20代のうちに1度や2度の転職をするのは珍しいことではなく、若手向け転職サービスがあるように転職しやすい土壌ができていることも事実です。

とはいえ自分に合った仕事がなかなか見つからず、4回、5回と何度も転職を繰り返してしまう人もいます。

今回紹介するのは20代のうちに4回も転職を繰り返した筆者の体験談

なぜ転職を繰り返していたのか、どのようにして続く仕事を見つけたのか、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

若さを活かして今動こう!

年内に内定者を出したい企業が多いため、今の時期は求人が増加します。

年内に転職を決めて不安なく新年を迎えたいなら求人が増加する今がチャンスです。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
【業界最大手で転職成功実績No.1】
・専門コンサルタントによるフルサポート
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビジョブ20's
【転職定着率93.6%】
・20代/第二新卒/既卒の転職を専門サポート
・20代対象求人2,000件以上

公式

JAIC(ジェイック)
【若手の就活支援に特化】
支援実績23,000名以上
・利用者の転職成功率81.1%

公式

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります。
20代は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

20代で転職4回。さすがに多すぎる転職回数

現在36歳の私は、20代のときに4回転職し、5社で働いてきました。

もっと多い人もいるかと思いますが、一般的に見るとやはり多すぎる転職回数です。

リクナビNEXTの「年代別の転職回数の調査」では、20代の76%が「転職経験なし」平均1回あるかないかといった結果が出ています。

実際その多すぎる転職回数によって苦労したこともありました。

転職を繰り返すのがあまり良くないことだとわかっていましたし、新卒の頃はまさかこんなことになるなんて思ってもみませんでした。

ところが、私は新しい会社に入るたびに何かしらの不満を感じるとすぐに辞めることを意識

一度「辞めたい」と考えてしまうとその思いは増してく一方で、次こそ、次こそはと転職を繰り返す癖がついてしまったのです。

私が転職を繰り返した理由と心理

なぜ私がこんなにも転職を繰り返すことになってしまったのか。

今になって振り返ると様々な理由を思いつきますが、転職を繰り返してしまう人の特徴に大いに当てはまっていることは明らかでした。

理想を追い求めすぎていた

まず1つ目が理想を追い求めすぎていたこと。

たいしたスペックもないのに理想だけは高く、無駄に期待しては納得がいくまで職場を探し続けていました。

どこかで現実を受け止めたり妥協したりすることも必要だったし、キャリアプランを立てて長期的な目線で考えることも必要だった。

ただ、あの頃の私はとにかく理想を手に入れる手段として、転職を選択してしまっていたのです。

嫌な部分ばかりを探していた

新しい職場に移ると、私は常に嫌な部分ばかりを探して勝手に不満を感じていました。

前職と比較して改善された部分もあったのに、それよりも嫌な方ばかりに目を向けてしまう。

一度「嫌だな」と思うと頭の中が不満で支配され、その会社全部が良い会社ではないと決めつけてしまうようになっていたのです。

自信過剰・プライドも高すぎた

短期で職場を変えていれば、たいした経験も積めないし仕事ができるわけもない。

にも関わらず自分はもっと仕事ができるはずだ、もっと活躍できる場所があるはずだと根拠のない自信だけは持っていました。

さらにプライドも高いので、職場で指摘や指導をされても自分のレベルの低さを認めることができない。

結局いつも周りのせい、環境のせいにして、場所を変えればいつか満足のいく仕事を任せてもらえると思い込んでいたのです。

最初の転職が簡単にできてしまった

私が最初に転職したのは新卒入社して2年目、1年4ヶ月経った頃でした。

3年も経っていないのにまともに転職なんてできないだろう、転職先を見つけること自体が厳しいだろう、不安はもちろんありました。

でも実際に転職活動を行ってみるとたったの1ヶ月半で内定を貰うことができ、しかも前の会社に比べてかなり条件も良くなったのです。

運が良かったんだと思います。

ただそんな運の良さが災いし、「転職って意外と簡単じゃん」という認識が生まれてしまいました。

結果的に転職することへのハードルが下がり、勢いで転職してしまうことに恐怖を感じなくなってしまったのです。

転職活動を適当に行っていた

転職活動自体を適当に行っていたことも1つの原因だと思います。

辞めたい気持ちだけが先走り、会社を辞めること自体が目的になっていました。

転職とは本来、自分らしく働ける職場を選ぶための手段であるはずなのに。

自己分析をしっかり行えていなかったこともあり、後になって「もっと真剣に転職活動をすれば良かったと」後悔、そんなことを毎回毎回くり返していました。

考え方を変えた4回目の転職活動

そんな私でしたが、28歳で4回目の転職をする前にはさすがに危機感を強く感じるようになりました。

30代を目前にして、いまだに1つの仕事に落ち着けていないという現実。

ただでさえ転職回数が多くて選考が厳しいと実感している中、30代になっても同じ過ちをを繰り返すのではないかという不安。

そして言わずもがな、長続きできないので自慢できるような実績もないし、スキルも身についていない自分に悲しくなってしまいました。

次の転職で絶対に最後にすると決意

さすがに危機感を感じた私は、次の転職で絶対に最後にすると決意し、これまでと考え方を一新して転職活動に挑みました。

プライドを捨てて自分のダメな部分を認める、将来を見据えて真剣に転職活動に取り組む。

次にどんな会社に入社しても続けようという覚悟を持ちました。

そして転職後も不満ばかりを言うのではなく、良くなった点・悪くなった点もひっくるめて受け入れて、もっと前向きに仕事に取り組むようにしました。

そのおかげか、それまで1年ちょっとしか続いていなかったのが、今働いている会社ではもう5年。今のところ辞めたい気持ちもなく、転職癖はもう克服できたと思っています。

転職回数が多い人が転職を成功させる5つのコツ

では具体的にどんな風に転職を進めたのか、具体的なコツについてもお伝えしていきます。

まず大前提として転職回数を誤魔化すのはNGですよ。入社後に発覚したらトラブルになるかもしれないので、そこは正直に伝えるようにしましょう。

1. 転職理由に一貫性をもたせる

転職回数が多すぎると「無計画な人」「嫌なことからすぐ逃げる人」だと思われがちです。

でも毎回の転職に一貫した目的があったと証明できれば、採用側を納得させることができます。

「〇〇業界に携わる仕事を転々としてきた」、「アイデアを活かす仕事を軸に転職を続けてきた」などが例に挙げられます。

2. 逆に、転職を繰り返したことを強みにする

職歴が多いことは必ずしもデメリットとは限りません。

たとえば「転職回数が多い=様々な職場や企業を経験している」と捉えることもできます。

他社での経験を通じて何を学んできたか、それを転職先でどう活かせるかを自分の言葉で説明できれば、採用側の不安も払拭できるはずです。

3. 転職理由を他責にしない、愚痴にしない

「ワンマン経営でパワハラがすごかった」など、たとえ本当であっても前職のことを悪く言い過ぎることは避けましょう。

周りばかり否定する発言は他責の人だと思われるリスクがあるので、あくまで「自分が選んだ会社」だという事実は忘れないでください。

ただ「当初の労働条件と大きく違っていた」など、主観ではなく客観的に問題があった部分は正直に説明しても問題ありません。

4. 人間性に問題がないことを伝える

1つ目、3つ目の内容にもつながりますが、「無計画な人」や「他責の人」と思われないようにその根拠を示すことも必要です。

そのためには、不満を抱いたことに対して、職場で自分なりに解決しようとした努力したこと、あればそのエピソードも話すようにしましょう。

たとえば「人間関係があまりよくないので、積極的にあいさつをしてコミュニケーションを図ろうとした」といったところです。

努力したことや反省点を積極的に伝えることで、ネガティブな面もポジティブに魅せることができます。

5. 転職回数を気にしない企業に応募する

転職回数を理由に書類選考で落とすような企業は減ってきましたが、やはり人柄重視の企業やベンチャー企業を選んだ方がスムーズに転職を進めやすいです。

特にベンチャーは、向上心やポテンシャルの高さを認められれば内定を貰える確率が高くなります。

加えて「自分がどこまでできるか」をしっかり説明できる人、「やりたいこと」を具体的に言葉にできる人の方が、採用側にも魅力的に映るはずです。

転職は恋人探しと似たようなもの

転職を繰り返すことは、良いことよりも悪いことの方が多いのが現実。

あれも嫌い、これも理想じゃない、妥協なく完璧を求めたい気持ちはわかりますがが、現実はそう甘くないのです。

さらに年齢が上がるにつれて転職のハードルは高くなるので、将来を見据えた転職をするなら20代のうちに行動を起こすのが得策。

恋人や将来の伴侶も、理想が高すぎると付き合いが続かないこと、歳を取るほど見つかりにくくなっていくことと同じです。

自分の首を絞めないためにも、「次の転職で決める!」という覚悟と真剣さを持って臨むようにしましょう。

おすすめの転職エージェント

転職を繰り返さない為には、とにかく自分なりに納得できる転職先を見つけることが大切です。

そのためにも転職エージェントを最大限に活用し、条件が良く自分の希望に近い仕事を探していきましょう。

いくつかおすすめの転職エージェントを紹介します。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

20代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、20代の方の転職支援に特化したサービスです。

20代の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに20代の方の転職サポートに特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)