転職回数が多い人は転職しない方がいい?実は転職回数を気にしない会社もたくさんある。

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスdoda。

 ◆公式HP:doda

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※dodaについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職回数が多い人は転職しない方がいい?実は転職回数を気にしない会社もたくさんある。

転職回数が多い人は転職活動で不利になるから再度の転職はしない方がいい、今の会社で頑張った方がいい、そんなことを考えていませんか?

確かに転職では不利になる可能性が高く、企業から敬遠されて中々上手くいかないことがあるのも事実。

ただそれだけで転職をしてはいけないと決めつけてしまうと、せっかくチャンスがあった時にも逃してしまうことになるので注意しなくてはなりません。

関連記事

 

転職回数が多い人の問題点

そもそも、転職回数が多い人はなぜ転職しない方がいいとされているのでしょうか。

20代なら2回、30代なら3回以上あると転職回数が多いとみなされる

まずは一般的に転職回数が多いとされる回数から紹介していきましょう。

一般的には20代なら2回の転職歴があり3回目の転職となる人、30代以降なら3回の転職歴があり4回目の転職がある人が転職回数が多いとみなされる場合が多くなっています。

ただこれは会社によって異なる部分であり、30代でも2回の転職歴で多いとみなされる場合や、20代後半でも2回目の転職から転職回数が多いとみなされてしまう場合もあります。

一方で5回、6回、中には10回以上でも気にしないという企業もあります。

どこに線引きがあるかはそれぞれの企業次第というわけです。

転職回数が多い人は転職活動で不利になる

転職回数が多い人は、以下の印象を抱かれることになります。

  • 入社しても長続きせずすぐ辞める可能性が高い
  • 腰を落ち着けて仕事をしていない分、年齢相応のスキルが身についていない

この2つの理由が転職回数が多いことが不利になる要因です。

だからこそ転職回数が多い人は、転職理由について納得できるものを説明する必要があり、スキルがあることもアピールしていくことが必要とされています。

ただ手間が増えるので全員を面接できるわけではなく、ある程度は書類選考で絞らなくてはいけないし、面接だって短い時間でその人の本質を見抜けるわけではありません。

それ故に転職回数が多いという理由だけで書類選考に通過できなくなることがどうしても増えるし、面接に進むことができたとしてもマイナスからのスタート、逆転できずに不採用となってしまうことが増えてしまうのが現実です。

今後、転職を繰り返すことになる人も多い

また転職活動が難しいものになるかどうかだけではなく、もし転職先が見つかったとしても、結局また転職を繰り返すことになるだけというのも転職しないほうがいい、転職はやめておいた方がいいという理由。

確かに転職癖がついてしまっている人はいます。

どんな仕事についても不満を感じ、いつまでも満足できずに転職を繰り返すことになる。

そしてどんどん転職回数が増えていくだけでその度に給料などの労働条件も悪くなる。

そういったことを避ける為にも、転職はしない方がいい、今のタイミングで一度腰を据えて働いた方がいいと言われるわけです。

転職回数が多い人は転職をしない方がいい?

こういった理由から、転職回数が多いことは転職することに対して後ろ向きに捉われてしまいがち。

ただ改めて本当に転職しない方がいいかどうかというのは考えてみましょう。

決まるかどうかは関係なく、転職活動をするのは自由

まずそもそも転職活動をすること自体は自由です。

転職先が決まるかどうかはその先の話。

転職活動では不利になるでしょうし、今より条件の良い会社が見るかるかどうかなんてわかりません。

ただそんなことは関係なく転職活動をすること自体は自由です。

実は多い転職回数を気にしない会社

そもそも転職回数を気にしない会社というのは実はかなりあります。

転職回数が多いから即不採用なんて会社ばかりではないのです。

もちろん不採用の確率は高まります。

応募時点ではその会社が転職回数を気にする会社なのか、少しは気にするけど逆転も可能な会社なのか、全く気にしない会社なのかなんてことはわかりませんからね。

ただ転職回数が多いからといって今より条件の良い会社に転職することができないなんてことは全くないのです。

今より良い会社に転職できるなら転職すべき

もし転職活動をしてみて、今より良い会社に転職できるのであれば、たとえこれまでの転職回数が多くたって、転職しない方がいいなんてことはありません。

そこまでいったらさすがに誰だって転職するでしょう。

実際、何度も転職を繰り返すことでキャリアアップしていった人もいます。

年収300万円だった人が7回転職して今では年収1000万円を超えている人もいるのです。

もちろん大切なのは年収だけではありませんから、自分にとってどんな会社が良い会社なのか、その会社が本当に良い会社なのかはよく見極める必要があります。

目的がはっきりしていることも大切

いくら転職回数が多くたって、あまりにひどいブラック企業だったらどう考えたって転職すべきです。

はっきりやりたいことがあって、転職によってそれが実現できるとわかっている時だって転職に後ろ向きになる必要なんてありません。

なんとなくつまらない、会社生活があまりうまくいっていなくて不満などあいまいな理由であればまた転職を繰り返すことになるのでやめておいた方がいい場合が多いですが、目的がはっきりしているなら転職に躊躇する必要なんてありません。

ようするに、転職する目的がはっきりしていて、その実現の為にとりあえず転職活動を始める、そして希望通りの転職先が見つかったら転職するということに何も問題なんてないのです。

転職活動を行う場合にこれだけは注意してほしい点

ただ転職活動が多い人は、転職活動を行う場合にこれだけは注意しておかなくてはいけません。

仕事を先に辞めてはいけない

まずは仕事を先に辞めないこと。

転職回数が多いことは転職ではどうしても不利になります。

その為、希望通りの会社に転職できる可能性は他の人に比べてどうしても高くなってしまうのです。

もしかしたら辞めた会社よりもっとひどい会社しか選択肢がないという場合も起こりうる可能性は低くありません。

そうなると、妥協してやむを得ず入れる会社で働くことになるでしょう。働かないと生活できませんからね。

ただ当然転職に後悔することになるし、結局しばらくたったらまた転職を考えるようになってしまいます。

そうならない為にも転職活動は在職中に行うことが必須です。

仕事を辞めることを目的にしてはいけない

転職をする上で仕事を辞めることを目的としてはいけません。

それを一番の目的にしてしまうと、会社選びは雑になり転職後も結局その会社に対して不満を抱き辞めたいと思うようになってしまいます。

これまで転職を繰り返してきた事実はしっかり受け止めてください。

それは会社のせいではありません、自分に責任があります。

最悪な会社だったとしてもそこを選んだのは自分。そんなミスを何度も繰り返してきたのです。

今回の転職ではもうそんなミスをするわけには行きませんから、自分がどういった目的で転職するのか、どんな会社を望むのかしっかり明確にしてから転職活動に踏み切るようにしてください。

長期的な目線で一度考える

一度は長期的な目線でも考えるようにしましょう。

行き当たりばったりで目の前のことだけを考えていてはだめ。

最初はその転職にメリットがあったとしても、長い目で見た時にそのメリットが消えてしまうようだと、それもまた転職を繰り返す原因になってしまいます。

長い目での目標を持ち、その実現の為に選んだ会社であれば、この先ちょっと大変なことがあってもすぐに辞めるなんてことはしないはずです。

最後に

転職回数が多いことは、確かにあまり良くないことだとされています。

ただそれだけで転職すべきではないというのは、実はかなり間違った考え方。

もちろん他の人以上に慎重になって決断する必要はありますが、どうしようもない会社にいるなら無理と諦めずとりあえず転職活動を始めることはむしろいいことだと思います。

ぜひ今一度、今後の自分の転職について考えてみてください。

おすすめ転職支援サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. doda
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずdodaですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「会員登録をする」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

dodaは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって dodaは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:doda

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントdodaが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

dodaリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、dodaと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならdodaなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ