29歳は転職回数が2回目なら問題なし。20代のうちに転職するほうがメリットは大きい

29歳ともなると、一度は転職を経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

新卒入社3年以内で退職する人は大卒者で3割もいるわけですから、29歳ともなると、むしろ転職したことがない人のほうが少ないかもしれません。

そこで気になるのが転職回数です。一度転職をした経験があるし、複数回転職するのはまずいのではないかなんていうに思う人もいるでしょう。中にはそのことで本当は転職したいのに我慢しているなんて人もいます。

ただ、29歳であれば転職回数が2回目なら、気にする必要はなくむしろ積極的に転職をしていくべきです。

関連:28歳、29歳の転職事情や成功する為に行うべきこと。異業種、未経験職種はラストチャンス!

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備

 

おすすめの転職サービス

転職エージェントは様々なサポートを受けることができるので、一人で転職をするよりも成功率が高くなります。
実際に志望する企業がまだ見つかっていなくても、まずは登録をしてエージェントの方と面談をすることで、
自分の希望する職場環境の会社やキャリアプランに沿った会社が見つかります。

ちなみに、利用料は一切かからないので、ぜひ気軽に登録してみてください。

おすすめの3サービス公式

リクルートエージェント
業界最大手で求人数No.1
・大手/中堅企業の求人率48%
・転職者の6割以上が年収UP

公式

doda
・IT・営業・企画系求人に強い
・キャリアアップや年収アップを目指す方

公式

JAIC(ジェイック)
・フリーター/既卒/中退/18~34歳未経験向け

・利用者の転職成功率81.1%

公式

➡ 転職サービスの正しい選び方とは?

転職回数が多いほうがやっぱり不利

転職回数が多くなればなるほど、転職活動において不利になるのはやっぱり確かなことです。

企業は転職回数が多い人に対して、すぐ辞める可能性が高い、ころころ仕事を変えているから仕事の経験が浅いといった悪いイメージをもってしまう為、転職回数が多い人よりも少ない人のほうがリスクが低いと考えます。

しかし、企業によってもどれくらい転職回数があるかによって感じ方は違い、29歳なら2回目の転職はほぼ気にする必要はありません。

下記は 転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性です。

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e5%9b%9e%e6%95%b0%ef%bc%91

29歳があてはまる20代後半では、2回目の転職回数でもそこまで成功率は落ちません。ただ、3回目になるとかなり落ち込んでしまい、成功率の人に比べると成功率は半数以下になってしまいます。

まあ何回目の転職でも成功者がいないわけではなく、単に成功率が落ちるだけですが、2回目であればそれほど不利にはならないということがこのデータからもわかります。

同様にエン・ジャパンが行った調査によると、若手層に対して転職回数が気になるので最も多いのは過去2回している場合で42.2%、次に多いのが過去3回している場合で40.7%となっています。

2回目の転職であれば過去に1回転職を経験しているわけですが、1回を気にすると回答しているのは11.9%に過ぎず、ほとんど気にする必要はないことがわかります。

むしろ勤続年数のほうが影響ある

29歳男性の場合、気にすべきは転職回数よりもむしろ勤続年数です。

例えば、第二新卒として2年目で1度転職し、29歳まで働くと勤続年数は5、6年になっており、それなりに経験がある人材として認めてくれ、転職活動において不利になることはほぼありません。

しかし、例えば新卒で入社した会社で6年、28歳まで働いた後に1回目の転職、そして1年程度でまた転職となると、短期離職者となってしまって不利になる可能性がかなりあります。

同じ二回目でも企業が見るのは直前の職歴であり、短期離職なのかどうなのかで大きな差があります。

それでも転職したいならしたほうがいい

29歳で現在の仕事で勤続年数が3年以上あって、今回の転職が2回目の転職であるならば転職したいなら迷わずGOです。

特に何の心配もすることなく、転職活動を進めていけばいいでしょう。

ただ、もし直近の勤続年数が短かったり、3、4回転職を繰り返している場合であっても、やっぱり転職したいならGOです。

その理由には二つあります。

まず一つ目が20代と30代ではやはり20代であるほうが印象が良く転職しやすいという点です。

転職回数の多さはちょっと働いたことで関係なくなるというものではないし、それならば20代のうちに転職してしまったほうが得策です。

29歳だと、もうあと1年たてば30歳。たった1年の差ですが、28歳と29歳の違いが与える印象の差と、29歳と30歳の違いが与える印象の差はかなり違うものです。

もう一つが、現在が人手不足が顕著となっていてとにかく転職しやすい状況であるということです。景気良し悪しは転職のしやすさに大きく影響があります。転職回数や、職歴なんていうものよりも大きく影響します。

だからこそ今のうちに転職したほうがいいのです。

勤続年数が短いからもう少し働いてからだとか、もう2回転職したから年齢が高くなってからなんていう様に先延ばしすることは最もやってはいけないことです。

もちろん、不利になる要素を抱えていることには変わりない為、仕事を辞めてしまうのではなく、在職中に転職活動を進めてリスクを下げることは必要です。

複数回、短期離職の転職を成功させる為に

転職活動を成功させる為には転職サイト、転職エージェントを有効活用することは必須です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

 

転職サービスの選び方

転職エージェントはこんな人におすすめ!
  • 転職活動に不安がある、悩みを相談したい
  • 忙しくて転職活動に時間を割けない
  • プロのサポートを受けたい
    応募書類の添削/面接対策/スケジュール調整/年収交渉など
  • 非公開求人を利用したい
    転職サイトには載っていない大手や人気企業などのレア求人
転職サイトはこんな人におすすめ!
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 求める条件や方向性が既に決まっていて、相談の必要がない
  • 急ぎの転職ではない
  • 既に転職経験があり慣れている

 

おすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

多くの非公開求人を保有しており、求人件数はダントツNo.1

20代の若手から40代のミドル層まで幅広い求人を扱っているので、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、あらゆる業界・職種の情報からピッタリの求人を見つけられるでしょう。

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)

 

【未経験から正社員に】JAIC


転職エージェント

ジェイック最大の特徴は、フリーター・第二新卒・既卒・中退専門・30代未経験の無料就活講座があることです。

履歴書の書き方・面接対策だけでなく、ビジネスマナーをはじめとした就活対策も丁寧にサポートしてくれるのが魅力。

フリーターが7日間で3社の内定を貰えた実績もあるので、経歴に不安がある方・就活の始め方もわからない方におすすめできるサービスです。

【満足度の高さ】doda


  転職サイト|転職エージェント 

求人件数はリクルートに次いでNo.2

求人の内訳として、50%以上がエンジニア職(SE、Webエンジニア、建設、機械・電気など)なので、エンジニアの転職を考えている方は登録必須です。

質の高い求人を数多く取り扱っているのも特徴の1つになります。

◎原則お電話でのご相談、一部オンラインカウンセリング可(お申し込みはこちら)

 

関連:20代後半男性が転職するなら仕事のこと、結婚などの生活のことも考えておこう

関連:20代の平均年収。20歳~24歳,25歳~29歳の男女それぞれ。