージェント


【最大手】リクルートエージェント
まずは登録して損はないエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験】ジェイック就職カレッジ
無職・フリーターからの転職に強み


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは第二新卒・フリーター・無職・未経験・女性など、属性に合わせて専門的なサポートを行うことで高い内定率を実現させています

また、ブラック企業を徹底的に除外しているため、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高い数値を誇っているのも特徴の一つです。

フリーター・中退者29,906名の就活支援実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【20代・30代】マイナビエージェント
若手でキャリア形成をしたい方


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。

関連記事