28歳女性の転職は決して難しくない!ポイントを押さえて転職を成功させよう。

学校を卒業して社会人になってから数年。30代も近づいてきた28歳。

仕事においてもプライベートにおいても、色々と将来のことについて考える機会は増えているのではないでしょうか。

特に仕事の面において、このまま今の会社で仕事を続けていくのか、全く違う未経験の仕事に転職するのか、キャリアアップしていくのか、私生活との兼ね合いを考えながら模索していくことになります。

まずは面談をして自分の市場価値を確認しよう

自分のスキルや年齢を考慮した年収の目安を知りたい方はまず面談をしてみましょう。

転職サイトに登録するだけでも情報は確認できますが、面談をすることでより市場価値の把握が正確になります。

自分は年収が上がらないと思っていても、面談を通じて自分の市場価値の高さに気がつけるかもしれません。

おすすめの無料転職エージェント 公式

リクルートエージェント
【転職支援実績・求人数ともに圧倒的No.1】
・利用者の6割以上が年収up
・非公開求人の数は業界随一

公式

マイナビAGENT
【若手社会人から強い支持】
・利用者満足度No.1
・営業/エンジニア/金融業界に強い

公式

ジェイック就職カレッジ
【フリーター/既卒向け】
・入社後定着率91.5%
・ブラック企業を徹底的に除外

公式

※リクルートエージェント・マイナビ・ジェイック就職カレッジのプロモーションを含みます。

28歳での転職は決して難しくない。むしろ人生のターニングポイント!

28歳での転職は決して難しくない。むしろ人生のターニングポイント!

28歳での転職は、女性の場合だと遅いなんて思ってしまう人もいるのですが、決してそんなことはありません。

結婚・妊娠・出産などライフイベントが発生しやすい年齢だからこそ、キャリアプランを練り直すことが必要なのです。

はじめに、28歳での転職の需要やリスクについて見ていきましょう。

28歳だからこそ迷わず転職を決意した方が良い

28歳の転職は年齢的に難しい、転職のタイミングとして遅いと思う人は多いです。

ですが、決して遅いわけではなく、むしろ30代になる前に転職したほうが良いのです。

30代になると20代に比べて応募できる企業は格段に少なくなるとともに、即戦力となる経験やスキルを求められるため転職難易度は高くなります。

中には給与などの労働条件を妥協しなければならないこともあるでしょう。

年齢によるリスクはどんどん高まるので、転職を検討するなら28歳の今、行動することをおすすめします。

また、28歳の女性は結婚・妊娠・出産・育児などライフイベントが発生しやすい年齢です。

男性の育児休暇取得率は上がってきているとはいえ、ライフイベント発生時はどうしても女性の方がキャリアに影響しやすいでしょう。

こうしたライフイベントとキャリアの関係から見ても、28歳はキャリアプランを練り直すべきタイミングであるといえます。

28歳女性が転職を成功させるためのポイント

28歳女性が転職を成功させるためのポイント

28歳の女性が転職を成功させるには、いくつかのポイントを押さえた取り組みが必要です。

「20代のうちに転職しよう」という漠然とした考えではなく、市場価値や希望条件などさまざまな角度から考えて行動しなければなりません。

ここでは、28歳女性が転職を成功させるためのポイントを紹介します。

転職を成功させるために、今後のライフイベントも視野に入れて行動していきましょう。

最初に転職の軸を定める

はじめに、転職の軸となる考えをまとめてみてください。

例えば、なぜ転職しようと思ったのか、何を目指して転職するのか、などのように転職の目的を明確にしましょう。

転職の軸となる目的を定めることで、自分に合った企業を選ぶことにつながり、転職のミスマッチを防ぐことができます。

また、転職先企業を絞り込みやすくなるなど効率的な転職活動ができること、面接などの選考対策になるといったメリットもあります。

このように、新卒での入社時とはキャリアの方向性が変わってくる年齢だからこそ、市場価値や希望条件を明確にすることが大切です。

市場価値を理解しよう

転職市場で市場価値が高い女性に共通していることは、「仕事や世の中に対する問題意識の有無」「自らの能力を改善していく力」があることです。

女性は男性に比べてライフイベントの影響を受けやすいので、常に仕事や世の中に対する問題意識を持ちアンテナを高くしておくことが必要です。

その上で、自分のキャリアがどれくらい通用するかを把握できれば、転職時のアピール材料にすることができます。

同時に企業とのミスマッチを防ぎ、転職の成功率を上げることにつながるでしょう。

28歳の女性が転職する際は、「即戦力になるか」「ポテンシャルが見込めるか」の2つがキーポイントになります。

特に未経験業界にチャレンジしたい場合は、今まで得たスキルを代用できないか、活かせないかを考えてアピールすることがポテンシャル採用のチャンスにつながるでしょう。

希望条件を明確にしよう

新卒から数年社会人を経験したことで、28歳は新卒時よりも自分が譲れない条件や相性が明確にわかってくる年齢です。

多くの選択肢から自分に合った企業を選ぶ上で、希望条件をはっきりさせておくと効率的な転職活動ができます。

例えば、給与額、有給消化率、勤務地や転勤の有無、福利厚生は、28歳女性のライフイベント発生時に深く関係してきます。

家族がいて転勤できない、教育費などお金が必要になる、学校行事のために有給を取りたいなどを考えると、臨機応変に対応するための条件が見えてくるでしょう。

このように、ライフイベントの変化を考慮して、今現在よりも少し先に焦点を当てて考えることが重要です。

ライフイベントについて考える

近年は、男性が育児休暇を取ることが増えており、企業側も男性社員への育休消化を推進する動きが出てきています。

ただ、企業の価値観がアップデートされつつあるといっても、まだまだライフイベントがキャリアに影響しやすいのは女性です。

そんな中でも、ライフイベントについてしっかり考えて、妥協する点と譲れない点を洗い出すことで、ライフイベントの発生で受けるキャリアへの影響を軽減させることはできます。

例えば、リモート勤務に対応している、企業内に保育所を完備している、時短勤務ができるなどさまざまな働き方や働きやすさに取り組む職場を選べば、ライフイベントに変化があったとしても乗り越えていけるでしょう。

同時に、妊娠や出産に関してある程度の計画を立てたり、予期せぬライフイベントへの対応策を準備したりしておくと、よりキャリアへの影響を軽減させることにつながります。

長く続ける意思を見せる

選考されやすい女性に共通していることは、生活が変わっても働き続ける意欲がある人です。

企業側は長く働いてくれる人を求める傾向があり、生活に変化が起きたとしても長く働き続ける意思をアピールすることは、企業側に安心材料を提供することになります。

また、面接時にパートナーが協力的である、身内でサポートしてくれる人がいるなどと伝えることで、長く働きたい意思への信ぴょう性が増すでしょう。

面接時、結婚についての答え方

面接時、結婚についての答え方

面接において企業側が求職者に対し、結婚の有無や親族についてなどプライベートな内容を選考理由にすることはNGとされています。

しかし、残念ながらすでに結婚している女性に対して、ライフイベントの発生で仕事をすぐに辞めてしまうという偏見はまだ存在しています。

28歳女性の場合、面接官から結婚について質問された場合どう伝えたら良いのでしょうか。

結婚している事で転職活動が不利になることはない

面接時に28歳女性が結婚しているか否かは、本来なら選考理由にはなりません。

これは男女雇用機会均等法第9条、「婚姻、妊娠、出産等を理由とする不利益取扱いの禁止」により定められているため、基本的には結婚そのものが不採用の原因になることはないのです。

ですが、企業側としては経営を維持していく責任があり、採用コストもかかることから早期退職するリスクがある人は採用しづらいものがあります。

だからこそ、面接時にポジティブな姿勢を見せること、長く働き続けたい姿勢を見せることが重要なのです。

採用されるかは結婚が問題ではなく、将来性が見通せる人材かどうかであるということを覚えておきましょう。

事実を答えることが大切

面接時にリフイベントについて伝えるときは、事実を伝えることが大切です。

あなたが嘘をついたとしても会社側が責めることはできませんが、かなり印象は悪くなるでしょう。

既婚なのに未婚などと嘘をついて入社して、あとから既婚だとバレたとき会社からのあなたに対する信用は失われ、業務上特に影響がなかったとしても周囲からの見る目は変わってきます。

嘘をつくよりも今後のライフプランについて素直に伝える方が、会社側が理解を示す可能性は高いです。

例えば、育児中ならあなたの状況に合ったポジションを提案してくれる、時短勤務などの提案を受けるといったことも考えられるでしょう。

28歳女性、転職に悩むならプロに整理してもらうのも手

28歳女性、転職に悩むならプロに整理してもらうのも手

28歳で女性が転職を考えるなら、30代になる前に決断することが重要です。

その際は、市場価値を理解し自分の希望条件を洗い出すなど、転職の軸となる考えを明確にすることで効率的な転職へとつながります。

特に市場価値を確認するときは自己分析よりも他己分析が有効なので、転職に悩むなら転職のプロである転職エージェントを利用してみてください。

転職に向けて自分が何をすればいいかわからなくても、転職エージェントはキャリア相談で解決してくれます。

また、結婚や妊娠などでライフスタイルの変化があったとしても、変化に沿った働き方のできる企業を紹介してくれます。

加えて、ライフイベントなどの質問に対する上手な受け答えを教えてもらえるので安心して面接に挑むことができます。

28歳は女性ならではの悩みが出てくる年齢だからこそ、転職に悩むならプロに相談することをおすすめします。

転職エージェントの利用料は完全無料、相談するだけでも利用可能です。

まず面談をしてみる価値のある転職エージェント

20代の方におすすめの転職サービス


【最大手】リクルートエージェント


  転職サイト|転職エージェント  

リクルートバナー

業界トップクラスの求人件数を保有しており、転職支援実績はダントツNo.1。

経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれるため、転職するなら登録必須のサービスです。

まだ方向性の定まっていない方でも、まずは仕事の悩みや不安を相談してみることをおすすめします

◎電話・オンラインで面談実施(申し込みはこちら)


【未経験から正社員に】ジェイック就職カレッジ


  転職エージェント 

ジェイック就職カレッジは、退職済の方の転職支援に特化したサービスです。

企業選びから就職後まで個別でサポートしてくれるからこそ、利用者の転職後の定着率は91.5%と非常に高いです

未経験職種への転職サポートにも強いので、現在とは異なる職種に転職したい方などにも非常におすすめです

◎Web面談・受講実施中(お申し込みはこちら)


【若手も安心】マイナビエージェント


  転職サイト|転職エージェント 

サポートの充実度が非常に高く、利用者満足度がNo.1の転職エージェントです

利用者の8割程度が20代、30代となっており、若手社会人から強い支持を得ています

各業界に精通した専任アドバイザーがサポートするため、専門分野での転職や異業種への転職に関しても心強いサービスです

◎電話・オンラインで面談実施(お申し込みはこちら)

※マイナビのプロモーションを含みます。