29歳は転職回数が2回目なら問題なし。20代のうちに転職するほうがメリットは大きい

29歳ともなると、一度は転職を経験したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

新卒入社3年以内で退職する人は大卒者で3割もいるわけですから、29歳ともなると、むしろ転職したことがない人のほうが少ないかもしれません。

そこで気になるのが転職回数です。一度転職をした経験があるし、複数回転職するのはまずいのではないかなんていうに思う人もいるでしょう。中にはそのことで本当は転職したいのに我慢しているなんて人もいます。

ただ、29歳であれば転職回数が2回目なら、気にする必要はなくむしろ積極的に転職をしていくべきです。

関連:28歳、29歳の転職事情や成功する為に行うべきこと。異業種、未経験職種はラストチャンス!

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備

転職回数が多いほうがやっぱり不利

転職回数が多くなればなるほど、転職活動において不利になるのはやっぱり確かなことです。

企業は転職回数が多い人に対して、すぐ辞める可能性が高い、ころころ仕事を変えているから仕事の経験が浅いといった悪いイメージをもってしまう為、転職回数が多い人よりも少ない人のほうがリスクが低いと考えます。

しかし、企業によってもどれくらい転職回数があるかによって感じ方は違い、29歳なら2回目の転職はほぼ気にする必要はありません。

下記は 転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性です。

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e5%9b%9e%e6%95%b0%ef%bc%91

29歳があてはまる20代後半では、2回目の転職回数でもそこまで成功率は落ちません。ただ、3回目になるとかなり落ち込んでしまい、成功率の人に比べると成功率は半数以下になってしまいます。

まあ何回目の転職でも成功者がいないわけではなく、単に成功率が落ちるだけですが、2回目であればそれほど不利にはならないということがこのデータからもわかります。

同様にエン・ジャパンが行った調査によると、若手層に対して転職回数が気になるので最も多いのは過去2回している場合で42.2%、次に多いのが過去3回している場合で40.7%となっています。

2回目の転職であれば過去に1回転職を経験しているわけですが、1回を気にすると回答しているのは11.9%に過ぎず、ほとんど気にする必要はないことがわかります。

むしろ勤続年数のほうが影響ある

29歳男性の場合、気にすべきは転職回数よりもむしろ勤続年数です。

例えば、第二新卒として2年目で1度転職し、29歳まで働くと勤続年数は5、6年になっており、それなりに経験がある人材として認めてくれ、転職活動において不利になることはほぼありません。

しかし、例えば新卒で入社した会社で6年、28歳まで働いた後に1回目の転職、そして1年程度でまた転職となると、短期離職者となってしまって不利になる可能性がかなりあります。

同じ二回目でも企業が見るのは直前の職歴であり、短期離職なのかどうなのかで大きな差があります。

それでも転職したいならしたほうがいい

29歳で現在の仕事で勤続年数が3年以上あって、今回の転職が2回目の転職であるならば転職したいなら迷わずGOです。

特に何の心配もすることなく、転職活動を進めていけばいいでしょう。

ただ、もし直近の勤続年数が短かったり、3、4回転職を繰り返している場合であっても、やっぱり転職したいならGOです。

その理由には二つあります。

まず一つ目が20代と30代ではやはり20代であるほうが印象が良く転職しやすいという点です。

転職回数の多さはちょっと働いたことで関係なくなるというものではないし、それならば20代のうちに転職してしまったほうが得策です。

29歳だと、もうあと1年たてば30歳。たった1年の差ですが、28歳と29歳の違いが与える印象の差と、29歳と30歳の違いが与える印象の差はかなり違うものです。

もう一つが、現在が人手不足が顕著となっていてとにかく転職しやすい状況であるということです。景気良し悪しは転職のしやすさに大きく影響があります。転職回数や、職歴なんていうものよりも大きく影響します。

だからこそ今のうちに転職したほうがいいのです。

勤続年数が短いからもう少し働いてからだとか、もう2回転職したから年齢が高くなってからなんていう様に先延ばしすることは最もやってはいけないことです。

もちろん、不利になる要素を抱えていることには変わりない為、仕事を辞めてしまうのではなく、在職中に転職活動を進めてリスクを下げることは必要です。

複数回、短期離職の転職を成功させる為に

転職活動を成功させる為には転職サイト、転職エージェントを有効活用することは必須です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. ミイダス
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

求人数は2万件以上、そのうち8割以上が非公開求人となっています。

年齢、地域を絞った割にはかなりの量だと言えるでしょう。

ミイダス

対象の年代20代~40代
どんな人に向いている?

・自分の適正年収を知りたい方
・忙しくて転職活動の時間がとりづらい方
・まずは受け身で転職活動を始めたい方
・既にほかの転職サービスを利用している方

 

ミイダスは、企業やヘッドハンターからのスカウトを受けられる転職アプリです。

ほかの転職サービスと比較し、特徴的な点は「自分から求人に応募できない」ことです。

どういうことかというと、ミイダスはあなたの経歴やスキルを見て興味を持った企業やヘッドハンターがあなたをスカウトすることで転職活動が進んでいくのです。

自分から応募できない代わりに受け身で転職活動を進められるので、登録しておいて損のないサービスです。

もちろん、ミイダスをメインとして転職活動もできますが、受け身で利用できるためほかの転職サービスと併用することも容易です。ほかの転職サービスを利用している方、これから始める方は是非登録しておきましょう。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:20代後半男性が転職するなら仕事のこと、結婚などの生活のことも考えておこう

関連:20代の平均年収。20歳~24歳,25歳~29歳の男女それぞれ。