転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

まだ転職したことがない人にとって、転職することは何か特別なことのように感じるもの。

日本では、終身雇用制度という新卒で入社した後、定年まで同じ会社で働き続けるというものがあります。

これによって、転職せずに同じ会社で働き続けるのが当たり前、転職することは特別なことであると考える人が多いです。

しかし、実際は転職する人は非常に多く、何ら特別ではないことを知っていますか?

むしろ転職しない人のほうが少ないのです。

年内に転職を決めたいなら今動こう

年内に内定者を出したい企業が多いので、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの2サービス

リクルートエージェント
【転職成功実績No.1】
・業界最大手で求人数も最多
・転職者の6割以上が年収UP

リクルートエージェントは規模や紹介実績、
非公開求人数も業界トップを誇り、

アドバイザーや求人内容の質が高いのが特徴です。
理想の職場環境やキャリアプランに沿った会社に出会える可能性は上がるでしょう

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

JAIC(ジェイック)
【入社後定着率91.5%】

・フリーター/既卒/未経験向け
・利用者の転職成功率81.1%

JAIC最大の特徴はカレッジと呼ばれる研修制度。
カレッジでは「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「面接対策」などを徹底的に学べるため、
正社員経験の少ない方や未経験の職種に転職したい方でも安心して転職活動を行えます

【5分で登録完了】公式サイトはこちら

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるため、一人で転職をするよりも成功率が上がります

利用料は一切かからないので、まずは登録をしてエージェントの方と面談だけでもしてみることをおすすめします。

転職を経験した人の割合、転職回数の平均

実際に転職する人はどれくらいいるのか、そして何回くらい転職を経験するものなのか。

これから転職する人にとっては気になることだし、転職することが特別ではないことがわかることは心強いもの。

エンジャパンは社会人の転職経験に調査しました。

その結果が以下の通り。

転職回数

引用:en ミドルの転職「退職について」

転職を経験した人の割合

転職を経験した人の割合は全体だと83%、各年齢では以下の通りとなっています。

  • 20代・・・63%
  • 30代・・・80%
  • 40代・・・86%
  • 50代・・・84%
  • 60代・・・82%

この結果からわかるように、転職を経験する人は非常に多いです。

5人に4人以上が一度は転職を経験するのです。

むしろ、生涯で転職をしない人のほうがかなり少数派であると言えます。

まだ働き続けて間もない20代ですら、転職したことがない人は37%。

3人に2人は転職したことがあるのです。

新卒入社後の離職率は大卒でも3割以上、高卒では5割もいることから確かに妥当な数字ではあります。

もし、転職することを特別なことであると思っているのであれば、それは誤認識。

当たり前のことなのです。

転職回数の平均

では、転職回数の平均はどうでしょう。

上記のデータで、転職回数5回以上の人を5回とまとめてしまうと、平均転職回数は2.35回。

最初の会社も考えると、3社以上で働くことになっています。

各年齢での平均転職回数は以下の通り。

  • 20代・・・0.97回
  • 30代・・・1.95回
  • 40代・・・2.55回
  • 50代・・・2.57回
  • 60代・・・2.36回

あくまで、転職回数5回以上の人を5回とまとめて計算している為、実際はもっと多いです。

当然、年齢を重ねるほど、転職回数は増えていきます。

最終的には、サラリーマン生活で2,3回の転職を経験する人が多いです。

この結果からも、数回転職することは何ら特別ではないことがわかりますね。

転職を2,3回繰り返すと、転職回数が多いと思いがちかもしれませんが、全体的にみれば真ん中くらい。

多いなんてことはないんです。

転職することは当たり前、悩む必要はない

確かに、日本は海外に比べて転職回数が少ないです。

アメリカですと、平均転職回数は6回なんていうデータもありますからね。

まあ確かに、海外の会社と仕事をしているとしょっちゅう人が変わります。ジョブ型雇用のところも多いので、仕方のないことですし、しっかり引継ぎはされているので何ら問題はないのですが。

それに比べると、日本では未だに転職に対してあまり良いイメージを持っていないのがわかりますね。

ただ、上記の結果からみても、現在では転職することは当然であり、何ら特別なことではないといえるでしょう。

むしろ一度も転職を経験したことがない人のほうが少ないのですから、なぜ未だにそのような考え方にあるのか、不思議なものです。

もし転職したいと考えているにも関わらず、普通の人とは違うことはやりにくい、周囲にどう思われるかと気にしてしまっているのであれば、その考えはさっさと捨ててしまいましょう。

転職は自分の会社生活をよりよくするために行うもの。それがおかしいなんてことはないのです。

最近は転職支援サービスも充実していますので、ぜひ積極的に活用してみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントへの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方がわからない方にもおすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)