28歳、29歳の転職事情や成功する為に行うべきこと。異業種、未経験職種はラストチャンス!

30歳が近づいてきた、28歳、29歳という年齢。

仕事について、将来についても改めて考える機会も多くなってきます。

中には転職を考える人もいるのではないでしょうか。

20代のうちに転職をと考えている人も多く、実際に動き出そうとしてしている人もいるでしょう。

そこで、今回は28歳、29歳の転職事情や成功させる為の秘訣を紹介します。

28歳、29歳の転職事情

まずは28歳、29歳の転職について紹介していきましょう。

20代を欲しがる企業は多い

企業にとって、20代と30代の差は明確であり、20代の人材が欲しいと考えている企業も少なくありません。

だからこそ、転職しやすい状況であると言えます。

30代が目前にせまった28歳、29歳という年齢は、年齢面で転職を有利に運ぶ為のラストチャンスと言えるでしょう。

一人前という認識

企業にとっては28歳、29歳の人材は完全に一人前。

一人で仕事をこなすだけでなく、自分から提案等もできる人材であるという認識です。

言われたことをただやるのではなく、自分で考えて動ける人材でなくてはいけません。

リーダー経験を求められることもある

企業によっては、リーダーの経験があることを求められる場合もあります。

というのも、企業はこれまでに経験があると思われる転職者にリーダーを任せることも多い為です。

自分で仕事をこなしていくだけでなく、チームをまとめ、チームとして仕事で成果を上げることが大切となります。

異業種、未経験職種への転職はラストチャンス

異業種、未経験職種への転職は、より一層年齢面を重視する傾向が強く、特に20代と30代の差は明確です。

ですから、異業種、未経験職種への転職はラストチャンスであると考えて下さい。

もちろん、30代、40代であっても転職することは可能です。

ただ、なかなか受からなかったり条件面で我慢しなくてはいけなくなってきます。

28歳、29歳の転職を成功させる為の秘訣

では、次に28歳、29歳の転職を成功させる為にどういったことが大切になるかを紹介していきましょう。

自分のキャリアについてじっくり考える

28歳、29歳で転職すると、次にもし転職することがあればそれは30代。

20代での転職は最後となるわけです。

だからこそ、自分のキャリアについてはじっくり考えていかなくてはなりません。

どういったキャリアを歩んでいきたいのか、そして今回の転職がどういった位置づけになるのか、しっかり考えておきましょう。

アピールすべきことは企業によって違う

転職時にアピールすべきことは会社によって違います。

リーダーとしての能力を求められることもあれば、実務能力を求められる場合もあります。

そこを見極め、受ける企業に合わせて自分のアピールをしていかなくてはいけません。

将来性、成長の見込みがあることも重要

なんだかんだ言ってもまだまだ20代。

現時点で高い能力があっても、あまり成長が見込めない人材は採用したいと思われません。

どんどん学んでいく意欲、成長していきたいという意欲がある人こそ、企業は採用したいと考えます。

何らかのキャリアアップを目指す

転職する理由が、人間関係に不満があるなどで、とにかく仕事を辞めることが目的になっている人もいるかと思います。

ただ、そんな中でも仕事を辞めることだけではなく、何らかのキャリアアップは目指しましょう。

せっかく転職しやすい年齢だからこそ、転職を前向きなものにしましょう。

30歳になる直前だからこそ、一度はキャリアプランを考えてみよう

28歳、29歳になり30代が目前に迫ったからこそ、何よりもまず行うのはキャリアプランを考えてみること。

転職するか、転職しないかはそれを考えた上で決めていきましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda
  4. マイナビジョブ20s

リクルートエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・より多くの求人を紹介してもらいたい方
・年収や入社日などの交渉を任せたい方
・年収UPを実現したい方

転職エージェントといえば、まずリクルートエージェントが最大手として挙がります。

公開求人・非公開求人ともに15万件以上取り扱っており、業界No.1の転職成功実績があります。扱う求人数が多いので、経験者・未経験者、若年層・ミドル層などどんな方でも利用することができます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より15万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている場合が多いです。優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

もちろん、公開求人にも優良求人はたくさんありますので、公開求人を15万件から検索できるメリットは非常に大きいです。

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

マイナビエージェント

対象の年代20代~30代
どんな人に向いている?・若年層の方
・関東、関西で仕事を探している方
・企業への連絡や面接対策など、エージェントに任せたい方
・フリーター→正社員を目指したい方

新卒の就職時にマイナビを利用していた人は多いと思いますが、マイナビエージェントはそのマイナビの20代、30代に特化した転職エージェント。

求人数だけ見たら他にもっと多いものがあるんですが、首都圏、関西圏の20代、30代にとってはかなり良い転職エージェントです。

doda

対象の年代25歳~34歳
どんな人に向いている?

・特に技術職、営業職を希望の方
・転職エージェントから履歴書の書き方から年収交渉まで、サポートをしっかりと受けたい方
・転職エージェントを利用せずに転職活動を進めたい方
・現在の年収が300万円を超えている方

dodaはリクルートエージェントに次いで求人数が多い転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビエージェントは、転職活動を行う際、必ずエージェントのサポートを受けながら進めることになりますが、dodaではサポートが要らなければ受けないということも可能です。

エージェントを利用したからといって転職を強要されることはありません。しかし、すぐに転職する気がない方にとっては利用しづらいかもしれません。

その代わり、非公開求人を受けることができなくなりますが、「今すぐ転職したいわけではない」「いい求人があれば転職したい」などエージェントからのサポートを受けづらいと考えている方にとってはメリットがあります。

マイナビジョブ20s

対象の年代20代
どんな人に向いている?

・20代の方
・自分の強みを適性診断で知りたい方
・就活をやり直したいと考えている方
・書類添削や面接対策などのサポートを受けたい方

マイナビジョブ20sは20代のサポートに特化した転職エージェントです。

一度正社員として就職した方はもちろん、フリーター→正社員への転職にも強いのが特徴です。

扱っている求人はすべてが20代が対象です。サポートを担当してくれるエージェントも20代のサポートを専門としているので、あなたのポテンシャルを十分に引き出して転職成功へ導いてくれるでしょう。

転職を考えている20代の方は忘れずに登録しておきたい転職エージェントです。

関連:転職エージェントの登録方法、賢い使い方、利用時の注意点

関連:転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点