20代で正社員の仕事が見つからないという場合にすべきこと。やれることは全部やった?

ブラック企業に就職してすぐ辞めてしまった、就活で失敗してフリーターになってしまった、仕事に不満があって転職したい。

そういった人達の中で正社員の仕事が見つからないと嘆いている人は少なくありません。

そしてやむを得ず派遣社員や契約社員として働くことになってしまうという人も多いでしょう。

ただ、20代であれば現在非正規で働いている人でも正社員の仕事に就くことは十分可能。一度仕事の探し方、見つけ方、転職活動のやり方を見直してみることをおすすめします。

まずは登録しておきたいおすすめ転職サービス3選
 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人数※1

315,431件以上

140,000件以上

2,300件以上
対象年代20代~30代20代~40代20代~30代
スカウト機能企業からスカウト企業からスカウトスカウト機能なし
転職サポート求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
求人紹介
書類添削
面接対策
入社日・給与交渉
現在の収入200万円~900万円200万円~900万円200万円~500万円
 

※1 2020年1月

20代はかなり恵まれている

現在の20代は、正社員の仕事を見つけるという点に関して言えばかなり恵まれている状況です。

有効求人倍率は非常に高い数値となっているように、多くの企業で人材不足が顕著となっています。そして特に足りないのが若手の人材。

企業にとって若手の人材を確保することは今後も成長し続ける上で必要不可欠であるにも関わらず、募集をかけてもなかなか人材が集まらないという状態に陥っています。

それ故に未経験でもいいからとにかく20代の人を採用したいといった企業が増えています。

転職市場においては20代であるということだけでかなりの武器。それを持ち合わせている上に近年の若手不足の状態はかなり恵まれているのです。

ひと昔前の不況時には、20代であっても正社員の仕事に就くのがかなり困難であり、それどころか派遣社員や契約社員の仕事ですら中々見つからないという状態になっていました。

もし今の状況で仕事が見つからないと、今後年齢が高くなり、不況が訪れた時にはさらに見つけることが困難になります。安易に派遣社員や契約社員を選んで今のタイミングを逃すのではなく、なんとしても今のうちに仕事を見つけなくてはなりません。

なぜ20代なのに仕事が見つからないのか

転職市場でかなり恵まれている20代。それでも仕事が見つからないというのは何かしら原因があると考えましょう。

仕事を選びすぎている

誰だってやりたい仕事をしたい、休日は多いほうがいい、給料は多いほうが良いと考えるのは当然のこと。

仕事を選ぶ時にも自分の希望していることをベースにするかと思います。

ただ、選びすぎれば選びすぎるほどの選択肢はどんどん狭くなっていくとともに転職のハードルも高くなってきます。

結局転職のハードルを上げているのは自分自身なわけです。

目の前のことしか考えていない

仕事というのは目の前のことだけではなく、もっと先のことを考えなくてはなりません。

最初は希望の年収を貰えなくても働き続ければ給料は増えていく可能性は十分にあるわけですし、スキルを磨けばもっと良い条件の会社に転職することも可能になります。正社員として働き経験を積んだからこそできることです。

長期的な視点でものごとを考えることができずに、希望条件に合う仕事ばかりを探して見つけられず、派遣社員として働き続けていても良くて現状維持のままでいつまでたっても希望条件に合う仕事につくことなんてできません。

そもそも探していない

実は以外に多いのがそもそも仕事をしっかり探していないということ。

仕事を探すというのは簡単なことではありません。

これまでの自分の経験、能力といったものをしっかり見極めた上で、求人情報だけでは知りえない情報も集め応募する企業を見つけなくてはなりません。

転職サイトやハローワークで検索してパッと見て良さそうなところに応募するくらいでは、受かる可能性なんて著しく低いのです。

少なくとも転職サイトのスカウト機能、転職エージェントを利用して非公開求人に応募するといったことは必要です。

転職活動のやり方を間違えている

いくら良さそうな仕事を探したとしても受からなくては仕事に就くことはできません。

受かる為には履歴書の書き方から面接まで気を使わなくてはなりません。

やっぱり転職活動にはコツはあるので、能力が低い人があたかも高いように見せることができたり、たいして熱意がなくても熱意があるように思わせることは可能です。

もちろん逆もしかりでせっかく能力がある、熱意があるとしても伝わらなければ意味がありません。

仕事を見つける為にすべきこと

もしあなたが正社員の仕事を見つけたいと考えているならば、現状の仕事が見つからないという状態から何かを変えていかなくてはなりません。

視野を広げ仕事を選ぶ

仕事って色々あるんですけど、多くの人は限られた視点でしか見ることができていなくて自分自身で選択肢を狭めてしまっています。

仕事内容はもちろん勤務地といった点でもあまり縛らずに色々と探してみてください。

地域に仕事の種類も違えば量も違います。

現実を知った上で仕事を選ぶ

新卒として就職するわけではなく、あくまで中途採用として応募するわけで、そこには厳しい現実もあります。

未経験の人間が年収500万円以上を希望してもやっぱり厳しいし、人気のある職種であれば経験者であることが必要になってくるのでいくら20代と言えども転職するハードルはとてつもなく高くなります。

仕事選びの際にはこれまでの経験、学歴といったことも影響しますから、これらのことを考えることは重要です。

いくら理想ばかりを追い求めても受かる可能性はとても低く時間ばかりがたっていくのです。

転職サイトのスカウト機能や転職エージェントは、自分に見合った仕事を紹介してもらえるという点にメリットがありますし、自分自身の市場価値についても知ることが可能になります。

受かる可能性が全くないようなものは除外されるので、利用しておくのが吉です。

目の前のことだけではなく、将来も見据える

おそらく、自分に見合った仕事を考えていくと条件面で妥協しなくてはいけない現実にあたってしまう人が多いと思います。

それは仕方ないんです。

それが現実ですから、まずはそれを受け止めましょう。そしてもっと将来を見据えましょう。

正社員として働けば、その経験をもとにさらに好条件の会社に転職することだって可能になります。まずは正社員として働かなければ自分の希望に近づくことはできないのです。

転職エージェントにサポートしてもらう

転職活動のコツは無理に自分で勉強しようとするのではなく、転職エージェントに頼るようにしましょう。

転職エージェントは時に紹介できる仕事がないとサポート自体を断る場合もありますが、20代ならばその可能性は低いです。

もしだめだったらだめで違う転職エージェントに登録してみればいいだけで、3社くらいに登録すればどこかはサポートを引き受けてくれます。

20代なら転職エージェントは色々な仕事を紹介してくれる

20代と30代では転職エージェント利用時に紹介してくれる企業の数も違います。

転職市場において20代の需要は抜群に高く、仕事は豊富にあるのです。

とにもかくにもまずは転職活動を本格的に始めることが必要となります。

 
リクルートエージェント

doda

ハタラクティブ
サービスの種類転職エージェント転職サイト/エージェント転職エージェント
求人の紹介

紹介数が非常に多い

多い

多い
非公開求人の件数※1

153,494件
60,000件以上

2,300件以上
書類添削履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など履歴書・職務経歴書など
面接対策対面・電話で可能対面・電話で可能対面・電話で可能
エージェントの交代交代可能交代可能交代可能
面談可能時間平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
平日:~20時30分
土曜日:10時00分~19時00分
非公開
 

※1 2020年1月


転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ハタラクティブ
  4. ミイダス

リクルートエージェント

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

doda

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、正社員の方の転職はもちろん、既卒・第二新卒などの20代の方が利用しやすい転職エージェントです。

最も注目するべき点は、利用者の8割以上が内定を獲得できている点です。そのうち約半分の方は上場企業から内定を獲得しており、ハタラクティブは中小企業だけでなく大企業とのパイプも太い転職エージェントです。

求人数は約2,300件と多くはないですが、すべての求人が学歴や経験の有無を問わず、その人の人柄やポテンシャルを重視し採用を行っています。

最適な書類の書き方や面接の受け方はアドバイザーがサポートしてくれるので、転職が初めての人でも安心ですね。

ミイダス

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

関連;大学卒業後1年間無職だった23歳で既卒で正社員に就職したやり方

関連:20代の転職が今後の人生を左右する。新卒で就職した時点はゴールではない