社会人4年目で仕事に疲れた、辞めたいと考えているなら転職も視野に入れた方が良い

新卒での就職に失敗し、今の会社に満足できていない人にとって、入社4年目というのが変化の年になる人も多いでしょう。

とりあえずの3年が過ぎ、転職市場においても経験ありと認められるようになる為、入社4年目で実際に転職に動き出す人も少なくはありません。

また、中には4年目になって仕事に慣れてきたことをきっかけに悩みが生まれて転職を考える方もいるでしょう。

しかし、辞めたいと思ったからといって、全員が全員すぐに退職した方が良いわけではありません。

そこで本記事では、本当に退職すべきかどうか悩んでいるあなたに向けて、今やめるべきか現職で働き続けるかどうか解説します。

4年目で転職する場合の難易度についてもお話するので、転職すべきか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

 

若さを活かして今動こう!

新年度を控え人材を補強したい企業が増えるため、転職活動を進めるなら求人が増加する今がチャンスです。

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が上がります。
20代は将来性に満ち溢れているため企業からの期待が大きく、転職市場での需要も非常に高いです。
まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、自分の希望に沿ったベストな会社に出会えるでしょう。

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。
おすすめの3サービス 公式

リクルートエージェント
【業界最大手で転職成功実績No.1】
・専門コンサルタントによるフルサポート
・転職者の6割以上が年収UP

公式

マイナビジョブ20's
【転職定着率93.6%】
・20代/第二新卒/既卒の転職を専門サポート
・20代対象求人2,000件以上

公式

JAIC(ジェイック)
【若手の就活支援に特化】
支援実績23,000名以上
・利用者の転職成功率81.1%

公式

 

社会人4年目で疲れた、辞めたいと思う理由

社会人4年目で疲れた、辞めたいと思う理由

入社してからずっとモヤモヤした気持ちで働いていたなら、社会人4年目になって不満が爆発して辞めたいと思っても不思議ではありません。

また、中には希望の職場に就職したのに社会人4年目になって一気に「辞めたい」という気持ちが強くなるケースもあります。

では、なぜ社会人4年目になって辞めたいと思うのでしょうか?

この項目では、社会人4年目の人がどのような理由で辞めたいと思うのか解説します。

4年目になりモチベーションを保てない

辞めたいと思う原因の1つ目は、4年目になりモチベーションを保てないことです。

入社してすぐは誰でも「早く一人前になろう」「結果を残して出世したい」などやる気に満ち溢れています。

しかし長く働き続けていると、次第に仕事に慣れて手を抜き始めたり、同じ作業の繰り返しで飽きてしまったりするでしょう。

また、思うような結果に繋がらないケースもあるので、そうなるとモチベーションが下がってしまいます。

そもそも趣味や習い事などに置き換えて考えても、4年間継続するのはなかなか難しいことです。

そう考えると、責任や人間関係などが複雑に絡んでくる仕事を4年間も続けるのは難しくて当然なのです。

4年目なのに仕事ができなくて毎日不安を抱えている

辞めたいと思う原因の2つ目は、4年目なのに仕事ができなくて毎日不安を抱えていることです。

まず、4年目になると同期との差がハッキリしてくるでしょう。

同期は成果を上げて出世していくのに、自分は仕事ができなくて怒られてばかりだと辞めたいと思ってしまいます。

また、後輩や部下ができると自分の作業だけでなく他の人の進捗状況にまで気を配る必要が出てくるので、今まで以上に仕事が大変になります。

そうした中で業務の難易度まで上がると、周囲に遅れを取っているように感じ、結果として辞めたいと思ってしまうのです。

社会人4年目だからこそ試してほしいこと

社会人4年目だからこそ試してほしいこと

社会人4年目になっても資料作りの際に間違えていたり、部下に説明する立場になっても伝わりやすい説明ができないなど様々なミスや悩みがあるでしょう。

中には、「4年も働いているのにダメだな」と自暴自棄になる方もいます。

もし、あなたが同じような悩みを抱えているなら、社会人4年目だからこそ試してもらいたいことがあります。

これからご紹介する方法を実践すれば、今の仕事がグッと楽になるかもしれません。

転職を考えている方であっても、転職活動や新しい職場で役立つので、ぜひ参考にしてみてください。

アサーションの習得

1つ目に試してほしいのは、アサーションの習得です。

アサーションとは、相手を尊重しつつ自分の意見を伝えるコミュニケーション方法で、身に付ければ相手を傷つけず自分の主張が行えるようになります。

加えて、年齢関係なく周囲にヘルプを出せるようになるのです。

誰かを頼るスキルが身に付けば、自分一人で仕事や悩みを抱え込まずに済むので、想像以上に負担が軽減されます。

今の仕事を辞めるにしても、アサーションを習得して高いコミュニケーション能力を身に付けておけば、転職活動を有利に進められるでしょう。

この4年間を振り返ってみること

2つ目に試してほしいのは、この4年間を振り返ってみることです。

あらためて4年間を振り返ってみると、仕事をする上で何を大切にしていたのか思い出せて、現在の状況を整理できます。

どのように振り返れば良いか分からない場合は、以下の項目に答える形で考えてみてください。

  • 仕事のやりがいは何か?
  • 仕事選びの基準は何だったのか?
  • 失敗によって自分が手に入れたものと失ったものは何か?

余裕ができて周りが見えてきたからこそ初心に戻るのも大切です。

もちろん、4年間を振り返ってみた結果、今の職場が自分に合っていないと再確認するケースもあります。

しかし、あくまでもそれは今の職場に合っていないだけであり、職場が違えば発揮できる能力も違ってきます。

あなたの能力が活かせる職場は必ずあるので、今の職場にとらわれずに転職も視野に入れてみてください。

強みを見つければ社会人4年目での転職は厳しくない 

強みを見つければ社会人4年目での転職は厳しくない

前の項目で、これまでの4年間を振り返ってみてくださいとお伝えしました。

その結果、今の職場が自分に合ってないと再認識した方もいるでしょう。

とはいえ、社会人4年目で転職となると「難しいのでは?」と考えるのが普通です。

しかし、実は社会人4年目での転職は決して難しくありません。

この項目では、なぜ社会人4年目での転職が難しくないのか、その理由を解説します。

加えて、採用される確率を上げるためのポイントについてもお話するので、転職を検討している方は参考にしてみてください。

転職が難しくない理由:新しい職場でスキルアップも目指せるから

社会人4年目での転職が難しくない理由は、新しい職場でスキルアップも目指せるからです。

前述の通り、あなたの能力が今の職場で活かせていなくても、それは仕事内容と能力がマッチしていないだけです。

そのため、あなたの能力にあった職場が見つかれば、新しい職場で飛躍的にスキルが上がる可能性があります。

そして、それは採用する側も理解しているので、自分の能力を適切にアピールできれば、企業はあなたを高く評価してくれるのです。

他にも、新人研修・OJTが機能していないなど成長できる環境ではなかった場合は、 段階的に評価をもらえる職場に転職すれば自己肯定感やスキルアップに繋がります。

その場合は、転職の面接などで「適切に評価してもらいたい」などと伝えるようにしてください。

転職を有利にするポイント:採用される要素を増やすこと

社会人4年目での転職を有利にするポイントは、採用される要素を増やすことです。

新卒採用の時は、柔軟性や積極性などが求められたでしょう。

しかし、社会人4年目の転職は即戦力かどうかがカギとなります。

自分の市場価値を高める努力、例えば資格取得などが合否を分ける重要なポイントです。

また、日本は年功序列なので再就職すると給料が下がるケースがありますが、市場価値を高めておけば大幅な年収ダウンを防げます。

社会人4年目で転職する場合は、その他大勢に埋もれない自分の強み(資格・実績など)を育てるようにしてください。

20代という限られた時間を大切に

20代という限られた時間を大切に

20代は非常に貴重な年代です。

仕事での成長は早いし転職もしやすいので、自分の希望を叶えやすくチャレンジしやすいでしょう。

あなたが30代や40代になった時「20代の頃にああしておけば良かった」と思っても20代には戻れません。

20代の過ごし方は今後の社会人生活に大きな影響を及ぼしますから大事にしていきましょう。

何をして良いかわからない人は、とりあえず転職活動をしてみてもいいと思います。

転職活動をしてみると、これまでなかった思考が身に付いたり、新しい視点で物事を見れたりするようになります。

そして、転職活動では転職エージェントを有効的に使うことをおすすめします。

社会人4年目が転職を成功させたいなら転職エージェントを利用しよう

社会人4年目での転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントを利用すれば、あなたの転職活動を専任のエージェントが全面的にサポートしてくれます。

では、どのようなサポートをしてくれるのか見ていきましょう。

ヒアリング結果を基にピッタリの希望求人を紹介してくれる

転職エージェントは、まずあなたの希望や持っているスキルなどをヒヤリングします。

そして、プロの観点からあなたに最適な求人を探し出してくれるのです。

何が苦手だったか、得意なのかを客観的に判断してもらえるので、入社後のミスマッチが起こる可能性を大幅に下げられるでしょう

書類準備・面接練習など対策を実施してくれる

転職活動で頭を悩ませるのが履歴書作成と面接対策です。

そんな大変な選考対策も、転職エージェントを利用すれば簡単かつ効果的に進められます。

履歴書は、応募する企業に合わせてアピールポイントなどを絞りながら指導してくれます。

完成した履歴書は添削してブラッシュアップしてくれるので、書類選考が苦手な方にはピッタリのサービスです。

面接に関しても、応募する企業に合わせて質問内容や回答を教えてくれます。

必要に応じて模擬面接も実施してくれるので、本番に弱い方は徹底的に練習してもらってください。

利用料金が無料

これだけのサポート体制が揃っていながら、転職エージェントの利用料金は無料です。

登録はWebから簡単にできます。

また、転職エージェントとの面談は土日でも可能であるので、働きながら転職活動を進めたい方はぜひ利用してみてください。

 

理由はエージェントの報酬形態にあります。
転職エージェントの報酬は求職者の内定が決まり、入社した後に企業から支払われます
そのため、利用者は料金を一切支払うことなく利用することができるというわけです。

 

20代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 


【未経験から正社員に】JAIC


  転職エージェント 

ジェイックは、20代の方の転職支援に特化したサービスです。

20代の方ならではの転職希望理由を把握しており、1人1人にベストな転職先を提案することを可能としています

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです。

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)

 

【第二新卒・既卒】マイナビジョブ20′s


  転職サイト|転職エージェント 

若年層向けのマイナビグループの中でも、さらに20代の方の転職サポートに特化しています。

取り扱っている求人のすべてが20代対象で、職種・業界未経験OKの求人が50%以上。

自己分析に役立つ独自の適性診断も実施しているので、より自身に向いている転職先を見つける事ができます

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)