転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

転職したいと考えた時、まずあなたは何をしますか?

多くの人は、とりあえず転職サイトに登録してみるか、ハローワークに行ってみるかと思います。

ただ、転職サイトと行っても、どんなサービスがあるかわからない、どのサイトを選べばいいかわからない人も多いでしょう。

そこで、今回は転職サイトについて詳しく説明して行きたいと思います。

主要転職サービス公式

doda
(転職サイト・エージェント)
・満足度No.1の総合サイト
・機能、求人数が充実

公式 

リクルートエージェント
(転職エージェント)
・成功実績No.1
リクナビNEXTと連携可

公式 

ハタラクティブ
(転職エージェント)
・第二新卒・既卒対象
・フリーターもOK

公式 

ミイダス
(転職サイト)
・スカウトタイプ
・オファー待つだけで簡単

公式 

色々な転職サービス情報はこちら

転職サイトとは

まずは簡単に転職サイトとはどういったものなのかについて紹介していきます。

転職サイトの概要、目的

転職サイトとは、インターネットを利用した転職支援サービスです。

主に、求人広告をサイトに掲載し、サイト経由で応募することが可能となっています。

転職サイトというビジネス

転職サイトでは、求人を掲載する企業から料金を貰うことで収益をあげています。

求人掲載の料金は文字数が少なかったり、がぞいうがなかったりする場合でも1ヶ月20万円程度かかります。

目立つように大きな求人を掲載した場合は1ヶ月100万円以上かかる場合があります。

企業は、できるだけ多くの転職希望者に求人を見てもらいたいので、転職希望者の多くが利用しているリクナビネクストなどの大手の求人が自然と多くなります。

また、後々紹介しますが、転職サイトによっては転職希望者に対して企業側からメッセージを送るスカウト機能を利用した場合にも料金が発生します。

こちらは、メッセージを送る件数や、メッセージの種類(リクナビネクストであればオープンオファーやプライベートオファーなど)によって料金が変わります。

10件程度でも50万円程度と、企業はそれなりにお金がかかるのです。

ハローワークとの違い

ハローワークとの大きな違いは、企業が求人を掲載する場合にお金がかかるかです。

ハローワークは国が運営しており、求人を掲載する際に料金がかかりません。

一方、転職サイトに求人を掲載するには、上述したようにそれなりに高い料金がかかります。

また、ハローワークは各地域ごとにあり、それぞれの地域の求人に特化していますが、転職サイトは全国の求人を掲載しているという違いもあります。

企業が転職サイトを利用する理由

無料のハローワークと、高い料金が発生する転職サイト。

普通に考えればハローワークを使いますよね。

ただ、実際は転職サイトに求人を掲載している企業が非常に多いです。それはなぜでしょうか。

その理由として以下のものが挙げられます。

  • 全国の転職希望者を募集したい
  • 優秀な人材を集めたい

転職サイトは、ハローワークと違い全国の求人を掲載し、対象となるユーザーも全国の転職希望者です。

その為、ハローワークに比べて人を集めやすくなります。

もう一つの大きな点が、優秀な人材を集めたいという理由からです。

求人情報を無料で掲載できるというのは、企業にとってはメリットとなりますが、転職希望者にとってはデメリットとなります。

無料であるが故に、経営が思わしくない企業、求人に積極的ではない企業、離職率の高いブラック企業なんかも簡単に求人を掲載することができます。

その為、優秀な人材ほど、ハローワークではなく転職サイトを利用する傾向が強いです。

転職サイトのサービス

転職サイトのメインとなるサービスは求人掲載ですが、その他にも色々なサービスを提供しています。

求人掲載

主なメインとなっているのが求人掲載です。

最大手のリクナビネクストだと週2回新規求人が追加されます。

転職希望者が求人を探しやすいよう、業界、職種、勤務地、条件など様々な観点から調べることが可能となっています。

スカウト機能

先ほど少し触れましたが、転職サイトによってはスカウト機能があります。

登録した経歴や希望を見た企業が、その人材にぜひ応募してもらいたいと考え、応募の案内を送ってきます。

求人掲載は行わず、スカウト機能のみを使っている企業も多いです。

人気企業が求人を掲載してしまうと、求めている以外の人材からもたくさん応募があり、選考の手間がかかってしまいます。

そこで、特定の人材を狙うことができるスカウト機能を活用します。

オファーしてくる企業は、待遇が良い場合も多く、またマッチングの面ではクリアしていることから内定率も高くなるなど、転職希望者のメリットも大きいです。

転職ノウハウ、転職に関するコラム

転職サイトでは、転職ノウハウや転職に関するコラムを多数掲載しています。

転職を考えている人は、転職に関する質の高い情報を知りたいというのは当然のことです。

そういった情報を載せることで、多くの転職希望者に登録してもらうきっかけとなります。

転職サイトを利用してくれる人が増えれば、それだけ求人を掲載する企業にアピールできるわけですから、転職サイトとしてはできるだけ、多くの人に登録して貰いたいのです。

また、転職希望者にとっても、こういった情報は非常に役に立ちます。

診断テスト

転職希望者を集める為の、もう一つの方法として、様々な診断テストを利用することが可能となります。

強み診断、適職診断など、非常に充実したものが多いですね。

転職する時は色々と悩むものです。そんな時に役に立つことが多いです。

転職サイトを利用する為には

転職サイトの利用は簡単。

各転職サイトにアクセスし、名前やメールアドレスなどを登録するだけでOKです。

ただし、スカウト機能を使ったり、本格的に応募する段階になると職歴やレジュメの登録も必要となります。

完全無料なので、何個も転職サイトに登録するのも良いですし、2つくらいに絞るのもありです。

私の場合は、6個くらいの転職サイトに登録しましたが、結局使ったのはリクナビネクストミイダスの2つでした。

たくさん登録しても、結局使うサイトが限られてしまうという場合が多いかと思います。

転職サイトを利用すべき理由

転職サイトは色々と利用するメリットがあることを紹介してきました。

ここで、もう一度まとめてみます。

  • ハローワークに比べて質が高い求人が多い
  • 全国の求人を見ることができる
  • サイト経由で簡単に応募することができる
  • スカウト機能を利用してオファーをもらうことができる
  • 転職する際の参考となる情報を見ることができる
  • 簡単に自分を診断できる
  • 完全無料で利用できる

また、実は転職を考えていない人にとっても割と便利だったりします。

コラムは読んでいても面白いし、様々な企業の情報が見ることができるのは、今の仕事について考える良い機会となります。

転職サイトの選び方、比較のポイント

数ある転職サイトの中で、どうせ無料なのでとりあえず色々と使ってみてから自分に合ったものを決めるというのもありですが、それは若干わずらわしいですよね。

そこで、簡単に選び方、比較のポイントを紹介していきます。

求人掲載数

転職サイトにとって、一番大切なのは求人掲載数。

求人掲載数が少なければ、選択肢が狭まってしまいます。

その為、やはり大手の転職サイトがやっぱり良いです。

大手の転職サイトは求人掲載数が多くても、その分利用者数も多い為、倍率が高くなってしまうから難易度があがるのではないかなんて考えてしまうかもしれません。

ただ、企業はマッチしていない人材、採用基準に達していない人材であれば、たとえ採用人数が足りなくても採用しません。

実際、応募者が多くても採用人数に達っしていない為、掲載し続けたり、採用を辞めてしまう企業もあるくらいです。

ですから、一番大切なのは倍率ではなくマッチングであり、自分に合った企業を見つける為にも求人掲載数は多ければ多いほうが良いのです。

スカウト機能の充実度

上述したように、スカウト機能は転職希望者にとって大きなメリットがあります。

その為、スカウト機能の充実度は注目しておきたいです。

転職サイトによっては、スカウト機能自体がない場合もあります、あったとしても転職サイトによってメッセージの流通量が大きく異なります。

サイトの見やすさ、使いやすさ

求人掲載数、スカウト機能からは若干優先度としては劣りますが、サイトの見やすさであったり、使いやすさという面も一応注目しておきたいです。

使いにくい転職サイトだと、転職活動自体が嫌になってきます。

専門性、特化性

大手の転職サイトは、ジャンル、年代を絞らずに、どんな転職希望者でも対応できるようにしています。

ただ、中にはある分野に特化した転職サイトもあります。

例えば、若手に特化したハタラクティブや、スカウト機能に特化したミイダスなんかがあります。

大手の転職サイトと合わせて使ってみるのもありです。

使っておきたい転職サイト

上記で紹介した点を踏まえて、使っておきたい転職サイトを紹介します。

それは、実際私が最後まで使い続けたリクナビネクストと、ミイダスです。

各社の特徴は以下の通りです。

リクナビネクスト

  • 日本最大手の転職サイト
  • 求人掲載数が非常に多い
  • スカウト機能は転職サイトでトップクラス(メール流通量が最大)
  • サイト自体にお金をかけており使いやすい
  • 転職ノウハウ等が充実
  • 診断テストが色々ある

ミイダス

  • 超簡単に登録可能
  • 登録したらオファーを待つだけ
  • オファーは面接確約

■公式サイト:リクナビネクスト

■公式サイト:ミイダス

転職サイトを最大限活用する為のポイント

転職希望者にとって、非常に有用な転職サイトですが、登録しただけでは意味はありません。

上手く使ってこそ、意味があるものです。

そこで、いくつか転職サイトを活用するポイントを紹介していきましょう。

新規の求人が掲載されるのは週二回

新規の求人が掲載されるのは週二回。

ですから、一通り見たにも関わらず、毎日見ても意味はないのです。

特に働きながら転職活動している人にとって、そんな時間の無駄をしていてはだめです。

求人をチェックするのは週二回、曜日は各転職サイトでチェックしてみましょう。

スカウト機能はぜひ使っておく

これまでも紹介したように、スカウト機能は転職希望者にとって大きなメリットがある為、ぜひとも使っておきたいものです。

転職サイトの登録は簡単ですが、スカウト機能を利用する為には登録しなくてはいけないことも多いので、面倒だと思いがちですが、そこを乗り越えてぜひ使ってみてください。

転職サイト経由でばれる心配は無用

名前を登録しなくてはいけないし、スカウト機能を利用した場合は職歴も登録しなくてはならない。

それらを企業に見られるわけだから、もしかしたら今の会社にばれるかもしれない。

そんな風に思う心配は必要ありません。

まず名前が企業側に見られることはありませんし、特定の企業には見ることができないようにするブロック機能もあります。

自分の勤めている会社をブロックしてさえいれば、あなたが転職活動をしていることがばれることはないでしょう。

複数の転職サイトを利用する

私がおすすめするのは2つの転職サイトを利用するということ。

もし余裕があれば3つ使ってみてもいいかもしれません。

転職サイトによって、載っている求人は違います。

採用にお金をふんだんに使うことができる会社であればいいですが、たいていの会社は求人掲載にそこまでの予算はなく、1つの転職サイトにしか求人を掲載しません。

ですから、複数の転職サイトをチェックすればそれだけ選択肢が広がるというわけです。

応募前には必ずその会社について調べる

転職サイトの求人情報で気になったものがあれば、転職サイト経由で応募することが可能です。

ただ、応募する前にその会社について必ず調べるようにしましょう。

求人情報だけでは、わからないことのほうがたくさんあります。

条件面や企業の評判はもちろんだし、企業がどういった人材を求めているのかいまいちわかりません。

しっかり調べていないうちに、とりあえず応募したとしても、書類選考は受からないでしょう。

本気で転職するなら転職エージェントも活用しよう

転職サイトは非常に有用なものですが、転職サイト経由だけではなく、転職エージェントの利用も考えてください。

転職エージェントは、キャリアの相談、希望者とマッチしている非公開求人の紹介、履歴書の添削、面接の練習といったものを行ってくれます。

また、わずらわしい面接日程の調整や条件面の交渉といったものまで行ってくれます。

リクルートエージェントであれば、リクナビネクストと同じ会社が運営しているので、登録も簡単に終わります。

転職エージェントについては、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット