転職率ってどれくらい?転職者の割合。

あまり馴染みのない人も多い転職率という数値。

これは転職者を占めす割合を示しますが、その転職率はどのような割合になっているのでしょうか。

 

おすすめの転職サービス

なかでもリクルートエージェント全年齢層向け・求人の種類も豊富なので、まずはここから登録を始めてみましょう。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビエージェント
・20代の信頼度No.1
・未経験歓迎の求人多数

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

転職率とは

まずは、転職率について説明します。

転職率とは、労働者に占める転職者の割合のことです。

1年間の間でどの程度の割合の人が転職したかがわかります。

ユースフル労働統計では、就業者の中で、過去1年間に離職を経験した人を転職者としています。

参考:ユースフル労働統計

転職率はどれくらい?

厚生労働省「雇用動向調査結果」によれば、1年間の転職率は10.0%となっています。

およそ10人に1人は転職しているという結果になっています。

1年間のうちで10人に1人ですから、会社生活40年と考えた場合だと多くの人が転職を経験することになると考えられますね。

もちろん1人で複数回する人もたくさんいますから、全く転職を経験しないまま、1つの会社で働き続ける人もいると思いますが。

ただこの中にはパートタイム労働者も入っている為、もしそういった人を抜いて考えると、8.2%。それでも高い数字ですね。

では男女別、年齢別についてみてみましょう。

男女別の転職率

  • 男性の転職率・・・8.3%
  • 女性の転職率・・・11.9%

男性よりも女性のほうが転職する確率が高いという結果になりました。

女性は男性に比べてパート等の割合も多いですからね。

年齢別の転職率(男性の場合)

  • 20歳~24歳・・・12.2%
  • 24歳~39歳・・・11.7%
  • 30歳~34歳・・・8.9%
  • 35歳~39歳・・・7.7%
  • 40歳~44歳・・・5.9%
  • 45歳~49歳・・・4.7%
  • 50歳~54歳・・・5.3%
  • 55歳~60歳・・・5.9%
  • 60歳~64歳・・・13.3%
  • 65歳以上・・・10.8%

若い年齢層ほど、転職する割合は高くなるという結果になっています。

新卒者の離職率は非常に高く、転職する確率は高くなっています。

転職するならば若いほうがしやすく、年齢が高くなってくると転職しにくくなるということがありますから、チャンスのある若い年齢層ほどそのチャンスを使い転職するという傾向もあります。

年齢別の転職率(女性の場合)

  • 20歳~24歳・・・13.9%
  • 24歳~39歳・・・18.3%
  • 30歳~34歳・・・12.1%
  • 35歳~39歳・・・13.1%
  • 40歳~44歳・・・13.5%
  • 45歳~49歳・・・11.3%
  • 50歳~54歳・・・9.3%
  • 55歳~60歳・・・9.5%
  • 60歳~64歳・・・9.6%
  • 65歳以上・・・4.4%

転職率の推移

では、転職率はどのように推移しているでしょうか。その結果が以下の通り。

  • 2010年・・9.1%
  • 2011年・・・8.8%
  • 2012年・・・9.1%
  • 2013年・・・10.5%
  • 2014年・・・10.0%
  • 2015年・・・10.6%
  • 2016年・・・9.9%
  • 2017年・・・10.2%
  • 2018年・・・10.0%

リーマンショックがあった2010年から数年間は求人数自体も減っていた為、転職率自体も少なくなっています。

転職するのはもはや普通のこと

これまでの結果からわかるように、転職することはもはや当たり前のことであり、むしろ転職しない人のほうが少ないくらいです。

日本特有の終身雇用制度によって、これだけ転職する人が多いにも関わらず、転職することが異質なことのようなイメージを持たれている場合もありますが、全くそんなことはないのです。

むしろ、そのように考えてチャンスを潰すことのほうが危険です。

年齢別の転職率を見ると、年齢が高くなるにつれて、転職する人の割合は減って行ってます。

若い時に転職するチャンスを失うことを考えると、非常にもったいないことなのです。

もし今の仕事をずっと続けることが嫌だと少しでも考えているのであれば、まずは転職に対するイメージを変え、違う会社について調べてみることからはじめましょう。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

未経験でも応募しやすい求人、中小企業の求人を多く取り扱っています。

利用している企業は採用基準に人柄を重視する傾向にあるので、経歴に自信のない人にもおすすめです。

未経験職に挑戦したい、と考えている方にとっても利用しやすいサービスとなっています。

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)