27歳女性の仕事事情、転職事情。将来に向けて今やるべきことは?

仕事にプライベート、全てが順風満帆に行くのが理想。ただそうは上手くいかずに悩みを抱えてしまっている人は少なくないでしょう。

特に27歳という就職してから時間がたち、それでいて30代も意識し始める年齢ですから色々と考えてしまうこともあると思いますし、それ故にモヤモヤしている人も多いかと思います。

ただ考え続けていても状況が変わるわけではありません。一度、今後のためにも真剣に行動してみてはいかがでしょうか。

 

20代におすすめの転職サービス

年内に内定者を出したい企業が多いため、秋は求人が増加し転職活動のベストシーズンとなります。

求人数の増加によって選択肢が広がるため、マッチ度の高い企業に出会える可能性は高くなります。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります。
20代は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で転職支援実績No.1
・専門コンサルタントによるフルサポート
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビジョブ20's
・20代/第二新卒/既卒の転職を専門サポート
・20代対象求人2,000件以上
転職定着率93.6%

公式

JAIC(ジェイック)
若手の就活支援に特化
支援実績23,000名以上
・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

27歳女性の転職事情

27歳女性の転職事情

仕事を辞めたいと思ったら、まず考えるのは「生活費」。そして次に「転職」ではないでしょうか。

転職や退職は、意外と正しい認識をされずに現実以上にハードルが高いものだと考えられてしまいがち。

何も行動を起こせていないまま「現状を受け入れるしかなくなっている」という人も多いのではないでしょうか。

では実際に、ハードルが高いと思われがちな実際の転職事情から紹介していきます。

27歳女性の転職事情

企業からの需要は高い

27 歳の女性は企業にとってかなり需要が高い世代であり、転職するにあたり恵まれている年齢です。

女性の場合、今後結婚による退職や出産による休業が考えられますが、27歳であれば少なくとも3年くらいは働けそうであるし、近年は女性の割合を高めようとする意識も全体で強まってきているので、ので、仕事の見つけやすさという点ではかなり恵まれています。

中途採用の場合に求められるのは、以下3つです。

  • ある程度の社会人としての経験があること
  • 一定年数働いてくれること
  • 柔軟性があり新たな環境に馴染みやすいこと

以上を考えた場合、27歳女性が需要が高くなるというのは納得できますね。

未経験職種への転換がしやすい

20代であれば未経験職種にチャレンジしやすいというのも特徴です。

経験が優遇される転職市場において、未経験職種へ転職するというのはあまり簡単ではありません。

ただ、それは年齢が高い場合であって、まだ20代であれば今後の伸びしろを考えて未経験でも可という仕事はかなりあります。

職種を変えたいならできるだけ若いほうがいいでしょう。

転職回数が多い人も意外に多い

転職市場において、転職回数が多いことは不利になると考えられています。

平均すると企業は3回目の転職からマイナスポイントとして見る傾向があるようです。

ただ、男性に比べると女性は転職回数が多い傾向にあり、逆に言えば企業側も転職回数に対して男性よりも多めに見ている可能性があります。

27歳での転職で当たる壁

27歳はスキルアップを考え始める年齢でもあるので、転職において同い年のライバルは必然的に多くなります。

そのため以下のような点が企業側に見えてしまうと、多数いるライバルたちに勝てず、転職先がなかなか決まらない可能性があります。

  • ライフイベントとキャリアの両立が考えられていない
  • キャリアプランが描けていない
  • 前の会社での失敗から逃げの傾向が見える

特に30歳前後は結婚や子育てが人生に加わる可能性のある時期です。

当然「結婚しても仕事は続けていきたい」という意思が見えなければ、「短期で退職するのでは」と思われてしまいます。

育児に関する福利厚生がある会社にしても、ライフイベントとキャリアをどう両立させていくか具体的なイメージを考えられていないと「会社のことをあまり考えてくれない人なのでは」という印象を与えてしまうでしょう。

キャリアプランにしても、前の会社を辞めた理由にしても、企業側はより前向きな姿勢を持つ人を仲間に加えたいと思うもの。

ライバルに負けない要素を作るためにも、自分の将来をよく考えておきましょう。

27歳女性で今の仕事を辞めていい?

27歳女性で今の仕事を辞めていい?

27歳になり退職に迷ったら、まずは自分の取り巻く環境や問題について考えてみましょう。

仕事を覚え、環境に慣れてくる

就職してから数年、新入社員の頃は右も左もわからなかった仕事も徐々に覚えて、後輩もできて指導する立場になり、職場の環境自体にも慣れてくる年次だと思います。

仕事を辞めるとなると、折角作った人間関係がリセットされてしまいます。

転職先ではまた一から信頼関係を積み重ねていかなければなりませんが、人脈が増えるという点にメリットを感じる方は向いているかもしれません。

理想とのギャップ、将来の姿に悩む時期

「本当は○○の仕事がしたかったのにな」「このまま働き続けたらどうなるのかな」なんていう風に理想とのギャップや将来に対する不安を感じることが多いのも27歳だからこそ。

がむしゃらに働き、色々な期待をしていた新入社員の頃と違って、慣れてきたがゆえに冷静に今の会社や仕事について考えるようになるためです。

「結婚しても働き続けることができるのか」「子供が生まれても働き続けることができるのか」「出世に影響してしまうのではないか」なんてことも頭に浮かびますよね。

仕事を辞めたいと考えている人も多いのでは?

実際、悩みを抱えてしまい仕事を辞めたいと感じている人は少なくないでしょう。

「結婚を考えてより給与の高い所へ行きたい」という願望や「育児の制度が整っていない」ことへの不安、「残業が多くて仕事ばかりの人生になっている」なんて不満を持っているのは珍しくないですし、恥ずかしいことでもありません。

そんな不安や不満を抱えたままよりは、思い切って福利厚生や労働環境が整った企業に移る方がアリだと思いませんか?

そう思えた方は勇気を持って、一歩を踏み出してみてください。

転職後の理想に向けて今やるべきこと

転職後の理想に向けて今やるべきこと

では、現状に対し不満や不安を抱いている人に行って欲しい行動を紹介します。

理想と現実のギャップをしっかり認識する

まずは、自分がこうなりたいという理想と現実とのギャップをしっかり認識するところから始めましょう。

  • 年収400万円は欲しいけど現実は年収300万円以下
  • 将来を考えて育児に関する制度が整っている会社で働きたいけど今の会社ではあまり育休を取れる雰囲気ではない
  • プライベートを充実させたいので残業は少ないほうがいいけど今は毎日21時くらいまで仕事

こういった理想とギャップは必ずあると思います。まずそれをはっきりさせましょう。

具体的なライフプランを立てる

理想から具体的なライフプラン立て、今のギャップ埋める方法を考えてみてください。

その際、人を頼る方法は選ばないでください

もしかしたら今の会社が条件面を上げてくれるかもしれない、年収の高い人と結婚することができて仕事を辞めることができるかもしれないといった人を頼った考えは捨てましょう。

女性なら結婚や育児も視野に入れる

ライフプランには、結婚や育児も入れることが大切です。

子どもが何人生まれたらどれほどの給与が必要か、といったことや、育児をするのに両立できる仕事環境が整っているのか、という部分は考えておいた方が後々安心です。

何を転職先に求めたいか優先順位付ける

具体的なライフプランが見えたら、転職先に求めたい事柄の優先順位をつけて初めて企業探しができるようになります。

もし全てかなわなくても、新たな選択肢もでてくるでしょう。

例えば、希望していた研修制度がなかった場合はセミナーを受けて独学する、給与が希望額へ届きそうになければ副職や節約も視野に入れるなど、優先順位の低いものからプライベートの面を変えるという発想も生まれます。

期待や不安ばかり抱いていても、自分から動かなければ解消される可能性は低いままです。

環境を変えることを恐れない

誰でも環境を変えることに恐れを感じます。それは当然のこと。

せっかく慣れた環境を捨てて、新たな人間関係を築いていかなくてはならないし、仕事も覚えていかなくてはならないのですから。

ただ、何かを変えない限り現状の不満からは逃れることはできません、年齢が高くなればなるほどに環境を変えることが難しくなってきます。

時には多少のリスクを背負ってでも変える勇気をもつことは大事なことです。

転職においてあると有利な資格

転職においてあると有利な資格

27歳女性に人気の資格

つづいて、転職をしようと決めた方へ、27歳女性で有利な資格を5つピックアップしてご紹介します。

医療事務病院の受付や会計は求人も多い傾向があります。民間資格として複数あるので、最も受けたい内容に合った資格を選ぶのがおすすめです。
簿記検定金融関係の業務や経理、事務といった職種には2級以上を必須条件としている所もあるようです。試験日も多いので、何度もトライしやすい資格です。
FPファイナンシャルプランナーは比較的取りやすい国家資格で、個人のお金に関する知識も身につきます。金融業界や不動産業界などで重宝されますので、2級FP技能検定あたりから受験してみましょう。
介護福祉士介護の仕事に就くのに、最初に取る資格です。人手不足の職種ですので、未経験で無資格の人も雇ってくれる企業もありますが、仕事と並行して取得するなら余裕のあるうちに取っておいた方がラクです。
秘書検定秘書検定はその名の通り秘書という職種に就きたい人のための資格と思いきや、社会人の一般常識やコミュニケーション能力などを身につけられますので、身についていること自体がポイントになります。

資格は必須でなければ無理して取らなくていい

資格は履歴書に書けますし強みになりますが、未経験職種だったり、企業が必須条件として提示しているわけでなければ無理に取らなくても大丈夫です。

寧ろ資格取得に時間をかけるよりも、一日も早く転職活動を優先した方が、企業側もより若いうちに来てくれると育てる時間があると判断してくれます。

資格はあったら有利になりますが、若さも自身の強みのひとつだと覚えておきましょう。

転職後に後悔しないことが重要

転職後に後悔しないことが重要

将来をひとりで悩まないで相談しよう

27歳という年齢は仕事だけでなく、結婚や育児といったライフプランを見据え、後悔のない選択をとってみてください。

そして、選択する上で忘れてならないのが、自分自身の将来はひとりで悩まないことです。

自分が見えている視野や価値観は思いの外狭いもの。

最後に選ぶのは自分ですが、他の人の意見を聞くと新たな選択肢が出てくるかもしれません。

転職エージェントに登録してその道のプロに聞く

将来は家族や知人に相談してもいいですが、転職エージェントに登録してプロに悩みを相談するのはいかがでしょうか。

転職エージェントでは転職活動を全面的にサポートしてくれますし、面談を通して本人の経歴や理想などを考慮した上で最善の道をプロの目線から一緒に考えてくれます

自身が転職初挑戦でも、過去に多くの転職者を見てきた人が力を貸してくれるとなると、安心感は倍増するはず。

もし相談した上で転職せずに現在の職場を継続すると決めるのも手ですし、理想の環境が待っていそうであれば、転職にトライしてみると今よりずっといい道が拓けるかもしれません。

あなたの理想に近い将来をぜひ手に入れて、より幸せな人生を歩んでみてください。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

20代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、20代の方の転職支援に特化したサービスです。

20代の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに20代の方の転職サポートに特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと